東京猫色 さん プロフィール

  •  
東京猫色さん: 東京猫色
ハンドル名東京猫色 さん
ブログタイトル東京猫色
ブログURLhttp://blog.tokyonekoiro.com/
サイト紹介文東京の今を生きる野良猫を追った10人の写真家の共同ブログです。ほぼ毎日更新中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2012/10/19 10:47

東京猫色 さんのブログ記事

  • 晴れ舞台。
  • この季節、この時間。そして、晴天の日にだけ 路地裏に忽然と誕生する晴れ舞台。 今日もステージでは下町の女王が 後光を全身にまといながら 圧倒的なパフォーマンスを披露。 大向こうを感動の渦に巻き込みます。 「哀れな大衆よ、女王の前にひれ伏しなさい」 言われるまでもなく、既に御前に這いつくばって やんごとなき御姿を納めさせて頂く僕でした。 ? [続きを読む]
  • 深夜の眼差し
  • NikonD5+AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED f1.4終電で目的の街に着いたはいいけどなんの出会いも無いまま時間だけが過ぎる。今日は空振りかなぁとコンビニで缶コーヒーとパンを買って腰を下ろす。大して美味くもないパンをかじっていたら目の前にある柵の隙間から視線を感じる。あー、やっぱり持ってるわ俺。探して回らなくても、こうして君の方からコンタクト取って来るんだから。コンビニの袋をガサガサした音に釣られて?…いや、そ [続きを読む]
  • サブと、下町の眼差し。
  • 深夜0時を間近に迎え、そろそろ終電時刻が気にかかる。 足が小走りになった頃、ああ〜気付いてしまった君からの眼差し。 路地の奥から俺を見上げる目に宿る輝きには 何かを訴えたい意志を感じてしまうわけで。 このまま素通りも出来ず、かと言ってカリカリも持っておらず。 ただただレンズを向け、もやもやする心には蓋をして 自分でも驚くほど、冷静にシャッターを切っていました。 前略おふくろ様。 俺は所詮、毒にも薬にもな [続きを読む]
  • スリット。
  • 猫、います!(笑) 路地の日当たり時間は刻々変化。 あ、っと思った瞬間の10分後には もうこの地は真っ暗だったりすわけです。 ウロウロうろうろ。 流し派猫撮りの僕であります。 [続きを読む]
  • 理由
  • 何時もそこに居るのは、待っている人がいるからなのか。ここに来る度に、そういうことを少しづつ知ることが出来ればいいと思った。 [続きを読む]
  • さり気ない距離。
  • 昼下がりの下町、近さ1メートルのすれ違い。 猫も人も当たり前のように我が道を行く。 町の共棲者だから可能な距離感。 どちらまで? ごきげんよう。 さり気ない挨拶が聞こえた気がしました。 ? [続きを読む]
  • 真夏の公園
  • 東京の夏も暑い。朝晩の涼しさもなくなり、熱帯夜からそのまま続く真昼の照り返し。夏休みといえど公園で遊ぶ子どももいない。真夏の公園にいるのは、日陰で涼む猫と、それを撮るぼくだけ。 [続きを読む]
  • 夕涼み
  • NikonD5+AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G ED君の隣の席が空いてるね近くにコンビニあったよねビール買ってくるから相席いいかな?***珍しくズームレンズを使ってる。NikonD5を買ったばかりで色々と試していた頃だ。データを確認したらf/2.8 1/80秒 ISO12800 -2EV夜空にノイズは乗ってるけどA1くらいまでならプリントにも耐えれるかな写真を始めた頃は全紙でのプリントのことまで考えるとISO800のネガフィルム使うのにも躊躇していたけ [続きを読む]
  • 誰かが見ているぞ!
  • 下町を歩くとよく目にする、「誰かが見ているぞ!」の看板。 真っ当な小市民の、影も頭も薄い、人畜無害な僕ですが 猫撮りの最中は、突然しゃがんだり、つい奥を覗き込んだり。 まあ、誰何されても止むを得ないケースも否定出来ません・・・。 それだけに、ミッキーマウスのシャッポをかぶったりして 今日もニコニコ、皆さんに挨拶を欠かさない 撮影行に余念がありません。 今日も「誰かが見ているぞ!」、と一喝された気がして [続きを読む]
  • いつもの街のスナップ。
  • NikonD5+AF-S NIKKOR 50mm f/1.4G7月1日から10日までゲスト投稿祭りとして10人の写真家さんに登場していただきました普段の東京猫色BLOGとは違う雰囲気を楽しんでいただけたのではないでしょうか。僕らメンバーも楽しかったし各作家さんの素晴らしい作品に勉強にもなりました。ご登場いただいた作家の皆様本当に有難うございました。池口正和 [続きを読む]
  • ハハネコ コネコ (星野俊光)
  • 子育てを終えた母猫の安堵の表情が美しかった。***星野俊光キヤノンギャラリー、コニカミノルタプラザエプサイト等で個展開催多数。「写真はプリントにして、見て頂いてはじめて完結するアート」をモットーに撮影以上に写真展開催に拘る。猫の写真を犬猫写真とは呼ばせない、そんな想いと決意で猫をモチーフにした写真を撮り続けている。HP: http://www.toshimitsuhoshino.com/BLOG: http://wanganneko.cocolog-nifty.com/faceboo [続きを読む]
  • 横丁の猫 (阪 靖之)
  •          この場所にはじめて訪れたのは10年くらい前当初からかなり寂れていた。ここの横丁は戦後の混乱期に建てられた・・・と、唯一営業している居酒屋のご主人から聞いた。カメラ:Panasonic LUMIX DMC-GM5レンズ:LUMIX G 25mm/F1.7 ASPH***こんにちは、もしくは、はじめまして。主に大阪で猫写真を撮影している阪と申します。写真はもちろん大阪の猫です。東京と同じくここ大阪もビルの真ん中にぽつんとこういった場 [続きを読む]
  • 一刹那のキョウユウ (岩崎愛子)
  • 私の中の内在世界をシャッターを押す瞬間君に託す。***はじめまして。岩崎愛子と申します。今回、恐れ多くも東京猫色さんにゲストとして投稿させていただきました。東京猫色さんが東京の猫の姿を記憶し続けるように、私も地元伊豆の猫を中心に撮影しております。2年前に「五叉路」という5人組の猫写真グループを結成しており、猫色さんのようなつわもの集団とは違いますが、ゆる〜くブログもやっております。今後ともよろしくお願 [続きを読む]
  • 一期一会 once-in-a-lifetime (豊崎 崇)
  • 去年の11月20日の夜明け前。船の上、歩み板で兄貴分が爪を研ぐと、すかさず弟分も真似をする。そんなキミたちの姿がなんとも微笑ましかったよ。キミたちがいる素敵な光景に出会えたのは、これが最初で最後になっちゃったね。私にとって、お金じゃ買うことの出来ない宝物のような瞬間だったよ。***東京猫色ゲスト投稿祭りに参加させて頂きました豊崎崇と申します。四国の徳島からの投稿で、愛媛の松本さんに次いで2人目、四国率高 [続きを読む]