かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 薪小屋の外壁、屋根下地の作成
  • 単純な「薪棚」の場合は、ここまでのピッチで間柱まで入れる必要はないけれども、現在作成中のものは「薪小屋」なので外壁のポリカ波板を打ち付ける下地の垂木を打ち付けるための間柱も必要になってくる。中途半端に作ると、強風や地震で破損するので、必要十分な強度を確保するために、しっかりと本格的な作りになっている。筋交いや火打ちを要所に入れて構造全体としての強度を確保四角形だけの構造だと、地震の際に左右方向に振 [続きを読む]
  • 薪小屋の骨組みが完成
  • 理想の薪小屋の製作中。骨組みが完成して、全体像が見えてきた。柱を立てたところフォークリフト&メッシュボックスパレットで高さを稼いで、巨大な桁を持ち上げて柱と合体させる今回作成中の薪小屋はフォークリフトででメッシュボックスパレットを積み込むため、開口面積が大きい。そのため、長いスパンを柱の支えなしに一本の木材で飛ばすために太くて巨大な重い桁を使用することになった。こういう工事の場合には、クレーンで材 [続きを読む]
  • 念願の薪小屋の材料が到着
  • メッシュボックスパレットに詰め込んだ薪を、どう保管して乾燥させるのかを考えた。簡易的にテキトーな波板を上に載せておくとか、最上段に屋根ユニットでカバーするとかの方法あるけど、今回はこれまでの経験とノウハウを結集した、自分の考える理想の薪小屋を作ってみることにした。きちんとした小屋を建てて、屋根だけでなく壁面まで全ての面をポリカの波板で覆って、温室状態にして乾燥させようという作戦だ。強風が吹いても全 [続きを読む]
  • GWのイベント予定(薪集め&左官体験の参加者募集)/5月3日&4日
  • 春の三連休も終わり、次の大型連休はGWなので、「どうしようか?」と検討している人も出てくるだろう。これからスケジュール調整しようと思っているので、興味のある人はコメントして欲しい。今度のGWに、かわはら薪ストーブ本舗では初企画の二日間通しのイベントを行おうと考えている。概要は以下の通り。初日だけの参加もありだし、二日目だけの参加もありだし、両日とものフルコースでも、もちろんOK。【5月3日 憲法記念日】  [続きを読む]
  • 薪の原木をラクに集めるコツ
  • 薪ストーブ生活を継続的に送っている場合は、自分の周囲の人に「薪にしたいから、腕より太い広葉樹が出たらちょうだい」と具体的な要望で声をかけておいた上で、ある方法を取れば、わざわざ自分で回収に行かなくても、だんだんと自然に持ってきてもらえるようになる。今回も、近所で造園屋さんに行っている人が、持ってきてくれた。2tダンプに原木満載で、かわはら薪ストーブ本舗のストックヤードに到着このやり方を構築するための [続きを読む]
  • 薪の保管用のメッシュボックスパレット入荷
  • 薪の保管用に注文しておいた、メッシュボックスパレットが入荷した。サンキンCMS-3という品番の全開扉の仕様で、サイズは(D800×W1000×H850)で一つあたり約0.5立米が収納可能なものだ。トラックの荷台からフォークリフトで降ろす薪置き場へ移動今後は、作成した薪は、このメッシュボックスパレットに入れて取り扱い、合理化を追及する。早速薪割りして、詰め込んでいく (太く見えるかもしれないけど、そんなことはなく、Heta 4 [続きを読む]
  • 気持ち良い薪割りのために、斧の刃を研ぐ
  • 薪割りしていると、少しづつ切れ味が鈍くなってくるのだけど、それは急激な変化ではないので、なかなか気づき難い。ついつい、そのまま手入れしないで使い続けてしまいがちだ。しかし、軽く研いでやると斧の切れ味も復活して、薪割りが、安全かつ楽にできるようになる。無駄な力を入れなくて済むので、怪我のリスクも小さくなるし、何よりもサクっと割れて気持ち良い!ハードに酷使して刃がなまってきた状態ちょっと残念な感じの刃 [続きを読む]
  • 屋外の薪ストーブで沸かしたお湯でコーヒーを淹れた
  • 放射温度計は黒い塗装面しか正確な温度を計測できないので、ありがた屋さんの高精度の温度計を、屋外のウッドデッキに設置したホーローの薪ストーブ(セガン サファイヤ)では使用している。ちなみに、サイドローディングの一番温度が上がるところで300℃の時に、天板は50℃低い250℃程度だった。ちなみに、この、ありがた屋さんの、高精度温度計は、かわはら薪ストーブ本舗でも新品を在庫して販売している。ご来店の際にはいつで [続きを読む]
  • 薪ストーブの前でエビス新発売の「華みやび」を飲んだ
  • 薪ストーブシーズンの楽しみの一つが、ガンガン焚いて暖かくなった室内で、Tシャツ一枚で、炎を眺めながらビールを飲むことだ。これが楽しめるのも、あとわずかだ。新発売の『華みやび』を専用グラスに注ぐ香りと味が楽しみ薪ストーブの前でいただくビールは最高♪グラスに描かれたエビス様他のビールとは明らかに違う個性を感じる麦の香りとバナナみたいなフルーティな味のバランスが取れていて、口当たりが良く、苦味だけでない [続きを読む]
  • 薪ストーブの炉内でホットサンド
  • 薪ストーブのシーズンも終盤になってきて、ずっと焚き続けないで、熾火でそのまま鎮火方向へ移行することも多くなってきた。熾火の火力次第では、普段できないような調理もできる。今回はホットサンドに最適な熾火の状態だった。熾火の炉内へ投入絶妙な焼け具合チーズもトロトロ表面は香ばしく、中はフワフワモチモチの絶品のホットサンドができる。 これから、気候が暖かになってアウトドアシーズになったら、キャンプや焚き火 [続きを読む]
  • 木造建築で各教室に薪ストーブのある幼稚園
  • 中京ツアーの第三弾は愛知県豊橋市での、煙突掃除と新型アンコールのレクチャーとメンテナス。こちらは問題なくサクっと終わった。上手に使いこなしていることが確認できた。吸気口の開口面積をアルミテープで半分位に絞って、さらなる効率燃焼を追及した。その現場の近くに気になる光景があったので、今回の記事はそちらが本題だ。愛知県豊橋市にある「むさしの幼稚園」は校舎が木造で、各教室に薪ストーブが設置されている。大き [続きを読む]
  • 三重県四日市市で新築中の現場の煙突工事
  • 今回の中京地域ツアーの第二弾はこちら。新築住宅の建築中の足場があるうちに、煙突を取り付けてしまおうという作戦だ。工務店的には「引き渡し前の現場に自社の施工スタッフ以外は現場に入れたくない」というのが本音だろうけど、そこを何とか妥協してもらえた。煙突工事は、足場がある時と、ない時では作業効率や安全性が全然違うから、助かった。このような調整では、施主さんのリーダーシップがないと、上手くいかないケースも [続きを読む]
  • 愛知県瀬戸市で、【耐震性】に優れた方法でピキャンオーブン設置
  • 6年前の3.11の東日本大震災や、昨年の熊本地震を経験しているので、かわはら薪ストーブ本舗では、状況の許す限り、なるべく耐震性に配慮した施工をしている。地震でライフラインが止まっても、暖房、照明、調理にと活躍してくれる薪ストーブなので、可能な限り転倒のリスクが少なく、地震の後でも使い続けることのできる薪ストーブ設置工事を提案している。まずは取り外せる部品を先に室内へと搬入室内側の煙突をサクサク繋いでい [続きを読む]
  • ピキャンオーブン(ネクター)の軽ワゴンへの積み込み
  • 広い荷台のトラックや軽トラックならば、入荷した薪ストーブをパレットごと積み込んで、現場に到着して荷台で、開梱、パレットから降ろす段取りでも良いが、軽ワゴンだと、物理的に本体だけしか入らない。そこで、現場に行く前に、ある程度の準備が必要となる。天気予報や、他の仕事などとのスケジュールを見ながら、どのタイミングでこの作業を行うのかを考えるのも、仕事のうちだ。ギリギリまで積み込みを引っ張って他の仕事をそ [続きを読む]
  • 五右衛門風呂の目隠しと、ロフトの照明
  • 五右衛門風呂の周辺の目隠しとして、薪棚に薪を詰めて、スダレを垂らして周囲からの目線を遮ることができるようにした。必要に応じて、臨機応変に、完全にお風呂場として一つの独立した部屋のようになる。五右衛門風呂の周りのスダレを上げたところスダレを降ろせば、完全に囲われて、周囲からの視線を遮ることができる五右衛門風呂の上部のロフトスペースには照明を取り付けて夜間でも不自由なく過ごせるようにした薪ストーブと五 [続きを読む]
  • 電動フォークリフト初稼働
  • これまでは、トラックの荷台で開梱してから分解して軽量化してからパレットから降ろして、人力で台車に載せ替えて降ろしていたけど、それから比べると、はるかに短時間で楽に安全に作業できるようになって効率が良くなった。トラックの荷台に積まれた薪ストーブをパレットごと降ろせるようになった軽々と持ち上がるこの電動リフトが稼働する前には、薪ストーブ本体の荷受日には、パーツを分解して軽量化しないとトラックの荷台から [続きを読む]
  • 薪ストーブの天板でグラタン
  • 薪ストーブでグラタンを作る場合には、炉内の熾火でとこだわってしまいがちだけど、耐熱容器にアルミ箔を乗せて天板に置いても手軽にできる。電気オーブンよりも格段に美味しい仕上がりになる。まずは食材にチーズを振りかけるアルミ箔で蓋をして、天板の上に乗せておくだけ出来上がり薪ストーブ料理を味わえるのも、今シーズン残りわずか [続きを読む]
  • ショールームの五右衛門風呂が完成♪
  • 五右衛門風呂の周囲に建てた柱のところにスダレを取り付けた浴槽の背面は壁面を兼ねた据え付けの棚を造作していたお風呂グッズや着替え、タオルなどを置けるようにして、使い勝手、実用性を良くした。遠くから見たところ(スダレ上げてロフトの扉を開けた状態)必要に応じて、正面、および側面の、二面に取り付けたスダレを下げれば目隠しになる五右衛門風呂の上部はロフトで、横になって休むことができるスライド式の扉をつけて、 [続きを読む]
  • 薪ストーブの天板で簡単、劇ウマ「鳥のささみ」料理
  • 最小限の手間で、美味しい料理を作れるのも、薪ストーブ料理の魅力の一つだ。1.鳥のささみに、つまようじで、穴をボコボコ開ける2.シソ付き梅干しの種を取ったものを塗り込む3.酒、塩、コショウを振りかける4.ダッチオーブンなどに入れて天板で蒸し焼きにする上記の下ごしらえをしたら、薪ストーブの天板に乗せておくだけやがて水蒸気が上がって、美味しい匂いが感じられるしばらくしたら中身を確認して、食材から出た水分 [続きを読む]
  • ケーキ焼き対決 薪ストーブ vs 電気オーブン
  • 全く同じ配合で作った生地でケーキのスポンジを焼くのにあたり、調理器具を、薪ストーブを使った場合、電気オーブンを使った場合の味の違いをチェックしてみた。生地はどちらも同じものを使用熾火の薪ストーブの炉内でダッチオーブンを温めた後に、天板に移動して余熱で焼く放射温度計でダッチオーブンの表面温度を管理して中の温度を推測ダッチオーブンの表面温度を約180℃に保って、30分ほどでふっくらと焼き上がった同時に、電 [続きを読む]
  • 薪置き場への生コン打設作業、無事に完了
  • ポンプ車とコンクリートミキサー車が登場とりあえずワイヤーメッシュを浮かしているその後で、コンクリートを打設順調に進んだお疲れ様でした1週間して、コンクリートが硬化して強度が出たら、フォークリフトでも、この場所に入れるようになるけど、薪作りの作業の前に、次は「理想の薪小屋」の製作だ。敷地の端の基礎部分に小屋を建てる。 [続きを読む]
  • 薪ストーブの炉内で魚を焼く時の熾火の量
  • 三寒四温で、薪ストーブを目いっぱい焚き続ける必要がなくなってくると、薪をくべずにそのまま鎮火方向に向かわせることも多くなる。炉内がこんな弱めの熾火の状態になったら、炉内料理のチャンスだ。魚を焼くと絶品なのだ。醤油、酒、ニンニクで一晩漬け込んで、臭みを取る五徳と金網の上で焼く別の金網でサンドイッチして二枚ではさんでひっくり返せば、皮や身が崩れることなく綺麗に裏返せる裏返すタイミングは見れば判ると思う [続きを読む]
  • 貴重な人生の時間を無駄にしないためには、薪の搬入動線も重要
  • たぶん、これが今シーズン用の薪の配達の最後だろう。(もちろん、これからでも、乾燥した薪で快適な薪ストーブライフの有終の美を飾りたい人や、来シーズン用の薪の配達の注文も歓迎するが・・・)しかし、今日のブログの記事のテーマはそこではない。薪の搬入動線についてだ。車を家の前の道路に停めて、一輪車に薪を移動狭い通路を一輪車で通っていく玄関ポーチの段差のところに薪を投げ降ろすこのあと、さらにこの段差を通過し [続きを読む]