masaki さん プロフィール

  •  
masakiさん: 難病とは
ハンドル名masaki さん
ブログタイトル難病とは
ブログURLhttp://ameblo.jp/toda4129/
サイト紹介文筋ジストロフィーと診断され立てなくなった五歳の娘が難病を克服し運動会で100m完走までの記録。
自由文五歳の時に筋ジストロフィーと診断された娘を何とかして治したい一心で6年が経ちました。
6年経った今、CK値も正常値となり一時は立てなくなった娘が運動会で100m走れる事が出来るまでに回復した事をキッカケにブログを再開する事にしました。
どのように克服してきたかを少しでも参考にしていただければと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2012/10/25 21:06

masaki さんのブログ記事

  • 不安や恐怖
  • 生きる上で、不安や恐怖はつきものですよね。感情がある限り、不安や恐怖を感じてしまいます。その不安や恐怖から逃れようとすると何かに依存したくなるものです一時的な安心を得るためには、一番簡単な方法かもしれません。しかし、依存することで本来の自分は薄れていきます何かに頼ることで、考えない自分を作り出しますまたは、その問題を人に委ねて、放棄しようとします。これでは、一時的な安心は得られたとしても自分自身は [続きを読む]
  • 自分らしく健康に
  • 誰もが感じていることかも知れませんが人の評価ほど、いい加減で、その時々で変わるものはありません。なぜなら、人は自分以外にあまり興味がないからです。そして、他人のことは、自分都合で一部しか見えないものです。自分都合で見てしまうので、それもまた本当の姿とは異なるんですよね。みんなそれぞれ持っている物差しが違うので、自分の物差しで人を測ってもそれは本当の相手の姿ではないということです。なので、人は自分以 [続きを読む]
  • 子供が難病になったら
  • ・いくら体に良いことでも嫌なことはさせないこと・いくら体に良いものでも大嫌いなら食べさせないこと・日々を楽しめる工夫をしてあげること・病気の話はしないこと・本人からの病気の話は、ちゃんと聞いてあげること・「大丈夫?」でなく「大丈夫!」・毎日、便が出ているかチェックすること・尿の臭いをチェックすること・その他、体の変化をノートしておくこと・自然なものを食べさせてあげて、不自然なものは避けてあげること [続きを読む]
  • 【セミナー・勉強会のお申込】
  • 5月20日(土)14時から当センター事務所の2階会議室でセミナー・勉強会を行います。会場:大阪市西区西本町1−13−38   西本町新興産ビル2階会議室主催:ひまわり健康予防研究所 越智 恭子さんゲスト講師:医療費削減型 ゆる和食料理家 栗山 小夜子先生お申込:http://www.kokuchpro.com/event/dbc89a3492556f1d3c0436f4f49b8c82/視神経脊髄炎という難病を克服し昨年、難病克服支援センターを卒業した越智恭子さんが「崖っ [続きを読む]
  • 「崖っぷちからの生還ルート」
  • 【セミナー・勉強会のお知らせ】5月20日(土)14時から当センター事務所の2階会議室でセミナー・勉強会が行われます。主催:ひまわり健康予防研究所(越智恭子さん)視神経脊髄炎という難病を克服し昨年、難病克服支援センターを卒業した越智恭子さんが「崖っぷちからの生還ルート」と題して治らないといわれている難病をどうやって克服したかを話されます。ほとんどの人が落ちてしまう崖に立たされた時彼女は世の中の常識を疑い、 [続きを読む]
  • 再燃(再発)と回復
  • 現代病になる方の流れですが食べ物や環境、ストレスから発病する  ↓発病に伴い症状が表れる  ↓症状を薬で抑える  ↓症状を出すことによって病気と戦おうとする体が病気と戦えない  ↓病気と戦えないから治らない  ↓薬が血流を弱めたり、自律神経を乱したり、副作用により新たな病気を生み出す  ↓これでは病気が治らないと気づき減薬を試みる  ↓減薬に伴い体が病気と戦おうとし始める  ↓体が病気と戦い始める [続きを読む]
  • 見える世界の違いと素直な気持ち
  • 生きる気力を再び奮い立たせてくれたのは、娘の病気でした。仕事上のトラブルが続き、自信喪失、完全投げやり状態消えかけていた心に火をつけてくれたのは、娘の発病でした。4年間に及ぶ壮絶な闘病期間でしたがその末に、再び自信を取り戻すことができました。しかし、あまりにも高い山を登ったせいか人生の次の山が見つからず、何をするにも無気力状態になりました。そして、ついに躁鬱に、その反動でパニック障害にもなりました [続きを読む]
  • 肯定と否定
  • 全ての物事には肯定的な部分と否定的な部分をあってプラス思考だから肯定的な部分しか見えないという訳ではありませんよね。否定的な部分も見た上で、肯定的な部分を表現しているものです。またその逆もあって、マイナス思考だからといって否定的な部分だけに焦点を合わせてはいません。肯定的な部分も見えているけど、否定的な部分が気になってるだけですよね。ですので、プラス思考の人とマイナス思考の人の差はほとんどないんだ [続きを読む]
  • 尿のチェック
  • 〜 尿の色 〜 尿の98%は水です。 残りの2%が尿素、塩素やマグネシウム、クレアチニン、カリウム、尿酸などが含まれています。 覚せい剤での薬物検査で陽性になるのも、この2%にその成分が含まれているからです。 尿は黄色ですが、オレンジなど濃い時は水分が不足の可能性があります。 尿の色が濃くなるのは、水の割合が少なくその他の成分が多いからです。 〜 尿の泡立ち 〜時々、尿が泡立 [続きを読む]
  • 本当の安心を得るために
  • 行動の原点が心(感情)の場合には あまり迷わず行動し続けることができます。 自然と体も動き、必要な物や情報が、なぜかたくさん集まってきます。 心が自然と集めているんだと思います。 しかし、行動の原点が頭(思考)の場合は 迷わず行動し続けることが非常に困難だと感じます。 燃料切れを起こしやすいんでしょうね。 そして、また迷いが出てきます。 このまま進んでいいのか? 選 [続きを読む]
  • らしい心と健康と
  • 人は期待に応えようとすると、本当の力を発揮できなくなります。 そして、いつか苦しくなります。 また、人に期待すると思った以上のことが返ってくる事は、ほとんどありません。 これもまた、苦しくなります。 闘病中によくあることです。 親子関係も同じで 親が子に期待する気持ちは分かりますが、その期待が表に出過ぎると 子供はそれに応える意識ばかりが強くなり、自分の気持ちが分からな [続きを読む]
  • 走り続けた先に
  • 3ヶ月以上、成果が出ないことを続けられる人は少ないそうです。 それだけ、人は成果、結果を求めて行動するということですね。 また、いかにモチベーションを保ち続けることが難しいかということです。 娘の難病は進行が早く、立ち止まることが出来ませんでした。 CK6000、日々壊れていく筋肉細胞 通常の50倍、細胞が壊れていると思うと 立ち止まるゆとりはありませんでした。 走り続けるに [続きを読む]
  • 腸が7割
  • 口から食道、胃、腸は全ては繋がっています。 口は体の中であり外部と繋がっています。 ですので、消化器官は体内でもあり、外部と直結しているというわけです。 そして、口からは体に必要な物も不要な物、病原体までもが入ってきます。 それら全てが食道から胃、腸へと移動するのです。 薬や毒、栄養など全てが入ってくるというわけです。 そんな状況から、免疫の7割は腸に集中しているのです。&nb [続きを読む]
  • 想い、願いの先には
  • 昨年11月に面談に来られた若いお母さんと 目が見えなくなった2歳の娘さん 痙攣重積型二相性急性脳症の重度後遺症 なんとも言えない辛い現実の中で 想い、願いは、驚くほど娘さんの体を変えています。 「体は元に戻ろうとする力を必ず持っている」と いつも相談者には伝えるのですが その力を後押ししたのは、ご両親の「想いや願い」だと強く感じます。 経験や知識ではなく「想いや願い」 [続きを読む]
  • 思考の違いが成果の違い
  • 周囲の期待に応えようと頑張ると 出来なかったところに思考の焦点があたりやすくなります。 「あ〜、これが出来てたら完璧だったのに。。。」とか 「あ〜、もっとこうしておけば良かったのかな。。。」とか しかし、周囲でなく、自分の思いに応えようとする人は 出来たところに思考の焦点があたります。 出来なかったところは課題として残るだけです。 「今日は、ここまで出来た。明日はもう少 [続きを読む]
  • そうそう難病でした。。。
  • 本当に突然、ふと思い出しました。 私、円錐角膜という難病でした。 発病したのが、たぶん13歳くらいだったと。。。 中学1年生だったような。。。たぶん。 なので、40年前に発病し、治療法がないので その後はコンタクトレンズで視力矯正のみです。 全く意識なく過ごしてきたので、完全にそんなこと忘れてました。 もちろん、視力は裸眼で0.1ないです。 が、コンタクトレンズすると1.0く [続きを読む]
  • 嬉しいお知らせ
  • 痙攣重積型二相性急性脳症の重度後遺症の2歳の女の子 数度の熱性痙攣で重度の後遺症が残ってしまい 運動機能、視覚機能がダメージを受けて目が見えなくなってしまいました。 ご両親が献身的な努力を続ける中で昨年の11月に相談に来られました。 辛いながらも、笑顔で前向きに進もうとしているお母さんの姿が凄く印象に残っています。 その後、便通が良くなり、痰や目やになどの排毒が始まり また、 [続きを読む]
  • パン!と手を叩いた瞬間のいま
  • 小さすぎて見えないものがあれば 大きすぎて見えないものあります 人の視点で見えないものも 別の生物から見えていたりします 人を微生物のように見えてしまうような大きな生物がいたら 人はその生物が大きすぎて認識できないでしょう 大きな生物の胃袋の中に、我々や宇宙が存在し それがこの世だと思っているのかもしれません 時間の感覚も大きさが違えば感じ方も違います 大きな大 [続きを読む]
  • 初めて運動場を走った日
  • 娘は幼稚園の年長の時に難病を発症しました。 ですので、一年生からずっと体育は不参加でした。 運動会には可能な競技のみ車椅子で参加させていただきました。 入学直後に、卒業するまで学校へ通えるかどうか分からないという状況を校長先生にお伝えし そして、小学校生活は始まりました。 低学年は休み時間も外へ遊びにいく子が多い中 ずっと机に座っていたそうです。 そんな娘は4年生の時に [続きを読む]
  • 苦しかった人へ、今が苦しい人へ
  • 辛かった過去を変えようとしても変えられないです。 辛かった思いを消そうとしても消えることはないです。 しかし、辛かった過去に対しての捉え方を変えることはできると思います。 どんな経験でも失ったものがあれば、得たものがあるものです。 失ったものに執着するより、得たものを気づくことで捉え方は変わり未来は変わると思います。 辛かった過去に縛られないようにするには 未来のビジョンを [続きを読む]
  • ステロイドの使い方と病気の治し方
  • 「強いストレス時に、ステロイドはどのような働きをするのでしょうか。 最近わかってきたことですが、ミトコンドリアの機能を止めることなのです。 野生の動物が危機にさらされた時、戦うか逃げるかの緊急事態が生じます。 この時必要なことが、解糖系を働かせ、瞬発力を得て危機を乗り越えることです。 ステロイドはミトコンドリア機能を止め、低体温と低酸素の状態をつくり解糖系を整えます。 炎症を合 [続きを読む]
  • "なお" フランスへ旅立つ
  • はい。今ごろフランスに着いていると思います。 とは言っても1週間後には帰ってくるんですけどね。 一か月くらい前に何の前触れもなく 突然 「私!フランスに行ってもいいですか!?」 「・・・うん、行って来たら・・・」 とりあえず、なんでも容認するのが私の癖ですが 頭の中では。。。 香川の田舎から大阪に出てきて、まだ一年やのに!? え!? いきなり次はフランスなん?? [続きを読む]
  • ダメなカラダと強いカラダ
  • 病気や不調になると、体を冷やさないことばかりを意識する人が多いようです。冷やしたくないから、外から温めます。たくさん服を着たり、カイロをあちこちに貼ったり部屋を暖房で温めたりします。生野菜や果物も体が冷えるから食べないという人もいます。しかし、これで鍛えられるのは冷やす能力です。体は温められると、必死で冷やそうとします。ですので、体の冷やす能力を鍛えていることになります。病気や不調の人は体の芯が冷 [続きを読む]