ek03 さん プロフィール

  •  
ek03さん: 楽描倶楽部の雑記帳
ハンドル名ek03 さん
ブログタイトル楽描倶楽部の雑記帳
ブログURLhttp://ek03ai.blog.fc2.com/
サイト紹介文ありふれた日常から、美術・芸術・創作について、感じるままに描き綴っています。
自由文美術館・博物館など文化施設探訪が主な活動内容です。日常で五感が感じた事を書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/10/27 19:38

ek03 さんのブログ記事

  • 二匹めのドジョウ、育てるのは意外と大変かも
  • 今晩和。連休中、台風到来のため外出を自粛して、部屋の掃除をしました。紙類を処分するのって、最近は大変です。変なことが書いてあったりしないかチェックしたり。個人情報が漏洩しないようシュレッダーにかけたり。そのまま、ゴミ箱にポーイと言う訳にはまいりません。そんなメモ書きに書いてあったもの。「二匹目のドジョウ、育てるのは意外と大変かも」なんのことでしょう? 裏面には、一匹めのドジョウを捕まえた人の閃きに [続きを読む]
  • 9月の着付け教室
  • 今晩和。9月の着付け教室へ行ってきました。鴛鴦の帯なんて、素敵ですよね。帯揚げを後からする練習をしている人がいました。枕につけ忘れてしまった帯揚げを、後から帯に通して、枕に被せるやり方です。本来は、帯揚げて枕を包んだあと帯にかけます。練習では、枕を包まず、枕の天地にかぶせるようにしていました。反対側から見ても、後から帯揚げをつけたようには見えませんでした。こちらは、帯の背中心におしぼりタオル(薄手 [続きを読む]
  • ありがとう、カッシーニ
  • 今晩和。昨日は、土星探査機「カッシーニ」がその役目を終え、土星の星のひとかけらとなりましたね。カッシーニのおかげで、これから作られる星座・宇宙図鑑の『土星』のページは、とても素晴らしいものになるでしょう。展覧会が開催されたら、絶対行こうと思います。有名な衛星や土星の輪の写真をNASAが公表するたび、うっとりしながら見ていました。カッシーニの打ち上げは20年前。20年も前の探査機が稼働し続け、様々な [続きを読む]
  • いつもことだけど大変です、アップデートは
  • 今晩和。秋の美味しい旬が、そこかしこで見られる時期になりました。みなさま、如何お過ごしでしょうか。私めは、苦手意識たっぷりのアップデート作業に、四苦八苦しております。サポセンの方達が丁寧に応対してくれるのに、「ちょっと待って。それってどういう意味?」「英語じゃなくて、日本語で言って。」など、邪悪な素人ユーザーになっております。新人サポセンを鍛えるための、困ったちゃんユーザーを演じているのではありま [続きを読む]
  • 転んでも、ただでは起きないのも考えモノ
  • 今晩和。吉田 博 展 へ行った際、「エル キャピタン」の版画を目にし、OSのアップデートを思い出してしまいました。fcブログからも、アップデートしないとアクセスできなくなっちゃうぞ〜〜 と書かれていたし、いっちょアップデートするか!ということで、夏休み中の夜に、アップデートに挑戦する毎日を過ごしました。ところが、全然上手くいかない。(>◇ < )//大ピンチ!大あせりの中、ふと「この苦労もブログのネタ [続きを読む]
  • 館林美術館探訪 シロクマを見て涼んできました
  • 今晩和。企画展 カミナリとアート展 を満喫した後は、館林美術館を楽しんできました。カミナリとアート展の話は、こちらからどうぞ(文字を )。美術館、看板。後ろにあるのは、古墳!?と思ったら普通のお山のようでした。もしかしたら、現代作家の作品かもしれません。さて。メトロポリタン美術館展やTV番組で紹介されたりして、すっかり【シロクマ】に魅了されてしまった私めは、ミーハー心の趣くまま、フランソワ [続きを読む]
  • カミナリとアート展へ行ってきました
  • 今晩和。館林美術館開催の、カミナリとアート 展 光/電気/神様へ行ってきました。  『雷獣は何処に居る   雷獣は天に居る   風の生まれる処に居る』カミナリを聞くと、頭の中で高村光太郎の詩『雷獣』が鳴り響きます。美術館へ道すがらにある看板。美術館入口にかかる十字路の交差点にありました。この交差点から、さらにしばらく歩いて行きます。美術館への道。写真右側が、美術館駐車場ですが、美術館建物はこの時点 [続きを読む]
  • アルチンボルト展へ行ってきました
  • 今晩和。西美(国立西洋美術館)で開催中の、アルチンボルト展へ行ってきました。企画展看板。私の他にも、たくさんの人達が写真を撮っていました。TVドラマのタイトル映像のような、インパクトのある看板です。向かい合っているのは、【夏】と【春】。でも、”野菜”と”花”と言った方が分かりやすいかもしれません。美術館チケット売り場の看板は、【冬】。横顔の肖像画は、古代エジプトにも見ら [続きを読む]
  • 館林美術館探訪 シロクマを見て涼んできました
  • 今晩和。企画展 カミナリとアート展 を満喫した後は、館林美術館を楽しんできました。カミナリとアート展の話は、こちらからどうぞ(文字を )。メトロポリタン美術館展やTV番組で紹介されたりて、すっかり「シロクマ」に魅了されてしまいました。ミーハー心の趣くまま、フランソワ=ポンポンのアトリエが再現されているという別館や美術館所蔵の「シロクマ」を始めとするポンポンの作品を見てきました。館林美術館へ [続きを読む]
  • 吉田博展へ行ってきました
  • 今晩和。損保ジャパン日本興和美術館の、吉田 博 展 山と水の風景へ行ってきました。私の中では、版画家という認識ですが、今回他の作品も数多く展示されると言う事で、出掛けてきました。美術館看板。グラデーションや、同じ版木で制作された昼と夜の作品など、技術や演出からも学ぶ事が多かったです。版画だけでなく、油彩画や日本画等かなり幅広く勉強し描いた作家だということが、展示作品から知る事ができました。どんな方 [続きを読む]
  • 浅草神社へ行ってきました
  • 今晩和。とーとつに、「そうだ、月参りに神社へ行こう」と浅草神社へ行ってきました。なぜ浅草か。答えは単純明快、浅草が好きだからです!浅草神社、正面鳥居。浅草寺の参道や仲見世は、夏休みもあってスゴイ人混みでした。でも、ちゃあんと裏道、もとい脇道があります。浅草神社の境内では、浅草寺で人混み疲れを人達が、ゆっくり休んでいる姿をちらほら見かけました。神社の狛犬、結構大きくてカッコイイですよ。神社では、飛竜 [続きを読む]
  • ピーターラビット展へ行ってきました
  • 今晩和。東京富士美術館で開催中の、ピーターラビット展へ行ってきました。八王子駅から、ほぼ直行のバスが出ていて、予想より早く美術館に到着。ゆっくり見る事ができました。東京富士美術館であえました。東京富士美術館を訪れたのは、今回が初めてです。広くて、イベントが出来そうなホール等もあり、美術館でありながら市民ホールのような印象でした。バスを降りて見える美術館外観。箱がふたつ並んでいるようですが、中は広々 [続きを読む]
  • 8月の着付け教室
  • 今晩和。8月の着付け教室は、浴衣と半幅帯を練習してきました。ふっくらした雰囲気にしたかったので、試行錯誤。先生のアドバイスを受けながら、あーでもない、こーでもないと「角だし」風にしてみました。「角だし(つのだし)」とは、名古屋帯等で結ぶ、帯の結び方のひとつです。リバーシブル半幅帯だったので、ひっくり返して再度挑戦。以前、「角だし」の練習をした時の話は、こちらからどうぞ(文字を )。帯揚げと帯 [続きを読む]
  • 残暑の成果?
  • 今晩和。もっと寝苦しい暑さが続くかと思っていたら、過ごしやすい夏休みとなっておりますね。外出日が続きましたので、今日は久々に部屋の掃除などをしましたところ。切り取って、瓶に差していたサンスベリアに、根っこが生えていました。ああ〜、ちょっと目を離したスキに。しかも新芽らしきものまで見える。植木鉢の空きがないので、あとでヨーグルト容器にハイドロカルチャーを詰めて差しておきますか。サンスベリアと暮らし [続きを読む]
  • 春風萬里荘探訪 その3
  • 今晩和。春風萬里荘 その3 でございます。その1、その2はこちらからどうぞ(文字を )。たくさん写真を撮ったのは、見所が沢山あったからでございます。どの時期に来ても良いらしいですが、館員さんおすすめは紅葉が映える秋だそうです。訪れた時は、青々と葉が生い茂り、野草の花や睡蓮が咲いていました。入口。その1の写真とは反対側からも撮影してみました。さてさて。元馬小屋だった洋間も、見るところが満載で良 [続きを読む]
  • 春風萬里荘探訪 その2
  • 今晩和。春風萬里荘 その2 でございます。その1はこちらからどうぞ(文字を )。茶室「夢境庵」。床柱の柿の木が、素朴な良さがありました。つくばい。茶室からは、ちょっと離れている気がしました。この距離感は、茶室に入る前、庭散策を促すためでしょうか。奥にある、石庭。石庭!素敵です!!上の写真は茶室から見えた景色ですが、母屋の縁側から、ゆっくり見ることができました。母屋の客間をグルッと囲み、茶室 [続きを読む]
  • 春風萬里荘探訪 その1
  • 今晩和。笠間日動美術館観覧の後、「かさま観光周遊バス」に乗って、春風萬里荘へ行ってきました。笠間日動美術館の分館になるそうです。笠間日動美術館探訪のお話はこちらからどうぞ(文字を )。美術館観覧の後、笠間稲荷神社のところにある食事処で「お稲荷さん」を食べて、バスに乗って行ってきました。美術館の受付で、共通券のことを教えてもらい、折角なのでこちらもおじゃましてきました。入口。バス停で降りると、 [続きを読む]
  • 笠間日動美術館探訪 その2
  • 今晩和。笠間日動美術館探訪 その2 でございます。その1はこちらからどうぞ(文字を )。パンフレット。美術館の展示館1階に、この部屋があります。1階フロアの一区画に、鴨居玲氏にまつわる収集品専用の展示室がありました。愛用のモデルガンとか、赤の油性ペンで書かれた遺言の走り書きなど、ちょっとギョッとするものもありましたが、自宅で使われていた照明、テーブルや椅子と言った普段の生活が垣間見える品々が [続きを読む]
  • 笠間日動美術館探訪 その1
  • 今晩和。さあ、夏休み!少し前に訪れた、笠間日動美術館の話を綴ってまいります。常磐線・友部駅で降りて「かさま観光周遊バス」に乗って行きました。水戸線・笠間駅からも乗車できる、「かさま観光周遊バス」はとても便利。笠間市のほぼ全ての観光名所を一停留所乗車につき「100円」で巡れるのです。しかも。1日フリー乗車券は「200円」。やっすい。\(^▽^)/仲良しおじさん二人組は、1日フリー乗車券を即購入してい [続きを読む]
  • 夏休みのはじまり、はじまり
  • 2017年の夏休み、はじまりはじまり。(^▽^)人(^▽^) パチパチ。学生時代と違い、外部の強制力も無く、期限もある程度まで自分で決められる。大人の夏休みは、いいですね〜。せっかくだから。計画表を作って、ちょっぴり宿題も用意してこなしてみましょう。達成感を味わいたいから、記録もつけて。早寝はできないけど、早起きはして、一日一回以上体操する等、運動することをノルマとしますか。遠出して、普段は [続きを読む]
  • ジャコメッティ展へ行ってきました
  • 今晩和。国立新美術館で開催中の、ジャコメッティ展へ行ってきました。ミュシャ展の時に見た予告が気になっていて、出かけてみることにしました。展覧会、チラシ。会場への通路にあったポスター。展覧会場への道のり。彫刻展のポスターって、難しそう。この展覧会のポスターは、「潔さで勝負」って感じがします。ジャコメッティの彫刻の前に立ったとき、共鳴して脳の奥深くが覚醒してくるようでした。【大きな女性立像】以前、鎌倉 [続きを読む]
  • カメラカバーをちょっと改修
  • 今晩和。美術館・博物館へ出掛けるときは、いつも一緒に行くデジカメのカバーが、ズタボロになってしまいました。と言っても、ボロになってしまったのは表面の塗装(コーティング)のみ。そこで、新しいカバーを買うまで、ちょっと改修工作をしてみました。塗装を剥がしたところ。このままでもいいかな、とも思いましたが、最近工作をしていなかったので、手指を動かす事にしました。このカバー、たくさん使ったので、仮に工作に失 [続きを読む]
  • バベルの塔展へ行ってきました
  • 今晩和。「砂の嵐に隠されたー」と口ずさみながら、都美で開催されてた、バベルの塔 展へ行ってきた時の話をいたしましょう。バベルの塔展、チラシ。かっこいい!私の「バベルの塔」と言えば、コレです。美術館のガラス窓には、何やら奇想天外な生き物達がうひょひょひょ。記念撮影用、大判ポスタ。ブリューゲルの作品は、今のところハズレ無し。どこから見ても、面白い物ばかりです。ですので、ついつい作品を見に出掛けてしまう [続きを読む]
  • 素材の持ち味
  • 今晩和。昔、『素材』とは材料にも道具にもなるものだと思っていました。ですから、料理番組で「素材もの持ち味を活かして」という台詞には違和感を覚えていました。でも今は、『素材』とはそれ以外にないというもの、という意味の言葉だと思っています。素材の”素” が素数のソと同じとことからの連想ですが。そういえば、材料にもなり道具にもなるものって何だろう?すぐに思いついたのは、木や紙、鉄、水という物質。 [続きを読む]
  • 旧朝倉家住宅へ行ってきたのはGW その2
  • 今晩和。東京・代官山にあります重要文化財、旧朝倉家住宅(文中では旧朝倉邸と明記)へGWに行ってきた時のお話、その2でございます。その1は、こちらからどうぞ(文字を )。高低差のある、お庭です。上にちらりと邸宅が見えます。夏場は、全く見えなくなりそうです。渋谷区の固有種とか、新種とかが居そうなお庭です。土蔵と家の繋ぎ方は、外から見るとよくわかります。鉄道の転車台のような踊り場。ところどころにこう [続きを読む]