黒豆 さん プロフィール

  •  
黒豆さん: 大人になっても漫画家になりたい人のブログ 
ハンドル名黒豆 さん
ブログタイトル大人になっても漫画家になりたい人のブログ 
ブログURLhttp://surokeiba.blog.fc2.com/
サイト紹介文ジャンプ新人賞を狙い、イラストデザインでお金稼ぎがしたい管理人のブログです。
自由文素人の漫画家志望が社会人生活のなかでジャンプ新人賞を狙えないかと奮闘するブログです!ほかにイラスト、デザインでお金稼ぎを出来ないか考察したり、アニメレビュー、漫画を描くときの自己啓発ミュージックの紹介などを行っています。良かったら遊びに来てください!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/10/11 22:09

黒豆 さんのブログ記事

  • 漫画家日誌no.153 ストレス予防と技術向上を両立させる「絵を描く」方法を研究
  • 前回キラーストレス予防のために絵を楽しく描きたいとはなしました。漫画のために嫌いな絵を練習することで感じる「絵を嫌い」という感情を↓「好きな絵」を描くに発想展開。しかし好きな絵だけでは、技術向上は見込めないため↓「技術向上して絵が好き」にしていきたいと考えています。しかし理想論そんなうまくいきません。特に僕は精神面が強くなく、できないとわかるとすぐ挫折してしまう生き物です。しかし一方単純でもあるの [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.152 キラーストレス予防のための絵を
  • 私事ですが、今働いている職場で異動となりましたそのことを言い訳にして逃げるわけではないのですが、「毎日まじで忙しい」正直業務を覚えるだけでも精一杯なのに、人間関係・言葉かけ・いままで怠惰したいたことが(本業介護福祉士としての技術向上・知識不足を補う勉強)等を怠っていたせいもあり、新しい職場の人からの信頼を得づらい状況になっていることが日々ストレスです。このままでは「キラーストレス」で日々に支障が生 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.151 隙間時間をみつけては
  • 人間は何かを達成するには習慣化が必要。なので隙間時間をみつけては絵を描くようにして習慣化できるようにしています。ただ、僕の求めるのは「漫画を描ききる・課題としている漫画の資料の練習・技術向上」なので、いちいち漫画を描くときに準備がいる。絵を描くまでのレスポンスが悪いのです。絵を描く準備が整ったらそれに満足してしまう状態。それではまずい…理想としては「描く!」とテンションがあがっているときに、すっと [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.150 鉄血のオルフェンズが終了しましたね〜感想
  • 毎週楽しみにしていたアニメ鉄血のオルフェンズがついに最終回を迎えてしまいました!最終回まで毎週見てきた感想としては超面白かったのですが、「バッドエンドだが各々の理想を達成できた」という展開だったので、少ししこりの残りました。「えつまじで?」と最終話5話前後を境にどんどん急展開を迎えたので、情緒(悲しみ・喜び)を感じる間もありませんでした。どん底から自分たちの理想を追い求める泥臭さが癖になるアニメで [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.149 PIXVでの投稿により、技術向上・人脈形成を図る。
  • SNSを使用したモチベーション維持方法・以前PIXVで自分の作品をUPして、色々な人に評価を頂くことで自分を成長させる。と話しました。それからはやくも1年経過…まったくやっていないんです。「有言実行」せぇよとおもうところですが、確かにそのとおりなのです。SNSでの発信は技術向上だけでなく、人脈形成にもつながる。それは一緒にがんばりあえる仲間ができるということです。仲間ができることで、お互い刺激しあえる。それで [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.147 ピタゴラスイッチならぬ苦行スイッチ
  • 月末で盛り上がった前回。漫画を描ききれずにきてしまった今回。そんな中ぼけ〜っと聖お兄さんを呼んでいたら衝撃的な言葉を作中でイエスが言ってたので紹介します。※聖おにいさん11巻人間道から畜生道に落ちたホルモン君(鹿)に対して惰性の日々を送ってないで少しでも徳を積んだらどうだと指摘するブッダ。それに対して上からいうのはよくないというイエスその際ブッタを諭した言葉「手塚修がぼくは現役のころ週間で7連載して [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.146 みなさん大好き月末がやってきました。
  • さぁみなさん大好き月末です。月末っていいですね〜卒業・就職シーズンでもあるんで新しい環境になる人は憂鬱な月末でもあります。さてさて漫画は描けたのかい?というとですね。ふふふ。「描けていません! ^(ノ゚ー゚) ノ☆パチパチ」(゚Д゚)クワッ今月も安定の描けていない。「俺は少年ジャンプで投稿して100万円手に入れる(゚Д゚)クワッ!」と意気込んではや何年たっただろう?もうね・うんうんちっちですわ…(意味不明)あ・でもですね3p以 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.144 漫画動機論
  • 人間は何かをするときに「目標達成」という動機があるので行動することができる。しかし、「漫画を描く」という目標の中で「スキル向上」は果てしなく漠然としたものであると思うのです。僕は結果主義なので「結果がでないことに一生懸命」になれません。スキル向上のための絵を描く練習の際は「なにごとも意味のあること」だと自分にいいきかせるようにはしています。しかし、何かが違う…ぼくは技術を進歩させるのは「今ある壁( [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.143 逃げちゃだめだ!
  • 侍JAPANでは日本準決勝進出3年に一度の祭典!私はというと…?まだまだ壁にぶちあたりくすぶっております。・最近の壁漫画描く→絵の技術問題にぶちあたる→練習するための資料を探す→そもそもどんな資料がほしいかわからない→やっと資料手に入った→習得した技術をあとで参考にするように文字で残したいがその文字がわからない…(゚Д゚)クワッ(゚Д゚)クワッ世の中って壁だらけですね →詳しくはこちら(引用・参照サイト)いい歌詞です [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.142 無意識の中・エリクソンさんさん 恐怖とはなんでしょう。
  • 漫画を描く心理学でいう「エリクソン」のようなことをもうしますが終わりが見えないことに対する恐怖って異常ですよね。漫画を描く上で心配なのは「今のままでいいのか?」という不安。このままの流れで本当に漫画家になれるのか?とよく不安にかられます。僕は最近TSUTATAで「勉強法」の本を読みました。※すいませんタイトルが思い出せなくて、仮に超勉強法と名づけます。※わかり次第報告しますね。「超勉強法」では、目標に前 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.141 Netflixで放送されていた火花がNHKで放送される。
  • NET FLIXで放映していた「火花」がNHKで毎週日曜日放映されるようになった芸人としては異例の 万部を突破今NHKで毎週日曜日に放送しているの知っています。全10回主演は徳永(林遣都)先輩芸人の神谷(波岡一喜)純粋に漫才を追求して、ひたむきにチャンスをつかもうとする主人公誰にもこびないスタイルと天才的なセンスを持つ先輩二人の印象はこのキャスティングとマッチしていますね。二足のわらじで「芥川賞」受賞された、又吉 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.140 テレキャスター女子はかっこいい!
  • 「ギタリストはもてるのか?」という疑問。ギタリストってもてるという観点は僕自身「ちび×はげ×でぶ」という女性が嫌悪する3拍子なのでもてるという観点はないのですが、純粋に「音楽」は好きです。ただアメトークで紹介されていたとおり「ギター」は最初はちやほやされるのですが、飽きられるのもはやいのが「ギター」。ギターでもてたい!と考えているのであれば、聞き手が楽しめるパフォーマンスとギター技術が必要です!「 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.138 結局間に合わなかった 漫画1作目
  • 「結局間に合わなかった 漫画1作目」はい…年末までには完成させる目標を立てたのにかかわらずはや3ヶ月を経過して進捗状況はたったの2pなぜこんなにも漫画に着手できないかという理由は「仕事・プライベート・資格勉強」もありますが、もっと強い原因は「見えない壁」だと感じています。その壁は・処女作はどうしても完璧な作品にしたい・絵は全部同程度のレベルにしたい・手を抜きたくない・統一性・筋書きどおりでない、ちぐは [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.137 言い訳と今月漫画の進行状況。
  • 28日月末となりました。気になる漫画の進行状況といいますと恥ずかしながら…いまだ完成できない状況。今月は飲み会・本職の介護職の会議・企画等が重なりすぎてまったく漫画を描ける隙がありませんでした。隙・時間はあったのでしょうが、忙しさを言い訳になまけていたようにも感じます。あと「体力低下」も著明に感じます。栄養状況も安定せず。集中力・ストレス軽減もまったく出来ていない状況で漫画を描くこと事態に多大な「ス [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.136 パースをとる技術について
  • 背景画資料練習するときにふと思うことがあります。僕って「パース」をとるのが苦手だなと痛感します。→詳しくはこちら(引用・参照サイト)遠近感を取る⇒掴む⇒感覚的その感覚が乏しいのです。いままで人生「人・怪獣」と好きなものしか描いてこなかったので、「背景」を描く機会が少なかった。そのため背景画を描く努力量が少なかった。そのため遠近感をつかむ能力が乏しい気がする・・・と、いうより乏しいのです。これは漫画 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.135 資料集め 資料はどこに!
  • 資料がないんですけど…日常生活の中で「あのシーン・このシーンはないかな」とつねに意識しながら生活できたらいいんですが…そんなわけにもいかず…仮に資料がほしいシーンがあったとしても、見逃しています。それかストーリーを楽しみたいので、そのような余分な感情は心の奥底にしまいます。うまくいかない…ストーリーも資料集めも両立すればいいやんと思うのですが、僕は生粋の男。男は基本並行処理する能力がない。はい・言 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.134 資料集め・実技練習の際に留意すること。
  • 「効率よく絵を向上させたい」絵の練習をする際、資料の絵をすべて練習しなくてはいいのではないか?と最近感じています。絵を描いているとなんとなく苦手・得意分野が感覚でわかることがあります。なので、資料の模写練習をする際、すべてを描くのでなく苦手部分のみ練習することで、効率よく絵の技術向上を図れるのではと考えます。たとえば僕の漫画には遊園地で主人公たちが遊ぶシーンがあります。遊園地を練習する際、資料を集 [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.133 漫画を描く際
  • 漫画を描く際の計画漫画を描いていると、部分的に描写がわからなかったりすることで、それを描くための資料が必要なことがちらほらあります。ただ、資料があれば描けるといったわけでなく…そういった描写は、自分の実力不足で描けないこともあります。繰り返し練習することで描けるようになるので、練習すればいいのですが、そういうときに自分の実力不足を思い知らされて、筆が折れてしまうのです。「素人は漫画を描ききれなくて [続きを読む]
  • 漫画家日誌no.132 空腹感と戦うこと。
  • 最近おもうことがあります。起床後脳内エネルギーを得るために朝ごはんを食べることは大事といいますが、僕は朝ごはんを食べないで空腹感のあるほうが集中できるような気がするのです。たぶん原因としては、飯を食べるときに一気に食べることで、血流が胃に集中するため脳内の血流が停滞する。それが原因ですごい眠気にも襲われます。そして悪循環を招いている一因として「飯を食べたらすぐに寝てしまう」という行為がよりいっそう [続きを読む]