道東放老子 さん プロフィール

  •  
道東放老子さん: 狩人の道東放浪記
ハンドル名道東放老子 さん
ブログタイトル狩人の道東放浪記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/1414sako1732
サイト紹介文退職後の生活を北海道道東の地と定めた。エゾ鹿猟を中心に俳句など趣味を充実していきたい。
自由文狩猟シーズンとなり充実している。それ以外にも俳句の会、遺跡探訪など多忙である。道東で同好の士と語り合いたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/10/04 15:28

道東放老子 さんのブログ記事

  • Gerber Ourtana
  • Gerber Ourtana を手に入れた。と言ってもこの製品は1970年頃に生産中止になっている。手間ばかり食い、儲けが少ないので生産が中止になったナイフだ。当然、新品が売り出される事は無い。私も中古品を購入した。当時は20000円ぐらいはしていたと思うが、8800円で購入した。但し、シースや箱は失われ、ナイフだけである。これがナイフ本体である。ハンドル部にはGerber Ourtanaが刻印されている。これでは山へ持って [続きを読む]
  • 古本の紹介
  • 二つとも古本です。最初はシューティングライフ誌です。まだ敷居の高かった銃や狩猟を紹介してくれました。ナイフ造りもこの本で知りました。ガ―バーやランドールナイフもこの雑誌で初めて知りました。次は甲府に在ったトム銃砲店のカタログです。堂々の160ページで、今となれば驚くような銃が販売されています。私も暑い日に甲府まで行きました。トム銃砲店は1階がパーキングで2回がショールームでした。22口径の散弾銃や [続きを読む]
  • ガ―バーのナイフ
  • アメリカのナイフメーカーにガーバー社が有ります。私が狩猟を始めた頃には、とても高価で買えません。Magnumハンターも21,000円ほどしました。それが岐阜県の関市にあるメーカーと合体し、ガーバーサカイとして現在は販売されています。値段も手頃になりました。今回購入したナイフはアメリカ製と思います。如何でしょうか?まさかユナイテッド・ステートに日本国は入ってないでしょう。送料共(中古未使用)で8,02 [続きを読む]
  • 新作のナイフ
  • 新しくナイフを作りました。羅臼の猟友からの依頼ですが、鍛造ナイフを希望していました。そこで黒鳥鍛造所から刃を買い、作成しました。明日、羅臼へ送ります。 [続きを読む]
  • アセロナを植えました
  • アセロナを通販で買いました。一昨日に届き、地植えに3本、鉢植えに1本しました。好みには凄い量のビタミンCが含まれていますが、成熟した実は弱いので流通していません。未熟な実を集めてジュースにしています。3年間は辛抱しますが、それでも実が出来ない場合は切ります。 [続きを読む]
  • 吉川英治作のナイフ
  • ネットで出品されていたので買いました。吉川さんハ倉敷市在住のカスタムナイフメーカーです。非常に丁寧に作られ、完成度は私の知る限り一番です。この作品はかなり前の物と思います。吉川氏には珍しく、フルフラットグラインドの刃がついています。全長は233mmで手頃な長さです。少し錆が発生していましたが、完全に取り去りました。 [続きを読む]
  • 水無月
  • 近所のイオンで水無月を買ってきました。友人のブログで美味そうな水無月を拝見しているので、衝動買いです。4個入って321円でした。やっぱり、御菓子は京都ですね。上に乗っている小豆が崩れています。頂き物のほうじ茶を伴に食べました。 [続きを読む]
  • カイデックス
  • カイデックスシートでナイフのシース(鞘)を作ってみました。水や汚れに強く、加工も簡単で、ナイフを収納するに素晴らしい素材です。使用頻度の高いナイフで作ってみました。300mm×300?で1500円から2500円ほどです。1枚からナイフ2本ほど採れます。 [続きを読む]
  • 伊雑宮の御田植祭
  • 三重県志摩市にある伊雑宮の御田植祭を楽しみました。平安末期から鎌倉時代の田植が神事として行われます。黒木の門の中に神田があります。男たちが竹取神事に使う大きな団扇も見えます。竹取神事で忌竹を奪い合います。泥だらけです。太鼓内や簓摺そして笛も加わり「御田植祭刺鳥差数え唄」が歌われます。早乙女たちです。 [続きを読む]
  • 若き狩人へ
  • 昨シーズン、我々のグループに3名が入りました。1名は銃を所持していますが、2名は狩のフアンなのです。そして1名は狩ガールなのです!グループ始まって以来の事でしたが、1年間は試用として入れました。ところがこの狩ガールは勢子さんと行動を共にして、山を韋駄天のごとく走るのです。犬が止めている現場に着くと、後ろ足をひっつかみ止め刺しの手伝いもします。小生など山裾で日向ぼっこをしている老人とは全然違います。 [続きを読む]
  • 二つのナイフ
  • 最近買ったKershowのナイフです。ハンドルがゴム製で滑らない。握り具合もいいです。まったくの実用ナイフです。価格は3,240円(税込)でした。このナイフはペディ―ナイフで、友人からハンドルの付け替えを依頼されました。新しいハンドルは人工大理石で豪華に見えます。中子との間には赤のスペーサーを挿入して高級感を出しています。蛇足で鞘を考えています。工作中なので刃には、ガムテープが巻かれています。工作中に怪我 [続きを読む]
  • 羆肉を食べた
  • 北海道の友人から獲りたての羆肉が送られてきたのは5月7日でした。直ぐにフランス料理店に持ち込み、調理を依頼しました。新鮮な肉でしたので、店で熟成させねばなりません。ようやく熟成が終わり、連絡があったのは6月8日でした。その羆肉を昨夜、フランス料理で頂きました。フランス料理にはジビエもあり、王侯貴族が狩の成果を山荘で食べたそうです。先ずはワインの選定ですが、お任せです。好みとしては重い感じのワインが好 [続きを読む]
  • ナイフ三昧
  • まとめて焼きいれたナイフもこれで終りです。次は新しいデザインで作り始めます。ハンドル材も無くなったので、人工大理石を使用しました。白色のハンドルがそれです。後はシースを作り、刃を付ければ終了です。 [続きを読む]
  • プリウスは売っちゃった
  • 6年間乗ったプリウスを今日、売ってきました。北海道移住に備え、寒冷地仕様で買ったプリウスでした。マイナス20℃の厳寒にも耐えてくれました。6年間で108000?を走破しました。この為に売却価格も悪く、楽しんだだけ安くなったと諦めました。誰が乗り継ぐのか分かりませんが、可愛がってほしいものです。 [続きを読む]
  • 車の買い替え
  • 現在は狩猟に適した車がない。ランクルなどを言われる方もいるが、臓物を抜き血だらけの蝦夷鹿を荷室に入れられません。600万円超のランクルをそのように扱えるほどのリッチマンではありません。以前に売っていたハイラックス(トヨタ)かロディオ(いすゞ)が良いのですが、全く販売されていません。中古車はたまに出てくると、信じられない価格でボロボロです。中近東では機関銃を装備して、元気に走っているのにね。ですから [続きを読む]
  • 有害駆除の半日
  • 今朝は4:00に起床しました。5:00集合で、有害駆除(鴨)に行ってきました。田植えが終わると、鴨が大挙して田にやって来ます。植えたての稲苗は新鮮なサラダなのです。これを食べると、まだ定着していない稲苗は抜き取られます。一日もかからず田は全滅になります。農家はトラクターで全て搔き回し、田植をもう一度行います。植えてから2週間ほどすると、苗は根を張り少々芽が食べられても大丈夫です。ですから我々猟友会は農 [続きを読む]
  • 東華菜館でクラス会
  • 一月以上前になりますが、京都市でクラス会(有志のみ)を開催しました。会場の選定では随分悩みましたが、交通の便も考えて「東華菜館」に決定しました。東華菜館は20代の頃から良く知っていますが、前を通るだけで食事をしたことがありません。京都在住のクラスメイトも同様でした。京都市で中華料理も少しミスマッチですが、決定しました。これがフロントです。素晴らしい中国の家具が置かれています。中央に見えるエレベータ [続きを読む]
  • 甘茶の花
  • 美味紹介は適切でない気もするが、狭庭に甘茶の花が咲きました。一見すると、野生の紫陽花のような花です。まだ40センチほどなので、成長を楽しみにしています。来年は葉を摘み甘茶を作ろうと思っています。子供の頃、甘い物が欲しく野生のグミや柴栗を採りに行った。「灌頂会」は後になって知った事で、甘茶の日であった。一升瓶を持参しお寺に行くと、温かい甘茶がもらえた。ほんのりとした甘みであったが、子供にとって甘い食 [続きを読む]
  • サメのタレ
  • 子供のころから食べなれた味の食品です。「サメのタレ」です。原材料は鮫の肉で、薄く剥ぎ取り、臭いを抜き、塩干してあります。昔は貧乏人の食べ物であり、表面には塩が真っ白に浮いていました。そして加工が雑であったので、焼くとアンモニア臭がしました。所が現在は加工技術も向上し、アンモニア臭は全くありません。そして減塩の為、旨味が凝縮されています。その分高価になり、なかなか手の出ない珍味となりました。 [続きを読む]
  • ランドールナイフ(中古)入手
  • ランドールナイフのM11アラスカンスキナー4インチを買いました。いたって貧乏性なのと、リファインする楽しみもあり、最近は中古品を購入しています。時には廃番になっているモデルもあり、楽しみは増します。今回のナイフも見つけた時は錆と腐食で安価になっていました。しかし、写真で見るとステンレスではなく、0−1炭素鋼と言われている鋼材を使用しています。この様な状態で売られていました。ブレード(刃)にポツポツ [続きを読む]
  • 第27回全国菓子大博覧会に行く
  • 凄い人波で、何処へ行っても行列と聞いていました。入場するのに2時間待ち、買い物するのにも2時間待ち、それでGWが終わるのを待っていました。5月14日(日曜日)で終りですから、もう3日です。平日は今日だけです。行ってきました。これが入り口です。しかし、25分の待ち時間、今日来たのは正解でした。テーマ館へ入りました。昔の参宮道具は良いが、パネルが多いね。お菓子の匠とやらで、工芸菓子が展示されています。 [続きを読む]
  • GWの整理整頓
  • 平成11年に死亡した父の遺品はほぼそのままです。部屋は亡母が使用していたので、何も手を入れずそのままだったのです。母の死後、少し整理しましたが汚れた品もあり、整理してありません。このGWで押し入れだけでもと、整理しました。すると新聞紙に包まれ、真っ黒になったサーベルが出てきました。なぜここにあるのか分かりません。ペーパーで磨き、漂白剤で汚れを落としました。刃の錆をペーパーで落とすと本身が出てきました [続きを読む]
  • 羆の肉を頂きました
  • 北海道の友人から電話があり「約束の羆の肉、送ったぞ」嬉しいですね。それが5日に届きました。これです。冷蔵で送ってくれたので、生肉です。早速半分を伊勢市内のレストランにあげました。もう一人の友人にあげたいのですが、タバコの箱大ではどうしょうもありません。次回でごめんね。 [続きを読む]
  • 狭庭にハマナス咲く
  • 蕾がかなり膨らんでゐましたが、今朝咲きました。野生の花なので、強烈な赤で香りも強く甘いです。この町には一本のハマナスもないため、皆様も見に来られます。原生地の釧路市では芽が出始めたとか、地域差を感じます。 [続きを読む]