かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 山形で煙突掃除と煙突ダンパー取り付け
  • 福島でキャンプの翌朝、山形へ向かった。煙突掃除とダンパー取り付けの依頼を受けていたので、このタイミングに合わせて東北ツアーを行った。まずは煙突掃除。屋根が高くて、二連梯子が届かなかったので上るのに苦労した次にダンパー取り付けだけど、吹き抜けの上から全部バラさなないと煙突が外れないビックリ施工だったのでこの部分しかない全閉状態全開状態お土産に貴重な山形のお酒をいただいた思ったより暖まらないということ [続きを読む]
  • 薪焚亭さんのところのキャンプに参加した
  • 宴会の時は小雨だったのでタープの中でBBQと美味しいお酒を楽しめたツマミも美味しかったTipi(ティピ)の焚き火と花火を同時に楽しめてラッキー夕方、テントを設営明け方に通過した台風の影響の嵐で私のテントだけ倒壊した翌朝「この中で良く寝てたなぁ」と翌朝テントから出て思った。台風の中のキャンプという貴重な経験ができた。 [続きを読む]
  • Heta 45H 入荷
  • 来月設置工事を予定している分なので、入荷させるのは直前でも良いのだけどバタつきたくないので、早めに発注した。余裕を持って発注して確認すると破損なし、工事直前の前日入荷でスケジュール的にタイトな時だと、開梱してびっくりの破損とか、運送便の問題で入荷が遅れて間に合わないみたいなトラブルが発生しやすいのだ。輸送時の衝撃などで発生した傷や破損がないか、開梱して事前にチェックした問題ないことを確認してから、 [続きを読む]
  • VCマディソンの点検
  • 10年くらい使用して色々不具合が出てきたから点検して欲しいということで見に行ってきた。とりあえずガスケットロープを交換して様子見。純正品の太さ、長さのものを取り寄せることにする。パっと見た感じはアンコールでも炉内を見るとCBのパイプがある [続きを読む]
  • モルソー1440メンテ
  • 昨シーズンの終わりに煙突掃除に呼ばれた際に、点検したら炉内が崩壊状態だった。バッフルプレート損傷、炉内耐熱煉瓦崩壊と、どうしようもない状態だったので、部品を取り寄せて交換してきた。炉の奥の耐火レンガはパズル状態炉の横の耐火レンガも割れていた代替えの煉瓦は二分割の形状に変更されていた炉の奥の耐火レンガは廃盤で取り寄せできなかったので、キャスタブル(耐火セメント)で作成したメンテナンスを終えて、いつで [続きを読む]
  • ヨツールF500の空気調整レバーがスムーズに動かない対策
  • ヨツールF500の空気調整レバーが閉じる方向に動かなくなる不具合。とりあえず分解して、耐熱グリスを塗布してみた。これにより動きがスムーズになった。以前5-56の潤滑防錆油を塗ってスムーズになったけど、1シーズン使うと焼けて油が飛んでしまい効果が長続きしないので、今回は、耐熱グリスにしてみた。空気調整の弁の可動部分に耐熱グリスを塗布したこれでダメならば、レバーと弁を一式交換するしかない。 [続きを読む]
  • 煙突ダンパー交換作業
  • 「手で触れなくても勝手に煙突ダンパーが動いてしまう」ということで、燃焼中に予期せぬタイミングで閉じてしまうようになったそうだ。しっかり温度が上がる前に閉じると不完全燃焼して危険なので、確認してきた。古いダンパーを取り外すと、軸が腐食で折れて短くなっていた新しいダンパーと交換したスムーズに動き、なおかつ適正な手応えでバネが効いて勝手に動かないかを確認全閉から全開状態まで問題なく使えることを確認した単 [続きを読む]
  • 初めてメンテナンス性に優れた施工を見た
  • 私が設計時から関わった物件は、煙突掃除のことまで配慮したメンテナンス性まで考慮に入れているのだけど、それ以外の物件で煙突掃除に呼ばれた場合には多くの場合、メンテナンス性を無視した施工で、それなりに苦労する。しかし、今回は驚いた。素晴らしいメンテナンス性だった。広い二階のベランダから脚立で安全に屋根に上れる。梯子をかけた上がFRPの平場になっているので、いきなり勾配のある屋根に上らないで済むので、安全 [続きを読む]
  • 煤の状態で焚き方を診断
  • シングル部分の継ぎ目の隙間から煤がこぼれ落ちるのを防止するためにマスキングテープでふさぐバッフル板を取り外せるタイプなので、炉内に煤を落とし、ビニール袋で回収する量はカップ一杯分と、それほど多くなかったけど、煙突内にコーティングされたタールが剥がれ落ちたような光沢系、フレーク状系の煤だったので燃焼温度が低いと判断できるより上手な使い方を案内してきた。きっと今シーズンは、量、質ともに改善されるだろう [続きを読む]
  • 薪の配達準備
  • まだまだ残暑は続くだろうけど、朝晩などはだんだん涼しくなってきて、薪ストーブに火を入れたくなる時も出てきた。薪ストーブシーズンが近づくにつれて、ボチボチ薪の配達の依頼も入ってくるようになった。今の時期なら注文を受けたら、割とすぐに行けるのだけど、寒くなってきてからだと、土日祭日の指定だと1-2か月待ちとなってしまうこともある。薪棚が空いている人は、早めに注文して欲しい。メッシュパレットボックスに詰め [続きを読む]
  • 【実測】 ドブレ700SLに必要なガスケット
  • ドブレ700SLのガスケットの長さの実測だ。部分的な補修で、必要な長さを購入する時の参考にして欲しい。曲線部分はマスキングテープを貼って、剥がして、伸ばしての実測ヨーロッパ製の薪ストーブの場合には設計寸法がミリなので、インチのガスケットを使う場合には近似値なってしまい、厳密に言うとメーカーが想定している本来の太さにはならない。ヘタって痩せてしまったり、ボロボロになったガスケットから交換する場合には、自 [続きを読む]
  • 宣伝不足で申し訳ございませんm(_ _)m
  • 最近、他店で施工したお客様から「もっと早く、かわはら薪ストーブ本舗を知っていれば良かった・・・」と言われることが多い。これまではブログの更新のみで、ホームページのコンテンツを充実させてこなかった。だからネットでパっと一覧できる形での情報を探している人へのアピールが不足していたことは否めない。ブログの場合は即時性があるけど、日ごとに更新していることとが裏目に出て過去の記事はどんどん埋もれてしまうので [続きを読む]
  • 薪の仕入れ
  • 外注で作成された薪を仕入れた。トラックで納品されたので、リフトで下した。トラックに積まれた薪をリフトで下ろした効率良く下せる久々のリフトの稼働だったので、これだけの作業でバッテリー切れ充電可能な場所までギリギリ戻ってこられてセーフ次回の納品時は、事前にフル充電しておこうと思った [続きを読む]
  • 煙突掃除の頻度と時期
  • 「次回からは自分でメンテナンスしたい」ということだったので、丁寧に教えながら作業してきた。この現場の設置状況だと、室内側の煙突は外さなくても炉内に煤を落とす作戦もありなのだけど、2年ぶりのメンテということだったので、今回はどれだけ煤が付着しているかを見極めるためにも、バラして行った。(以前、別の現場で、炉内の半分以上溜まるくらいの量の煤が落ちてきて、扉を開くのを躊躇するくらいの時もあったので・・・ [続きを読む]
  • ドブレ640CBガスケット一式をフル交換
  • 普通は使用頻度が高くて明らかに劣化している扉のガスケットだけ交換するケースが多いけど、今回はそれなりに使い込んでいたので、ガラスのガスケット、灰受け扉から天板まで、全部交換した。(扉を横から見ると、ガスケットと本体の隙間から炎が見える状態まで劣化していた)今シーズンは明らかに気密性が良くなって燃費が向上して、コントロール性も良くなるだろう。まずはメインの扉のガスケット次にガラスのガスケットその他に [続きを読む]
  • 急こう配の屋根のログハウスの棟付近の煙突ならこれがベスト
  • 棟付近かつ角トップ&チムニーの理想的な煙突勾配のきつい屋根なので、緩い勾配の屋根がついているから、煙突掃除のためのアクセスが容易にできる。もしこれがなければ、ロープを渡してのリスキーな作業か、高所作業車の手配、足場を組むなど大掛かりな作業となってしまうだろう。薪ストーブのある家の設計の際には、メンテナンス性を十分に考慮しよう。もしこの記事をオーナーさん、見ていたら私の携帯にショートメールで連絡下さ [続きを読む]
  • 15/50
  • 最近ブログ村の「薪ストーブ暮らし」のランキングで「知り合いが多いな〜」と思っていた。改めて数えてみたら、ランキングの上位50のブログのうち、15が取引先だったり、お客様だったり、知り合いだったり、同業者だったりという形で、直接私と関わっている(面識のある会ったことのある)人たちだった。ブログという形で情報発信をし続けるのは、なかなか大変なことだけど、自分なりのペースでそれをやっている人たちが、いること [続きを読む]
  • 吹き抜け設置で「かわはら式耐震煙突固定法」が適用できない状況
  • 9月上棟して、この冬に完成予定(入居後すぐに薪ストーブを使用する)の新築住宅の煙突部材の拾い出し、見積もりを行った。きちんとコミュニケーションが取れているので、不安なく進めていけて、助かる。この家は吹き抜けで、なおかつ薪ストーブの背面が階段スペースで固定用の壁面がない。従来の「かわはら式耐震煙突固定法」を単純に適用できないので、斬新な方法を考えている。楽しみだ。いかなる設置状況でも、地震対策、安全 [続きを読む]
  • 九州からの贈り物を最高の状態でいただいた♪
  • 九州からの贈り物。冬場だったら、迷わず薪ストーブで調理するけど、この時期だったので、七輪と炭で屋外のテラスで作った。七輪&炭で火おこし富士山の溶岩プレートの上で、じっくり愛情と時間をかけて調理いい感じで焼けた辛口でプリプリのソーセージがビールのオツマミとして最高だった♪理想的な状態でいただきました♪幸せなひと時をありがとうございました。 [続きを読む]
  • 九州からの贈り物
  • 先週、福岡県内での煙突工事をしたが、地元の名産品のイチジクと地ビール&オツマミセットをクール便で送っていただいた。甘くて柔らかくて、朝食べたら最高だったビールとオツマミの組み合わせで一緒にいただきたいとりあえずはバイツェンを単独でいただく♪ [続きを読む]
  • 九州のユーザー宅訪問(2)
  • 煙突の入れ替え工事の現場確認だけでなく、薪作りの環境も見せてもらった。周囲に薪ストーブの使い方、薪作りの仕方など直接教えてくれる人がいなかったけど、ネットで情報を集めて自力で頑張ってやってきたということだったが、ほぼ問題ない状態で、理想的な薪ストーブライフを送っていることを、見て感じ取れた。屋内で、なおかつカバーの中に大切に保管している薪割機これで薪作りが急速に捗ったそうだ アメリカのGRAVELY社製 [続きを読む]
  • 九州のユーザー宅訪問(1)
  • 今回、福岡県内での煙突工事に行ったついでに、行ってきた。ヨツールF400を口元から中国製のオール二重断熱煙突仕様ダンパーをつけたいということだったけど、シングル部分が全くないので簡単にはつかないかつて、このスライド部分から雨漏れしたということだったインナー管からでもなく、煙突の表皮でもなく、スライド煙突に継ぎ目部分からの雨漏れということで、謎な症状だ。二重断熱煙突の断熱材部分に雨水が浸透して伝わってい [続きを読む]