コトブキ・ST さん プロフィール

  •  
 コトブキ・STさん: ちまちま工房
ハンドル名 コトブキ・ST さん
ブログタイトルちまちま工房
ブログURLhttp://kotobukist.blog.fc2.com/
サイト紹介文ヒマしてる主婦がステンドグラス、陶芸、織物などへの興味のままに、日々の出来事を綴るブログです。
自由文ヒマしてる主婦がステンドグラス、陶芸、織物などへの興味のままに、日々の出来事を綴るブログです。四季おりおりの身近なお花、食材などにも触れていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2012/10/28 08:14

コトブキ・ST さんのブログ記事

  • 復元された古民家
  • 山中湖の古民家復元工事もおわって、公開まで秒読みのようです。福島の築百数十年の古民家に生まれ育った私としては、この古民家は美しすぎて民家という気もしませんが・・・・・・地域のイベントとかコミュニティ、民宿組合の事務所などに使われるようなので、これで良いのかな。花の都公園を車で通過中に撮りました。シャッター速度も動体視力も追い付いていませんが、多分これはカスミソウ。この時期は観光客が多いので、運転す [続きを読む]
  • 今日は紅富士の湯へ
  • 今日は、山中湖のもうひとつの温泉「紅富士の湯」へ。石割の湯が湯治場の癒しの雰囲気とすると、こちらは豪奢な温泉ホテルの湯といったイメージです。好みからいうと広くて設備が充実した感じの紅富士かな。山中湖畔を散歩すると、良く手入れされた花壇が花盛りでした。平日は観光客、釣り客の姿もあまり無く、静かな湖畔です。3日前にソファーをソファーベッドに変えたため、アゴを載せるエッジ部分が無くなり、重い頭を持ち上げた [続きを読む]
  • 石割の湯
  • 山中湖では人気の温泉「石割の湯」に行ってきました。浴槽に話好きなおばあさんがいて、「この湯は何でも治す。」という話を聞きました。毎日きているそうです。天井はド−ム型です。この中庭を眺めて、寝転んだり、湯に漬かったり、半日を過ごす人も多いのです。ランチはオーベルージュ「里休」さんの「タコライス」です。ピリッと辛いソースをお好みで混ぜ込みながらいただきます。絶妙に味つけられたひき肉とトマトやレタスがマッチし [続きを読む]
  • 山中湖でも作業ができる!モラの魅力
  • モラは縫製道具と材料のはいった小さな菓子箱をテーブルにおけばどこでもいつでもできます。そのシンプルなところも好きな理由のひとつかな。これは制作中の「ニワトリ」の課題の途中経過です。これは先週、H先生のところにお邪魔した時にいただいたお菓子の画像です。素敵なお皿は、先生が、ギボウシ展をやられた陶芸家のお宅に伺った時に買い求めたものとのことです。お菓子は「燃えよ剣」で土方歳三も食べたという京都の有名なあの [続きを読む]
  • 山開き前夜
  • 富士山の山開きを明日に控えて、山中湖は終日深い霧の中でしたが、夕刻に突然、空に穴があいて・・・・・・みるみる空の亀裂が広がって・・・・・・とうとう富士山が姿を現しました。明日の山開きに向けて、この景色の変化を喜んでいる登山者は多いのでしょうね。麓のきらら館ではムシトリナデシコが盛りです。これはアカショウマ。クガイソウも咲いています。いま咲いている花の名前がすぐわかるのは、この管理棟に展示してある画 [続きを読む]
  • フラワーガーデン気取り
  • 庭の花々が盛りなので(余計なアングルはカットして)お花だけを写せばフラワーガーデンみたいでしョ!これはミッキーマウスの木。やがては黒くなります。歩く姿はユリの花。アナベルもたくさんの花をつけて・・・・ラベンダーもあるんだゾ〜「パポニアインテルメディア」カンペを見ないと全く覚えられない名前ですけど・・・・通りがかりの方に尋ねられそうな時は手のひらにでも書いておかないと(汗)これもアジサイですが「墨田の [続きを読む]
  • 八ヶ岳までドライブ
  • ステンドのS工房の方々に清里までドライブに連れていってもらいました。八ヶ岳といえば必ず立ち寄りたい場所は柳生さんの「八ヶ岳倶楽部」ですね〜ステージでは週変わり程のペースで、様々な企画展、作家個展が開催されています。昼食時には「萌木の村」まで移動しました。とにかく広〜いところで、美味しいものが何でも揃っている感じです。車がまるまるお花畑にされちゃって!この小型トラックも荷台がお花畑に!・・・・・ランチで [続きを読む]
  • まにあわせのステンドで
  • 陶器のベースが完成して配線も終わったのですが、ステンドにとりかかる時間が無く、とりあえず色合いの良さそうな古い作品の傘をかぶせてみました。期待以上のマッチングに、ちょっと満足!当分はこのままで良いかな。 [続きを読む]
  • マーガレットが至るところに
  • 気がつけば山中湖はあちこちにマーガレットが群生していました。道端にも、ひと様のお宅にも。きらら館の土手にも。マーガレットの向こうではワンちゃんを集めてコンテストのようなイベントを開催していました。頭が良さそう(高価そう!)なたくさんのワンちゃんが、輪くぐりとか、ハードル越えを次々にクリアしていました。ランチをいただける新しいお店も見つけたので、早速試食に。「ポワル」というレトロな洋食が美味しいという評 [続きを読む]
  • 天婦羅はどうでしょう?
  • お蕎麦の味は合格点だったので、今度は天婦羅をいただいてみました。海老も野菜もシャキッっと揚がっていて大満足です。ボリュームも文句無しかな。混雑を避けて早めに来ればゆったりといただけます。正午すぎると駐車場は満杯になります。古民家も、縁がわをサッシと板張りの廊下にすればモダンになりますね。先週は工事が始まったばかりで何も無かった場所に、古井戸がすっかり復元されたようです。年に一回の納税でお邪魔したの [続きを読む]
  • 続けてS工房にお邪魔して
  • 工房主催者のSさんのランプシェードが完成していました。妥協しないで完璧に仕上げる方なのでスキの無い出来栄えに圧倒されます。デザインされているお花は水仙のようです。昨年のステンド展示会に飾られた胡蝶蘭を、Fさんが丹精込めて今年もお花を咲かせました。失敗したという話は良く聞くのですが、成功例は初めて聞きましたね! [続きを読む]
  • 今の季節の庭の顔役たち
  • 今年はジュンベリーが豊作!たわわに実ってジャム作りを楽しみにしていたのですが・・・・・油断している間に大部分を小鳥に食べられてしまいました。常緑あじさいの「碧のひとみ」も沢山の花をつけました。スモークグラスも今年は花が多いのです。嬉しくなって、様々な角度から撮影してしまいました。「スモークグラス百景」なんちゃって・・・・・・・きれい、神秘的、見飽きません・・・・ね。 [続きを読む]
  • 近くに移動してきたお蕎麦屋さん
  • 山中湖の道志方面への入り口付近で古民家を改装して公園を建設中ですが、公園のオープンにあわせてお蕎麦屋さん「やまさと」も湖の反対側から引っ越してきました。古民家公園の意匠にあわせて、お蕎麦屋さんの外観も古民家風です。「せいろ」と「荒挽きせいろ」をオーダーして純粋にお蕎麦の味を確かめます。う〜ん、これは美味しいですね、いままでいただいた手打ち蕎麦の中でもAクラス!店内も広く、テーブル席なのでゆったりといただ [続きを読む]
  • 花の多い山中湖
  • 忍野の魚屋さんのランチは豪華な舟盛り定食からスタートです。ソイ、カンパチ、マグロ、ホタテ、タコ、ツブガイ、イカ、サーモンなどなど。これでツーコイン!!!犬の午後の散歩はランチでハイになった血糖値をローにするつもりで、ひろ〜いきらら館を散策です。ズミが盛りできれいですね。逆光ですが、富士に映えるズミの花も素敵です。翌日は里休さんのカフェごはんです。テラスの藤の花が満開。神奈川よりひと月遅い開花ですね [続きを読む]
  • お・も・て・な・し
  • 先週の日曜日は小さい方の息子のお嫁さんになる方の御両親、御兄弟をお迎えしました。桜湯で喉を潤していただく間に簡単な前菜を。お吸い物はこんな感じで・・・・・・・メインは仕出しのお弁当です。地場産物を美味しく調理する腕ききの板前さんで有名な都屋さんから取り寄せました。とても美味しくいただきました。お客様にも好評でした。アッチのばあば(祖母が二人いるのでアッチとコッチで区別?)〜の家にいきなり呼ばれて、 [続きを読む]
  • 久しぶりにお邪魔むし
  • 久しぶりにお邪魔したSさんのステンドグラス工房。これはTさんの作品で、お宅のエントランスに置く「ウエルカムプレート」。季節のデザインでお客様を楽しませます。同じくTさん制作中の「ウエルカムプレート」。鯉のぼりの時期が過ぎれば紫陽花の季節ですね。Sさんの奥様Y子さん制作中の作品はお洒落ボックスですね。何にでも使えそうなシックな配色が素敵!Yさんはティッシュボックスの化粧カバーを制作中でした。Yさんらしい優しい [続きを読む]
  • ラ・ラ・ランド
  • アミュー厚木に「ラ・ラ・ランド」を観に行きました。「セッション」を撮ったデイミアン・チャゼル監督のミュージカル・エンターテイメントです。ミュージカルというと私たちの世代は「ウエスト・サイド物語」の印象が強いのですが主人公がジャズピアニストという設定なので、ジャズをふんだんに聴かせてくれます。ヒロインの女優さんエマ・ストーンも素敵でした。ジャズのスタンダードではなく、映画で聴かせる曲は全てオリジナル曲のよ [続きを読む]
  • チューリップと芝桜
  • 山中湖の花の都公園ではチューリップがちょうど見ごろでした。八重のチュリーップも色鮮やかにネモフィラも群生してきれいです。珍しいチューリップの名前もこの表示があれば確認できます。温室内ではカナリア諸島の「エキウム ウィルドプレッディ」という、身の丈3メートルの花も楽しめます。チューリップ畑の先には桜並木もありました。この水車も単なる飾りではなく、水の流れに乗ってカタコトと回っておりました。このスポット [続きを読む]
  • 孫が現れて
  • 静かな山中湖も連休のまっただ中は道路も渋滞し、人も多くなります。孫たちも混雑に負けずに現れました。水があれば「ジャブジャブはいる」。かっこうの木があれば「まず拾う」。何かあれば「すぐ手を出す」。付き添って、洋服までずぶぬれにならないように、危険なモノに触れないように。付き添いの気苦労も大変です。孫たちが一泊で風のように去ったので、ランチはまたいつものオーベルジュに。里休さんの鳥料理は信玄地鶏を使っている [続きを読む]
  • 迷路モラで自分が迷っちゃいましたぁ〜
  • さんざん頭を悩ました迷路モラです。そんなに苦労するなら「もうやめてしまえ」という悪魔のささやきが何度も聴こえました。でも、やっとなんとか形になるところまでもってくることができました。これはH先生の作品ですが、先生は制作途中で「悪魔のささやき」は聴こえてこなかったのかなぁ〜 [続きを読む]
  • 新倉山浅間神社
  • 富士吉田市にあるという「富士山、五重塔、桜」が同時に写った、観光写真で良く見るスポットを訪ねてみました。駐車場からほどなく浅間神社がありました。スポットまでの道は階段またはスロープを選べるようです。途中に神木が・・・・・もう子育ては終わったしなァ・・・・・・晴天にも恵まれ、スポットからの景観も期待できそうです。咲くや姫階段のスタートです。ゲっ、398段!!!上を見ると悲しくもなりますねェ〜スロープの [続きを読む]
  • 桜が見ごろの山中湖
  • 道路が混まないうちに、GWの一日前から山中湖に出かけました。いつものオーベルージュ里休でランチです。絶対にはずれないという信頼を裏切らない美味しさ!神奈川の自宅付近はすでに葉桜でしたが、山中湖の日当たりの良いところは桜が満開です。枝ぶりの良い桜と富士山を狙って見ましたが、逆光なので暗い桜と眩しい富士山になってしまいました。夕方のベランダからの景色はいつも違ってそのつど見惚れてしまいます。里休さんの「 [続きを読む]
  • またまた迷路が完成
  • 次の迷路モラが完成しました。この迷路モラの課題は見た目よりは難易度は高いかも。トータルで3作品となりました。同じように見えますが作る側にとっては、思いも入れも苦労度もかなり違っています。 [続きを読む]
  • 迷路がひとつ完成
  • 完成が楽しみな「迷路モラ」でしたが、片方が完成しました。これが完成した方のアップ画像です。もうひとつはやっとここまで。未だこの段階では何が何だかわかりませんが? [続きを読む]