ゆう子 さん プロフィール

  •  
ゆう子さん: 園児の備忘録 *小学生編*
ハンドル名ゆう子 さん
ブログタイトル園児の備忘録 *小学生編*
ブログURLhttp://yudavinci.blog.fc2.com/
サイト紹介文小4男児の習い事(ピアノ個人)その他の日記です♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供147回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2012/10/14 16:07

ゆう子 さんのブログ記事

  • 力を抜くということ
  • 先日も同じことを書いたのですが。手を抜いていると周囲が思わない範囲で、力を抜くのはOKなんです。むしろ今のうちにそういうコツを覚えてほしい。それが今後の勉強にも生き方にも役立つんじゃないかと思います。次郎にとっては、まず意味を理解することが難しく、そしてそれを実行に移すことは更に難しいようですが。そりゃあそうだよね・・・(;^_^A例えば、漢字の練習や算数のプリント。「丁寧に」と言うと、本当に時間をかけ [続きを読む]
  • ネジ考
  • 夫を誘って、網戸の張り替えをしましたー♪って報告する予定だったのに、ただの網戸の丸洗いになっちゃいました。残念・・・(._.)でも水洗いだけでも新品みたいに綺麗になりました(*´ω`*)外し方がどうしてもわからなくて(ネジを何個か外すだけですが)、結局、大掃除でも掃除していなかったもので、本当に汚れていたんですよねぇ。すごく気持ちが良いです。やったー!!!*ネジを見て思い出したのですが。私、こういう系統の仕 [続きを読む]
  • 抜いて良いもの悪いもの
  • 塾の勉強については、手を抜いたら、怒ります。そのまま改善されなければ、休塾か退塾か。手を抜くって、成績が良い=手を抜いていない成績が悪い=手を抜いているどちらでもなくて。むしろ成績は無関係なんですよね。次郎の場合は、宿題のやり方が間違っていたことがありました。先生に指導されていたのに数回続けて間違ったまま。内容がわからなかったんじゃないんです。それってつまり、手を抜いていたということで・・・。しっ [続きを読む]
  • 母子のExcel教室その2
  • Excelを使って自分のスケジュール表や塾のメモを作っている次郎。ふと見てみたら、時間を手打ちしていました。まぁ吃驚!ちなみに間違えてました。手打ちではコロンの全角半角なんかも間違えやすいもんねぇ。そこで私がExcelの機能で簡単にできることを教えてあげたら、「早く教えてよー!わーん!」って(笑)ごめんごめん、まさかそんなことをしているとは思わなかったのよ。以前、簡単に使い方を説明したときにExcelのショート [続きを読む]
  • 面倒くさいとか
  • 塾ではたまにパズル要素のある問題を解くんだそうです。「今日さ、オレが一番先に解いたんだ♪ 母さんにきたえてもらったおかげだよ〜!」と、帰宅するなりご機嫌の次郎。そうでしょう、そうでしょう。お母様に感謝しなさいよねー!どんな問題だったの?と聞く前に出題されたのですが、即答したら「さすが、母さん」と尊敬されました。やったね(*^^)v*天才脳ドリルとかなぞなぞ問題とか、時々ですが一緒にやってきました。それは [続きを読む]
  • 2→3→2
  • 夫も私も、大学進学を機に家を出ています。そしてそのまま地元以外で就職しました。なので、次郎もそうなるのかな〜という思いはあります。そうなると、高校卒業するまで。それまでが、子どもが自立するため、子どもを自立させるための準備期間なんだなぁ。短い、なぁ。*大学はもし近ければ自宅から通ってもらっても構わないけれども、社会人になったら近くても一人暮らししてもらいたいと考えています。経済的な問題などがあれば [続きを読む]
  • 「小学校の愚痴」を言える場所
  • 塾には随分と慣れてきたようです。人数は減ったり増えたりするものの、一緒の子はずっと一緒だし、塾の雰囲気自体に慣れたので新しい子と話すときでも気楽なんだそう。今は小学校の愚痴(運動会の練習のこと)を言い合っているようです。それがとてもストレス解消になるらしく・・・(笑)小学校で「小学校の愚痴」は言いにくい。先生の目もある。だからこそ塾で「小学校の愚痴」を言うのが良いようです。同じ小学校の子はひとりだ [続きを読む]
  • 中学受験を一瞬だけ検討
  • 中学受験をするには、きっといろいろな理由があるのでしょうけれど、私が一番納得できたのは「子どもの性質に合っている」です。小さい頃からコツコツやってきた子が(そういう性質の子が)、周囲が頑張り出す前に、勝ち逃げするようなイメージ。勝ち逃げというか、お先に失礼するみたいな?中学受験をする子=勝ち組、中学受験をしない子=負け組、だなんてことは1ミリも思っていませんが・・・。*ねぇ次郎、キミは今がピークか [続きを読む]
  • 育てたように子は育たない
  • 最近の次郎のお気に入りテレビ番組は、「吉本新喜劇」 関西っ子のタシナミらしい(笑)「ゲームシェイカーズ」 アメリカンなお笑いが大好きなので、ギャハギャハ笑って見ています。「コード・ブルー」 とても楽しみにして見ているようです。 小4男子が見ても問題ないのかな・・・?正直なところ、国会中継を見るよりも健全だと思っています。あれは、怒る気はないけど褒める気にもなれない・・・。*育てたように子は育つ。親 [続きを読む]
  • 先を見据えて行動する
  • 「毎日時間がないよー」じゃあ塾そろそろやめてみる?「嫌だよ、オレ続けたいよー!」そう?どうして続けたいの?「将来のため」*先日の親子の会話です。我が子ながら真面目だわ・・・(*´Д`)目先のことではなく、将来のことを少しでも考えていることは、すご〜く良いことだと思います。だからって小学生の間からそこまで無理してやらなくても・・・という心配はいらないようで、塾の授業内容が面白い、楽しいというのは本心で [続きを読む]
  • 何事も経験
  • 先日、公開模試がありました。前回、結果が妙に良かった次郎。今回は初めて強い緊張感を持ったそうです。その結果、算数の1問目2問目(単純な計算問題)を間違えてしまいました。原因は、ふたつとも式からひっ算への書き写し間違いです。更に良く見てみると、1問目は下にうっすらと透けて見えた答えが正解でした。最初に解いたときは正解していて、確かめとして2回目に計算した際に間違えたようです。「1回目と2回目の答えが [続きを読む]
  • 折り神
  • ちょっと前に話題になった、折り紙の作品。「1枚の折り紙で織られた女子高校生」開成学園折り紙研究部OBで、現在は東京大学折紙サークルOristに在籍する菊地柾斗さんという方が制作されました。展開図を公開してくださっているのですが、理解できない・・・。私じゃ一生かかっても理解できる気がしません。こういう風に素晴らしい頭脳とか圧倒的な才覚を見せつけられると、嬉しくなってきちゃいますね。ほんっとうにかっこいい [続きを読む]
  • 書道あるある
  • 先日は、ランチマットに成長を感じたのですが。子どもに対して全て教え込まなくても、自然に覚えてやってくれることもありますよね。私はそれが一番楽チンのような気がします。玄関で履物を揃えること。机周辺を綺麗に保つこと。食事の配膳を手伝うこと。自分の食器を片付けること。着替えたパジャマは洗濯物かごに入れること。いつの間にか自然にやってくれるようになりました。あっいえ毎回じゃありませんが、許容範囲ということ [続きを読む]
  • とにかくお金の問題
  • 公文やそろばんに通っている子は本当に計算が速くて、授業参観で見ていても良くわかります。そういう話題になると子どもを褒められたお母さん達は、「確かに計算は速いけど、文章問題になるとお手上げなのよ」と謙遜されますが・・・。計算が速い分、文章問題にかける時間が増えるのだから、それは十分すごいことなのではないでしょうか(*´ω`*)公文やそろばんなどの習い事は、むやみやたらに中学受験を煽るようなこともないので [続きを読む]
  • ピアノ教室5年目のまとめ
  • 若干フライング気味ですが、ピアノ教室5年目のレッスンのまとめ。・ブルグミュラー 25の練習曲より「小さな集い」「優しく美しく」「別れ」「コンソレーション」「シュタイヤー舞曲」「バラード」ブルグミュラー残り4曲となりました♪・先生が用意してくださった楽譜「天国と地獄」序曲より (連弾)「ワルツ 19番 イ短調 遺作」「スラブ舞曲 第10番」(連弾)その他、ハノン系とテクニック系として、・こどものハノ [続きを読む]
  • 手をつなぐ意味
  • 次郎は手をつなぎたい子です。夫や私、たまに先生とか。小さい頃からずっと、手をつないできました。でも小3・小4になると、他人の目を意識するようになりました。自宅周辺(隣町のショッピングモール含む)では絶対に手をつなぎません。無意識に手をつないでくることがありますが、「誰かに見られちゃうかもよ〜」と言うと、サッと手を引っ込めます。お友達に見られたら恥ずかしいらしい。私もさすがに同意するので、「淋しい」 [続きを読む]
  • 有言実行系男子
  • 夏休みは終わりましたが、次郎&夫のプール通いは続行中。とうとう、クロールで25メートルを泳げるようになりました。おおー、我が息子ながらやりますな。いい子、いい子(*´ω`*)まぁ母さんだって、小中学生の頃なら50メートル位は泳げたけどね・・・!(笑)細々とでもいいから続けて行こうね♪珍しくも貴重な父子の触れ合い時間なので、私は遠慮しているのだけれど、せっかくだから雄姿は見てみたいものです。*やると決め [続きを読む]
  • 作品展に思う
  • 先日、夏休みの自由研究・工作の作品展に行ってきました♪さすがに毎年行く訳ではないのですが、今回は用事ついでにじっくりと見てみました。〇工作キットそのまま〇工作キットにプラスαで工夫〇子どもが自分ひとりで頑張った〇子どもが自分ひとりでやった〇大人が頑張った〇子どもと大人が協力して頑張ったなどなど。キット以外は勝手な想像ですが、何となく感じるものはありますね。本人のコメントがついているのですが、たまに [続きを読む]
  • ランチマットに成長を感じる秋
  • 帰宅した次郎に謝られました。「母さん、ごめんね。 誰かがスープをこぼしちゃって、 ランチマットが汚れちゃったんだ」そう?じゃあ早めに洗うから出しておいてー。以前からですが、こういう悪い方面のことは名前を出したがらない次郎です。悪口(という程のことではないけれど)を言う自分が嫌いらしい。私にはどんなことを話しても大丈夫!次郎を悪く思うことはないし、その子のことも一方的に悪く思うことはないよと伝えては [続きを読む]
  • SORE NARI の設定改善を要求します!
  • レッスンの前日とか直前になってから慌てる。ということはない次郎。一応、それなりに仕上げてはあるようです。宿題の存在(課題曲のひとつとか)を忘れたことはあっても、覚えているのにやらなかったこともない。あっ違うか、中には「忘れたフリ」もあったのかもしれないけど、先生や私の許容範囲だったんですね。これは、良いところだと思います。自分がやるべきこと(=それなり)がわかっているのは、良いところ〜。ピアノだけ [続きを読む]
  • ピアノを始めてちょっとしたらのあるある
  • ピアノは自宅練習がキモなので、それが面倒くさい→楽しくない→練習しない→弾けないって負のスパイラルに陥ることもありますよね〜。例えばスイミングだったら、基本的には宿題がない。その場で泳ぐことが大事で、だから楽しい。それに比べてピアノは・・・みたいな。スイミングだって、本当に上を目指そうとしたら、毎日泳いだ方がいいし、自宅でだって沢山やることがあると思うのですが、ピアノの場合は上を目指さなくても、普 [続きを読む]
  • ワカメ☆あるある
  • 給食が始まると、急に時間ができますねぇ。そして日中でも随分と涼しくなってきたので、やっと!やる気が出てまいりました。そんな訳で、いざ洗濯槽掃除♪夏休みに入ってすぐにも掃除したはずなのですが、安物のクリーナーを使ったのが原因か、或いはこの夏の湿気のせいか、とにかく汚かった・・・Σ( ̄□ ̄|||)まず最初に酸素系のアリエールの粉末で、次に塩素系のカビキラーの液体で、2段階で掃除したのでかなりすっきりしまし [続きを読む]
  • 日本
  • あれは中高生の頃だったでしょうか。FEN(現在のAFN)が流行ったのは・・・。洋楽とか横文字って何となくかっこいい。そう思って聞いていました。実際、好みの曲があって今でも時々歌います。当時、たまたま家にアメリカのラジオ番組を録音したテープと、それを文字起こししたもの(英語と対訳)があったので、馴染みやすかったのかもしれません。(12巻くらい。もしかしたら何かの教材?)ヒアリングに苦手意識がなくなっ [続きを読む]
  • どこまで行くのか
  • 子どもは、親の考え方に影響されるところが大きいと思います。考え方って、普段の生活だったり、お金の使い方だったり、そういうところから産み出されるもの・そういうところに滲み出るものだと思うので、子どもは親の庇護下にあるんだから、どうしたって似てきちゃう。当たり前と言えば当たり前・・・。好みも、親に影響されますもんね。以前も同じようなことを書いたのですが、これってあると思うんですよ。だから敢えて、自分の [続きを読む]
  • 24cm
  • 備忘録がてらメモ♪上靴のサイズですが、3年生の冬休み明け、22.5がきつくなって23に。4年生のGW明け、23がきつくなって23.5に。夏休み明けの今朝、予感があったので次郎に履かせてみました。は〜い、ビンゴ!23.5がきついんだそうです。次のサイズはもちろん用意しておいたつもりだったのですが、それは単なる見間違いで23.5でした・・・。仕方がないのでそのまま持たせて、すぐに買いに行ってきました。涼し [続きを読む]