はにわ さん プロフィール

  •  
はにわさん: えだまめくんといくらちゃん 中学受験&高校受験
ハンドル名はにわ さん
ブログタイトルえだまめくんといくらちゃん 中学受験&高校受験
ブログURLhttp://haniwa673.blog.fc2.com/
サイト紹介文慎重派でおっとりのいくらちゃん(中3)と超負けず嫌いで努力家のえだまめくん(小6)
自由文ダブル受験(いくらちゃん難関公立高校、えだまめくん超難関中高一貫)を目指し、日々奮闘中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/10/12 14:32

はにわ さんのブログ記事

  • 繰り上げ合格でもいい?〜新たな悩み発生
  • えだまめくんの入試まであと10日ほどとなりました。『1月はいく〜』というだけあって、本当にあっという間に日々が過ぎ去っていきます。先日、3日校までの受験予定校すべての願書を出し終えました。4日以降に受験予定の学校は、直接学校で手続きをすればいいので、3日の合格発表を見てから決める予定です。1校、滑り止めのつもりで、私大の付属校を受験しますが、それ以外の学校はほぼ『チャレンジ圏』です。『3日までには [続きを読む]
  • 出願手続き完了〜いくらちゃんおののく
  • いくらちゃんの高校推薦入試、えだまめくんの2月3日校までのすべての出願手続きが終了しました。直接学校へ行き、受験番号を発行してもらうもの、願書を郵送して手続きを済ませるもの、学校によって様々なので、間違えないようにするのが一苦労です。いくらちゃんの第一志望校は私大の付属高校ですが、えだまめくんも滑り止めとして、同じ系列の中学を受験します。どちらの学校の願書も手続きは郵送ですので、先日、受験番号が書 [続きを読む]
  • 長い1日〜入試当日のアクシデント
  • 1月校受験当日。えだまめくんは大福パパの実家から受験校に出発しました。普段、我が家の朝食は食パン、おみそ汁、ヨーグルト、牛乳が定番のメニューです。が、大福パパの実家ではお米が主食となります。『やっぱり、普段通りにやらないと、失敗するね』受験を終え、自宅に帰ってきた大福パパが開口一番に言った言葉です。前の夜、えだまめくんは普段食べないくらいの量の揚げ物を食べました。試験当日の朝も、義母の『食べろ』攻 [続きを読む]
  • 3切れのサーモン〜えだまめくんの決意
  • 一月校は2校を受験しました。1校は都内で、もう1校は自宅から片道2時間ほどかかる学校です。幸いにも、大福パパの実家からだと40分ほどで行けることが分かり、都内で受験を終えたその足で、大福パパがえだまめくんを実家に連れて行ってくれました。義母は、とてもいい方です。いつも、私たち家族のことを気にかけてくれています。が、気にかけすぎて、話を聞いてくれないのが、玉にキズです。えだまめくんを連れていくにあた [続きを読む]
  • SSのお弁当〜たまにはこんなのも
  • 今日はSS。週に一度のお弁当の日です。みなさん、『塾弁』と言うことで、気合が入っているのか、えだまめくんから聞かされるクラスメイトのお弁当の中身は豪華で美味しそう。普段、いくらちゃんと大福パパのお弁当は作っていますが、夜遅くまで塾にこもり、間食もできないえだまめくんのお弁当は、量の調節が難しい。少なくてもだめ。多すぎてもだめ。大抵、日曜日は朝から仕事に出かけますが、1人分のお弁当作りは少しメンドウ。 [続きを読む]
  • えだまめくん初戦に挑む〜にぶいのか、大物か?
  • いくらちゃんの推薦入試まで、あと1週間となりました。『もう、ダメかも…』『絶対に無理だ…』『ああ、プール…どうしよう』(志望校は、プールがありません。それが受験の決め手となりました)と、マイナスの発言が飛び出す反面『いや、絶対受かる』『落ちるわけがない』『やればできる』と、プラスの発言に変わり『お願い。どうかギリギリの点数でもいいです』『高校に受かったら、心を入れ替えて勉強します。だから受かります [続きを読む]
  • まだまだかかるお金の話〜果てしない出費の嵐
  • いくらちゃんは、先日塾を辞めてしまいました。えだまめくんも、今月いっぱいで塾は終わりです。ふー、やれやれ。やっと一息ついたな…と思う間もなくやってきたのが、『受験料』という思わぬ落とし穴でした。合格してから払う入学金や授業料の支払い、制服代や教科書代。そんなこんなにお金がかかるのは覚悟の上でした。が、その前に受験料がこんなにかかるなんて、ちょっと甘く見ていました…我が家はW受験。えだまめくん、いく [続きを読む]
  • 人生最後〜塾通いはもう終わり
  • いくらちゃんは4年生から塾通いを続けています。将来、自分が進みたい進路が見つかった時に、『勉強ができないから…』と諦めさせるのは嫌だな…と思ったのです。何度か転塾をしましたが、それでも途切れることなく、塾通いをしました。いえ、させました。今から考えると、無駄、とまではいいませんが、そんなに先回りしていろいろ用意してあげなくてもよかったのかな?と、今のいくらちゃんを見て思います。もどかしい思いもたく [続きを読む]
  • 人生最後〜いくらちゃん決断し実行する
  • 先日、いくらちゃんは冬期講習最終日をもって塾を退塾しました。入試まであと半月。最後の追い込みの時期真っ只中ですが、いくらちゃんが自分で決めて、自分で塾側に退塾を申し入れました。もともと、器用な方ではありません。特に、学校の定期テスト前は、塾の宿題、学校の定期テスト対策と勉強のかけもちです。たまに、それに加えて、塾内の模試の対策も並行してこなさなければならず、完全に許容オーバーの状態になっていました [続きを読む]
  • 下剋上受験〜学力は親次第?
  • 冬期講習もいよいよ最終日となりました。6年生になってから始まった土特、秋から始まったSS、そして冬期講習と正月特訓。通常のクラスではなく、志望校別のクラスに分かれて学習をする機会が増えました。えだまめくんは男子校志望なので、志望校別のクラスには男の子しかいません。早くも『男子校』の雰囲気を味わっているわけです。もともと、サピックスでは、授業と授業の合間の休憩はありません。 授業が始まる前も、授業前テ [続きを読む]
  • 私立の学費〜入学後にびっくり
  • 職場の同僚のお嬢さんは、いくらちゃんと同い年です。すでに、私立高校の推薦を決め、現在、高校入学に向けての勉強を開始しています。第一志望校に入学できたその親子に対し、合格が決まったと聞いた時は、多少妬ましいような気持ちもわきましたが、これも本人の努力の結果と、今は思っています。おめでとう。お嬢さんが通うことになるのは、私立の大学付属の中高一貫校です。我が家からも近いので、一時期、いくらちゃんも志望校 [続きを読む]
  • 2017年元旦〜もしかして、初めてですか?
  • 2016年の大晦日。ガキツカと紅白を録画して、受験勉強に励んでいたいくらちゃんとえだまめくん。『なんか、年末っていう感じがしないね〜』というので、『ゆく年くる年』だけはリアルタイムで見ました。近所のお寺から、除夜の鐘が聞こえてきます。一年間、おつかれさまでした。午前0時あけましておめでとうございます翌日の元旦えだまめくんは正月特訓の中休みです。夕べ(大晦日)いつもより夜更かしをしてしまったので、今 [続きを読む]
  • えだまめくんの1月校入試〜すっかり忘れていたこと
  • 1月校の受験予定校は2校です。1校の出願は今月の半ばに済ませましたが、もう1校、受験するか迷っていました(実は、まだ未出願。年明けに出願予定)。こちらの学校は自宅から試験会場の学校までは片道2時間ほどかかります。『そんなに遠いの、行くのやだなー』とえだまめくんは言います。あのね、こっちだって、そんなに遠くまで連れていくの、嫌なんですけど。とはいえ、2月校はほぼすべて『チャレンジ校』。いくらちゃんじ [続きを読む]
  • 過去問〜いくらちゃんの場合
  • いくらちゃんの高校入試(推薦)まで、3週間となりました。どの模試の合格判定を見ても、全て頭を抱えてしまうような結果です。受かればラッキー。 落ちて当然。 そんな状態です。そもそも、志望校を決めたのが先月のことなので、完全に出遅れ状態です。学校の内申が出なければ、最終決定ができないので仕方がないことなのですが、せめて、なんとなくでも行きたい学校を決められなかったのが痛恨のミスです。えだまめくんの場合 [続きを読む]
  • 冬期講習〜だって受験生だもん
  • 冬期講習の時間割が配られていたにもかかわらず、どこかに紛失してしまった我が家。いくらちゃん、えだまめくん二人分の塾のプリント類が散乱している現在、もう、どこに行ってしまったのか不明です。『今日の授業が何時から始まるか分からん〜』とえだまめくんが冬期講習初日、お昼近くなってから慌てだしました。もー、だから、ちゃんと壁に貼っておきなさいって言ったでしょ(大事なお手紙は、忘れないように壁に張っております [続きを読む]
  • 受験までに習慣づけを〜なぜ、受験は夏じゃないんだ?
  • あっという間にクリスマスも終わり、えだまめくん、いくらちゃんともに冬期講習に突入しました。泣いても笑っても受験まであと一か月。やりたいことはたくさんあるのに、時間は待ってくれません。先日、えだまめくんが受験をする予定の学校のリストを塾に提出しました。塾に通い始めた当初は、『行きたい学校は一校だけ。もしもダメだったら公立中へ』と思っていたのですが、塾に通い、いろんな学校を見学した結果、『やっぱり、公 [続きを読む]
  • いくらちゃんの面接練習〜学校編
  • 高校受験にむけての塾の面接練習で、『笑顔がない』と言われてしまったいくらちゃん。塾での面接指導が始まる前、中学校でも、入試に向けての面接指導があるというので、塾での面接の練習はしなくてもいいかな?といくらちゃんが言い出しました。『どうせ、学校でも練習するんだし、面接の練習のためだけに塾に行くなんてメンドクサイ』が、その理由。だめでしょ。愛想のいい子ならまだしも、あなたみたいな人は、いろんな人と練習 [続きを読む]
  • いくらちゃんの面接練習〜頑張ってはいるんですが…
  • 高校受験に向けて、いくらちゃんが越えなければならない山は、学科試験だけではありません。勉強すればなんとかなる学科試験よりも手ごわいもの。それは『面接』です。今回、いくらちゃんは私立高校の入試に挑みますが、推薦入試では個人面接、一般入試ではグループ面接を受けることになります。先月末くらいから、塾でも学校でも、この『面接』のための対策が始まりました。想定される質問が書かれた紙に、自分が答えようと思って [続きを読む]
  • いくらちゃん豹変する〜やる気スイッチ、やっぱりありました
  • この子は、何かの病気なのかと思ったこともあります。夜の平均睡眠時間9時間。学校から帰ったら、まず昼寝。1日の大半を寝て過ごしています。これが、中学生の、しかも、受験生の生活なのか?と、ずっと思っていました。いくらちゃんが以前通っていたハイレベルな塾では、中3の夏休みまでに偏差値を60に上げなければ、難関校に合格するのは難しいと言われました。結局、この塾はハードすぎたためについていけず転塾しましたが [続きを読む]
  • えだまめくん髪を切る〜少しは凛々しく?
  • えだまめくんの髪をカットするのは、生まれてからずっと大福パパの仕事でした。ダイソーで買ってきた髪を切る専用のハサミとスキばさみで、2か月に1度ほどカットします。『もー、パパが切ると、学校で まる子ちゃん って言われるんだよねー』と言います。じゃ、美容院に行って切ってもらう?と言うと、『パパにやってもらうから、行かない』と言います。あずきママも、子どもの頃はずーっと母に髪を切ってもらっていました。  [続きを読む]
  • いくらちゃん受験校決定〜真面目になるほど、バカを見る?
  • 先日、中学校の先生と、最終的な志望校についての面談を行いました。第一志望校 A私大付属の推薦第二志望校 A私大付属の一般入試第三志望校 B私大付属の併願入試A私大付属校は、合格できるかは難しいです。B私大付属校は、内申点でほぼ合格できるようなので、ダメもとでA私大付属を受験することにしました。公立高校も受験しようか迷ったのですが、B私大付属に入れること(多分)と、3年生に、また受験(大学)をすること、い [続きを読む]
  • 大福パパ爆弾を落とす〜そして変わる
  • いよいよ12月。 受験本番が刻一刻と近づいてきました。W受験の我が家では、えだまめくんを小豆ママが、いくらちゃんを大福パパがサポートしています(勉強の面で)。学校見学も、あずきママが仕事で行けないときは、大福パパが代わりに行っています。いくらちゃんの塾の面談も、ここのところすべて大福パパが参加しています。先日は、入試のことで、高校に電話をかけて、いろいろと聞いていたようです。今でこそ、受験に関心を [続きを読む]
  • 塾との面談〜新たな進路に向けて
  • 最終的な志望校を学校に伝える面談の前に、塾の先生と面談をしてきました。今回、前回よりも内申が下がってしまったため、当初の予定を大幅に修正することになりました。当初の志望校は、自宅から近い私大の付属校でした。が、推薦入試に必要な内申点に届かなかったため、都内にある別の私大の付属校に推薦を出すことにしました。比較的小規模な学校のため、募集人数も少なく、合格できるかは五分五分とのことです。もし、その学校 [続きを読む]
  • 『字が汚い』〜その意図は?
  • 大切な大切な3年生の後期中間テスト(いくらちゃんの学校は二期制です)。数学で最悪な点数を取ってしましました。内申が下がるか、あるいはそのまま維持するかの瀬戸際です。『今までずっと90点代を取ってたから、下がらないんじゃないかな?』といういくらちゃんの楽観的な期待とは裏腹に、最後の最後に内申点が下がってしまいました。ああ…推薦、どうしよう?悩んでいるのに追い打ちをかけるように、理科でもやらかしてくれ [続きを読む]
  • 公立不信〜やっぱり無理だ
  • いくらちゃんが中学に入学する日。入学式に向かう新入生を迎えてくれたのは、校門の前でサッカーボールを蹴りあう、スーツ姿の若い男性と、制服を着た男子生徒でした。そのすぐ近くでは、別のスーツ姿の男性と、数人の男子生徒が道路に座り込んで話をしていました。この人たち、何者?数日後、スーツ姿の男性は、学校の先生だったことがわかりました。上級生が入学式に乱入しないように(学校の敷地に入らないように)、校門前で足 [続きを読む]