ひらい さん プロフィール

  •  
ひらいさん: 星空日記コリメート風
ハンドル名ひらい さん
ブログタイトル星空日記コリメート風
ブログURLhttp://star.ap.teacup.com/hirai-hokkaido/
サイト紹介文コンデジで撮影した天体画像、望遠鏡・双眼鏡の話題、星見の旅、日々の出来事を2〜3日おきに更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2012/10/16 11:19

ひらい さんのブログ記事

  • 開成天文部in美瑛
  •  市立札幌開成中等教育学校の天文部さんから声をかけられ、美瑛町の大雪青少年交流の家で行われた合宿に日帰りで参加してきました。 8月15日(火)13時半に札幌を出発。 お盆時期の道路は混んでいると思い早目に出発しましたが、意外とスムーズに17時前に交流の家に到着。 青い池に通じる道路でも10分程度の渋滞で済んだのはラッキーでしたが、天候は雨。 ペルセウス座流星群の観望はできません。残念![画像] 91000672 天 [続きを読む]
  • 皆既日食をコリメート撮影で
  •  前回のブログ記事 【皆既日食を眼視で】 に書いたように、今回の北米皆既日食では、眼視でじっくり見ようと思っています。 とはいえ、少しだけ撮影したいという誘惑に勝つ自信がないことも事実。(笑) 8月14日(月)朝8時40分ごろから実家屋上で望遠鏡に太陽を導入し、ピント位置、鏡筒バランス、架台の振動具合、減光フィルターなどの事前チェックを行いました。[画像] 81130315 雲が多かったものの太陽が顔を出していま [続きを読む]
  • 皆既日食を眼視で
  •  2017年8月下旬に北アメリカ大陸で皆既日食があり、それを見に遠征してきます。 皆既日食を初めて見たのはインドで1980年のことでした。 今回の北米皆既日食で8回目の海外遠征になります。 これまで経験した7回の遠征のうち、曇って見えなかったのが1回。 残り6回のうち5回は写真撮影に夢中で、皆既日食を眼視重視で見たのは1回しかありません。 そこで、今回は眼視でじっくり観望し、眼視観望のついでに撮影することを決め [続きを読む]
  • さよならCM125T
  •  自動車の運転免許を取得した3年後の1976年(昭和51年)に自動二輪(バイク)免許を取得し、そのときに新車購入した 「ホンダCM125T」 を手放すことにしました。[画像] 81130286T 41年間乗っていたCM125T。最近、乗ることがめっきり減ってしまいました。 車庫で大事に保管していたため、小さな錆びがあるものの新車同様にピカピカです。[画像] 81130291 125cc車のナンバープレート。現在では見かけなくなった緑 [続きを読む]
  • 2017年8月8日の部分月食
  •  2017年8月8日(火)未明に部分月食がありました。 2017年版天文年鑑によれば、半影食の始めは0時48分、部分食の始めは2時22分、食の最大は3時20分、部分食の終わりは4時19分、半影食の終わりは5時53分です。 白黒モードで20分おきに撮影してみました。[画像] 81130247RCU 1時40分に撮影。半影食開始後50分ほどだと影は殆どわかりません。[画像] 81130250RCU 2時00分に撮影。部分食開始の20分ほど前だと、さすがに半影がわ [続きを読む]
  • 雨竜町の向日葵
  •  札幌市から北へ100kmほど離れた雨竜町の向日葵(ひまわり)が満開になったという新聞記事が8月に掲載されました。 例のごとく、月明かりで照らされた向日葵と星を写そうと決断。 8月5日(土)21時に自宅を出発し雨竜町へ向かいました。 23時に雨竜町に到着。月明かりに照らされた向日葵を撮影しました。 当日は満月3日前の月明かりですが、現地到着が遅れたこともあって、月は南中をかなり過ぎていて、それに雲があちこちに [続きを読む]
  • ガリレオ・ガリレイ原著の和訳本
  •  2017年8月、大型書店で星図を探していた際、偶然見つけた本がこれです。[画像] 81130222 B5判 71ページ、派手なカバーも帯もない質素な体裁の本で税込864円。 手に取って読んでみると、ガリレオ・ガリレイ(1564 - 1642)が著作し1610年に刊行された 「星界の報告」 (Sidereus Nuncius)を板倉聖宣さんという方が和訳したものでした。 読んでみると、400年前に生きていたガリレオさんが天体観察をしたときの様子と、ガリレ [続きを読む]
  • 2017年7月大雪合宿その4
  •  【2017年7月大雪合宿その3】からの続きです。 7月31日(月)、天文指導員の非公式合宿4日目。 朝から雨です。 昨日から宿泊したIさんは結局、星を見ないまま昼過ぎに退所。来年に期待しましょう。 Iさんと入れ違いに17時過ぎ、OさんとFさんが到着。 実は、合宿4日目の18時半から 「教員免許状更新講習」 の講師を依頼されていて、天文指導員仲間のYさん、Oさん、Fさんの3人に応援要請をしていました。 夕方になっ [続きを読む]
  • 2017年7月大雪合宿その3
  •  【2017年7月大雪合宿その2】からの続きです。 7月30日(日)、天文指導員の非公式合宿3日目。 Kさんが青い池を見たことがないということで、3人で青い池まで遠征。[画像] 青い池は、宿泊先の大雪青少年交流の家から車で10分ほどの近距離です。 近隣の十勝岳火山砂防情報センターの見学をしてから、昼前にKさんをJR美瑛駅まで見送りました。 16時20分に路線バスで到着予定のIさんの到着が遅れています。 それもそのは [続きを読む]
  • 2017年7月大雪合宿その2
  •  【2017年7月大雪合宿その1】からの続きです。 7月29日(土)の夜は雲が時おり星空を覆うものの、雲の合間から星がたくさん見えました。[画像] 81130205 20時ごろから天体観望を開始しましたが、急激に曇ってしまったことから、30分ほどで観望会を終了。 21時に天文指導員のOさん到着。何と晴れています。 慌てて望遠鏡を組み立てました。 木星、土星、星雲星団(M8、M13、M15、M20、M22、M27、M31、 [続きを読む]
  • 2017年7月大雪合宿その1
  •  毎年恒例となっている札幌市青少年科学館天文指導員の非公式宿泊研修に参加しています。 例年だとペルセウス座流星群の極大日に合わせた合宿日程を組みますが、2017年は月明かりがあるため、2週間ほど前倒して7月28日(金)から8月1日(火)まで4泊5日の日程を組みました。[画像] 7月28日14時に美瑛町の大雪青少年交流の家に到着。あいにくの雨です。[画像] 18時に指導員仲間のKさんが到着。夕食のバイキングをいただきまし [続きを読む]
  • 2017年7月25日の水星食
  •  水星が月によって隠される 「水星食」 を見ることができました。 7月25日(火)の夕方、久し振りに屋上の口径15cm屈折望遠鏡をスタンバイ。その前にビールを飲んでしまったことをちょっぴり後悔。(笑) 日没前の18時35分ごろ、月齢2の細い月のすぐ近くに口径15cm70倍で水星が確認できました。キラキラ輝いています。 久し振りの拡大撮影で、撮影部品の準備に手間取り、水星が月に隠される18時42分の潜入時刻には間に合いま [続きを読む]
  • さそり座の南中
  •  7月13日に幕別町忠類の高台で撮影した 「さそり座」 です。[画像] D1030300CA さそり座が南中しています。地平線の明かりは大樹町の街明かり。 北海道では南中時に 「さそり座」 がギリギリ見えます。画面中央は土星。赤道儀を持っていかなかったため、10秒間の固定撮影です。 7月13日21時15分、露出10秒、絞りF2.0、感度ISO3200、焦点距離14mm[画像] D1030185F25C さそり座の撮影中に大型旅客機が通過しました。 帯広空 [続きを読む]
  • 48年前の今日(人類初の月面着陸)
  •  今から48年前のことです。 1969年7月16日22時(日本時)に打ち上げられたアポロ11号は、地球から40万kmほど離れた月へと向かっていました。 アポロ11号に搭乗したのは、アームストロングさん(1930-2012)、コリンズさん(1930- )、オルドリンさん(1930- )の3人の宇宙飛行士です。 アポロ11号の本体から月着陸船イーグルに乗り移ったアームストロングさんとオルドリンさんの2人が、月面 「静かの海」 に着陸したのは1969年 [続きを読む]
  • 科学館臨時職員を退任
  •  緊急応援の臨時職員として2017年4月1日から在籍した札幌市青少年科学館を7月16日付けで退任させていただきました。 短い期間でしたが、新規講座の講師役、職員さんの研修担当、部品の修繕担当などをさせてもらい、充実した3か月半でした。[画像] 81130135 プラネタリウムの操作卓前でセルフ撮影しました。 33年振りの制服を着用し緊張気味の私。 今回はプラネタリウムの投影を任されませんでしたので、上記画像はあくまでも [続きを読む]
  • 幕別町忠類2泊目
  •  7月13日(木)。幕別町忠類のキャンプ場2泊目です。 幕別町はパークゴルフ発祥の地だとか。 キャンプ場には無料のパークゴルフ場が併設されています。[画像] 91000436 朝の8時から zappa さんとパークゴルフを楽しみました。 芝生の緑が綺麗です。[画像] 91000443 大樹町の晩成温泉に11時ごろに到着し入浴。 お昼ご飯もここで食べ、無料休憩室で15時まで昼寝。 大樹町の多目的航空公園も訪問しました。[画像] 91000448 [続きを読む]
  • 幕別町忠類でテント泊
  •  旧友の zappa さんと道東へ2泊3日のキャンプに出発したのは、7月12日(水)9時半。 zappa さん提供のエンジンオイルサービス券を使わせてもらい、ワゴンRのオイル交換を済ませ、オヤジ2人の珍道中が始まりました。 途中の恵庭市島松寿町の 「空海」 で蕎麦と豚丼セットを11時過ぎにいただき、千歳市根志越の 「ミルキーベル」 で濃厚ソフトクリームを食べました。とても美味しくいただき、きょうはラッキー! 門別に入るころ [続きを読む]
  • 菖蒲の花と星
  •  江別市東野幌の 「ノハナショウブの里」 で星空撮影をしてきました。 ノハナショウブは野花菖蒲と書き、自然の群生地をボランティアの手で維持しているそうです。 現地に着いたのは7月7日(金)21時過ぎ。 満月2日前の丸い月が煌々とノハナショウブを照らしていました。[画像] D1020885F65CA 22時08分から10分間に撮影した65枚の静止画を重ね合わせました。 中央やや右上はカシオペヤ座です。 月明かりでも、このように合 [続きを読む]
  • 担当していた講座が終了
  •  札幌市青少年科学館で4月23日(日)から開催された 「天文普及ボランティア養成基礎講座」 が7月9日(日)で最終回を迎えました。 ほぼ毎週日曜日に開催されたこの講座で私は講師役を任され、これまで座学中心だった講座とは趣向を変え体験重視を貫きましたが、晴天だったのが2回だけというのが辛かったです。(笑) 受講者は24名で、2か月間にわたる全10回のハードなこの講座の平均出席率は何と92%でした。 私がこれまで [続きを読む]
  • 2日連続の日没撮影
  •  7月6日に引き続き、7月7日も石狩浜で日の入りの様子を撮影しました。[画像] 91000403 7月7日18時51分に撮影。 400mm望遠レンズを使用し、19時10分から16分にかけ連続撮影。[画像] D1020712CA[画像] D1020763CA[画像] D1020790CA[画像] D1020808CA[画像] D1020830CA[画像] D1020850CA 前日の7月6日より透明度は少し良くなったものの、、ギラギラした日没を写せる透明度には程遠いようです。 [続きを読む]
  • 7月6日の日没
  •  7月6日(木)の札幌は朝から快晴。 湿度が高く少し透明度が悪いものの、綺麗な日没が見えるかもしれないと思い、石狩灯台の近くで日の入りの様子を撮影しました。[画像] 91000341 19時13分に撮影。 いつものように、セルフタイマーで私自身も写しました。(笑) 400mm望遠レンズで撮影した連続写真です。[画像] D1020642 19時08分に撮影[画像] D1020654 19時12分に撮影[画像] D1020674 19時14分に撮影 透明度が悪い [続きを読む]
  • 移動天文台の応援
  •  札幌市青少年科学館が行っている 「移動天文台」 の応援を頼まれました。 6月30日(金)19時に札幌市北区太平地区の開催予定地へ赴むくと、80人ほどの観客が待っていました。[画像] 91000295SN 口径10cm屈折望遠鏡で天体を見てもらいながら説明をしています。画面上部に写っているのは、木星と月です。 公園内の照明が眩しく、暗い天体が見にくいのは止むを得ません。 画面後方に小さく写っている天文車には、口径25cmクー [続きを読む]
  • 流氷の妖精 クリオネ
  •  6月に訪れた知床のホテルで可愛い生き物が展示されていました。 ロビーに設置された水槽の中には、流氷の妖精、あるいは流氷の天使などと称される 「クリオネ」 が100匹以上も泳いでいて、しばしボーっと見とれていました。[画像] 91000281S 水槽にコンデジを近づけて撮影。 餌を食べるときには妖精から悪魔に変身します。(笑) [続きを読む]
  • 羅臼岳と星
  •  知床で9月に開催される星空教室の講師を依頼され、会場の下見を兼ねて知床まで遠征してきました。 札幌から片道480kmほどワゴンRを運転し、知床峠に到着したのは6月19日(月)15時過ぎ。[画像] 91000259S 背景は知床の最高峰 「羅臼岳」 標高1660m。 まだ残雪がありました。 16時からの打ち合わせを終え、夕飯後にホテルから徒歩10分の星空教室の予定場所を下見。 この場所でも天の川がはっきり見えそうです。 場所の選 [続きを読む]
  • 月明かりの羊蹄山と木星
  •  6月12日(火)の北海道は晴天に恵まれました。 満月から3日後の12日は、21時過ぎに月齢18.7の眩しい月が昇ってくることから、暗い星を見るのに適していません。 この時期の北海道は、天文薄明が終了するのは21時半ごろなのです。 そこで、北海道の名峰「羊蹄山」を月明かりで撮影し、星の軌跡を多重露出で表現してみようと考えました。[画像] D1010429F92CACA 6月12日23時25分から38分にかけて撮影した92枚の静止画を比較明 [続きを読む]