黒豆 さん プロフィール

  •  
黒豆さん: 大人になっても漫画家になりたい人のブログ 
ハンドル名黒豆 さん
ブログタイトル大人になっても漫画家になりたい人のブログ 
ブログURLhttp://surokeiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文ジャンプ新人賞を狙い、イラストデザインでお金稼ぎがしたい管理人のブログです。
自由文素人の漫画家志望が社会人生活のなかでジャンプ新人賞を狙えないかと奮闘するブログです!ほかにイラスト、デザインでお金稼ぎを出来ないか考察したり、アニメレビュー、漫画を描くときの自己啓発ミュージックの紹介などを行っています。良かったら遊びに来てください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/10/11 22:09

黒豆 さんのブログ記事

  • 漫画家日誌no.176 そろそろ、新しいPCに買い替えの時期が近づいてきました。
  • 僕はノートパソコン「SONY VAIO」を使用しています。intel・CORE i5 型名だけ見たら「えっ別に買い替えなんかせんでも別によくない?」と思うことでしょうが、このPCなんとなんと。「windows7」なのです。いまではwindows10?くらいいっているこの時代に「windows7」という時代逆行上等!といわんばかりのこの性能。いまのパソコンでも十分動いてくれているのですが、常駐メモリがウイルスとかに圧迫されているのか?最近プログラ [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.167 映画・僕だけがいないを見て
  • 放映されたサスペンス映画、主役の藤原達也のミステリアスな魅力が映える作品。ヤングエースで連載されていた漫画が原作の作品。この映画2016年3月上映されており「いまさら?」と思われる方もいらっしゃると思いますが…はい・いまさらです。では語っていきましょう。・あらすじ売れない漫画家・藤沼悟は、「再上映(リバイバル)」と呼んでいる特殊能力を持っていた。その能力は、直後に起こる「悪いこと(事件・事故等)」の原 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.173 月末の反省
  • 目標は「漫画を1月ごとに作成」とのことでしたが、いまだ作成がおぼつかない状況。毎月毎月反省していますが、反省ばかりで改善ができていません。毎月ぼやき日記になってはもうしわけありません。最近漫画家になる夢を「もうやめる?」そんな言葉ばかりが頭をよぎります。28歳・分かれ目なのかもしれませんが、夢を捨てきれない…ともがく自分「なら踏ん張っていけ!(゚Д゚)クワッ」自分に渇をいれて心を鬼にしてがんばりたいと思いま [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.171 CRICIS・小栗旬主演 特捜班アクションドラマ見ました!
  • あらすじ国家を揺るがす規格外の事件に立ち向かう規格外の特捜班たち。相手はテロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイと想像をはるかに超える脅威ばかり。刻々とタイムリミットが迫る驚愕の展開の数々に、善と悪が入り乱れる中で危機的状況。それぞれの正義と苦悩が交錯する。 →詳しくはこちら(引用・参照サイト)CRICISの魅力は「ジレンマ」にあると考えています。公安という政府組織である以上、上には従わなければならない [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.163 何もできていないことを打破するための対策。
  • 中盤を迎えてまだ何も出来ていない状況。最近仕事が忙しくて、本当何もできない!でも漫画を描きおえて、投稿までは目標にしたいのに!出来ないことがさらにストレスを膨張させる!本当ジレンマです。・゜・(ノД`)・゜・今月末には漫画を終わらせたいのですが…うーむ。本業が介護という肉体労働上、本業以外の時間に疲労蓄積すると、仕事するときに不安というしがらみからときはなたれるよう肉体改造ほんまに率先しなあかんわ… [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.160 夜勤前の力をセーブ
  • 僕は介護福祉士をしています。漫画を毎月描くことができないといつも月末あせっているので、今月こそは達成したいと考えています。そこで夜勤入り前に漫画を描く時間をあてることができないか検討しようと考えています。特に夜勤前なんかは肉体労働に自分の体力が持つのか不安になります。なので自然と力をセーブしてたりするのですが、ようよう考えたら漫画を描く→肉体労働ってたしかに座る時間・手を動かすという意味では肉体労 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.165 仕事場で隠れオタを暴露するかどうかについて
  • 漫画家を目指す人にとっての最大の課題「漫画家=オタク」というイメージ。いやね否定するつもりはないんですよ。漫画がすきすぎて自分も描いてみたくなる感情はもはやオタクですわ。しかし電車男というドラマを昔見てからオタク=アニメ大好きな気持ち悪いやつというイメージが払拭できないでいるのです。※電車男自体は相当おもしろかったです!僕は会社で働いている職場の7割が女性です。女性の多い現場では「クリーンなイメージ [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.158  ついに月末がきました。漫画がどの程度進行したかの結果
  • 隙間時間を利用しながらなんとか2p完成…「え?w2p漫画完成してないの?と思った皆様」そんなさげすんだ目で僕を見ないで!いまある漫画で遊園地でカップルがたわむれるシーンがあり。予想以上に時間がかかったんです…それを徐々に完成させつつ、設定・話を進行させていこうとしましたが予想以上に時間がかかりました。そして釣りでは春アオリイカを釣るために急遽高知県長期遠征計画を立てることとなり。それの準備等で色々して [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.155 脳疲労による作業内容の変更について
  • 絵を描くときって「精神的ストレス」も影響しますが、脳疲労度・使用量によっても変わってくると最近思います。なので漫画を描く際作業能率を上げるべく「脳疲労度」によって描く内容を変えていこうと思います。1・頭の使用要領が高く、思考力が低下しているとき・隙間時間には背景などの単調作業を実施。・技術向上のため練習・資料整理…脳疲労時は何をやっても能率は下がるので、単調作業を実施。頭が空にできるような作業を実 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.157 漫画・くっそーなかなかすすまん!
  • ラスト3日を迎えてラストp数はというと1p…隙間時間を利用しながらなんとか実施中。僕は人生の達成課題を履歴書として作成し、課題を実施したらチェックをつけるということを実施しているのですが、漫画を描くという目標については今年1月までに実施予定だったのですが、いまだ達成できていない。由々しき事態です…はいwということで毎月月末になったらあせるばかりなのですが、今月こそは…!と目標をきめて心を鬼にしますが、 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.153 ストレス予防と技術向上を両立させる「絵を描く」方法を研究
  • 前回キラーストレス予防のために絵を楽しく描きたいとはなしました。漫画のために嫌いな絵を練習することで感じる「絵を嫌い」という感情を↓「好きな絵」を描くに発想展開。しかし好きな絵だけでは、技術向上は見込めないため↓「技術向上して絵が好き」にしていきたいと考えています。しかし理想論そんなうまくいきません。特に僕は精神面が強くなく、できないとわかるとすぐ挫折してしまう生き物です。しかし一方単純でもあるの [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.152 キラーストレス予防のための絵を
  • 私事ですが、今働いている職場で異動となりましたそのことを言い訳にして逃げるわけではないのですが、「毎日まじで忙しい」正直業務を覚えるだけでも精一杯なのに、人間関係・言葉かけ・いままで怠惰したいたことが(本業介護福祉士としての技術向上・知識不足を補う勉強)等を怠っていたせいもあり、新しい職場の人からの信頼を得づらい状況になっていることが日々ストレスです。このままでは「キラーストレス」で日々に支障が生 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.151 隙間時間をみつけては
  • 人間は何かを達成するには習慣化が必要。なので隙間時間をみつけては絵を描くようにして習慣化できるようにしています。ただ、僕の求めるのは「漫画を描ききる・課題としている漫画の資料の練習・技術向上」なので、いちいち漫画を描くときに準備がいる。絵を描くまでのレスポンスが悪いのです。絵を描く準備が整ったらそれに満足してしまう状態。それではまずい…理想としては「描く!」とテンションがあがっているときに、すっと [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.150 鉄血のオルフェンズが終了しましたね〜感想
  • 毎週楽しみにしていたアニメ鉄血のオルフェンズがついに最終回を迎えてしまいました!最終回まで毎週見てきた感想としては超面白かったのですが、「バッドエンドだが各々の理想を達成できた」という展開だったので、少ししこりの残りました。「えつまじで?」と最終話5話前後を境にどんどん急展開を迎えたので、情緒(悲しみ・喜び)を感じる間もありませんでした。どん底から自分たちの理想を追い求める泥臭さが癖になるアニメで [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.149 PIXVでの投稿により、技術向上・人脈形成を図る。
  • SNSを使用したモチベーション維持方法・以前PIXVで自分の作品をUPして、色々な人に評価を頂くことで自分を成長させる。と話しました。それからはやくも1年経過…まったくやっていないんです。「有言実行」せぇよとおもうところですが、確かにそのとおりなのです。SNSでの発信は技術向上だけでなく、人脈形成にもつながる。それは一緒にがんばりあえる仲間ができるということです。仲間ができることで、お互い刺激しあえる。それで [続きを読む]