藍 さん プロフィール

  •  
藍さん: 恋愛わかばマーク
ハンドル名藍 さん
ブログタイトル恋愛わかばマーク
ブログURLhttp://ameblo.jp/luv-act/
サイト紹介文恋愛わかばマークの 藍 が、ネット婚活で出会った遠距離・年下の彼との恋愛を通じて感じたこと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/10/05 21:08

藍 さんのブログ記事

  • ギフトついでに
  • ギフトついでに感謝してること。☆虫歯が出来にくい歯⇒これは本当に感謝してる。未就学児時代に「よい歯のひょうしょう」をもらってから虫歯は作らないようにしよう!とモチベーション保ってます。歯並びにコンプレックスがあった両親のおかげで、小さい頃から固いものばかり食べ、柔らかいものはあまり食べてこなかったので(※私自身がお煎餅とか、フランスパンとか歯ごたえのあるものが好きだった)噛み合わせは良い方だと思い [続きを読む]
  • コンプレックスとギフト
  • 私のいる部署は、年齢層が近い人達が集まっている部署です。人事異動で、さらに平均年齢が下がりより、和気あいあいとした雑談に花咲くようになったわけですが、話を聞いていたらいつも驚かされます。どんな可愛い人でもどんなにデキル人でもあるんですね。コンプレックスが。勿論、多少は誉め言葉の後の謙遜なんかもあるのだとは思いますが、「(もう充分すぎるくらい痩せているのに)これ以上一体どこを痩せるつもりなの?!」と [続きを読む]
  • 祖母と反面教師②
  • 周りを見ていると、強い女性が多いなと思う。言っていることは正しいしなるほど、ごもっともな主張や言い分だけれどそういう話の持って行き方や言い方じゃあ、多分相手はそれをしてくれないだろうし、仮にしてくれたとしても仕方なく嫌々にしてるだけなんだろうな、そう思うことがある。かつて祖母がしていたように上手におだててあげたり、相手に花を持たせたりする人を少なくとも私の周りではあまり見かけないように思う。職場の [続きを読む]
  • 祖母と反面教師①
  • 祖母は、明るく前向きな人で普段から、愚痴らしい愚痴を言わない人だった。入院中の祖母を見舞いに来てくれた祖母の友人は、「あなたのおばあさんは、凄いのよ。お姑さんやお舅さんと同居だったし色々あっただろうにね、嫌ごとを言っているのを私は、一度も聞いたことがないの。でも、私の愚痴はいつも聞いてくれてね。励ましたり慰めたりしてくれてたのよ。」そう言っていた。祖母は、優しい人だった。そして、芯の強い人だった。 [続きを読む]
  • トントントン
  • 「なんでわかったんですか?!」ガチャンと受話器を置くや否や、男性は言った。「え?なんでって言われても……。別にフツーのことをしたまでで。」「僕、机をトントンってしただけですよ!何も言ってないのに!すごい!!」興奮気味に机をトントン叩いているCさんは、職場の隣の席の男性で、電話は二人で一台を共有している。その時私は、パソコンで入力作業をしており、Cさんが何をしているのかは知らなかった。私の机を、Cさん [続きを読む]
  • 飲み会の帰り電車の乗り換えを検索中に言われたこと。「指長いね〜。」たまに言われるのですが、私は指は長い方ではありません。つけ爪で嵩まししているわけでもありません。そもそも、(どちらかというと)手も小さいし、指と手のひらなら実際には手のひらの長さの方が長いんです。「なぜ指が長いと言われるのだろう?」これがずっとわかりませんでした。 私の小指は他の指に比べてスタート位置が低く手袋も(特に小指の)指先が [続きを読む]
  • カード
  • 人はそれぞれ何枚かのカードを持っている。カードの数に決まりはない。最初から持っているカードもあれば、途中から得るカードもある途中で捨てるカードもある。他人の持っているカードは、表に出ているものしかわからない。最初に配られたカードがどんなカードで、今、何のカードを持っていて他に何枚カードを持っているのか(あるいは持っていないのか)も外からはわからない。これから持つことになるカードも捨てるカードもカード [続きを読む]
  • 違いを考える
  • 同じ条件下で出会って丁重に扱われる人と、そうでない人の違いってなんだろう。 ともに年齢・性別・出身地は同じ。「明るい」という要素も同じ。服装も似たような感じ。片方は真面目そうな感じでもう片方はもう少しノリが良い雰囲気。 会った回数が少ない方が丁寧に扱われる?積極的に誘わない、なびかない人の方が惹かれる?会話のキャッチボールの問題?それとも元々がタイプかどうか? 同じ条件下で会ったように [続きを読む]
  • 近況報告
  • 最近の更新はずっとこんな感じですが、……久々ですね。その間にまぁ色々ありまして人生とは、生きるとは、死ぬとは病とはなんて少々哲学的なことを考えたり永遠の別れがあったり職場の同僚や、友人のささやかな言葉に癒されたりしておりました。それまでどちらかというと「ドライな人だなぁ。」と思っていた同僚が「あれ?この人もしかして実は人の痛みのわかる優しい人だったのかも。」と見る目を変えたりしてました。 ま、 [続きを読む]
  • なんか色々
  • 2017年になって10日ほど経ちました。なんか、やること多すぎて日々の記憶がない……。心のゆとりって本当に大事ですね。それがなくなると、どうってことのないささいな言葉がチクチクといつまでも突き刺さるしこちらの言葉や態度が大人げないものになってしまう。自分でも、ヘロヘロなのがわかります。時間に終われず、余計なこと考えずただただ惰眠を貪りたい。休みの日くらい、ゆっくり休ませて…。電話の電源切って寝たい……。 [続きを読む]
  • サンタさんだらけ
  • 周りからいただきものが沢山。少し早いクリスマスプレゼントをいただいてしまいました。思ってもいないことで、感謝してもしきれない。プレゼントの嬉しい、だけでなくこうして気にかけてくれている方がいるということがすごく嬉しい。何か別の形でお礼の気持ちを伝えたいなぁ。明日からも、がんばろう。 [続きを読む]
  • なんだかんだで12月
  • なんだかんだ言っているうちにあっという間に12月ですね。今年もあと半月ちょっと。早い〜。色々と考えることも多かったし驚くことや、悲しいこともあってなんか色々濃かったなぁ。いいことばかりではないけれど、周りの環境に恵まれたのは良かったなぁ。人事異動もあり(※でも異動したのは私ではない)仕事納めに向けて、まさに師走、を実感しつつバタバタしてます。残り半月も、きっと駆け抜けるように過ぎていくんだろうなぁ。こ [続きを読む]
  • 怖かった
  • ちらほらと聞こえてくる話と自分の目で見た内容を統合する。にわかに信じがたいのたけれどあっちゃ〜、そうきたか。そこまでする?!怖すぎる。申し訳ないけれど、無理です。もはや、不快感を通り越して恐怖でしかない。その情熱、他に向けた方がいい。その距離感も、その思考回路もただただ怖い。 [続きを読む]
  • 毒をはく
  • ついでに言うと、一緒にいると何故だか不思議と良い巡り合わせが起きる相手とそうでない相手がいる。そうでない、というのは控えめな表現ではっきり言ってしまうと良い巡り合わせの真逆だと思ってもらって差し支えない。何だか判らないけとれどその人と関わりが増えてからどうも調子が狂い始めたり体調を崩したり心を悩ます厄介ごとが頻繁に起きたりする。最初は仲が良くても一時的にすごく楽しくても関わるとどっと疲れていること [続きを読む]
  • ふと
  • ふと何かを思い、当初の予定から行動を変えたり思い立って何かをしたりすることがある。私自身が判断したのではなくても一緒に行動する予定だった人の都合に合わせて「何故か」急に出来なくなったりすることがある。いつもの私だったらしない選択をする時が、その時。昔からこれが結構当たる方でその無意識の知らせを無視した時は何故かあまり良いことが起こったためしがない。そして、何かを避ける、そういう流れ(直感のようなも [続きを読む]
  • 大成功☆
  • お祝いミッション無事完了しました。とっても喜んでくれて良かった〜!まさか、泣くほど感動してくれるとは思わなかったわ。これは嬉しい誤算。みんなできゃっきゃとはしゃぎながら盛り上がって参加が危ぶまれていた友人も参加出来てみんなの喜ぶ顔がみれて本当に良かった。エネルギーいっぱいチャージしました。うふふ。やったあ♪明日(ってもう今日だけど)からまた一週間がんばろう! [続きを読む]
  • わくわく
  • もうすぐ今年何度目かのお誕生日イベント!いつもは、みんなのためにサプライズを一生懸命考えてくれる友人のお祝いなので、より気合いが入る。準備作業は、分担を決めて少しずつ進めてきた。ここのところちょっと忙しかったから放置気味だったけれど、まだまだ出来ることあるしね。あー!アイデアが続々と湧いてきてしょうがない!久しぶりに、ドレスコードも決めよう!早く喜ぶ顔がみたいな〜♪ [続きを読む]
  • 視点の違い
  • ずんぐりむっくりした大きな体に鈍く響き渡る羽音行く手を遮る黒々した不吉な使者。右に避けようとも、左に避けようともまるでピッタリマークするかのように一定の距離を保ってそこに居る。出会っただけで冷や汗が出る。体が強ばる。どうしたらいい?どうしよう??ぐるぐると考えてみるけれど焦りと動揺のせいか空回りばかり。こんな風にさせるなんて憎たらしい奴。大嫌いだ。通常では考えられないんだ。あんな小さな羽で体を支え [続きを読む]
  • こないだの記事の続き
  • こだわりのない人が「ぶら下がり鉄棒勝負」で、相手を決めているとすると、自分磨きは、その勝負時の服装だと思う。「鉄棒にぶら下がる、それも出来るだけ長く」というのが目的であれば、豪華なドレスや、立派な着物や身動きが取れないほどタイトな服は必要ない。ゴーグルやウェットスーツも防弾チョッキも、戦闘服や宇宙服も必要ない。磨くこと自体は何も悪いことではないけれど、目的を考えた場合、これらはチョイスとしては相応 [続きを読む]
  • こだわりのない人の話(仮案)
  • 他の方のブログを読んで、ではないのですが昨日少し話していたことから思い付いたことまでつらつらと。後日加筆修正するかも?恋愛面でのこだわりのない人の話(思い付き仮説)昨晩恋愛面でのこだわりの少ない人はどうやって恋人(恋愛対象、恋人候補)を選んだり決めたりするのだろう?という話から何となく、こだわりの少ない人に当てはまりそうな特徴を何人かで考えていたのですが、面白そうなテーマだったのでこちらでも書いてみま [続きを読む]
  • ブログとコメント考3
  • 私はインターネット上にコメントを公開する、ということについて≪特定の誰か≫ないし≪不特定の誰か≫いずれにせよ誰かに伝えたい、知ってほしいと思うからこその行動だと思っている。ブログの記事であれば、(需要があるかどうかはさておき)誰か(場合によってはまだ見ぬ誰か)に見てほしいということを頭の片隅に置きながらの自己表現、自己満足でも良いと思う。記事を更新するのに必ずしも、相手が存在する必要はない。ただ、 [続きを読む]
  • ブログとコメント考2
  • 最近思うことがある。≪コメントを書くのはきっと誰かに何かを伝えたかったから≫おそらく誰しも最初はそういった動機からではないかと思う。そうでなければ、インターネット上でわざわざ公開する必要はないからだ。一切誰にも知られずに親しい友人、知人にさえも知られずに完全に誰にも知られず、見られずにただ自分の備忘録として書き連ねたいのであればオフラインで十分だろう。それでも、なおインターネット上に公開す [続きを読む]
  • ブログとコメント考1
  • 私にはよく読んでいるブログがある。多くの人が見ているブログで、そのブログはコメント欄を承認制ではなく全て公開にしている。私は、そのブログを最初から知っているわけではないけれど、私の知る限りでは、コメントが削除されたのは誰がどう見ても誹謗中傷といえるコメントを管理人さんが削除した1〜2度だけである。そのコメント欄には、普段、とても有益で示唆に富む様々なコメントが寄せられている。それも、真面目なお堅い [続きを読む]
  • 素敵な偶然
  • ここ最近、何の気なしにいつもと違う道を通ったりたまたま乗るつもりの電車に乗れなかったり思いの外早く到着して一本早い電車に乗れたりでばったりと会いたい人に会えることが続いた。特に意味もなく、乗り替え時に、ふっと隣の車両に移動したら、友人がその電車に乗っていたり。その時間帯に会うだなんて思わないから毎回相手に声かけてもらっているけれども(笑)他の車両の他のドアの、他の座席でも良かったのだけれど何となく導 [続きを読む]
  • 横顔
  • 旅行中に撮った写真自然体な写真をということで意識してないタイミングが多く結構横顔が多い。普段、真横からや伏し目がちな状態の自分の顔を見ることはないので自分の顔なのに、不思議な感じ。こんな顔してたんだなぁ。周りの人からはこういう風に見えてるんだ。自分のことなのに知らないこと、わかってないことまだまだいっぱいあるなぁ。 [続きを読む]