ジュンチャン さん プロフィール

  •  
ジュンチャンさん: ジュンチャンのマイペースな日常
ハンドル名ジュンチャン さん
ブログタイトルジュンチャンのマイペースな日常
ブログURLhttp://ameblo.jp/4884nj/
サイト紹介文広汎性発達障害を持つ筆者が障がいをお持ちの方の支援の仕事のことをメインに書いています。
自由文年齢は40歳です。
大阪市此花区に在住してます。
今は登録のヘルパーとして二つの事業所に登録して仕事をしています。

趣味はドライブと音楽鑑賞です。

マイペース派です。よろしくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供229回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2012/10/19 11:01

ジュンチャン さんのブログ記事

  • ●たまっているもの
  • 気づかぬうちに疲れはたまっている。頑張りすぎた疲れがたまっている。気づかぬストレスもたまっている。誰かにぶちまけたい思いもたまっている。たまっているものは長い眠りで打ち消そう。またたまっているものは落ち着く場所で打ち消そう。 [続きを読む]
  • ●何故に笑えるのか
  • 何故に映画を観てあなたがたは笑えるのか。ひとりの人の生き様しか見えないわたしはじっとその人の人柄を見つめている。笑うことには出会っていない。笑うことに出会えるのはわたしが大きく変わるときになる。 [続きを読む]
  • ●生きる糧
  • 無理矢理言葉を紡ぎ出して苦しくなるのか。それでもいい。とんちんかんな言葉を紡ぎ出して馬鹿にされるのか。それでもいい。人生は深いものだ。その経験は生きる糧になる。 [続きを読む]
  • ●叫びと心
  • 走りたいとあなたは叫ぶ。叫んだその心はあなたの本当の叫びだ。あなたは叫ぶのだからあなたにはしっかりと心がある。 [続きを読む]
  • ●オーディション
  • 一度彼らの前で謳ってみたらわたしの今の立ち位置がはっきりとわかるのだ。わたしは一度彼らに仲間入りするためのオーディションに落ちたのだ。彼らに形式的な言葉は通用しない。素っ裸の思いでしか受け入れてもらえない。この先わたしが成長したら厳しい彼らの前でもう一度オーディションを受けよう。 [続きを読む]
  • ●わたしの役割
  • その人と向き合う役さえいただければあとの評価は好きにしてくれればいい。その人と向き合うことができればその人との思い出は確実に生命に刻まれる。 [続きを読む]
  • ●言葉とリズム
  • 今はどうやって言葉をかけるかを考えることが楽しいものだ。言葉はリズムを生み出すもの。言葉とリズムはかみあうもの。それらと生活と織り交ぜたらそこからひとつの芸術が生まれるのだ。 [続きを読む]
  • ●来る
  • 時間はわずかでも進む。どんなに秒針が遅く感じても時間は進む。歯を食いしばれば必ず夜明けの時は来る。必ず爽やかな朝の風を浴びる時が来る。 [続きを読む]
  • ●忘れましょう
  • 忙しかったことは忘れましょう。全く違う世界に行ってくつろぎましょう。叱られたことも忘れましょう。パッとお金を使ってはしゃぎましょう。 [続きを読む]
  • ●楽しさを感じて
  • 頭は酔ったみたいにくるくるとまわる。疲れ果てたことを通り越している。何故こんなにも動けるのか。何故動きつづけても楽しいのか。それは奥底からなんとも言えない面白みを感じ取っているからだ。目的の島にたどり着かんがためにあの勢いのある明日という風にのるのだ。 [続きを読む]
  • ●頑張る
  • もう少しだけ頑張ればゆっくりと遊べる日がやってくる。からだをリセット出来る日も近い。もう少しだけ頑張るのだ。 [続きを読む]
  • ●山はまだまだ続きます
  • 山はまだまだ続きます。登れば登るほど限りなく道は現れます。頂点を極めるまで道は続きます。目標を持っているから登れます。 [続きを読む]
  • ●同じ人間だから
  • 同じ人間だから感情は吐き出さなければならない。同じ人間だから辛いことを共に乗り越えるのだ。そう。あなたとわたしは同じ生身の人間だ。 [続きを読む]
  • ●桜の舞う意味
  • 桜は美しく咲き誇る。しかしわたしは試されている。桜をみるたびに試されている。試練に打ち勝ったときにはすでに美しい桜は散っているだろう。彼は試されているわたしをいつもどう見ているのか。ただ一つの答えは彼の姿からでている。あとは時間をかけてでも文字に残そう。 [続きを読む]
  • ●いばらの道に
  • 何者かに仕組まれていると思っていない。からだが疲れていてもいばらの道に進みたくなってしまう。進まなければ納得できないのだ。決めているのはわたし自身だ。 [続きを読む]