布心 さん プロフィール

  •  
布心さん: 50代からのスカーフ&ストールコーディネート
ハンドル名布心 さん
ブログタイトル50代からのスカーフ&ストールコーディネート
ブログURLhttps://ameblo.jp/nunococoro/
サイト紹介文年齢を重ねていく女性、エコ、一枚の布、支縁がコンセプトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/10/25 17:43

布心 さんのブログ記事

  • 自分が自分でいられる?
  • 羽生選手のプログラム曲決定のこの言葉 「自分が自分でいられる曲を敢えて選んだ」 心から自分のスケーティングを表現したいのでしょう。 本当に彼は、凄いといつも感心してます。 私も「自分が自分でいられる」暮らしを目指してます。 そう、空間も時間も身にまとうものも「自分が自分でいられる」ようにプロデュースします。 結局、それが心地いい?〜ことを重ねていく年齢と共に見つけました。       スカーフストール [続きを読む]
  • 選ぶストールと心は連動しているみたい。。。  
  • 厳しい暑さですが、首元にストールは欠かせないです。日傘をさしても、襟なしの服では日除けになります。電車に乗れば、冷風除けに。 今日は、どのストールにしようか?夏物素材は、麻かコットン。キーポイントは、色になります、 着ていく服から、どっちにしよう? これにしよう!私の服は、無地、色も白、紺、グレー、ベージュ、オリーブ。。。同系色のストールでまとめたコーディネートがお気に入りです。 渋めの赤やラメが施 [続きを読む]
  • シルクのスカーフでおばちゃんからマダムへ変身?
  • 「おばちゃん」の自覚あります。 否定しません。誰が見ても、そんな年頃になってしまいました。。。 だけど、年齢を重ねてきたおばちゃんは、社会経験と人間経験も重ねてきました。 お陰で、外見の衰えは加速しても、中身は熟成されてきてますよ。 私たちの年代、バブル期の海外のお土産と言ったらブランドのスカーフが多かったんじゃないかな? 皆さんのどこかにシルクのスカーフは眠っていませんか??? 今流行ってないから [続きを読む]
  • 「夏に役に立つストール術」にリピーターさまが参加して下さいました。
  • 先日のカフェでの講座は、「夏に役に立つストール術」でした。参加いただいた方は、この春からのリピーターさまとお久しぶりなリピーターさまのお二人。 この季節のお薦めは、冷房と紫外線に対応した活用術です。ただ巻けばいいただ肩掛けすればいいより、少し気の利いたことを伝えたいんです。 暑いので、ボリュームを抑えた巻き方巻くから展開して羽織る安定した羽織る方法素材選び お手持ちのストールとお試しのストールのご相 [続きを読む]
  • Only-One のストールも乙なものです?
  • 巻き方と素材には相性があります。私は、『素材ありきの巻き方』、 『素材が要』 と思っています。 なので、布物があるところには、積極的に出向いて素材研究。 布屋さん布物工房布物展示場布物作家さんの作品展。。。 最近は、マリメッコ、佐伯和子氏、沖潤子氏。。。の作品展に出向きました。独創的な世界観に魅了されてしまいます。素材感、風合い、色合い、糸の調子、織りの調子など見どころ満載。実際に触れることは出来ま [続きを読む]
  • 「ハレとケ」を一枚のスカーフで自由自在にアレンジ。
  • 日本の伝統慣習に 「ハレ」と「ケ」があります。簡単に言うと、「ハレ」は非日常、「ケ」は日常です。 「衣」の「ハレとケ」は、「晴れ着と普段着」と考えられます。50代を迎えたら、「晴れ着」は、冠婚(葬祭)や同窓会など改まった席での装いになるのかな?葬祭に晴れ着もないですね。 フォーマルと考えるべきか。。。そう考えると、圧倒的に「普段着」率が高いかもです。と言っても、旅スタイルやよそ行きスタイルを「普段 [続きを読む]
  • スカーフストールファーストの心意気 ((´∀`))
  • ○○ファーストって、話題ですね。ならば、便乗して「スカーフストールファーストの会」を作ろうかな???夢を見ることは自由ですよね。 服のコーディネートって、着る服 × 小物 だと思うのです。 私が考えるスカーフストールファーストは、スカーフストールを主役に引き立てつつも、脇役となる着る服と重ねて調和させるコーディネートです。 でも、忘れてはならないのは、真の主役は「自分」ということです。 スカーフスト [続きを読む]
  • 大きすぎるストールに手こずってます。(TーT)
  • 「これ、大きすぎるのよ」とある、インポートストールの売り場で遭遇。試し巻きして、連れ添いの女性に「柄は気に入ってるんだけど。。。」 素材は、「レーヨン  モダール」 と既にリサーチ済み。薄手で軽くて、全く問題ないのだけれど。。。 セールの時期は、消費者の生の声が沢山聞こえてくるので勉強になるのです。忍んで聞き耳立てて。。。感じ悪いですね (;^_^A 「大きすぎる」と感じるのは、どうやら長さより幅の広い [続きを読む]
  • 今まで出会えた奇跡に感謝を込めて?
  • 2007年に講師の資格を取得して、翌年からポツリポツリと始めた講座。「教える」から「伝えていきたい」に変わってきた今日この頃です。 講師をしていなかったら、出会えてなかったと思う。。。講師をしていたから、出会えた皆さま延べ、350人以上の方々と出会えたこと、本当に奇跡ですね。 ミラクルです。この出会いは、人類規模で考えたらホンのホンのホンの一握りです。 出会えた皆様からいただいた生の声が私の原動力にな [続きを読む]
  • 同じ服でもスカーフを変えるだけで驚きの変化!
  • 先日のカフェでの講座 「ミニスカーフおしゃれ術」のレポートです。 藤沢での春のカルチャー講座に参加して下さった方が、遥々と来てくださいました。「前回教えていただいて、とても良かったので」もう、感謝!感謝!です。 ミニスカーフは、(或いはプチスカーフとも言いますが)、定番の88×88?サイズより小さいサイズのスカーフです。このサイズ、こじんまりとまとまるので意外と手軽にアレンジを楽しめます。 Sさま、 [続きを読む]
  • 今、レーヨンは進化しています!
  • 昔のレーヨン素材って、覚えてますか?安価な商品なのに、クリーニング表示。お家洗いしたら、生地が固まってゴワゴワ・・・通気性も悪く、着れば汗ばむ・・・そんな素材でしたので、手を出しにくくなりました。 ところが、今のレーヨン素材、なかなかの優れものです! ヴィスコースモダールストールの素材によく見られる表示です。これらが、進化したレーヨン素材の代表です。って、私もこれがレーヨンだったとは、この仕事を始 [続きを読む]
  • 色を繋げる〜「庭の色」からイメージをいただく。
  • 色合わせについて、ガーデンデザインの配色からヒントをたくさんいただいてます。こちらは(↓)、横浜フラワーフェスティバル2017。 私もブログの中で、「ストールの色とリンクして。。。」と表現してることが多いかなと思います。実は、私のルールなんですね。色を繋げてトータルに調和させることで、着心地が落ち着きます。 街中で見つけたコンテナ。ケイトウの色とニチニチソウの花芯の色が繋がってます。 この色を繋げるに [続きを読む]
  • 「きょういく」「きょうよう」って、ご存知ですか?
  • 「きょういく」 「きょうよう」 ってご存知ですか???「教育」? 「教養」?ではないんですね。実は、「今日行く」 「今日用事がある」 ってことなんです。 少し前から、シニア世代のご婦人方にスカーフを通じてお目に掛かることが多くなりました。驚いたことに、「今日行くところがある」 「今日用がある、やることがある」 ってことがとても幸せなことなんだそうです。。。時間はたっぷりあれど、どこにも行くところが [続きを読む]
  • ボタニカル柄をスカーフで?
  • 今回もボタニカル柄ネタです。植物が大好きな私ですが、花柄の服はやっぱり着れません。(通販サイトから拝借しました)手持ちのスカーフやストールには、案外 ボタニカル柄があるものです。 ピンク地にグレーの縁取りの植物柄のスカーフです。ストール同様に、色も柄もコンパクトにあしらえば、小さな面積でも効果は大です。何でもないグレーのニットの首元に華を添えてくれます。 服で着るには躊躇してしまう [続きを読む]
  • ボタニカル柄をストールで?
  • 6月になりましたね。 今春は、ボタニカル柄が注目されてます。所謂、植物柄。でも、50半ばともなると、なかなか手を出しにくい柄模様です。     トップスでも、何だかね。。。(ある通販サイトから拝借しました) ならば、ストールでならいかがかしら?ほら、こんな風に。。。 意外や意外でしょ?店頭に並べてあったなら、恐らく手に取らないであろう色柄ですね。そう、パッと見で敬遠してしまう。。 [続きを読む]
  • エルメス手しごと展
  • すっかりご無沙汰しておりました。気持ちも新たに、お伝えしていきたいことを追々綴っていきます。 3月に「エルメスの手しごと展」に行ってきました。どうしても、縁かがりの職人技をこの目で見たかったのです。88×88のスカーフの縁を40分で完成させるその手業に見入ってしまいました。一枚一枚、職人さんの手によってかがられるスカーフですもの、その価値は証明されてますね。 完成された縁は、 [続きを読む]
  • 2017年 今年も宜しくお願い致します?
  • 新年明けましておめでとうございます。 昨年末、ずっと会いたかった先生からハンギングを教えていただきました。ガーデナーは年中無休でも好きなことだからね。スカーフを首元に巻いてガーデン仕事?   これが、私のライフスタイルです。 さてさて、今年はどんな人に出会えるのかな? 出会いも私のライフスタイル。そして、一歩先の世界を見てみたいと思っています〜?〜 今年も宜しくお願い致し [続きを読む]
  • 秋冬のストール巻き方術 〜カフェ〜
  • お早うございます。今年も、あと1か月。 ホント早いですね。さて、今日は先日のカフェでの講座の様子をお伝えしましょう。 スタッフ様のお陰で、定員オーバーの大変賑やかな講座となりました。「口コミ」って、有り難いです。 皆さま、お気に入りや使っていないストールを数枚お持ちいただきました。やっぱり、一番の声は「ワンパターンでこればっかり」「いつもこんな感じで。。。」とは言うものの、最近はきちんと [続きを読む]
  • ニットにストールを巻いて素敵に? ~カルチャー~
  • お早うございます。秋も深まりつつ、寒暖の差が大きいこの頃ですね。 只今、新企画に向けて勉強中でございます。課題やら資料作りやら、新しいネットワークも構築されてます。 さて、今回はニットとストールのコーディネートについてでした。 ゲージの太さとデザイン、色によって、ストールの選び方、巻き方をお伝えしました。皆さんのお手持ちの一枚一枚にアドバイスもさせていただきました。 一番の [続きを読む]
  • 自由が丘ストール屋さん
  • お早うございます。気持ちのいい秋晴れですね。昨日は、少しばかり ”The 横浜” をブラ散策。陽の当たるところだけ、イチョウは黄色く色づいてました。 さて、今日は以前から店頭にてアドバイスさせていただいております自由が丘のストール屋さんをご紹介させていただきます。いきなり飛び込んで、是非お手伝いさせていただけないかとお願いしたところ快諾いただき今に至っております。どこの馬の骨か分からず、最初 [続きを読む]
  • ストールを巻いた秋のおしゃれ術 ~カルチャ~
  • お早うございます。11月になりました。 今年もあと2か月か。。。。。 さて、先日のカルチャーでの講座の様子をお伝えします。 最初の自己紹介で、「いつもワンパターンばかりで。」という声が多かったんです。「ワンパターン」と言っても、ミラノ巻きだったりひと巻きだったりとそれぞれなワンパターンを披露してもらいました。もう少し巻き方のバリエーションを増やして楽しみたい。持っているストールの扱いが分 [続きを読む]