馬鹿一代 さん プロフィール

  •  
馬鹿一代さん: お酒のない人生(ラヴィアンロオズ)
ハンドル名馬鹿一代 さん
ブログタイトルお酒のない人生(ラヴィアンロオズ)
ブログURLhttp://ameblo.jp/alcohol-mania/
サイト紹介文二度に渡るアルコール病棟入院を経て今はお酒の飲めない人としてじたばたと生きる日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供288回 / 195日(平均10.3回/週) - 参加 2012/10/08 21:22

馬鹿一代 さんのブログ記事

  • 偽カウンセラー、ついに日本語崩壊する
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ また。この話題です。 たくさんおられますね。自称アルコール依存症専門カウンセラー。とんでもない記事を発見しました。(て、前から発見してたんですけどね。笑) その人が、自分のクライアント(と、言えば格好いいですけど、客、ですね。お客さん)として規定している人の属性に・・・ こんなことが書いてあり [続きを読む]
  • 救急車に乗りました
  • 救急車。いやね。最近、救急車を呼ぶことがありました。古傷。過去の名誉の?負傷=膵炎の増悪でした。アルコール依存症で、まあ、少なくとも専門外来などにかかるような重度の仲間においては、ほぼ100%の確率で膵炎には罹患しているのではないかと思います。もちろん一度や二度でなく。一度の膵炎で懲りてお酒を止めるなんて物凄くストイックな人もおられるのでしょうが、我々の仲間にそれを求めるの無理というものですね。笑 [続きを読む]
  • 月間の酒代を計算してみる。戯れに
  • もう、ほんまおんなじ話が繰り返し繰り返し出てくるブログなんで、読んでいただいている方には「またか」てな感じかもしれませんね。すみません。お酒を飲んでいた頃、アルコール依存症全盛期?(まあ、進行性の病気にして、治癒のない病気、ですので、全盛期もくそもないんですけどね。常に今が、一番最後のお酒を飲んだ瞬間が最盛期。その最盛期の日程を更新しない=お酒を口にしない、を、こう、テーマとする日々ですね)にも、 [続きを読む]
  • アル中さん
  • 真昼間から、あるいは朝からお酒を飲んで公園のベンチで汚い恰好をして寝ている人。これ、昔の『アル中』の典型的なイメージかもしれませんね。あるいは、お酒の席になると、必ずなにか問題を起こしてしまって大暴れする人。これ、『酒乱』のイメージですよね。どちらも昔ながらのかなり典型的なイメージなんですが、最近は昔ほど、そういう人は見なくなってきたような気がします。あ。実際には、昔もそんな人をたくさん見たわけ [続きを読む]
  • あんなことを恰好いいと思ってたんですねえ
  • 昔のようなアルハラ(アルコールハラスメント)を目の当たりにすることは流石に少なくはなりましたね。今でも驚くべきことに「俺の酒が飲めんのか!?」みたいなことを言う骨董品が居ることはいるのですが、こう、身体を押さえつけてまで飲ませる、一気飲みをあおるなどということは、そうは見なくはなりました。それでもやはり、都心の繁華街では、夜になると、酔っ払って座り込んでいるような、そんな若者を見ることは少なくあり [続きを読む]
  • 抗酒剤
  • つくづく妙な薬剤やと思うんですけどね。抗酒剤。昔は『嫌酒薬』みたいな呼び方もされておったみたいですけどね。そりゃあ、あんた、それでは誤解を生みますわな。『嫌酒薬』では。お酒を嫌いになるわけでもないですし、ましてや(身体を治すという意味での)薬でもないすもん。お酒を飲むと非常に体調が悪くなる、そんな薬剤。アセトアルデヒドの分解を阻害し、少しの酒量でもとんでもない悪酔い状態を作り出すという、そんな変わ [続きを読む]
  • お金は取るけど話は聞かない
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ まだまだきますね。偽カウンセラーさん。笑うくらいです。「偽カウンセラーはどっか行け!?」ってな中身の記事にも、偽カウンセラーさんから三つも四つも「いいね!」が来ます。ほんま記事読んでないんですよね。「カウンセラー」で検索して、ヒットした記事には、片っ端からいいねしまくることで、その記事を読まれている、偽 [続きを読む]
  • ほどほど、は、存在せんのがこの病気ですね
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ いつも書いていること、いつも思っていること、なんすけどね。節酒。これほどの悪魔の言葉はないですわな。あ。もちろん、アルコール依存症では“ない”ただの?「大酒飲み」の人にとっては、十分に意味のある言葉、意味のある行為やとは思います。まあ、それでも、第一に「大酒のみ」という前提があるんやったら、今はそうでな [続きを読む]
  • あの匂い。ぷ〜ん、とね。
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ まあ、あれですな。こう寒いと「熱燗」なんかが美味しい季節やなあ、とか、そんな感じもしますが・・・こうして数年、お酒を飲まずに過ごしてくると、あの、お酒独特の香り、特に暖かいお酒=燗酒ですとか、焼酎やウイスキーのお湯割り、とか、ね、そういうの、あれですね、 ぷ〜ん と匂って、少し、気持ち悪くなりま [続きを読む]
  • 出ていけ!詐欺師
  • 相変わらず、ですな。笑このブログへの「いいな!」数が増えると、それに比例するように「(自称)カウンセラー」さんや、あるいは「(似非)カウンセラー」さんからのいいね!が増えます。恐らく「依存症」「アルコール依存症」「カウンセラー」などのワードで検索しては、ヒットしたこのブログの内容も読まずに、自己主張=宣伝のために「いいね!」されるんでしょうねえ。逆効果でっせ。読みもしないでいいね!を押している、と [続きを読む]
  • 今の方が一番怖いかもしれませんね
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ ミスターミスタッチ、こと、馬鹿一代のブログにようこそ。相変わらず、ミスタッチが多いのですが「まあ。ええか」と、そう考えて、とりあえずは 書くこと を優先、としております。こうして毎日、お酒の飲めない日々を送っておりますが、まあ、人生にはいろいろありまさあねえ。ほんまに。特に仕事。お仕事でお酒を飲む [続きを読む]
  • そんなに正解が欲しい?ないよ。それ。
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ 正直なところ、そう正直なところを話すと「どうしてみんな、こんなに他人(ひと)を頼ろうとするんだろう」と感じることがあります。人を頼ろうとする、というのは、ちょっと表現が微妙ですが、複雑な言い方になることを恐れずに言うと、「どうしてこんなに、人々は断酒に関する『正解』を求め、それを知っているという嘘をつく詐 [続きを読む]
  • コカインは職場の潤滑油
  • にほんブログ村 アルコール依存症 メールは[ こちら ]からどうぞ 酒でも飲んで腹を割って話す。か。今でも聞きますよね。今でもそこそこの頻度で言われます。流石に若い人にはあまり言われなく、30代後半から40代後半、そこそこの年齢の人から言われることが多いですね。あ。まあ。それは、要するに、僕自身がそこそこ年齢になっているから、ですね。爆笑。今、気づいた。しかし、です。それ [続きを読む]
  • NAIKAN
  • 久しぶりに?「内観」について書かせてもらう、というか、自分の考えのまとめのために記述しようかな、と、そんなふうに考えています。日常内観という方法があって、日々、いろんな場面で内観をすることはできるのですが、こうして、お酒を止めてそろそろ9年。ばたばたと仕事を中心に日々を過ごしていると、ちょっと、こう、おろそかになったりしてしまっています。このブログで紹介させていただいたら、ブロ友の「すいかさん」が [続きを読む]
  • アルコール依存症感
  • 過去、そうですねえ、5年くらい(今回の、この断酒が続いて3〜4年経ったろでしょうか?)は、僕は割合とお酒に関して、周囲の人に意見を言うようになっているかも知れへんなあ、と、そんなふうにも感じます。最初の3〜4年というと、まあ、まずは、あれですね、自分自身の断酒の継続に必死やったのが一番かと思います。そして、その期間は、やはりこの病気に関して勉強することで一杯いっぱいで、知識を得るので限界。それに対 [続きを読む]
  • 言霊。口に出すということ
  • 忙しい、忙しいと言っている人は忙しくない。よく皮肉で言いますが、確かにそうやなあ、と、そう思います。外資系企業やIT系企業での勤務が長い僕にとっては、そういう人は口ばっかり、と、そんな印象であるというのが正直なところです。意識高い系の人(爆笑)など、無駄に語ったり、無駄に残業したり、疲れているの勉強と称して役に立たないことしたり、と、そんなんちゃうの?実際のところ、などと悪態をつきたいところです。不 [続きを読む]
  • 一番お酒を止めたかったのは実は一番飲んでいた頃
  • どうしても飲め、と言われたら飲めんことないので・・・まあ、そこまで言われたら飲んでみせようかな?などと、ちょっと、こう、気の迷いではなく、それくらいなんともないよ、とか、なんとか、そんな気持ちにならんこともないのですが、まあ、飲むことはありません。理由は飲みたくないから。シンプルに、そんな理由です。お酒の顔も見たくもない。とか、そんなんとは違うように思います。 *まあ、実際にはお酒を口にしてし [続きを読む]
  • アルコール度96度
  • こないだ、歓迎会をしていただきました。あ。本番?の歓迎会は、この先、また大人数で「歓送迎会」というスタイルでやっていただけるそうです。まあ、あれです。働く事務所の場所が変わったので、新メンバーとして、ですね、まずは幹部会的な集まりをしていただいたわけです。もちろんお酒の場です。最近は「飲み会」とか言っても、ですね、若い人はそれほど飲むこともなくそこそこのお値段の飲み放題セットなら、もう、逆に損する [続きを読む]
  • 患者は増えている?
  • どうなんでしょ?今はアルコール依存症者は増えているのでしょうか?減っているのでしょうか?増えていそうな理由(背景)としては、戦後、お酒を飲む習慣が日常的に庶民のものになり、さらには1980年代くらいからでしょうか、発泡酒、第三のビールと安いお酒がどんどん!と発売され身近になって、そんなことが第一に挙げられるかと思います。その流れで、飲酒の低年齢化、女性の飲酒者の増加も、これはあれですね、コンビニの [続きを読む]
  • なんだかなあ、自助グループ
  • やっぱり、あれですわ。「なんなんやろ?」と、そう思うこと頻り(しきり)です。あ。いやね。アルコール依存症者の自助グループのこと、そう、毎度おなじみのAAや断酒会のこと、であります。もう一度、念のために僕自身のことを書かせていただくと、今のこの約9年になろうかとしている断酒継続の大きな大きな力になったもののひとつが、僕はアルコール病棟を退院後、半年間に渡って通った自助グループ(自宅の近く、徒歩圏内の断 [続きを読む]
  • 百薬の長、の、その先
  • 「百薬の長」とは、ほんま上手い具合(いろんな意味でね)に言うたもんでね。 酒は百薬の長、の先には、まだ、続きがあります。実は。 ・・・酒は百薬の長。されど、万病のもと。 こう、最後まで聞けば、なるほど!と思うのですが、まあ、世の中は、やっぱりお酒を飲みたい人が多いんですね〜。 「酒は百薬の長」とだけ、そう、そこだけ取り出して、お酒を賛美する、そんな言葉として使用するのが一般的ですよ [続きを読む]
  • 趣味とお酒
  • 趣味があるというのはいいものですね。お酒を飲んでいた頃など、飲酒は最高の?暇つぶしやなあ、時間つぶしやなあ、と、そんなふうに実感していました。例えば旅行などに行った時など(スケジュールがタイトに山盛りなバス旅行なんかを除くと・・・というか、僕の場合、だいたい、交通手段と初日の宿程度の予約だけで後は行き当たりばったりの旅行が好きなんですけどね)、基本、乗り継ぎなどの待ち時間が多い日を過ごすので、お酒 [続きを読む]
  • 折角断酒できても先は長い・・・
  • 「ガードマンには就職できない」 「生命保険に新規で入ることはできない」 これ、どちらも、アルコール依存症の既往症のある人間が受ける制限なんです。正直なところ、実際には、アルコール依存症の既往症を隠してガードマンに就職されている方もおられますでしょうし、病気のことを隠して生命保険に入られている方もおられることと思います。 どちらも明らかな虚偽申告ではありますので、懲戒解雇や、保険金支払い [続きを読む]
  • 飲み放題680円!
  • 今は、普通にお酒を飲まずにオフィスで働く人間として仕事に携わることができているのですが、現在の日本の経済の状況から考えると、上から下まで (=シニア層、中年層、新卒などすべてにおいて) なかなか仕事に就くことができない、と、そんな感じの社会ですから、もう、仕事がある、と、それ自体、感謝感謝な日々なわけです。 政府がなかなかその「失敗」を認めようとはしないアベノミクスですが、これはもう、 [続きを読む]