ek03 さん プロフィール

  •  
ek03さん: 楽描倶楽部の雑記帳
ハンドル名ek03 さん
ブログタイトル楽描倶楽部の雑記帳
ブログURLhttp://ek03ai.blog.fc2.com/
サイト紹介文ありふれた日常から、美術・芸術・創作について、感じるままに描き綴っています。
自由文美術館・博物館など文化施設探訪が主な活動内容です。日常で五感が感じた事を書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/10/27 19:38

ek03 さんのブログ記事

  • 川崎大師へ行ってきました
  • 今晩和。ダークマターとか、マイナスエネルギーが巣くっているのではないかと思うほど、運気ない今日この頃。厄払いに、関東三代厄よけ大師のひとつ、川崎大師へ行ってきました。京急、川崎大師駅で下車。品川駅で京浜急行線に乗り換えたのですが、うっかり羽田空港行の電車に乗ってしまいそうになり、焦りました(苦笑)。ずいぶんときれいだった『大山門』塗り直したばかりでしょうか。昔訪れた時は、こんなに綺麗な印象はありま [続きを読む]
  • 2017年、お花見 おまけ「TORAYA TOKYO」
  • 今晩和。お花見の後はお約束、「 甘 味 」今年は、東京駅がゴールだったので、八重洲改札口方面の福寿園と迷ったのですが、丸の内改札口方面の「トラヤ トウキョウ」に寄りました。2017年のお花見は、こちらからどうぞ(文字を )。見て来た桜を反芻しつつ、一休み。(^▽^)お汁粉&珈琲。ふふふっ。この日は、窓からkitteが見えるカウンター席に座れちゃったのでした。「都会の真ん中で桜を堪能 [続きを読む]
  • 2017年、お花見
  • 今晩和。桜の花を愛でる言葉として、観桜(かんおう)という語句があります。今年は、茅場町〜東京駅八重洲で観桜しました。\(^o^)/ビルの谷間にある、桜並木は満開!車高のある車が日常茶飯事とおるからでしょうか、木の背丈は結構高いです。通りを歩いていたら、行列ができていたラーメン屋さんや、美味しそうな日本料理店を発見。一本それた脇道というだけで、東京駅へ向かうこの通りは、桜一色になっていました。 [続きを読む]
  • 4月の着付け教室
  • 今晩和。4月の着付け教室に行ってきました。綺麗に並べて置いてあります。良く見ると、着る時に使う順番に置いてある事がわかります。帯を締めるのは最後の方なので、帯の上に伊達締めとか、帯の手前に紐が準備されているのです。臙脂色の落ち着いた着物。日常で着る着物であっても、濃い色があったり強い色が使われていたり、洋服とは色のニュアウンスが違う気がします。洋服では、通常まず見ることのない色も、着物ではスラっと [続きを読む]
  • 勉強しましょう、そうしましょう。
  • 今晩和。職場で、とってもむかつく事がありました。上司の一人と、「こんな事も答えられないの、君。」というニュアンスの会話。誰も即答できないような質問をして、答えられないのを指摘して、悦に浸りたいの人との会話は、本当、気分が悪くなるし、仕事の士気が下がります。自分が上位である事を知らしめたい、周囲の人を「出来ないヒト」に貶めたいという卑しい気持ちが透けていました。その質問に答えられる人を褒めて、それで [続きを読む]
  • もう二回も買ってしまいました
  • 今晩和。四月になってすでに十日も過ぎているのですね。このままでは、GWの連休もあっという間に終わってしまいそうです。なんとかせねば。美味しいからといって、そら豆ばかり食べている場合じゃない。今月に入って、もう二回もそら豆を買ってしまいました。春の旬は、そら豆以外にもたくさんあります。ひとまず『春眠』。 [続きを読む]
  • 一粒の砂に世界を見るように展へ行ってきました
  • 今晩和。千葉県にある佐倉市立美術館で開催中の、一粒の砂に世界をみるように 展へ行ってきました。展覧会、チラシ。このチラシの作品【ここよ、今、いつでも】を見たくて、出掛けてきました。京成線佐倉駅のとなりに、こんな交番を発見。佐倉市は、「蔵のまち」なんだそうです。蔵を模した交番、なんだか可愛い。駅から美術館までは、けっこうな登り坂でした。無理せず、京成線またはJRの駅から、バスを利用してもいいかもし [続きを読む]
  • 3月の着付教室
  • 今晩和。3月の着付け教室へ行ってきました。手先から順に折って、帯の準備。この帯は、「つづれ帯」という帯でした。中間色のグラデーションが、落ち着いた風合いを醸し出していました。御目出度い柄の七宝文様が入っていて、式典にも締めていけますね。先生に教わるだけでなく、生徒さん同士で「こうだったかな、あーだったよね」と確かめあいながら、練習をしたりもします。小紋柄ですが、地模様も散らされた文様も「菱形」と [続きを読む]
  • 新しい仲間
  • 今晩和。昭和の時代に買い求めた、ティーポット=我が家の急須。先日、不注意で取っ手部分を割ってしまいました。( T T )この急須は、まだ池袋の東急ハンズ2階にレストランがあった頃に買ったもの。ずっとこの急須一筋で、お茶を楽しんできました。接着剤で取っ手をくっつけたものの、このまま老体に鞭打って使いづけるのも心配になり、新しい急須を買うことにしました。すごく気に入っているし、長持ちしてくれているので、 [続きを読む]
  • こども図書館散策
  • 今晩和。上野にある、国際子ども図書館へ行ってきました。最近は大型書店とか、本にまつわる施設は近代化してきたわねぇ、てな訳で出掛けることにしました(深い意味はありません)。本を読む場所は、狭くて、薄曇りくらいの明るさか、文字を読むためだけの灯りがともされた、集中できる場所が私の理想です。私は、静かな場所より、雑音があった方が落ち着いて読書ができます。開館当時は、帝国図書館を丸ごと抱え込んだ新しい手法 [続きを読む]
  • 三月は、24時間ではないかもしれません
  • 今晩和。三月に入って、明日で10日?!ちょっと時間が経つのが、早過ぎやしませんか?と言いたい。いくら年度末決算月だからって、お財布にお金を入れ忘れているのに気づかないくらい忙しくたって、9日も経っていたら、何かしら生活した痕跡があるでしょう。三月の1日は、本当に24時間でしたか?24時間過ごした実感が全くありません。とにかく、雛祭りに何もしなかったので、お彼岸に『ぼたもち』を食べるのを忘れないよう [続きを読む]
  • 梅見2017 田浦梅林 その2
  • 今晩和。日にちが開いてしまいましたが、田浦梅林、その2でございます。訪れたのは、正確には「田浦梅の里」と呼ばれるところ。田浦では、山々や公園などあちらこちらで、梅を楽しむ事ができるようです。その1はこちらからどうぞ(文字を )。実状に近い、頂上付近の地図。ピンクの模様は、梅が咲いているところです。たくさん有りました。山の上なので、ときおり吹く風が強いため香りはないですが、どちらを見ても梅花盛 [続きを読む]
  • 梅見2017 田浦梅林 その1
  • 今晩和。今年も梅を見に出掛けてきました。今年訪れたのは、田浦梅林。初めて行く場所は、いつも期待いっぱいです。まず驚いたのは、最寄駅であるJR田浦駅。駅の前後がトンネルで、先頭車両がトンネルの中に停車!前方の車両に乗ると降りれない事態に(大笑)。田浦駅で降りようと思ったら、真ん中の車両に乗りましょう。たうら梅林(イメージ)マップ。私は、自他ともに認める方向音痴。でも、今回迷ったのは、上記の観光マップ [続きを読む]
  • WASHI 紙のみぞ知る用と美展へ行ってきました
  • 今晩和。リクシルギャラリー[銀座]で開催されていた、WASHI紙のみぞ知る用と美 展へ行ってきました。久々の銀座?。久々のリクシルギャラリー?。この界隈の景色が随分と変わっていて、ビックリしました。ギャラリー入口。外壁のタイル、渋いグレーが銀座の雰囲気に合っていますね。見てきたのは、こちらの企画展。水と油。正反対の性質であるもの、その両方と相性のよい和紙。時に綿入れ等の衣として。時に椀やお猪口等の [続きを読む]
  • 2月の着付教室
  • 今晩和。2月の着付け教室へ行ってきました。気持ちの上で、冬場の今の時期は、着物を来て出掛けるいい時期だと思っています。一見椿っぽいですが、具象の花ではありません。こういう季節を問わない絵柄の帯は、一年中締められるので持っていると便利です。後ろのお端折の整え方の練習。ちょっと上部をつまんで、胸紐に挿み、手を八の字を描くように動かして、シワを脇に寄せているところ。何回もやらず、一度だけ手を滑らせてシ [続きを読む]
  • 國學院大學博物館 見学その2
  • 今晩和。國學院大學博物館見学その2でございます。その1は、こちらからどうぞ(文字を )。アンケートに答えて、貰えたブックレット。常設展は3つのテーマで展示されています。「考古」・・・土器とか、土偶とか、発掘にまつわるアレコレ。「神道」・・・祭事とか、神仏習合とか、信仰について。「校史」・・・國學院大學の名前にもみられる『国学』というものについて。常設展示、風景。一番興味を惹かれるのは、やはり [続きを読む]
  • 國學院大學博物館 見学その1
  • 今晩和。火焔型土器のデザインと機能展が開催されている、國學院大學博物館を訪れたのは、今回が初めてとなります。火焔型土器のデザインと機能展の紹介はこちらからどうぞ(文字を )。こちらの博物館、常設展もとても良かったです。そこで、私の好みで内容が偏っていますが、2回にわけて常設展見学を綴っていこうと思います。ここは連れてきたら、みんなが喜んでくれそうな展示作品が、沢山ありました。保存状態はもちろ [続きを読む]
  • 火焔型土器のデザインと機能展へ行ってきました
  • 今晩和。寒い冬を乗り切るため、熱い展示をみよう!と、火焔型土器のデザインと機能 展へ行ってきました。渋谷は、國學院大學をはじめ、青山学院大学や実践女子大学があって、専門学校もたくさんあって、”学びの町”という印象です。そんなこともあって土器について学ぼうと、國學院大學博物館へ出掛けてきました。國學院大學博物館、入口。土器の中でも、特に好きな縄文土器。渋谷駅から六本木通りを歩き、実践女子大学の脇の坂 [続きを読む]
  • 駒澤大学、耕雲館 見学の巻
  • 今晩和。駒澤大学にある、駒澤大学禅文化歴史博物館として公開されている耕雲館(こううんかん)へ行ってきました。駒澤大学禅文化歴史博物館は、こちらにて紹介しています(文字を )。設計者は、菅原榮蔵氏。すみません、不勉強です。どんな方なのか全然存じませんでした。館内には、そんな私のために菅原氏についての紹介パネルがありました。(^ー^)看板。竣工当初は、図書館だったそうです。関東大震災後に『図書館 [続きを読む]
  • 駒澤大学禅文化歴史博物館へ行ってきました
  • 今晩和。寒〜い冬のさなか、昨年末から縁のある「禅」について興味を深めていこうと思い駒澤大学にある、駒澤大学禅文化歴史博物館へ行ってきました。パンフレット。無料です。ありがたいです。工事中の建物におそるおそる入った私めに、館員の方は優しく応対してくれました。銅葺き看板、味わいがいいですよね。天井にステンドグラスを配した、展示室。明るくて見やすかったです。元は図書館。展示されていた図書館時代のパネル写 [続きを読む]
  • 駒沢大学耕雲館 建物見学の巻
  • 今晩和。先日、駒沢大学にある駒沢大学禅文化歴史博物館こと「耕雲館」へ行ってきました。駒沢大学禅文化歴史博物館は、こちらにてご紹介(文字を )。設計者は、菅原榮蔵氏。すみません、不勉強で。どんな方なのか全然存じませんでした。建物内には、そんな私のために、菅原氏についての紹介パネルもありました。(^ー^)駒澤大学禅文化歴史博物館へはこちらからどうぞ(文字を ) [続きを読む]
  • 良く知っているけど、実物を見るのは初めてかも
  • 今晩和。年の初めに行って来た「宇宙と芸術展」で、有名な書籍の初版本を見ることができました。宇宙と芸術展は、こちらからどうぞ(文字を )。タイトルは良く知っていますが、初版本の実物を見るのは初めてだと思います。ニュートンの【自然哲学の数学的原理】。そう、【プリンキピア】。わー、本物だ!と一人興奮。ダーウィン【種の起原】。わー、わー、本物だ!妙な盛り上がりで展示品を覗き込んでいる私を見て、周囲に [続きを読む]
  • 1月の着付教室
  • 今晩和。冬の着付イベント「成人式」も終わり、普段着の着物の練習に、着付教室に行ってきました。七五三や二十歳になる娘さんに、自分で着物を着せようと、教室へ通ってくるお母さんとお話をするのも楽しい時間でした。イベントの残り香でしょうか。1月の着付け教室では、新たな着物と帯の組み合わせに挑戦したり、コレまでとは違った色合いで着てみたり、意欲ある練習をされる方が多いです。半幅帯で、文庫。フリルや、キラキラ [続きを読む]
  • 2017七福神巡り 深川七福神その2
  • 今晩和。深川七福神巡りその2でございます。その1は、こちらからどうぞ(文字を )。冬木弁天堂の弁財天。富岡八幡宮の恵比寿さまをお参りして、Uターン。住宅地をテクテク歩いて、芸道音楽の神様・弁天さまをお参りです。列の途中に、だるまストーブの暖気。だるまストーブ、とても温かくてありがたかったです。こちらは、龍光院・毘沙門天。この辺りでは、時間帯もあってか復路と往路の人達で大混雑。普段は、地元民し [続きを読む]