NA273 さん プロフィール

  •  
NA273さん: NA273のhobby雑記2.0
ハンドル名NA273 さん
ブログタイトルNA273のhobby雑記2.0
ブログURLhttp://ameblo.jp/na-273/
サイト紹介文主なネタはオフ系電動RCカーやAFV模型、たまに鉄道・車ネタとかも有り
自由文2016年度に入って本格的にAFV復活
その分RCカーの比率は相対的に下がるかも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/10/17 21:49

NA273 さんのブログ記事

  • ビッグウィッグ着弾待ち
  • バンキッシュ復活かビッグウィッグ購入かで悩んでましたがビッグウィッグを購入を選択しました.。順調なら明後日、着弾でしょう決めた理由J-WEBの価格が魅力的だったジョーシンポイントが使えた手持ちのショートリポや1セルサイズリポが使えそうな形状フロントサスユニットはDF02用が移植できるユニバーサルジョイントもDF02用が使える等々元祖ブーメラン以来31年ぶりのホットショット系ですタイヤはSD12-TVにつけているR31-HOUS [続きを読む]
  • ビッグウィッグのステア機構改良策?
  • と表題に掲げても私には改良する術は皆目思いつきません。 ビッグウィッグのステアリング機構はラック&ピニオン式を採用しています。ホットショット以来のステアリング機構の問題解決の最終兵器として登場したセンセーショナルな機構でしたがいざ運用するとブーメランのスライドラックステア同様に砂が噛んでロックするなど評判は良くなかったらしいです。 私にやれることと言えばステアリング機構の組み立てでグリスアップを指示 [続きを読む]
  • バンキッシュほどほど復活計画を練る
  • アバンテ2001HGともイグレス未満とも言えそうな我がバンキッシュを復活させようなどと考えていますが大マジに復活させようなどとすればベラボーな値段が掛かるのでやるならほどほどにやろうと思っています 1.旧型ボールデフをギヤデフに調整機構がなくてもボールデフであることが正義だった時代。ボールデフにしては安価だったことやアバンテ系センターボールデフの評判が悪かったのでバンキッシュ購入時にトルクスプリッター(セ [続きを読む]
  • 26年ぶり?にバンキッシュのパーツをかき集めた
  • 26年ぶりに使用する可能性が出てきたので散逸していたバンキッシュのパーツをかき集めてみました。表題はバンキッシュとありますがカーボンシャーシのせいでイグレスっぽいです。しかしながらハイキャップダンパーやチタンビスの採用までは手が回らずイグレス完全体にはなれず最終的にはアバンテ2001のグレードアップ版みたいな感じに落ち着きました。 上:ダブルデッキカーボンシャーシ中:イグレスタイプリアウィング下:バンキ [続きを読む]
  • ビッグウィッグTRF仕様
  • RC WORLDの2017年6月号にはTRFの前住選手が仕上げたビッグウィッグTRF仕様が載っていましたポイント抜粋1.フロントダンパーセット ・ダンパー:DF-03用アルミフロント用を引きダンパーで組む ・スプリング:ノーマル ・ピストン:ロールを増やすなら3穴、安定よりなら2穴 ・ダンパーオイル:タミヤ400番2.リアダンパーセット ・ダンパー:DF-03用アルミリア用を引きダンパーで組む ・スプリング:ノーマル ・ピストン:ロー [続きを読む]
  • ビッグタイヤ用の後釜シャーシをどれに?
  • ビッグタイヤ用にヨコモのSD12-TVを使っていましたがむき出しのピニオン&スパーがどうあがいてもネックになりダートで使うのを断念しました後釜のシャーシをどうするかいろいろ考えた結果、候補はこの3つですTT02Bビッグウィッグバンキッシュ改1について、TT02Bのビッグタイヤ仕様はネットを調べると結構あります。これにビッグウィッグボディを載せて「ネオビッグウィッグ」を作るのも一興です。問題はビッグウィッグボディのフ [続きを読む]
  • バトルタンクあれども活かす場がない(´・ω・`)
  • 昨年三月にタミヤの1/35バトルタンクシリーズのⅣ号J型を購入しました。とはいうものの1/35バトルタンクのオフ会や集いそのものがなかなか無いんですよね。兵庫県下は言うに及ばず近畿一円ですら探すのに一苦労です。それこそタミヤのプラモデルファクトリーがある新橋あたりまで出かけねばならない状態ですからどうにもなりません。しかしバトルタンクシステムのMC-06ユニットは良く出来ています。旧型のアクトコムMC-04ユニット [続きを読む]
  • 大虎との競合に敗れた大熊〜30.5cm自走榴弾砲ベア
  • 今回のネタは前エントリーで1/144ティーガーⅡと一緒に取り上げた白無垢の16口径30.5cm自走榴弾砲ベア(グリレ30) 実車はティーガーⅡとパンターをベースに主砲に16口径30.5?榴弾砲を備えた大口径自走砲として計画されるものの120tと言われる超重量とあまりの機動力の無さなどがネックになってシュトゥルムティーガーとの怪物対決というか競合に敗れました 私に取って不明点が多い自走砲で概要とかがわかったのは21世紀に入って [続きを読む]
  • 紙上の怪物「16口径30.5cm自走臼砲ベア」
  • 前回の記事で取り上げた「自走臼砲ベア」とはグリレ30とも。その重量と機動力の無さと手間からシュトゥルムティーガーとの競合に敗れペーパープランで終わったティーガーⅡとパンターをベースに主砲に16口径30.5?臼砲を備えた大口径自走砲不明点が多い自走砲で概要とかがわかったのは21世紀に入ってから。グランドパワー(ガリレオ出版)2010年8月号「ドイツ計画戦車」にベアの記事あり今はなきニューコネクションモデルズから1/3 [続きを読む]
  • タミヤ1/35IV号突撃戦車 ブルムベア後期型発表
  • 個人的に第56回静岡ホビーショーにおけるタミヤブースでの注目は1/35ブルムベア後期型が出ることだったりします1/35ブルムベアのモデル化は旧H型ベースで1970年代半ばに中期型がモデル化されて以来実に40年ぶりのことまた後期型のモデル化自体もドラゴンがモデル化して以来約20年ぶりだと思われます(実はそのドラゴンキットを持ってたりします)個人的にあれっ?と思ったことは名称が中期型以来の流れを汲んで「四号突撃榴弾砲  [続きを読む]
  • タミヤ社長逝去
  • 既出ですがタミヤ社長である田宮昌行氏(59)が5月1日に逝去していました病死とのことですが59歳とは若すぎますねしばらくは俊作会長が再び前線に出てこなければならないでしょうねタミヤも社長が現役で亡くなられたのですからしばらくは大変でしょう生前昌行氏はタミヤブランドを生かした多角経営を目指すと語っていたようですがそれの端緒を付けることもなく亡くなってしまわれました謹んでご冥福をお祈り申し上げます にほんブ [続きを読む]
  • 2017度(暫定)仕様アタックバギー
  • 最近はTLR22ばかりイジっておりおざなりになっていたアタックバギーですがGWも終わりになってなかなか決まらなかった2017年度仕様がようやく形になりましたESCや受信機とかを載せていないこととかであくまで暫定ですが 今回バスタブシャーシを新調しましたが昨年11月のアヒルレースから結構変わっています基本route27仕様ということもあり前後タイヤをカクタス純正からアタック純正に戻しましたアップライトもサスアームへのダメー [続きを読む]
  • ラリー用デルタS4ボディ購入断念
  • ラリー用に狙っていたアスカクリエート扱いのデルタS4ボディですがTLR22の中古やそのアップデート用パーツを何点か買った後だからというわけではないですが購入は諦めますいくらデルタS4好きであってもこれは尻込みするお値段です完成品ならまだしもクリアボディで洛西で税込7,000円越えはさすがに…タミヤもグループBマシンのボディを1/10で出してくれないですかねかつて1/12で出していたポルシェ959(上)とかセリカGr.B(下)と [続きを読む]
  • RCレースをガッツリやり込むなら車が一台買える?
  • RCレースをガッツリやり込むのなら車が一台買えてしまうのでは?今日の朝練における小西氏との雑談でそんな話が出たわけですがこれはバギーだろうとツーリングだろうとドリフトだろうとはたまたEPだろうとGPだろうとカネが掛かるという事実は動かせません かつてに比べてバッテリーの本数は少なくて済むもののキットの値段が2000年代と比べても飛躍的に青天井で上がってますし、プロポもレースに出るからにはある程度以上のモ [続きを読む]
  • TLR22をベルクランク式ステアに
  • 先月アヒルで買ったTLR22はラック式スライダーステアリングがもうガタガタになっていたので22オプションのステアリングベルクランクシステム一式(№ TLR231027)を投入して換装しています TLR231027説明図(英文)この説明図には載ってないですがベルクランク用スピンドル (№TLR234029相当)やノーマルとは違うタイプのステアリングリンクやアングルドボールカップ(№TLR231029相当)やターンバックルも付属しています後 [続きを読む]
  • TLR22朝練でスリッパー&デフチェック
  • 昨日メンテしたスリッパーやデフの状態を確かめるために今日もROUTE27でTLR22を走らせてきました用事の合間を縫っての走行なのでバッテリーは昨日の残りです9時前にサーキットに行ったら小西氏がすでにアルティマSCを駆っていました今日もなかなかでしたが、ワキ見運転で変なところに突っ込んでしまったのはよろしくないところです 小西氏のアルティマSCとのツーショット にほんブログ村 [続きを読む]
  • TLR22のスリッパーをアソシV2風に
  • TLR22のスリッパーをアソシV2スリッパー風に改造しました元々カクタスに使うつもりで購入したもののお蔵入りになったV2用スリッパースプリングやXV-01に使ったもののしっくりいかずその後使わなかったV2用ハイトルクパッドがあったのでV2スリッパー化持ってなかったスリッパープレートを追加購入それも穴あきタイプに、ビジュアル満足金銭面少し後悔スパーギヤはこれもカクタスに使うつもりで購入してたTRF201用48P79Tただし2日前 [続きを読む]
  • TLR22昼練、絶好調から一転切り上げに
  • 今日もROUTE27へTLR22を走らせに行って来ました。 今回手を加えた箇所 Fスプリング:京商 XGS001 ビッグボアショクスプリング フロント (ピンク/ソフト)Fタイヤ:ヨコモ YAU-6759 カット スタッガー スペシャル フロント タイヤFインナー:ヨコモ YAU-6738 2WD フロントインナーFホイール:TLR22純正 Rスプリング:京商 XGS013 ビッグボアショクスプリング リア (ゴールド/ミディアム)Rタイヤ:ヨコモ YAU-6608 [続きを読む]
  • 今更過ぎるが元祖TLR22シェイクダウン
  • 今日、ROUTE27サーキットで昨年11月以来のラジ活をしてきましたROUTE27を走るのは一昨年9月以来のことです 目的は先月アヒルで手に入れた元祖TLR22のシェイクダウンです今年になって22も4.0に進化したので3世代前のモデルになります この日、走りに来ていた芳田氏にいろいろチェックやレクチャーを受けながら走りましたちなみに芳田氏はRB6・DEX410・WR02ワーゲンバスにDT03を持ち込んでおり相変わらずの走りを行って [続きを読む]
  • カクタスにギブアップし中古TLR22購入
  • 表題通りとうとう中古のTLR22 を購入しました本当はカクタスを活かせれば活かしたかったのですが私が買ったキットの外れっぷりにギブアップしました ・ミッド仕様で組めばモーター脱着が一苦労とかいうレベルではない・ダンパーは負圧が長く維持できない上にありえないレベルで速攻漏れまくる。対処も何もそれ以前のレベル・キット付属のスパーギアに付属のスリッパーパッドにはまらない。ただしTRF201用スパーならしっくり・ [続きを読む]
  • カクタスプロ用シャーシかTLR22中古か
  • 昨日TLR22シャーシの中古を買うかどうか悩んで躊躇して買わなかったのですが一日経った今では買ってもいいかなという気持ちが出てきてます買うとすればボディ・ダンパーレスの方ですダンパー&スプリングはカクタス用に用意していたアルティマRB6用のそれを転用すればいいですから。最初にやるとすればダート路面のさるびあドームや犬飼河川敷や加西を想定してスライドステアリングを通常のクランク式に改めることでしょうかボディ [続きを読む]
  • 中古のTLR22(ロッシ)購入を一瞬考えたものの
  • 今日、アヒルに行った時にロッシの2WDバギー・TLR22が2台中古コーナーにありました見たときにダンパー・ボディレスの方を買おうと一瞬考えましたけど結局やめましたアヒルにあった物はTLR22の一番最初のタイプの今日では1.0と呼べるモノです ちなみにTLR22 1.0が国内で発売開始されたのが2010年(あざらしブログ 2011/06/20他参照)TLR22 2.0が国内で発売開始されたのが2013年(トレスレイブログ 2013.08.09参照)TLR22 3.0 [続きを読む]
  • 今年のアヒルホビー(orHBC)レースはないかも?
  • 今日、アヒルホビーに行きよもやま話してきました前回アヒルに行ったのは昨年11月のはずなので4か月半ぶりですそのよもやま話で出てきた話題の一つがアヒルホビー(or姫路バギークラブ)レース今年ははまだ開催されてないですがゴールデン・ウィーク時期の開催も無さそうですどうも主催の久後氏が多忙で手が回らない状況であり今年の開催そのものが厳しいようですちなみに来年の開催は大丈夫とのことみたいですが にほんブロ [続きを読む]
  • ブラシレスESCの配置転換
  • 現在、ブラシレスESCの布陣 ・FLETA STOCKSPEC(マッチモア)・CESC-120A Ver.2.1(おてんクラフト)・BL-SP3(ヨコモ) 使用カテゴリー・FLETA STOCKSPEC:ラリー用・CESC-120A Ver.2.1:2WDバギー&SCトラック用・BL-SP3:ビッグタイヤ及びアタックバギーのブラシレス化用 実はFLETA STOCKSPECとCESC-120A Ver.2.1は使用カテはこないだまで逆でしたが最大電流の許容容量を鑑みて使用カテを入れ替えました FLE [続きを読む]
  • ワンオフFFバギーby小西製作所(88年製)
  • 約30年前、オフロード2WDクラスでは神田スペシャル(神田工業所)やらラビットFF(模型店ラビット※現在は閉店)とかのカスタムメイドFFバギーが猛威を振るってたいましたアスチュート、アルティマとかの国産勢(それもワークス仕様)ばかりか当時世界最強の2WDバギーだったと思われるRC10と互角かそれ以上に渡り合いその余りの強さから2WDクラスから4WDクラスに移行させられたわけですがちなみに件の神田スペシャルの概要はこの記 [続きを読む]