かんたべ さん プロフィール

  •  
かんたべさん: 早期リタイア考え中
ハンドル名かんたべ さん
ブログタイトル早期リタイア考え中
ブログURLhttp://kantabe1224.blog.fc2.com/
サイト紹介文早期リタイアを目指すにあたって、投資のこと、気になる社会動向について考えたりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/10/05 01:34

かんたべ さんのブログ記事

  • 自社株の購入はお勧めしない
  • 東芝社員の“持ち株”無情…「人生設計が滅茶苦茶に」http://www.dailyshincho.jp/article/2017/03010559/?all=1毎年、東芝は4月の入社式直後から約1カ月間に及ぶ“新入社員全体研修”を開催。そこで新入社員は生命保険と並び、自社持株会への加入を勧められる。先輩社員から“早く、自社持株会の加入手続きに行きなさい”と注意されるので、新入社員はほぼ100%加入しているはずですだそうだ。刷り込みって怖いね。自社株買いって [続きを読む]
  • 稼がない男。 西園寺マキエ
  • バブル世代の同級生カップルの話で主人公の女の仕事はフリーランスで、男の方はフリーター。彼らの学生の頃から現在にいたるまで時代の流れとともに日本に起こったことと、そのことが彼らの生活にも影響を与えていく様がリアルタイムに追っているようで面白かった。二人して低くて安定しない収入という状況で仕事、結婚、子供、住居などどう考えていくのか。また別の生き方をしている同世代の友人たちとの対比もあり、どういう生き [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  • 月末の金曜日は午後3時で仕事を終わりにして買い物、外食、観光などの充実した時間を過ごしましょうということで始まったプレミアムフライデーですが設定されているのが月末の金曜日。月末で納期が近いため現場は休めず偉い人だけ速攻で職場から居なくなっていたんですが。偉い人のための制度だったんでしょうか。意味が分かりません。さらに言うと、もともと消費喚起を促す構想らしいんだけど、消費される商品・サービスを提供す [続きを読む]
  • ヤフオクのフリマ出品
  • ヤフオクがフリマ出品というサービスを始めていた。ヤフオクはオークション形式での売買の場を提供していたがいつのまにかフリマ形式のサービスも最近はじまっていた。スマホでのメルカリを意識してのものと思われ、フリマ出品は、オークション出品に比べて気軽に出品できるようになっている。(1)出品はプレミアム会員である必要がない。オークション出品はプレミアム会員(月額498円)でないと出品できないが、フリマ出品につい [続きを読む]
  • リタイア後のインフレ率の想定をどうするか
  • 政府から消費者物価指数が 1月27日に公表されていた。http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001168992物価指数がExcelファイルでも公開されている。総合という項目を見ると 1970年度 32.0 2015年度 100.0という指数になっている。この期間の1年あたりのインフレ率を計算してみると 2.5% (※) になる。食料、電気代、ガス代、家賃など各分類の物価指数も提供されているので自分の家計の支出割合に基づいたインフレ率 [続きを読む]
  • 田舎のパン屋が見つけた 「腐る経済」 渡邉 格
  • お金は腐らない。増殖する。信用創造、利子の力でどんどん増えていく。増殖に歯止めがかからない。ミヒャエル・エンデは、増殖し続けることが社会にさまざまな問題をもたらしていると考えた。利潤追求のために農薬、遺伝子組み換え、原子力発電などなど人間が制御しきれないものに手を出している。筆者はこの増殖を否定し、利潤を追求しないパン屋を作った。利潤を追求しない経済を「腐る経済」と称している。真っ当なものを真っ当 [続きを読む]
  • 確定申告
  • 会社から源泉徴収票が発行されたので、さっそく確定申告を片付けた。還付申告となったので、確定申告期間とは関係なく1月1日から受け付けてもらえる。国税庁のホームページの中の確定申告書等作成コーナーに入力。入力したら紙に印刷して封筒に入れて、最寄りの税務署まで自転車で行って時間外文書収受箱に投函して終わり。もう10年以上同じ手順で申告しているので手慣れたものだ。いや違う。昔はプリンタを持ってなかったので最終 [続きを読む]
  • スティックPC(Diginnos Stick DG-STK3) を使ってみた
  • スティックPC Diginnos Stick DG-STK3。2016年に神奈川県綾瀬市からふるさと納税の返礼品としてもらったものだ。現在のドスパラでの価格は 9,241円 となっている。スティックPCというのは、果たしてどういう感じだろうかと思って手に入れたものだがExcel、テキスト入力、メール、ウェブ、動画の閲覧などの使用であれば全然困らない。ここ2か月の間、24時間つけっぱなしで使用しているが異常は起きていない。電力消費も比較的小さい [続きを読む]
  • トランプ政権
  • 就任して大統領令を矢継ぎ早に出している。1/20 大統領就任1/20 オバマケア撤廃1/23 TPP離脱1/24 パイプライン建設計画の推進1/24 製造業をめぐる手続き簡素化1/24 中絶支援への補助禁止1/25 メキシコとの国境に壁そして、1/27、シリア難民の入国は無期限禁止、他国からの難民も120日間にわたり受入停止を命じる大統領令に署名した。Full text of Trump's executive order on 7-nation ban, refugee suspensionhttp://edition.c [続きを読む]
  • メルカリはパソコンからでも利用できる
  • 「メルカリ」はスマートフォンのフリマアプリで、このアプリを使うとかんたんに売り買いできる。スマホで売り買いするなら、メルカリを使うのがデファクトスタンダードな状況らしい。スマホで文字を入力するのは苦痛なので、パソコンから利用できないものかと思って検索してみたら、メルカリのサイトから利用可能だった。スマホを全く使うことなくパソコンのみで利用できる。https://www.mercari.com/jp/まだ買う側でしか利用して [続きを読む]
  • 外貨ローンで家を買った人々
  • NHK BS1 ドキュメンタリーWAVEマイホームを奪わないで〜モスクワ 経済危機の冬〜(1/19 (木) 18:00 〜 18:50 再放送)ロシアの話だけど、ドル建てで住宅ローンを組んだ人達が苦しんでいるらしい。2000年ぐらいだとUSD/RUBが20だけど、2017年だと59になっている。3倍近い。原油価格の低下、クリミア併合による経済制裁などで2014年末からルーブルの価値が急落してしまった。ローンが払えなくなり銀行から立ち退きを迫られている人が [続きを読む]
  • 会社をやめた後、iDeCoに加入すべきかどうか考えてみた
  • 今年からiDeCoの加入者範囲が拡大されたが、勤めている会社をやめた後、iDeCoに加入すべきかどうか考えてみた。今のところの判断としては、企業型年金から切り替えて、運用指図だけすることになりそう。退職金とか受け取って額が確定したら、退職所得控除金額を計算して、拠出額がこの金額以下に収まる範囲でiDeCoを利用するかも。iDeCoに関わる税制は以下。(a)拠出時は、拠出した全額が所得から控除される。(b)運用時は、特別法人 [続きを読む]
  • 高齢者は75歳以上、65歳は「准高齢者」学会提言
  • 日本経済新聞のサイトに書いてあった。http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG05H6Y_V00C17A1EA3000/これは年金受給年齢引き上げとか、定年延長とか、健康保険制度変更とかの前触れだろうか。ちなみに2013年の厚生労働省の「健康寿命の指標化に関する研究」http://toukei.umin.jp/kenkoujyumyou/houkoku/H27.pdfという資料によると日常生活に制限のない期間の平均(年) 男 71.19 女 74.21日常生活に制限のある期間の平均(年) 男 [続きを読む]
  • 欧州の社会情勢が不安定な件
  • このところずっと、欧州の社会情勢が不安定になっている。テロ行為が頻繁に起きている。シリア内線でISが出現したり、大量の難民が発生したり。ここ数年の欧州の情勢不安は、シリア内戦が大きな原因になっている気がする。ふと思ったんだけど、ロシアがシリア政府に肩入れして空爆をやりまくってたのは間接的に欧州の力を奪うためだったんじゃないだろうか。ほとんどダメージを受けることなく相手を弱らせて、結果として、相対的 [続きを読む]
  • ユーロは絶対に崩壊しない 伴野文夫
  • 2016年の本。以下読書メモ。(1)イギリスの所得格差はEUが原因ではないイギリスがEU離脱の国民投票を行ったのは2016年6月23日。イギリスがECへの加盟が承認されたのは1971年6月23日。奇しくも同じ年月日のことだった。イギリスは、アメリカと同じアングロサクソンの利益至上主義の資本主義であり、大陸の資本主義は違う道を歩んでいる。ドイツは社会的市場経済。労働政策、社会保障、公共の利益を重視している。EUの基本条約、リス [続きを読む]
  • ドイツリスク 三好範英
  • 2015年の本。以下読書メモ。(1)エネルギー政策2022年までに国内の全原発を廃止する。また、再生可能エネルギーの割合を増やしていく。2020年までに35%、30年までに50%、50年までに80%。自然エネルギー導入は固定価格買取制度に支えられているためそのコストが電気料金に上乗せされる。どんどん値上がりし、3人家族の標準世帯で、2014年の電気料金は2000年の2倍強という状況。低所得者層では電気が止められ家庭も出てきていて「電気 [続きを読む]
  • 日本とドイツ ふたつの「戦後」熊谷徹
  • 2015年の本。以下読書メモ。(1) アジェンダ20102010年から5年ほど、ドイツは独り勝ちの状態にある。2015年12月の失業率は 4.8%。欧州平均の半分。2013年のGDP成長率は 0.4%。欧州全体では -0.4%。2014年の貿易財黒字はOECD加盟国中で最大。これは「アジェンダ2010」という経済改革プログラムの成果による。シュレーダー首相(在任1998-2005)が断行した。ドイツは高福祉国家であり、社会保険料負担を企業が半分負担する。そのため労 [続きを読む]
  • 残業規制へ、17年中に労基法改正案を国会提出の公算=関係筋
  • ロイターhttp://jp.reuters.com/article/overtime-idJPKBN1320X5残業規制へ、17年中に労基法改正案を国会提出の公算=関係筋労働基準法36条もしくは関連法案を改正し、月間45時間ないし80時間の上限を明記する公算が大きいということらしい。労働基準法36条は俗に36協定と呼ばれているが労使間で協定を締結しさえすれば、何時間でも労働させることができるというものなので力関係で、青天井まで働かされてしまい、実運用 [続きを読む]
  • 市民を雇わない国家 前田健太郎
  • サントリー学芸賞のリストに載っていたので読んでみた。http://www.suntory.co.jp/sfnd/prize_ssah/index.htmlこの本では、日本の公務員の数が、なぜ他の先進国に比べて少ないのかという問いに取り込んでいる。日本は公務員の割合が小さい。2005年のOECD調査では国営企業の職員を除いた一般政府職員が日本の労働人口に占める割合は約5%。OECD加盟国平均の3分の1程度に過ぎない。なぜ少ないのか。それは、経済発展の早い段階で行政 [続きを読む]
  • 「同じ仕事で賃金差」容認 定年後の雇用巡り東京高裁
  • 日本経済新聞「同じ仕事で賃金差」容認 定年後の雇用巡り東京高裁 http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG02H88_S6A101C1CC1000/?n_cid=TPRN0009定年退職後に再雇用され、同じ内容の仕事なのに賃金が引き下げられたことの是非が争われた裁判。一審判決では「仕事や責任が同じなのに、会社がコスト圧縮のために定年後の賃金を下げるのは不当だ」と判断。正社員と非正社員の不合理な待遇の違いを禁じた労働契約法に違反していると [続きを読む]
  • ヨーロッパから民主主義が消える 川口マーン惠美
  • ヨーロッパはEU誕生により統一の方向に進んできたがこのところ、いろいろと問題がおきてバラバラになりかねない状況にある。欧州連合は28カ国加盟。内、シェンゲン協定に参加している国は22カ国。国境検査なしで国境を越えることが可能。紛争・貧困に苦しむ人たちが、EUの中に入ろうと押しかけてくる。難民として受け入れられれば祖国にいるより医療・教育など手厚いサービスが受けられる。そのうち仕事に就いて、家族を呼 [続きを読む]
  • 日本の戦後 田原総一郎
  • 11歳の頃に終戦を迎えて戦後を生きてきた筆者が、あらためて日本の戦後を振り返るという本。終戦から、吉田内閣、岸内閣、池田内閣、佐藤内閣と政治の変遷があり、講和条約締結、日米安保条約、安保条約改正、所得倍増計画、沖縄返還、日米経済摩擦といった大きな流れがあった。こういう流れを追っていくなかで、筆者が当時感じていたことはこうだったが、振り返って検証してみるとこういうことだった、という話が随所に書かれてい [続きを読む]
  • 日本会議の研究 菅野 完
  • 一国の政府の首脳部が、ごく一握りの一部の人々に操られている。そんな話を聞けば、陰謀論とかオカルトの類の話か何かかと思うところだがこの本は、そんな話が書いてある。ただしオカルト話ではなかった。この本では「安倍政権の反動ぶりも、路上で巻き起こるヘイトの嵐も、『社会全体の右傾化』によってもたらされたものではなく、実は、ごくごく一握りの一部の人々が長年にわたって続けてきた『市民運動』の結実なのではないか? [続きを読む]