rtf3210 さん プロフィール

  •  
rtf3210さん: Flat Panel TV and Display
ハンドル名rtf3210 さん
ブログタイトルFlat Panel TV and Display
ブログURLhttp://flat-display-2.livedoor.biz/
サイト紹介文薄型テレビと関連する液晶・有機EL・プラズマ技術、業界企業そして市場トレンド情報を掲載していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供889回 / 365日(平均17.0回/週) - 参加 2012/10/22 10:28

rtf3210 さんのブログ記事

  • シリコンバレー〜イノベーションを生む気質
  • 保存ハイテク産業の成長においてシリコンバレーがボストンを圧倒した理由は、その「オープン性」にあったという話をした。シリコンバレーは、“外国から来た「移住一世」の人々でも、よいアイデアを持って起業し、頑張れば大成功も夢ではない”という、ユニークな環境なのだ。かつて、ロナルド・レーガン大統領はこう言ったそうだ。「アメリカ人が日本に引っ越して日本に住むことはできるが、日本人として受け入れられることはあり [続きを読む]
  • 有機EL一辺倒にあらず、LG Displayは液晶にも注力
  • 韓国LG Display社は「有機EL」に力を注いでいるが、「液晶」も決して忘れたわけではない。現在の収益源は圧倒的に液晶である。だから、視野角の広いIPS液晶の改良もたゆまず続けている。「CES 2017」(2017年1月5〜8日、米国ラスベガス)の会期中に設けられたLG Display社の特設スイート(Las Vegas Convention Center)で、IPS液晶の最新技術を目撃した。 その1つが「U-IPS」である。開口率を11%向上(開口率の数値では5.38%か [続きを読む]
  • サムスントップの逮捕状を請求 チェ被告への贈賄容疑
  • 韓国の特別検察官は16日、サムスングループの事実上のトップ、李在鎔(イジェヨン)サムスン電子副会長(48)について贈賄などの疑いで逮捕状を請求した。サムスングループ内の企業合併に政府が協力する見返りに、朴槿恵(パククネ)大統領の支援者、チェ・スンシル被告側に資金提供した疑い。李副会長は容疑を否認している。  サムスンをめぐっては、グループの中核企業だったサムスン物産と第一毛織が2015年7月に [続きを読む]
  • 鴻海・シャープ、インドに液晶パネル工場検討
  • 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープはインドで液晶パネル工場を建設する検討に入った。昨年末に中国広東省に世界最大級の工場を建設する計画を発表し、13日には米国で現地生産を検討していると明らかにした。薄型テレビの需要増を見込むインドでも事業を広げる狙い。大消費地に近い各地で大型工場を展開する戦略だが、供給過剰は価格下落を招きかねず、巨額投資にはリスクが潜む。「世界のテレビをすべて60型にする」 [続きを読む]
  • 鴻海・シャープ、米で液晶パネル工場検討
  • 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープは、米国に液晶パネル工場を設ける検討に入った。鴻海は提携先のソフトバンクグループの孫正義社長と共同で、トランプ次期米大統領に対して米国で大型投資によって雇用を創出する考えを伝えたもよう。トランプ氏が製造業の国内回帰を訴えていることも意識し、テレビなどの家電市場が大きい米国で生産を目指す。。投資負担を抑えられる中国の地方政府のような支援が米国で受けられる [続きを読む]
  • テレビ用液晶パネルの大口価格、大型サイズが上昇
  • テレビ用液晶パネルで大型サイズの大口価格が上昇している。2016年12月は42型が前月比3〜4%上がったほか、55型も1割近く値上がりした。一方で従来主流だった32型は上昇の勢いが一服した。消費者のテレビ志向がより大型の液晶へ移り、40型以上のパネルに需要がシフトしている傾向が価格差にあらわれてきた。 42型のオープンセル(バックライトなどがつかない半製品液晶)の価格は1枚150ドル程度で決着した。6カ月連続で上昇 [続きを読む]
  • あの鴻海・郭台銘がトランプを意識し始めた
  • 2016年12月14日、「シャープが2017年に韓国サムスンへの液晶パネル供給をストップする」、とのニュースが流れた。シャープに資本参加した鴻海精密工業(HONHAI)とサムスンというライバル企業同士が一触即発に陥った。韓国メディアは”鴻海の奇襲”と見出しを付けて報道した。市場での需給関係を計算したのち、顧客に対して値上げを宣言、特にサムスンに対しては、従来より2倍の価格を提示した。この顧客は失ってもかまわないと言 [続きを読む]
  • 韓国第7世代TFT-LCDラインのさらなる閉鎖は迫られるか?
  • 液晶TVパネル価格が2015年下半期以降の落ち込みを経て2016年第3四半期から急回復、市場の過熱に対する懸念をもたらしている。パネル価格は上昇と下落を1年サイクルで繰り返すのが普通で、今回の1年未満での回復は驚くべきことだからだ。前代未聞のパネルサイズの急拡大はパネルメーカー側の面積生産量を急増させ、パネル需給は不均衡となった。Large Area Display Price Trackerによると、これが最近のパネル価格上昇の裏にある主 [続きを読む]
  • 鴻海・シャープ有機ELパネル工場、中国河南省で検討
  • 台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下のシャープは、中国で新設に向け調整を進めているスマートフォン(スマホ)向け有機ELパネルの量産工場について、河南省鄭州市に設ける検討に入った。米アップルは年内にも主力のスマホ「iPhone」に有機ELパネルを搭載する予定。鴻海は鄭州市にiPhoneの組み立て工場を持っており、パネルもつくれば輸送費などのコストを抑えられる。  スマホの表示装置は液晶パネルが主 [続きを読む]
  • 「ソニー=ハイクオリティ」の徹底を。平井社長に聞く、OLED TVやAI戦略
  • 今年ソニーは、有機EL採用のテレビ「BRAVIA A1Eシリーズ」を発表し、発表会でも最大のトピックだった。ソニー・平井一夫社長兼CEOのラウンドテーブル(複数社合同取材)で、平井社長に2017年の舵取りと、そこでアピールする家電製品群の方向性について聞いた。一番のポイントは、複数の企業からOLEDのテレビが出るということは、「OLEDである」ことだけではウリになる市場ではなくなってきていて、機能やデザイン、画質、ユニークさ [続きを読む]