曳家岡本 さん プロフィール

  •  
曳家岡本さん: 家曳き岡本の沈下修正日記
ハンドル名曳家岡本 さん
ブログタイトル家曳き岡本の沈下修正日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/iehiki-okamoto/
サイト紹介文東日本大震災で傾いた家を直すために、高知県から上京、今では全国で沈下修正しています。
自由文曳家職人なんて気難しい親方ではないか?と思う方もいるかと思いますが・・普通の中高校生の娘の進路を心配するお父さんです。仕事に対しては都会にはたくさんの優れた方がいます。自分は価格からすれば内容の良い「曳家界のスターバックス」をイメージしてます。
安かろう悪かろうは出来ない性格です。見えない床下の仕事ですから信頼してもらえる仕事をしてゆきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/10/07 07:36

曳家岡本 さんのブログ記事

  • 「家起こし」斜めになった柱を直す技術
  • 千葉県いすみ市の古民家の不陸調整、ほぼ終わりました。終わりましたが・・やはり柱が斜めになっている症状は改善されませんでした。 そこでお施主さんと話しあって「家起こし」工事を行うこととなりました。この「家起こし」工事については、追加工事を後出しで云うのではなく、初めから、その必要性をご説明しておいて。沈下修正が終った後で、建物の状況を見て決めましょう。としておいたものです。金額も先に、伝えてあります [続きを読む]
  • 千葉県いすみ市で古民家の沈下修正+家起こしやっています。
  • 千葉県いすみ市で、築100年の古民家の沈下修正+家起こし工事をご依頼いただきました。万木城跡の近くで、ゆるゆるとした時間の流れる良い場所です。GL(地盤の表面)と土台が近いため、土台の下から腐ってきたこともあり、沈下してしまったようです。これは、今の日本中の古民家の「今後の課題」だと思います。自分の子ども頃(50年前)とは確実に温暖化なのか?集中豪雨とか多くなりました。そこで、礎石(柱や土台が乗 [続きを読む]
  • 1本1本の柱の大切を考えて「曳家」としてできることをする
  • 高知県高知市での土台揚げ・沈下修正工事もようやく完了いたしました。前のブログでも書きましたように、他3社が見積もりの際に書かれた施工計画を鵜呑みにして入ったら、床下で計測してみたら施工範囲が6坪ほど拡がってしまいました。もう次の現場へ出発する、、ギリギリまでかかってしまいました。 基礎の修復画像です。今回は、築40年で、無筋基礎ではありませんでした、鉄筋も少なく、またコンクリートの強度も12 [続きを読む]
  • 「曳家塾」セミナー主催者募集!
  • 6月、7月と「曳家塾」セミナーを関東で連続して開催していただきます。 自分が、この講演活動で訴えたいことは、曳家は家を曳く、向きを換えるだけでなく、色々な技術を持っていることを知っていただきたい云うことです。 特に古民家の躯体の矯正についてですが、打ち合わせをしていて残念なのは、有名な建築事務所や構造設計の先生たちも「曳家」の技術についてあまりにも知らない。と云うことです。その為、再生計 [続きを読む]
  • 築40年の家を本気で直してはいけないんですか?」
  • 「築40年の家を本気で直してはいけないんですか?」とお施主さんに言われた言葉が胸に突き刺さりまして、このブログを書いてます。 材木商をされていたお父様がご健在な頃に、ご自分で選り分けていらした木材を使って建てられたお家です。お施主さんにとっては「父の思い入れのある家を解体できない」という気持ちが強いのですが。自分も含めて、後の耐震リフォームをされる工務店さんも「既に築40年なんだから、 [続きを読む]
  • 築古住宅のアンカーボルトの補強と水切りを傷めないようにすること
  • 高知市桜馬場で家の傾き直し(沈下修正)工事をさせていただいてます。・・・築年数が30年を越えている場合、アンカーボルトが土台下に下りている長さが短いです。これを一旦、切断してから、また溶接したところで、結局は3cm程度しか基礎の中に残っていないような状態になります。そこで今回は、昔やってたんですが・・アンカーボルトを全て斫り出して揚げることを選択しました。その上で、最大、ジャッキアップ分が12cmと [続きを読む]
  • 耐震リフォームに合わせての沈下修正工事をやってます。
  • 東京から高知に帰った足で、そのまま高知城近くのお家に現地調査に伺わせていただき。なんと翌日から、実作業に入らせていただいています。それにしても、急遽、ご依頼いただいたお話ゆえ、色々とばたばたしているのですが・・ 今のところの「ああ・・・やっちまった!」は・・・他の業者さま(3社)が測定した沈下量を元に、見積もり金額を出せていただいたんですが・・床下でレーザーポインターで測った数字と44mmも違 [続きを読む]
  • 全ての声かけてくださる方に感謝です!
  • 一昨日は、ライターで、現在はプロ仲人としてご活躍の鎌田れいさんに、ご紹介をいただいて、某所へスーツ着て行ってきました。まあ、誰も、こんなじじいの着なれないスーツ姿など期待もしていないでしょうが・・鎌田さんに迷惑かけるといけないですから(汗)お見合いにご興味ある方はfacebookで鎌田れいさんを検索してみてください。パンチの効いたサポートをしてくれる頼れる姉御です(笑) この話の続きはまた。 昨 [続きを読む]
  • 地盤沈下して家が傾いたのQ&A
  • 今朝は検索して「地盤沈下で家が傾いた」ことに対してのQ&Aを読んでました。 1番に来ていたヤフー質問箱https://realestate.yahoo.co.jp/knowledge/chiebukuro/detail/1394903663 親切で答えてあげているのでしょうが・・こういう誤ったアドバイスは質問者を惑わすだけで、本当に悪です.しかも建築関係者らしき方も混じっていますが・・それも正しくないアドバイスをしています。 自分なら・・こう書くかな?& [続きを読む]
  • 佐藤 実「地盤構造塾」を聴講してきました。
  • 19日(水曜)は麹町で行われた、佐藤実先生の「地盤構造塾」に聴講に行かせていただきました。 須賀棟梁、伊勢棟梁、武藤さんと自分を省くと、みなさんはスーツ姿の方ばかりで、たぶん全員、建築士?です。自分たち職人が混じっていることで、他の参加者のみなさんにも「佐藤先生の講義の参加層は裾野が拡いな」と思われたと思います(笑) さて、内容の方ですが・・佐藤先生曰く、「良いですか?今日は結構、難しい [続きを読む]
  • 沈下修正工事(土台揚げ)の施工品質の差をご覧ください。
  • ご依頼をいただきましたので、家の傾き(沈下修正)工事に於ける粗悪な施工と弊社「曳家岡本」の違いを見比べていただく総集編をここに書きます。 家が傾いて困っている方が、施工を依頼する際に、その業者もしくは業者を手配する工務店がどれくらい丁寧な職人を連れてきてくれるか?なかなか判りません。 以下は床上ではほぼ水平に直っている。お家なんですが・・こちらのお家は外周部のみモルタルを詰めて、中はご覧 [続きを読む]
  • 神奈川県横浜で、同業者様からお声かけいただきました。
  • 曳家の親方とはいえ、それでも経営者ですので、少しは「社長業」をします。今は、見積もりもあって東京にいますので、この機会に色々な方にお時間いただいて協業できないか?などをご相談しております。 北方謙三版「三国志」の読者として、敵かも知れない相手でさえも、ポーンと「すみません。助けてください」と心から頭を下げてお願いすれば道が開ける時もあります。 それにしても東京での電車移動は「狂っています [続きを読む]
  • 13ミリのアンカーボルトの緊結に一手間掛けます。
  • いや〜〜これ・・何をやっているか?と言いますと・・玄関の靴箱下を沈下修正工事(土台揚げ)で持ち揚げた後の基礎の修復をやっている姿です。こんな感じで仕上がります。これに左官さんが、タイルを貼り直して完成です。まあ〜〜見えない部分なので、私どもの基礎天端詰め工事だけで、直さなくても良いかも知れないですが・・まあ、やりますよね。きっと。こういう作業が面倒だからと、家の外の水切りを外して傷めてしまって外 [続きを読む]
  • 基礎の修復にこだわるのと・・素人は黙ってろ!とは言いませんが・・
  • いよいよ新年度ですね。当家も次女が今日から大学入学のため寮生活が始まりました。赤ちゃんたちだった娘たちが・・2人とも親許から離れて暮らしているなんて・・感慨深いです。 今回も建築関係者以外には、たぶんあんまり良く判らないだろう「凄さ」を飛ばしてゆきます!沈下していた部分を土台から揚げると、当然、基礎を増し打ちしなくてはなりません。これが簡単なようでなかなかたいへんです。そして普通は、この画像 [続きを読む]
  • 「曳家岡本」ホームページ全面リニューアルしました!
  • 「曳家岡本」のHPを全面リニューアルしました! 「不易流行」・・・芯となる部分は変わりませんが、細かな工具類の変更や追加などから工事内容が、以前と随分と変わってきましたので、そろそろ変えないとな〜と頑張りました! 「上腰工法」や、古民家修復についてのページを増やしました。デザインでは無く、古民家の大切な骨材の取り換えなどを細かく掲載しました。 ぜひご高覧ください! http://hikiyaok [続きを読む]
  • 沈下修正のアンカーボルトの処理方法と白蟻被害
  • 地震や地盤沈下で傾いた家を直す「沈下修正工事」の「土台揚げ」工事の場合、なかなか難しいのはアンカーボルトの緊結です。ご存じの通り、「土台揚げ」で家を持ち揚げるためにはアンカーボルトを一旦、切断しなくてはいけません。写真のように、お風呂場の高基礎部分などは、タイルを剥がすので、下に残したアンカーボルトに「ねじ切りダイス」を使って、ねじ山を作り。上部から全ネジボルトを落としこんで、長ナットで繋ぎます [続きを読む]
  • 沈下修正の結果 BEFOR AFTER
  • 地盤沈下により、傾いた+歪んでいたお家、ほぼ水平に直しました。曳家岡本では、ライナーなどは使わず1か所ごとに測ったうえで、柱の下にオーストラリア檜(サイプレス)をスペーサーとして入れています。何枚もの詰め物を重ねるのではなく、出来るだけ1個のもので安定させたいからです。時間と手間はかかりますが、良い工事のための手間は出来るだけ手抜きせずにやりたいもんです。 縮尺が正しくないですが・・お [続きを読む]
  • 歪んだ家を直す技術
  • 久しぶりの本格的な、家の傾き(沈下修正工事)を高知市でやってます。 床下を、みみずのように這いながら、基礎レベルをレーザーポインターで計ります。 そして、ジャッキを掛ける位置を決めて、ジャッキ穴を斫ります。そして・・ジャッキを掛けてゆきます。ジャッキ穴を小さくするために、基礎をまたぐように厚い鉄板を通してゆき、内外にジャッキを設置します。このジャッキを掛けるポイントの選び方で、きれいに揚 [続きを読む]
  • 「解体屋ゲン」に曳家岡本いよいよ再登場です!
  • 全国の「曳家岡本」ファンの皆さま(笑)お待たせしました!「週刊漫画times」で大人気連載中「解体屋ゲン」に!曳家岡本が帰ってきます!今週号からのエピソードに絡んでの登場ですが・・残念ながら今週はまだ登場しておりません。でも、伏線として、ぜひお読みください!!今回は、曳家の技術でこんなことも、こんなことも出来るんだ!と知っていただくためのストーリーです。現場としては昨年10月半ばまで作業していた、埼玉 [続きを読む]
  • 曳家が見た東日本大震災からの6年
  • 東日本大震災から、あっという間の6年です。きっと今日は色々な方がそれぞれの立場で「東日本大震災」について語られていると思います。自分は曳家職人として、語らせていただきます。 今、住宅に携わる者の多くは、「次の震災では少しでも住宅倒壊を少なくしたい」と思われているかと思います。 自分も、小学生なみの基礎レベルではありますが、 〇2階が載る1階の方が柱が少ないのはおかしい。 ○リビン [続きを読む]
  • 曳家工事の片づけやってます。
  • 据え付けも終わって、曳家するために組んでいたH網や飯田くんが苦労して加工して取り付けていた「添え柱」も取り外しました。 すっきりですが・・さびしい気持ちになります(笑)。 元の建っていた場所です。弊社の持ち込んだ資材だけでも約30トン、8トンユニックで4回往復しました。 久しぶりのJVでしたが。楽しくもあり、自分の仕事の方向性を見つめ直す良い機会になりました。 どんな業者さ [続きを読む]
  • 重い家の曳家工事終わりました!
  • 天候が悪いとコロの動きが悪くなるのでレールの準備まででした。この現場をご依頼いただいた際には、レンドローラーを持ち込んでもらってベアリング付きの車輪で軽く曳くつもりだったのですが。予想以上に重かったので、急遽、鉄コロで曳くことにしました。コロ曳きはレールの上を車輪が動いてゆくのと違って、角度を誤るといきなり違う方向に動いてしまうので、気を配らなくてはなりません。 もちろん弟子の飯田くんとかは [続きを読む]
  • 四日市のコンビニ曳家工事チームと協働で重い家、動かしてます!
  • 大きさとしては、今までも一宮の「レストラン北星」、幾つかの工場などで、もっと面積の拡いものを曳家してきましたが・・大きさと総重量を考えると、今回は「曳家岡本」史上最大規模だと思います。 高知県下に於いても、これだけのものは、うちの先代が昭和27年に17歳で参加させていただいた「四国銀行・上町支店」の曳家工事以来かも知れません。 ちなみに,この応援資材+メンバーは先ごろtwitterで話題に [続きを読む]