雫写真事務所 さん プロフィール

  •  
雫写真事務所さん: ブライダルスナップ写真 必撮仕事人 雫写真事務所
ハンドル名雫写真事務所 さん
ブログタイトルブライダルスナップ写真 必撮仕事人 雫写真事務所
ブログURLhttp://ameblo.jp/bsspo/
サイト紹介文ウェディングのスナップ写真を撮っている、横浜の出張専門写真事務所です。いろいろな式場を知ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2012/10/10 10:30

雫写真事務所 さんのブログ記事

  • スマホには、なんで、ストラップが取り付けられないのでしょうか?
  • 最近、増えている商売があります。 それは、「スマホの修理屋」さんなるもの。 こういうのって、普通は、販売店がやるもんだと思うのですが、「修理だけの専門店」というのが出現したのは驚きです。それも、けっこうな店舗数で。 でも、「修理専門店が繁盛する」ってことは、それだけ、「スマホが壊れる」ってことであり、良いことではないと思います。この「修理」の内容で一番多いのが「画面の割れ」だそうで。まあ、たしかに [続きを読む]
  • 暑い夏  よく冷えたビールがうまい
  • 今年も暑い夏になりました。夏は婚礼の少ない季節ですが、それでも、たまに仕事があります。 夏と言うと、冷たく、キンキンに冷やしたビールをグイっといきたいものですが、残念ながら、結婚披露宴で出されるビールはそんなに冷えてないことが多く、おいしくありません。 理由は、過去に書いたブログ記事を読んで下さい。 さて、そんななか、わけあって名称は出せませんが、某有名超一流ホテルのビールはよく冷えていました。それ [続きを読む]
  • 携帯メールご利用のお客様へ
  • 業務連絡です。 携帯やスマホのメールをご利用で、「PCからのメールを受信拒否する設定」にセットされているお客様。お問合わせやお申込みのメールをいただいても、当方からご返信ができません。受信制限を解除していただき、再度、メールをお送り下さい。 どうぞよろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 司会もできる「スナップカメラマン」です
  • こんなブログを見つけました。 「親族のみだから司会は必要ない」 この考え方、たしかにあると思います。当事務所も、「親族だけの小規模の挙式~披露宴をレストランなどで行う」ケースを多く取り扱っている関係で、そういうのを見かけることがあります。 たいていは、「新郎が司会をする」とか「司会者ではない、そのレストランのスタッフが進行をする」といったもので、進めていきます。 ただ、実際のところ、「やっぱり、プ [続きを読む]
  • 花火大会の季節です  披露宴でも花火の打ち上げ
  • 時々、声をかけていただいて、地方の会場なんかに行かせていただきます。 当方ですと、敷地面積にも余裕があるため、大きな宴会場で大人数の披露宴が行なわれ、演出もいろいろと派手なものがあります。 今、夏真っ盛りで、横浜でも今週末は花火大会があります。 こういうにぎやかな演出が披露宴でも行なわれたりします。 この花火もけっこう高くまで飛ぶ派手なものでした。 お客様からは「派手」に見えますが、その実際は、意外 [続きを読む]
  • 「ハイヨー シルバー!」 じゃなくて食器のお話
  • 今回は「飲食業界」の専門用語的な話題です。 「カトラリー」という言葉があります。飲食業界だけでなく、一般社会でも、今はわりと広く使われるようになってきました。これは「ナイフ」「フォーク」「スプーン」などの総称で、結婚式場でも、その準備の際のテーブルセッティングの時に、「早く、カトラリーを並べて」とか言います。 この「カトラリー」ですが、「高級レストラン」とか「一流ホテル」では、「シルバー」と呼ばれ [続きを読む]
  • 「高砂ソファ」なるものが流行っているそうです
  • 最近は結婚式場もインスタグラムを行なっていて、あれこれ拝見しております。 その中で、「高砂ソファが流行っている」というものを見つけました。ちょっと検索してみると、たくさん出てきまして。 今、人気の高砂ソファの4つのメリットとは? 「高砂はソファにするのが流行っている」 近ごろアツい!会場に一体感を持たせる高砂ソファなどなど。 画像もいっぱい出てきます。 こういう記事や画像を [続きを読む]
  • 「新郎専用グラス」というものがあってもいいのではないかと。
  • 何千組もの結婚式を見てくると、その中には、「お酒に関わるトラブル」というのもたくさん見ております。 要するに、「新郎がベロンベロンになってしまった収拾がつかない」といったことです。つい先日も、「二次会だけの撮影」をさせていただいたのですが、二次会に出てきたのは「新婦だけ」でした。「新郎は泥酔して気持ち悪くなったため、ホテルの客室で寝ております。新婦一人でお相手します」というもので。これは、新 [続きを読む]
  • エレベーターの「隙間」にご注意
  • 今朝、自宅マンションから出ようとした際に、いつもどおりにエレベーターを待っていたら、そこには「作業中のため現在停止しています」という貼紙があって、エレベーターが動いていませんでした。階段で一階に下りて、エレベーターを見たら、「誰か住民が、隙間に鍵を落としてしまったため、エレベーター会社の係員が急遽やってきて、エレベーターを一時停止させて、底に落ちた鍵を拾っていた」という状況でした。管理人さんに話 [続きを読む]
  • 実は新郎新婦二人とも「元ヤン」だった結婚式
  • 「安価な出張専門婚礼スナップ業者」ということで、「ごくごく身内だけの少人数結婚式&披露宴」の撮影も多いです。少人数ですとおのずから「友人関係の招待者も少ない」わけで、「この招待者を見ただけでは新郎新婦の交友関係はわかりにくい」という感じになります。 さて、先日撮影させていただいた挙式披露宴。当事務所では、撮影の最後は、「新郎新婦だけで2ショット」とか「指輪のアップの写真」を撮るのですが、最後 [続きを読む]
  • Nikonさん 真剣に「レボルビングカメラ」開発してください
  • 以前、こんな記事を書いて、Nikonさんが復活するための、新発想カメラの提言をしました。 これは、Nikonさんの公式HPからの提言しましたし、知人のNikonの社員さんにも伝えてあります。しかし、Nikonさんからは、今のところ、何の返答もありません。 こういうアイデアは最初に実用化したメーカーが勝ちます。Nikonさん、急いで開発に着手しないと、そのうちに会社自体が傾いてしまいますよ。 再度言います [続きを読む]
  • 昔、結婚式の司会をするのは「親友であること」の証拠でした
  • 古本屋でこんな本を見つけてしまいました。 「喜ばれる結婚式披露宴の司会」 これ、なにかと言うと、素人が知人の結婚式披露宴の司会をする時に、そのやり方を勉強するための「マニュアル本」なんです。30年前くらいに出版された本でした。 ネットがなかった時代、我々が頼りにしたのは、こういう「本」でした。30年前の書店には、結婚式に関して、「仲人のやり方」「司会のやり方」「スナップ写真の撮 [続きを読む]
  • 心臓が止まる思い カメラバッグ紛失
  • FB上で、知り合いのカメラマンさんが「撮影後の帰りの電車の中に、「撮影データも入っているカメラバッグを忘れてしまった」ということを書いていて、「うわ〜 これはたまらなんなあ。なんとか見つかって欲しい」と真剣に思いました。(追記 無事見つかったそうです。良かったあ) これって、カメラマンにとって、絶対にやってはいけないミスですが、「人間だもの」、こういうこともあります。 私も似た [続きを読む]