精神保健福祉士教員 さん プロフィール

  •  
精神保健福祉士教員さん: 精神保健福祉士NEST(入門編)
ハンドル名精神保健福祉士教員 さん
ブログタイトル精神保健福祉士NEST(入門編)
ブログURLhttp://pswnest.blogspot.jp/
サイト紹介文精神保健福祉士の物語です。精神保健福祉士の困難ややりがいの一端を示せればと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/10/18 12:32

精神保健福祉士教員 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人53
  •  ただ、問題はこちらよりも看護記録の方だ。なにしろ、看護記録には毎日の患者の様子が書かれている。 つまり、小林さんがESによって何を感じ何を訴えていたのかが書かれているはずだ。 野間は大きく息を吐いてから、看護記録の方に手を伸ばした。今と同じく、一日一行と短いながら、入院してから毎日の様子が書かれてある。 「昭和三十年四月三日 本日入院。落ち着いて過ごす。配膳など周りを見てやれている。」 「昭和三十 [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人52
  •  ようやく、一呼吸つき、他の部分にも目を向けられた。 よく見てみると、分厚いそのカルテは、大きく二つに分かれているようだ。五対一ぐらいの分量。どうやら、その少ない方が医師のカルテで、大きい方が看護記録のようだ。 医師のカルテには、患者の写真や住所などが書かれたものが一番上にある。今ではフェイスシートとも呼ばれる、患者の個人情報が書かれたものだ。住所は、日本海側の小さな村の場所が書かれていたようだが [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人51
  •  「なっなっなんでですか? なんでそんなところに。」 藤さんは立ち止まって、少しだけ驚いた顔をした。そして、一瞬だけ、微かに笑みを見せただけだった。 野間は、藤さんと別れた帰り道。暗い小道を歩きながら、考えをめぐらせていた。 やはり強制的なESが山田さんの妄想を活発にしてしまったのだろうか。その可能性は否定できない。過去のドクターやナースが何をしたのか。精神科に関わる、あとに続く私たちはそれを知る [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人50
  •  しかし、酔いもあるのか、本気でやめさせようとしているわけではない。にこにこして話し出すのを待っている。 それを受けて、師長が話し出した。 「あの山崎先生にね。山崎先生よ! しかも、今みたいなうなぎ犬じゃなくてさぁ。ハイエナみたいにギラギラしてた頃のうなぎハイエナでさぁ。俺の言うとおりにしろ!が口癖よ。」 師長も酔いが回ってきているようだ。話が回りくどい。 「そのうなぎがさぁ。お腹空いてそうだった [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人49
  •  「けど、ドクターの指示があってのことではないですか?」 「いえ。私達もそれが正しいと思っていたわ。確かに、落ち着く患者が結構いたのよ。」 クイッと熱燗を空けてから続ける。 「あの頃の精神病院ってさぁ、荒れてたのよ。状態の悪い患者が多くてさぁ。看護者にも向かってくんのよ。もちろん、他の患者にも向かっていくわ。そんなことになったら、冷静に話し合いなんて場合じゃない。自分の身を守るためにも、他の患者を [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人48
  •  「さあ飲もう飲もう。支払いは心配しないでくださいね。皆さん。」 そう言って満面の笑みで男物の財布をかかげた。そして、いたずらっぽく伏せている成宮を指差した。 みんなが苦笑いする中、先輩が上機嫌で注文を取る。 先輩のテンションはいつもの通り、あっという間に他を巻き込んで盛り上げる。 「ねぇ野間君。藤さんって年齢の割に体がしっかりしていると思わない?」 「えっと、そうですね。そういえば。」 「藤さん [続きを読む]
  • 精神保健福祉士と自由を望まぬ人47
  •  野間は酒は得意ではないし、先輩の酒豪ぶりを知っていたので躊躇した。それでも、何か答えが出ればという気持ちで行くことにした。 「二人だけじゃないですよね。」 そう聞くと、「何言っちゃってんのよ。マンツーマンよ! マンツーマン!」そうニヤニヤして言った。野間が驚いていると、「うそうそ。あと何人か来るわよ。」と。 「あと何人かとは誰ですか?」 「えっと。これから招集をかけるわ。」 そう言って相談室を飛 [続きを読む]
  • 過去の記事 …