ハチハハ さん プロフィール

  •  
ハチハハさん: ハチ家の春夏秋冬
ハンドル名ハチハハ さん
ブログタイトルハチ家の春夏秋冬
ブログURLhttp://hachihaha.exblog.jp/
サイト紹介文ジャックラッセルテリア、ギンくん、めでたくお婿入り〜☆ しばらくは、ゆるゆるの日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/10/22 15:59

ハチハハ さんのブログ記事

  • これから。
  • 2011年。ハチといっしょに、保護犬ボランティアのお手伝いをするためにはじめたブログでした。ハチが旅立つまで、ほぼ5年間つづけてきましたが、「ハチ家の春夏秋冬」は本日をもって終了させていただきます。ずっと応援してくださったみなさま、ありがとうございました。おかげさまで、ハチ家を卒業したわんこたちは、みんなみんな、幸せになりま... [続きを読む]
  • おしまい。
  • 長々お付き合いいただき、ありがとうございました。長かったような、、、短かったような、、、楽しかった南米の旅。いろんな意味で、一区切り。。。帰りの機内食の多さで、遙かな旅路の余韻を味わってね(笑)。ペルー、ラン航空夜食。同じく朝食。ロサンゼルス国際空港は、夏だった。。。アメリカン航空、ウエルカムシャンパン。ワインと、、、昼食。夕食?同上。... [続きを読む]
  • ブラジルのホテル。
  • イグアス国立公園内にあるホテル。すぐ目の前からイグアスの滝が見えます☆ラブリーな外観。朝見たら、 もうもうと湯気が。。。(冬だから?)温水プールでしたわ。ペルーも、暖炉があるホテルが多かった。安らぎますね。ゲストルームはふつーのクラス。壁掛けテレビは、こちらだけだったかな。水まわり。右手前に便器。左がシャワールーム。Belmond Hotel Da... [続きを読む]
  • 堪能。
  • イグアスの滝。ブラジル側から。公園に入ってすぐのあたりから。というより、ホテルを出てすぐ☆中央先端(右)の見晴台まで、行きましたよ〜。もちろん、完全防水仕様で。傘なんてさせませんからね。ボート乗り場。オレンジ色のものは救命具。これを着て、乗り込みます。中央の女性はガイドさん。コースはふたつ。shower?no shower?・・?・... [続きを読む]
  • 世界一☆
  • 一挙にアルゼンチン。イグアスの滝。南米大陸のアルゼンチン (80%)と、ブラジル(20%)の二国にまたがる、世界最大の滝。イグアス (Iguazu) とは、、、先住民のグアラニ族の言葉で大いなる水 (Y Guazú)という意味だそう。の、アルゼンチン側の悪魔の喉笛(Garganta del Diablo)。膨大な量の水が大量に流れ落ちるゴォー!!という... [続きを読む]
  • ペルーのガラパゴス。
  • バジェスタ島をめぐるボートクルーズ。ホテルのすぐ前が乗り場です。パラカス半島ぺへレイ岬に描かれた全長約190x70メートルの巨大絵、カンデラブロ。ナスカ時代(紀元前後〜800年頃)より前、パラカス文化時代(紀元前700年〜紀元400年)に描かれたというカンデラブロ(燭台)の地上絵。どんな強風が吹いても、いつの間にか元どおりになっているそうだ。ものすごい数の鳥な... [続きを読む]
  • ナスカの地上絵。
  • パラカスから車で30分。小さなセスナに乗って、さらに30分。10人乗りぐらいだったかしら?しっかり体重を測らされて、、、座席の位置も決められて(バランスを取るのね)、、、とりあえず水平飛行に努める。。。酔い止め飲みました。紙袋も確認。。。そのイミは。。。*まだ、何も見えてないですよ。あのね。セスナの翼の先っぽで、地上絵を指?指すの。... [続きを読む]
  • パラカスのリゾートホテル。
  • 朝の海辺。きゃー、ペリカンだわ〜!と、舞い上がりましたが、序の口でした。。。せっせと、砂を採取(趣味)していると、黒いわんこがやってきて、、、しばらく、お付き合いしてくれました(嬉)。ホテルのエントランス棟。ゲストルーム棟。プール。Caracas Luxury Collection(パラカス・ラグジュアリー・コレクション)→☆ あ... [続きを読む]
  • 南へ。
  • 飛行機搭乗の待ち時間にいただきました〜。初めてのニポン食。ちらし寿司。けっこうおいしい☆*カップの中はがりですよ。そして、、、クスコから、リマへ。(約1時間20分)リマからパラカスへ。パンアメリカンハイウェイを大移動。(約250キロ、約4〜5時間)街をぬけ〜、畑を見ながら〜、砂漠を越え〜、海〜☆途中で立ち寄ったお土産もの屋さん。道... [続きを読む]
  • 出た?!
  • 元は修道院だったと聞いたよーな。。。ペルー最初の統治者フランシスコ・ピサロが邸宅として建てた建物とガイドブックには書かれている。。。その前が修道院かな?・・・を、改装しホテル。夜着いたせいか、石畳と石造りの壁が重厚感を漂わせている。コロニアルスタイルのゲストルーム。といっても、暗くてわかりませんね(笑)。洗面ボウルはひとつ。レインシャワー付きバスタブ。... [続きを読む]
  • ふたたび、クスコへ。
  • ペルーの旅に戻ります。クスコを見ると、スペインによる征服、略奪、破壊、押しつけ、の、歴史を考えざるをえない。別にペルーに限ったことではないけれどね。1533年フランシスコ・ピサロ率いるスペイン人176人(諸説あり)がクスコに辿り着いたとき、インカ帝国の人口は1,000万人もいたにもかかわらず、あっけなく制圧されてしまったといわれている。だっ... [続きを読む]
  • 禁断症状。
  • ハチが旅立ってちょうど半年。少し落ち着いたから?どーんと、いないことの現実が、身にしみる。なので、リハビリ?に行ってきました。ハチのことを、こよなく慕ってくれた雪風くん。思いっきりなでなでしてきましたよ〜(癒)。ハチハハのズタ袋にすりすり。たぶん、この中に入って一緒に来てたんだと思うの。。。 ありがと☆... [続きを読む]
  • あこがれの?お宿。
  • マチュピチュ2日目。地元で聴く「コンドルは飛んでいく」は格別ですわ。お宿は、最も予約が取りづらい、あの、サンクチュアリーロッジですよ〜。かなりコンパクト。窓の外は、目の前がマチュピチュの入り口です☆インテリアはすっきり。中途半端なアートをかけるより、鏡ってありですね。お部屋も広く見えるし。レインシャワーのみ。洗面ボールはひとつだけ。女子ふたりだと、ちょ... [続きを読む]
  • トレッキング☆
  • マチュピチュでトレッキングをしようと思えば、、、●「インティプンク(太陽の門)」標高2,720メートル往復約2時間半●「ワイナピチュ山」標高約2,700メートル1日400人の人数制限あり事前に入山許可証の取得がマスト往復約2時間半●「マチュピチュ山」標高3,000メートル1日400人?の人数制限あり事前に入山許可証の取得がマスト約4.5... [続きを読む]
  • 謎の空中都市。マチュピチュ。
  • いいお天気でした☆・・・みなさんが撮られるアングルですね。。。証拠写真(笑)。・・・(バーチャルで)見たとおりだわ!(爆)でもね。このスケール感は、その場に立たないと決して味わえません。百聞見(バーチャル)は一見(ナマ体験)にしかず。Machu Picchu:ケチュア語で、古い山、老いた峰の意。インカ帝国の遺跡。山裾からはその存在を確... [続きを読む]
  • マチュピチュ村のわんこ。
  • マチュピチュ遺跡入り口。入場は7:00〜16:00(だったかな?)入場料:1,26Soles(ソーレス / 約45ドル)まだ、入場時間前。入り口前、日陰で涼むわんこ。気にしないわんこ。その1。気にしないわんこ。その2さて、、、いよいよ、、、明日はマチュピチュ遺跡ですよ〜☆ ありがと☆にほんブログ村 [続きを読む]
  • マチュピチュ村のお宿。
  • 1泊目はマチュピチュ村。植物園を併設した広い敷地にゆったりと何棟ものコテージ棟が立っています(広すぎて何度も迷ったわ・汗)。漆喰の壁に飾られているアンティークの織物がすてきです☆朝になると、ホテルのスタッフが、木にバナナを刺していきます。。。見ていると、次々と鳥たちが。。。・・・バナナ食べるんだ。。。Blue-gray Tanager(ソラ... [続きを読む]
  • 列車に乗って〜。
  • 天窓付き展望車ビスタドームで、いよいよ、マチュピチュへ〜。(約1時間30分)ちなみに大型トランクは、持っていけません(列車に収納場所がない)。なので、2泊分の着替えなどを、デイパックなど手荷物程度にまとめます(トランクは次の宿泊地へ先に運ばれます)。車内では、ダンスの歓迎や〜。アルパカ製品のファッションショ〜。軽食と飲み物も付いています。これはインカコ... [続きを読む]
  • 食べきれない、が、バロメータ。
  • ペルーのレストランのお料理は、どこも気前のいい分量(笑)。だって、いいレストランの定義は、、、第一に、、、量が多いこと。。。ニポン人は、つい、残しては申しわけない、と、ムリに食べてしまうらしい。・・・ぜったいに、そーしないでください!・・・残してくださいね!って、言われました。高山でしてはいけないこと。1.お酒を飲むこと。... [続きを読む]
  • 日曜日は猫。唯一。
  • リマの子猫ちゃん。13日間の旅行中、後にも先にも、見かけた猫はこの子だけ。ペルーに猫はいないのか?犬が放し飼いだから、猫は部屋飼いなのか??トーキョは都知事選投票日です。帯に短したすきに長し。さて、だれに入れるかなぁ。。。よいお休みを〜☆ ありがと☆にほんブログ村 [続きを読む]
  • 峠を越えて〜。
  • いよいよ、リマから標高3,400メートルのクスコへ。。。(飛行機で約1時間20分)・・・ちょっと頭がフラついたかな(汗)。そして、、、クスコから、標高2,800メートルのオリャンタイタンボへ。専用車で一挙に100キロ移動します。なぜならば、、、高山にまだ慣れていないのに、クスコで1泊してしまうと、高山病になるリスクが高いのね。とくに睡眠中は、よ... [続きを読む]