かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 去っていった従業員
  • 梅雨明けして本格的な夏がきた。ウッドデッキに設置してある、薪ストーブのホーローの緑と、植物の緑のコラボの季節だ。これだけ暑いと、なかなか薪ストーブに火を入れる気にもならない。BBQの時のコンロとして時々使う程度になる。冬場は薪ストーブで沸かしたお湯を使うけど、この時期はガスや電気が熱源なので、コーヒーの味も、少しだけまろやかさに欠けるが、それでも十分に美味しい。今年の上半期も既に終わっていて、その時 [続きを読む]
  • 5年前に比べて、煤の量が激減してた
  • 5年くらい前に煙突掃除の呼ばれた時には、炉内の半分くらいの煤の寮でバケツ一杯分程度だった。炉内に煤を落とした後に、扉を開けるのを躊躇するくらいだった。今回も久しぶりの訪問だったので、それなりに覚悟して取り組んだけど、想定していたより少なかった。焚き方の改善、薪の質が良くなった、ユーザー自ら下から煙突掃除していたなど、複合的な要因だけど、このくらいだったら、標準的で平均点だと思う。今回は激減して丼一 [続きを読む]
  • ダッチウェスト エンライトミディアム シューリフラクトリー破損
  • メンテの際に、この部分のパーツが壊れたとお客様から申告バラバラに崩壊していた参考までに部品の税抜き定価は以下の通り:エンライトミディアム用 シューリフラクトリー 28,900- , インシュレーションガスケット 1,300-※送料、工賃、消費税別途こうなると部品交換しかないこの時期のメンテナンスなので、実際に使う冬まで時間があるので、取り寄せてから再訪問することにした。※シーズン直前のメンテナンスだと、不具合が発覚 [続きを読む]
  • ビートで薪の上に乗せる波板を買ってきた
  • 関西ツアーから帰ってきた軽バンは、すぐに車検のため整備工場に出した。今月末は、神奈川県→千葉県→高知県で立て続けに3件の薪ストーブ設置工事の予定が入っているので、このタイミングで入庫させないと、車検切れになってしまうのだ。当初の予定だと、千葉→神奈川→高知と流れるように戻らずに一気に旅を続けようと思ったけど、現場での建築工事の進捗状況がずれて、順番が入れ替わってしまった。長期間不在にしている間に、 [続きを読む]
  • 静岡から千葉へ薪の配達
  • 普段の薪の配達の際には一輪車を持参して、効率良く運搬作業できるけど、今回は関西ツアーの帰り道で、煙突掃除の部材を積んでいたので、一輪車はなしだ。煙突掃除のブラシを入れてある箱を現場で、ひっくり返して空けて、それで手運びした。真夏日で直射日光を受けながらの作業だったので熱中症にならないように、休み休みやって、水分補給もコマメに行いながら、無理しないように気をつけた。いつもは一輪車で楽に運んでいるけど [続きを読む]
  • 静岡県で薪の仕入れ
  • 関西ツアーの帰り道に、静岡県富士宮市に寄って、薪の積み込みをした。この薪は私の地元、千葉の薪ストーブユーザー宅へ配達する。例年は冬になったら配達の依頼が来るだけど、前倒しで配達させてもらうことにした。車を横づけして積み込みできる環境1パレットごとに積み込んで、少しづつバックしていく最後は向きを変えて、反対側へ積み込んで完了雨が今にも降り出しそうな空模様だったので、気合を入れて速攻で積み込んだこの夜 [続きを読む]
  • 毎年の夏の恒例.京都での煙突掃除
  • 屋外側の蓋を取り外して、ビニール袋を被せて煤を回収煤の量は丼一杯分と多め炉壁なしで熱の伝わり方がヤバそうだったので、遮熱板を置くようにアドバイスして、実行してくれていた夏の京都の暑さは半端じゃないので、今回の関西ツアーの直前にエアコン修理をしておいて正解だった。もし、エアコンを修理しないで、来ていたら、車の運転中に、作業前から熱中症になってしまっていただろう。現場への往復の道中の車に取り付けた気温 [続きを読む]
  • 滋賀県で煙突掃除、無事に終了
  • 高いチムニーなので屋根の上で脚立をかけて作業別荘で使用頻度が低いので煤の付着はそれほど多くなかったB-TOP仕様で炉内に煤を落とせないので、煙突を取り外すサラサラで、量もコーヒーカップ一杯分程度で合格点作業完了この現場は過去に機種選定のアドバイスはしたが、工務店施工で、私の施工したものではない。煙突掃除の際に、いくつかの問題点があったのを見つけて、修正してきた。1.スライド煙突のスライド量が足りずに煙 [続きを読む]
  • 神奈川→静岡→大阪 薪ストーブとビールの旅
  • 今回の関西ツアーでは、薪ストーブだけでなく、ビールも同時に深くかかわった。ご当地ビールを順繰りに味わう機会に恵まれた。このように、自宅へ持ち帰る前に、各地で消費されていく。神奈川での煙突掃除&薪ストーブメンテナンスの時にIPAビール二種をお土産にいただいたその場で飲みたい衝動を抑えながら、関西ツアーに向かう。途中の静岡での打ち合わせの前に、静岡生産のビールを買った大阪(高槻)での宿泊先の宴会の時の一 [続きを読む]
  • 神奈川でビンテージ50のメンテンナンス&煙突掃除
  • (今、まさに帰りの道中だけど・・・)今回の関西ツアーに向かう、行きの道中にスケジュール調整してもらった。他社で施工した物件だけど、メンテンナンス&煙突掃除に呼んでもらったので、色々と勉強になった。設置して3シーズン目で初めての煙突掃除でこの煤の量なので、上出来パーツを取り外して、炉内を清掃&錆び止め炉内の鉄部に防錆油を塗るオシャレで機能的な炉台、炉壁周り(裏側が薪棚になっている)ビール好きの私を知 [続きを読む]
  • チェーンソーで靴や靴下を切ったことはあるか?私はある。
  • 長時間のチェーンソー作業、斧での薪割作業で、疲れてくると、思わぬところで大きな怪我をする可能性がある。手が滑って足に刃が当たると大変なことになる。ちなみに、某病院での切断事故の比率のデータは手が2割、足が8割ということだ。私も玉切り作業中に刃が靴に当たって靴を切ったことがある。私の友人はさらに靴下まで切ったそうだ。あと1ミリずれていた、大怪我だったろう。疲れてくると、ちょっとしたことで、手が滑ったり [続きを読む]
  • 巨大薪棚が満タンになった
  • 薪作りのアルバイトさんのおかげで、薪作りがサクサク進んだ。このように、原木が入ってきたら、人海戦術で、一気にやるのもありかもしれない。一人でやっていた頃は、ほぼ一か月、朝から晩まで、かかりっきりだった。イメージ通りになったフォークリフトでメッシュパレットボックスに入れた薪を積んでいった人力作業では不可能な積み込み最上段まで楽に積むことができ、空間効率が良いこの後、メッシュのビニールシートで開口部分 [続きを読む]
  • 薪作りバイトの募集をかけた
  • これまでは、頑張って自力で薪作りしていたけど、最近は薪ストーブ設置工事、煙突掃除やメンテナンスが忙しくて、なかなか薪割りしている時間が取れなくなってきている。なんとか今たまっている原木をやっつけて、夏前に薪割りを完了させたい。「二回の夏を越させる」ためのタイムリミットが迫ってきたので、考え方を切り替えて、薪作り専属アルバイトの募集をかけた。http://jmty.jp/chiba/rec-lig/article-6j61440件くらいの問い [続きを読む]
  • スズメバチの巣の撤去
  • この時期、うかうかしていると薪棚や、薪のメッシュパレットボックスに、スズメバチが巣を作ってしまう。メッシュパレットボックスにスズメバチの巣を発見したのでフォークリフトでソっと持ち上げる親の成虫が不在にしている隙をついて撤去育って、凄い巣になる前に撤去できてラッキー※ちなみに今年に入ってからこれで3個目のスズメバチの巣の撤去 [続きを読む]
  • チムニーボールの特徴
  • ロッド式のブラシと違って、チムニーボールは屋根の上で部品を継ぎ足したりする必要がないので、最低限の道具の量でシンプルに簡単に作業できる。チムニーボールが快適に無難に使える現場は、煙突がストレートで煤を炉内に落としてしまうことができる状況のところだ。折れ曲がりがあると、ブラシが通過できないし、煙突を取り外してビニール袋で煤を受けるような現場だと、それを突き破ってしまって部屋が煤だらけになるリスクもあ [続きを読む]
  • 高木角トップの凄さ
  • チムニー&角トップが、長期に渡る雨仕舞い、そしてメンテナンス性に有利なことは、いつも言っていることだけど、国産の高木工業所性の角トップならではの凄さがある。それは角トップの上下で完全に縁が切れていて、角トップの下側に煙突、上側は角トップ本体だけで、煙突が角トップ内部で貫通していないことだ。これは当たり前のことではなく、多くの他社製の場合には角トップの本体内部を煙突が貫通していて、そこをストームカラ [続きを読む]
  • 炉台、炉壁の材料の白河石の産地へ行ってきた
  • これから薪ストーブ設置工事をする新築現場では、炉台、炉壁も、かわはら薪ストーブ本舗で行うことになっている。先日の栃木県ツアーの際には、買い付け予定の材料の石の産地へ行って、生産現場を見学してきた。生産者と顔を合わせて、直接話をすると得るものが大きい。石の加工精度、誤差や施工方法の話を中心に学んできた。 [続きを読む]
  • 薪ストーブのある部屋にワンモックはいかが?
  • 薪ストーブの前にハンモックを吊るしているお客様宅に、これまで何件か行ったことがあるが、とても気持ち良い。ハンモックを吊るすためには、梁などの構造部分が部屋から見えている必要があるので、手軽にどこでも実現するというわけにはいかない。そんな時に、手軽に置くだけでハンモック気分を味わえる「ワンモック」という製品がある。普通にソファーのように座ることもできるし、足を伸ばして横になって包み込まれることもでき [続きを読む]