鴨下算数数学塾 さん プロフィール

  •  
鴨下算数数学塾さん: 大好きが天才を生む
ハンドル名鴨下算数数学塾 さん
ブログタイトル大好きが天才を生む
ブログURLhttp://kamoshita-math.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文鴨下算数数学塾代表が、算数数学の勉強・受験等で悩みを抱えている方にポッドキャストで配信しています。
自由文子供との接し方、勉強の仕方、受験、親子関係などで悩むご両親様・お子様向けのポッドキャストです。
鴨下算数数学塾代表の鴨下豊は30年以上の塾経営者であり、塾は東京 国分寺市にあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2012/10/20 23:04

鴨下算数数学塾 さんのブログ記事

  • 第530回 インターネット
  • 第530回の今回はインターネットというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはインターネットは何のために作られたか?インターネットを支える2つの技術物事を知っていること、分かることが大事光ファイバーを作ったのは日本人今では教科書にも載っている技術です。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第530回.mp3☆ポッドキャスティングの自動配信ができます。一度登録すると、番組が更新される度に自動的に最新の [続きを読む]
  • 第529回 夏休みの宿題
  • 第529回の今回は夏休みの宿題というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは宿題をする必要はない勉強が遅れている方は宿題よりも、遅れを取り戻す勉強を次の定期試験の準備をする遅れているかどうかの基準数学の出来不出来が進路を決める高3になってから数Ⅲ、は遅すぎる宿題をしなくても罪悪感を持つ必要はない自分の人生の責任は自分以外の人は取らないです。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第529回.mp3☆ポ [続きを読む]
  • 第528回 定期試験は満点を取れ!1番を取れ!
  • 第528回の今回は定期試験は満点を取れ!1番を取れ!というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは試験に気持ちを向ける練習試験に対する集中力・執着心をつける定期試験でいい点数を取るメリットは?なぜ満点を取れるか、その秘訣は?選択と集中周りを味方につけると進路選択の自由度が増すです。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第528回.mp3☆ポッドキャスティングの自動配信ができます。一度登録すると、番組 [続きを読む]
  • 第527回 部活はやめろ 部活幻想は捨てろ
  • 第527回の今回は部活はやめろ 部活幻想は捨てろというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは部活礼賛の源流はスポーツ青春ドラマドラマには「情報操作」の明確な意図がある甲子園はある新聞社の経営戦略「甲子園=青春、感動、郷愁」は演出何かのイメージの裏には情報操作がある教育がなければ人を支配しやすい未来の可能性が少ないものにお子さんの大事な時間を費やすのかです。時間は8分半です。ぜひ聴いてみて下 [続きを読む]
  • 第526回 テレビは捨てろ
  • 第526回の今回はテレビは捨てろというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはテレビ、ラジオは家の中からなくすテレビの目的とはGHQが日本を統制するために使ったものスマホゲームをするくらいなら英単語を覚えなさいエリートになろうという人はテレビなど見てはいけない教え子達の言葉です。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第526回.mp3☆ポッドキャスティングの自動配信ができます。一度登録すると、番組が更 [続きを読む]
  • 第525回 夏休みの過ごし方
  • 第525回の今回は夏休みの過ごし方というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは選択と集中で夏休みの効果を高める万能感は禁物科目を絞って集中する学校との距離の取り方(宿題と夏期講習について)自分の人生は自分しか責任を取れない現役生はいくら時間があっても足りない遅れをとっている人は一刻も早く教科書を仕上げろ学校は基本的な学力を徹底して身につける場です。時間は7分です。ぜひ聴いてみて下さい。第525 [続きを読む]
  • 第524回 私はエリート教育をする
  • 第524回の今回は私はエリート教育をするというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはエリートとは何か?戦後教育が否定してきたが、現実には必要なものエリート楠木正成を理解せずして日本の歴史は理解できないエリート教育の源泉エリート教育は立身出世の為だけではないエリート教育は人から人へ伝えるもの教育と呼べない教育が常態化しているです。時間は11分です。ぜひ聴いてみて下さい。第524回.mp3☆ポッドキャス [続きを読む]
  • 第523回 「テレビを捨てろ」は本気だよ
  • 第523回の今回は「テレビを捨てろ」は本気だよというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは当塾の二大基本環境を整えなければ結果は出ないテレビを見ないだけでは不徹底情報は量より質が大事マスメディアの情報は捏造だらけ振替授業をしない理由指導者が言うんだからそれに従う、というメンタリティがないと伸びない先生の話を聞けないなら、その人を指導者にしないです。時間は9分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第52 [続きを読む]
  • 第522回 教育は「躾」である
  • 第522回の今回は教育は「躾」であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはやるべきことを必ずやるのがしつけ人生も勉強も、習慣の集合体行動様式を教えるのが教育勉強ができるかどうかは才能に依らない自分自身を躾けていくです。時間は4分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第522回.mp3☆ポッドキャスティングの自動配信ができます。一度登録すると、番組が更新される度に自動的に最新の音声がダウンロードされて [続きを読む]
  • 第521回 親は子供に嫉妬する
  • 第521回の今回は親は子供に嫉妬するというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは親が子供に嫉妬することもある子供が親の嫉妬を受けるとどうなるかお子様の無力状態の原因は親の可能性「こんな現象がある」と知ることが重要「どん底まで落ちれば改心するだろう」という発想は要注意どん底まで落ちたら這い上がれない子供に嫉妬する理由は全く無いです。時間は8分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第521回.mp3☆ポッドキ [続きを読む]
  • 第520回 正しい努力とは力がつく努力である
  • 第520回の今回は正しい努力とは力がつく努力であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは継続しなければ力はつかない力のつかない・正しくない努力の例正しく記憶しなければ理解は深まらない演習問題に臨むのは、必要なことを記憶してからの方が効率がいい英語は月に何が来るか常に予測しながら音読する速いスピードで、ただ読むだけの音読はほとんど意味がない英文音読の秘訣です。時間は7分半です。ぜひ聴いて [続きを読む]
  • 第519回 黒板を正しく写せない
  • 第519回の今回は黒板を正しく写せないというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは学業が困難なお子様の多くが、黒板を正確に写せていない正確に写していないことに、お子様本人は気付いていないご両親様はノートが正確に写せているかチェックしてほしいどの脳のネットワークに繋がるか、という問題に帰属する「ちゃんと書く・写す」を訓練させるのは重要「まいっか」症候群も適切な訓練を粘り強く行うことで克服でき [続きを読む]
  • 第518回 一流に触れることの意味
  • 第518回の今回は一流に触れることの意味というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは骨董屋の小僧は本物だけを見させられると、真贋が分かるようになるどういう脳のネットワークに接続しているかで、人格も人生も変わっていくどの脳のネットワークに接続するか、ということを理解して教育するいじめを受けるお子様が、そのグループから離れられない理由「いじめられる方が悪い」という発想は要注意歴史を学ぶ=過去の [続きを読む]
  • 第517回 やればやる程できなくなる
  • 第517回の今回はやればやる程できなくなるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはやればやる程できなくなる人がいるのか?やればやる程できなくなる人の特徴基本的な癖・間違いを直す必要性うろ覚えのまま先に進むと間違いが定着する自分がどの状態にあるか見極める対処法は、正確に、緻密に記憶し、理解する「ま、いっか」を徹底的に直すです。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第517回.mp3☆ポッドキャス [続きを読む]
  • 第516回 時代が変わっても変わらないこと
  • 第516回の今回は時代が変わっても変わらないことというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは人は不安がある為に未来のことを知りたがり、またそれを聞いて更に不安になる「変わらないことは何か?」という視点「日本人として大事にしていくべきことは何か?」をそれぞれ問いかける時代が変わっても変えてはいけないことは何か?日本人が自覚すべきことです。時間は6分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第516回.mp3☆ポ [続きを読む]
  • 第515回  環境の大切さ
  • 第515回の今回は環境の大切さというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは誰と付き合うか、誰の脳と繋がるか脳のネットワーク勉強できない人ができる人と一緒にいると、できるようになる当塾に通うと勉強に集中できるようになるのは「環境」の故脳の制限が外れる塾で教えること以上に大事にしているのは「環境」です。時間は6分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第515回.mp3☆ポッドキャスティングの自動配信ができます [続きを読む]
  • 第514回 不安も万能感の結果である
  • 第514回の今回は不安も万能感の結果であるというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「万能感」とは何か不安になる仕組み大半はありえないことも「自分なら絶対ありえる」と思ってしまう「この人はこういう人」と決めつけるのも万能感暴れるゾウの話受験で一番大事なことです。時間は5分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第514回.mp3次回のテーマは「環境の大切さ」(6月29日公開)です。鴨下算数数学塾のホームペー [続きを読む]
  • 第513回 人工知能
  • 第513回の今回は人工知能というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは人工知能ブームは以前にもあった将棋の最強ソフトは碁を打てない人工知能を造るのは人間人工知能は人間が使う道具人間と同じような知能を実装できるか?物事を見切るです。時間は5分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第513回.mp3次回のテーマは「不安も万能感の結果である」(6月24日公開)です。鴨下算数数学塾のホームページはこちらブログランキ [続きを読む]
  • 第512回 勉強を作業にする
  • 第512回の今回は勉強を作業にするというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは「どうやって勉強したらいいかわからない」新しい単元をマスターする手順手順を決める作業化する=かかる時間を計測できる学習計画を立てるにはモチベーションはいらない習慣化の根底は”作業化”です。時間は7分半です。ぜひ聴いてみて下さい。第512回.mp3次回のテーマは「人工知能」(6月22日公開)です。鴨下算数数学塾のホームページは [続きを読む]
  • 第511回 素直であれ
  • 第511回の今回は素直であれというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは素直である=先生の言う通りにやる「図を描け」と言われたらその場で描く図を描くことに対して抵抗のある人が多いなぜ図を描くことがそれほど重要なのか効果の高い方法を教えても、その通りにしない人が多い「素直でなければいけない」ということを一生かけて学ぶのか自己解釈によって変わった方法では「全くやっていない」に等しい生徒には、「 [続きを読む]
  • 第510回 学校で一番になろう
  • 第510回の今回は学校で一番になろうというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは適切な目標設定高すぎる目標を持つと、目標に押しつぶされるまず身近な目標を立てる学校の成績が重要な理由は「学校の成績が良い=できる」ご両親様に心掛けてほしいのは、適切な目標を持つこと励みになるような目標です。時間は6分です。ぜひ聴いてみて下さい。第510回.mp3次回のテーマは「素直であれ」(6月15日公開)です。鴨下算数 [続きを読む]
  • 第509回 正しい勉強法 ーサクシード数学Ⅲ 506番
  • 第509回の今回は正しい勉強法 ーサクシード数学Ⅲ 506番というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは暗記すべきことは何か?問題の解答ではない正確に、完全に覚える正しい勉強法は定理・定義を覚えることから数学は連想ゲームなぜ定理の証明が大事か?2つの理由定理・定義・証明がうろ覚えでは基礎力がつかない基礎がなければ思考を始めることができないです。時間は7分です。ぜひ聴いてみて下さい。第509回.mp3 [続きを読む]
  • 第508回 試験の奴隷になりたいのか
  • 第508回の今回は試験の奴隷になりたいのかというテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは”平均点と同じくらい”と安心するな平均点と同程度=半分しか分かっていない「半分しか分かっていない」を続けるとどうなるか将来の遠大な夢は持たなくてもいい毎日の勉強に力を尽くすゆとり教育で教科書を使わない授業が増えたテキストをきちんと読む習慣が根付かなくなった単元毎に教科書7回、傍用問題集7回やる試験を成長の [続きを読む]
  • 第507回 先生のところは英語も教えて頂けますか?
  • 第507回の今回は先生のところは英語も教えて頂けますか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントは英語学習における日本人最大の弱点は?ドイツ語、イタリア語よりも英語の発音は難しいまず発音記号を正確に読めるようにする発音が悪いとリスニングもきちんと聞き取れない当塾の英語の根幹は「一つ一つの単語を大事にする」謙虚さと丁寧さいい加減にやっているから成果が出ない語順に意味があるです。時間は9分半 [続きを読む]
  • 第506回 先生のところへ行くとできるようになりますか?
  • 第506回の今回は先生のところへ行くとできるようになりますか?というテーマでお送りいたします。今回のお話のポイントはお子様より、ご両親様のお考えを変える方が難しいお子様の考えはご両親様の考えそのまま成績がふるわないのは、考えが間違っているから小手先のテクニックは上級学年では通用しない聞く耳を持つ、ということは「現状がうまくいっていない」のは1つのサイン考え方が正しければ飛躍的に伸びるです。時間は6分 [続きを読む]