かわはら さん プロフィール

  •  
かわはらさん: 春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ハンドル名かわはら さん
ブログタイトル春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)
ブログURLhttp://kawahara1967.blog93.fc2.com/
サイト紹介文DIYで費用を抑える方法〜高級機まで幅広く網羅。薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザ等使いこなしの話題
自由文自宅の裏山の倒木がもったいないと思って、ホームセンターで3万円の中国製の鋳物をDIY設置でやりはじめた薪ストーブ。最初は使えるか使えないかも判らない状態で半信半疑だったけど、すぐにその魅力に取りつかれて、薪ストーブ専門店『アース・リー山武店』を開業して、取り付け工事、設置コンサルとして活動中。公式サイト→http://www.geocities.jp/frankrin_1st/eaath_re_sambu/index.htm
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供370回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/21 10:38

かわはら さんのブログ記事

  • 炎と酒と肴
  • だんだん暖かい日も多くなってきて、薪ストーブを焚かない日もぼちぼち出てくるようになってきた。それでも室温が20℃を下回ると肌寒く感じて、火を入れたくなる。せっかく日を入れたなら、炎を眺めながら、美味しいお酒とオツマミを楽しみたくなる。取引先からいただいた手作りビール、そして高知からのお土産のカツオという秘蔵品を出して組み合わせてみた。手作りビールの熟成度合いは、フルーティーさと苦味のバランスのとれた [続きを読む]
  • ドラマ『やすらぎの郷』のコテージの煙突掃除は大変そう
  • 実際には現場に行かないと最適な煙突掃除の方法は決められないが、パっと見たら、煙突掃除がかなり困難だし、そもそもこの煙突プランで良いのかとツッコミを入れたくなる設置状況だ。建物の上部から壁面を突き出して、立ち上がった後の縦引きが少なくドラフトがイマイチの設計の煙突なおかつ、勾配のきつい屋根の上なので、トップへアクセスする方法が悩ましいまあ、この絵自体、ほぼ全部CGで作られている印象もあるが・・・。 [続きを読む]
  • 煙突掃除&薪ストーブ本体メンテナンス研修
  • 薪ストーブシーズンも終わりに近づいてきて「シーズン終了」の宣言もボチボチ出てきている中、煙突掃除や薪ストーブ本体メンテナンスの依頼が、ここのところ立て続けに入ってきている。既に数件こなしているが、暖炉だったり、新規の案件で現場の状況が判らなかったり、遠方だったりで、新人スタッフを研修のために連れて行くには、相応しくない現場で、そこは私一人で行ってきた。ようやく「近所」「リピーターさんで状況が判って [続きを読む]
  • 大ヒットの予感のHeta 45H
  • 高気密高断熱やZEHの平屋や、二階建て住宅の二階リビングに薪ストーブを設置する案件が最近多くなってきた。この場合には各メーカーから出されている小型機種が選択肢となる。ボリュームゾーン(売れ筋)の出力の大きな中型、大型の機種を選択すると、焚くと部屋が暑すぎて不快になってしまうので後悔することになると思う。焚いても暑くなり過ぎない程々の出力のものが「使えるストーブ」ということになる。薪ストーブに関しては [続きを読む]
  • また8PRタイヤを選択
  • 軽トラックのタイヤの耐荷重指数の数値だ。一般的には6PRが多いけど、私は余裕をとって8PRタイヤを選択している。【参考ブログ記事】http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-512.html上の記事の、前々回のノーマルタイヤの交換時は国産タイヤにこだわったけど、前回に「ダメ元」「使えなかったらすぐ交換すればいいや」みたいな感じで、試しに中国製を装着してみたら意外と良くて、ロードノイズが低くてグリップ感も優れて [続きを読む]
  • 薪ストーブと五右衛門風呂を同時に焚く
  • かわはら薪ストーブ本舗のテラスでは一本の煙突を共用して、薪ストーブと五右衛門風呂を同時に焚くことができるようになっている。今回のアスペクトのテストバーンの時にも、夜になったら五右衛門風呂にも火を入れて、お風呂に入った。五右衛門風呂と薪ストーブを同時に焚く目隠しのスダレを上げると解放感抜群薪で沸かしたお風呂は、とても気持ち良い熾火で保温されるので、長時間に渡っても、水を入れて薄めて、ちょうど良い湯加 [続きを読む]
  • 美味しい薪ストーブ
  • 7月1日にエイコーテレシスから発売予定のハンターストーブ『アスペクト』のテストバーンは、午後3時くらいにスタートして、翌朝の午前6時くらいまでの約15時間かけて行った。その間、ありとあらゆる状況で焚いて、燃え方や熱の出方などを体感した。途中で、腹もすくので、食事も基本的にはアスペクトの熱源で行った。カンパイエールで乾杯の後は、新潟のお酒を利き酒した(同じ酒蔵で、米や麹が違う3バージョン)熾火の炉内に五徳 [続きを読む]
  • 【燃焼動画】焚き付けてから90分後の炎の様子
  • 薪ストーブが本当の能力を発揮するのは、5-6時間焚き続けて、本体全体がまんべんなく十分に高温になり、炉内は熾火で満たされて灰がしっかりと断熱をするようになってからだ。まだ、この動画はその前の段階であって2-3時間しか焚いてない。まだ本来の能力、燃え方をしているわけではないということを念頭に入れて見て欲しい。 [続きを読む]
  • ガラスが汚れにくい薪ストーブ『アスペクト』
  • 昼からずっと焚いて、一晩中、夜中も、徹夜状態で朝まで15時間連続でガンガン焚き続けた状態だ。15時間ガンガンとハードに酷使して、一晩開けた翌朝の状態灰がかなり積もっている。薪止めの前の炎が当たらない部分のガラスだけが煤けている扉を開いた写真で見ると、一見すると凄いことになっているように見えるかもしれないけど、煤けているのは薪止めの前の炎が当たらなくて温度が低い部分だけ。そこはガラスの周辺に黒いプリント [続きを読む]
  • 長時間焚いて本領発揮のハンター新型ストーブ『アスペクト』
  • 7月1日に発売予定のハンターストーブの『アスペクト』は小型モデルだけど、縦型で炉が広くて、ガッツリたくさん薪を入れることができる。炉内の高さを生かして薪を一気に入れて途中で薪を追加投入しないで済むようにした。今思えば、縦に薪を置いてスムーズに着火できたろうけど、普段、横長の炉内の機種を使っていると、そういう発想が出なくなる。上から着火方式で焚き付け開始炎が立ち上がったら、すぐに扉をきっちり閉めても、 [続きを読む]
  • ハンターストーブ新製品『アスペクト』のディテール
  • 火を入れる前に触ってみて軽くチェック。扉はドブレ700SL、AGNI、Hetaなどで採用されている前後のハンドル式で人間工学的にとても使いやすいレバーを引けば扉が開いて、押せば閉まるので確実回転式だと回転方向や開始点、終点が合わずに確実に扉を閉められない現象が起きやすい。火が入っていて熱い時に扉の開閉に難儀するのは意外とストレスになる。しかし、前後方向の方式だと、その問題が起きないので、安心して使える。続いて [続きを読む]
  • テレ朝の昼ドラ『やすらぎの郷』が面白い
  • 超高級老人ホームで繰り広げられる引退したテレビ業界人たちの人間模様を描く。一話あたり20分(実質15分)で300話くらいの9月までのシリーズがテレ朝ではじまったばかり。スローペースで話が進んでいるので、途中から観たとしても、何とかついていけるだろう。私の好きな中島みゆきが主題歌を担当しているが、それだけでなく、高級老人ホームのコテージでは、薪ストーブが暖房器具として使われていて、エアコンは夏の暑い時以外に [続きを読む]
  • ついに関西に登場!「薪焼き肉」の店
  • 今度、関西に行ったら、この店で食事したい。炭火焼肉は珍しくないけど、薪で焼くなんて、ワイルドだ。※京都、関西方面での煙突掃除やメンテナンスの依頼 絶賛受付中!薪焼き肉バル Crackle大阪府大阪市北区小松原町1-16(梅田駅 徒歩5分)https://thepage.jp/osaka/detail/20170402-00000001-wordleafv [続きを読む]
  • 新築中の現場で煙突固定金具の下地の打ち合わせ
  • 工務店や設計者と煙突固定位置の打ち合わせをしても、現場の大工さんまできちんと伝わることは稀だ。多くの場合、現実的には「工務店」→「設計士」→「現場監督」→「大工さん」とかなりの人数を介することになるので、図面があったとしても、伝言ゲームのようになって、なかなか正確には伝わらない。きちんと事前にお願いしたことが伝わればベストなのだけど、一番確実なのは現場で直接大工さんに固定金具や化粧板などの現物を見 [続きを読む]
  • 白い煙が出るかどうかは、薪の質でほぼ決まる
  • 煙突から白い煙がモクモク立ち上がって不完全燃焼している状態では、煤が煙突内に付着するし、そもそも本来なら燃えるはずの成分を無駄に大気に捨てていることで、とても効率が悪い。どうしてこうなるかは、焚き方のテクニックもあるけけど、薪の質の影響も大きい。乾燥不足の薪を焚いていると水をかけながら燃やしているようなものなので、どんなに高性能な薪ストーブを使ったとしても、本来の状態まで温度が上がらず、白い煙が出 [続きを読む]
  • 薪ストーブの炉内をBBQグリルとして使う
  • かわはら薪ストーブ本舗の屋外のウッドデッキのあるテラスには、セガンのサファイヤのホーローバージョンが設置されている。黒塗装のノーマルバージョンと違って、埃や砂などで汚れても濡れ雑巾でサッと拭けばすぐに綺麗になり、手入れもしやすいし、錆の心配もない。春の陽気になったので、薪ストーブの炉内でのBBQを楽しんだ。ガンガン薪を焚いて、熾火にすれば、わざわざ炭を買ってこなくてもBBQができる地元千葉のイワシカキと [続きを読む]
  • 薪ストーブの炉内で肉の塊を焼く時のコツ
  • 高級食材でなくても、スーパーで買ってきたような普通のお肉でも、ちょっとした調理のコツを知っていると美味しく食べることができる。下ごしらえが大事あらかじめ冷蔵庫から出して室温に戻しつつ、その間はキッチンペーパーで肉全体を包んで、余計な表面の油を吸収させておく。このことで臭みを取る。その後、小麦粉をまぶして、準備OK。あらかじめ天板でプレヒートしておいたスキレットに油を敷く熾火の炉内で表面に焦げがつくま [続きを読む]
  • 薪ストーブの天板で炒めるタマネギは絶品になる
  • 薪ストーブの天板で、じっくりタマネギを炒めると甘味が増して美味しくなる。目を離して放置するようなことがなければ、多少手を止めて休んでも焦がすことも少なくて、落ち着いて作れる。時間と手間はそれなりにかかるが、その分だけ確実だ。焦がした時の苦味や変な食感や濁りがなく、マイルドで優しい味になる。薪ストーブで調理する場合はガラスの前ではなく、側面に立つと熱さが軽減されるガツンと焚いて天板の温度をしっかりと [続きを読む]
  • 理想の薪小屋が、ついに完成♪
  • 薪ストーブを使うに当たっては、薪の乾燥は極めて重要だ。薪ストーブの性能の違い以上に、大きな結果の違いがある。どんなに高性能な薪ストーブを使っていても乾燥不足の薪を使えば煙モクモクで全然温まらないし、ショボい薪ストーブを使っていても、乾燥した良質な薪を使えば、温かく快適に気持ち良く燃えてくれる。そのくらい「薪」の性能は重要なのだ。これを甘く見ている人がけっこう多い。※参考URL (含水率10パーセントの [続きを読む]
  • 屋外の薪ストーブを焚きながらネジや釘の整理
  • 先日、クルマの荷台に積んでおいた釘やネジのケースをひっくり返してしまって、滅茶苦茶に混じって入り乱れてしまった。忙しくて時間がない時は、ついついそのままの状態で、次の現場に出てしまって、整理整頓されていない状態で目的のものを探すことになるが、そうすると非常に効率が悪いし、イラつく原因にもなる。雨や雪が降って屋外で作業できない時には、こういうふうに材料や道具を整理したり、メンテナンスすることも、重要 [続きを読む]
  • ストーブの炉内にストウブの鍋を投入
  • 小型薪ストーブのHetaでも、その気になればバリバリ料理することは可能だ。熾火の炉内でスキレットを温めてから、鶏肉の表面が薄っすら焦げるまで焼いて、肉汁を中に閉じ込める(鶏肉は事前に室温に戻して塩コショウをすりこんでおく)表面を焼いた肉をストウブの鍋に移して、ビール100cc、本格挽きたてコーヒー20cc、、ショウガ適量をすりおろして入れるストウブの蓋を閉めて、熾火の炉内に投入【よくある質問1】 調理時間は? [続きを読む]
  • 薪ストーブのある家を建てる時に忘れがちだけど、重要な観点
  • 新築で薪ストーブのある家を建てる時に「薪ストーブの機種」「薪ストーブを設置する場所」「煙突をどうする」などは誰でも考えることだけど、意外を忘れてしまいがちなことがある。それは薪の搬入動線だ。週末だけ焚くなどで、メインの暖房手段が他にある場合には、それほど真剣に考えなくても良いけど、薪ストーブだけで全館暖房と考えていると、1シーズンでかなりの薪の量になる。具体的には4-5t(8-10立米)くらいが標準的だ。数 [続きを読む]