タニカワ久美子 さん プロフィール

  •  
タニカワ久美子さん: バレエビクスと食改善であなたもなれる健康美人
ハンドル名タニカワ久美子 さん
ブログタイトルバレエビクスと食改善であなたもなれる健康美人
ブログURLhttp://ameblo.jp/kumitanikawa/
サイト紹介文管理栄養士でバレエビクス考案者の健康運動講師タニカワ久美子の日記です。
自由文美容・ダイエット・体の不調・姿勢改善にサプリやエステはもういらない!
管理栄養士でスポーツ科学修士の タニカワ久美子です。体幹エクササイズの「バレエビクス」でしなやかストレッチ。
ミネラルバランスを整えて健康な美しさを目指しましょう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2012/10/28 22:47

タニカワ久美子 さんのブログ記事

  • 日帰りで姫路へ
  • 仕事で日帰りで姫路へ行って参りました。朝早くの新幹線に乗ったまでは順調だったんですが、名古屋駅で足止め!静岡県御殿場市の富士演習場で、不発弾がみつかり、自衛隊が撤去輸送作業のため、東海道新幹線上り下り前線、40分間運転見合わせになったのです。 ですが、無事、間に合いました。 それどころか、1時間も早く到着。この住所、読めます?たかさご市 あみだ町 おうしこ なまのいしと書いて、おうしこ、読めませんよ [続きを読む]
  • 天照神社と真鶴半島
  • 自由業で商品が自分の脳ミソ、カッコよく言うとクリエイテイブ業を仕事にしていると仕事がある日もない日も、24時間が勉強でメリハリがなくなってしまう。出かけない事務所に缶詰の日は特にツライ。そんな日がずっと続いていたので、きょうは三菱東京UFJの広告のように、仕事のことは忘れて全力で自分の好きな物を食べて、好きなハイキングをした。 午前に山を、午後に真鶴半島の海辺を 全力で歩いた。 天使が降臨してそ [続きを読む]
  • 箱根美術館の紅葉
  • 自由業で商品が自分の脳ミソ、カッコよく言うとクリエイテイブ業を仕事にしていると仕事がある日もない日も、24時間が勉強でメリハリがなくなってしまう。出かけない事務所に缶詰の日は特にツライ。そんな日がずっと続いていたので、きょうは三菱東京UFJの広告のように、仕事のことは忘れて全力で自分の好きな物を食べて、好きなハイキングをした。 午前に山を、午後に真鶴半島の海辺を 全力で歩いた。 天使が降臨してそ [続きを読む]
  • 京都トレイル鞍馬山
  • 自由業で商品が自分の脳ミソ、カッコよく言うとクリエイテイブ業を仕事にしていると仕事がある日もない日も、24時間が勉強でメリハリがなくなってしまう。出かけない事務所に缶詰の日は特にツライ。そんな日がずっと続いていたので、きょうは三菱東京UFJの広告のように、仕事のことは忘れて全力で自分の好きな物を食べて、好きなハイキングをした。 午前に山を、午後に真鶴半島の海辺を 全力で歩いた。 天使が降臨してそ [続きを読む]
  • 京都トレイル2日目比叡山
  • 自由業で商品が自分の脳ミソ、カッコよく言うとクリエイテイブ業を仕事にしていると仕事がある日もない日も、24時間が勉強でメリハリがなくなってしまう。出かけない事務所に缶詰の日は特にツライ。そんな日がずっと続いていたので、きょうは三菱東京UFJの広告のように、仕事のことは忘れて全力で自分の好きな物を食べて、好きなハイキングをした。 午前に山を、午後に真鶴半島の海辺を 全力で歩いた。 天使が降臨してそ [続きを読む]
  • 京都一周トレイル1日目
  • 11月3日文化の日に京都一周トレイルをスタートしました。まずは、稲荷神社から 稲穂を咥えている狐さん、初めて拝見しました。 和ローソクの炎は、神秘的です。 ここの狐さんは、笹をくわえてました。 仁和寺の菊花展 紅葉はあと2週間くらいでしょうか。 [続きを読む]
  • 半年ぶりの更新です('◇')ゞ
  • 6か月ぶりの更新です。毎日とても忙しくさせていただき、ブログ途絶えていました。ようやく少しだけ余裕ができたので、マイペースでブログ復活させていただきますね。牛の歩みの更新頻度ですが、たま〜に覗きにきていただけたらうれしいです。今日は、牛歩の更新ブログにちなんで、うちの近くの牧場の子牛のお写真。 [続きを読む]
  • 2週連続の富士山歩き
  • おはようございます。健康サポートアドバイザーのタニカワです。きのうは、富士山歩きをしてきました。 例年、2月に富士山を上る人は、日曜日でも殆どいませんよね。いたとしても、 「只者ではありませんね。」っと見るからに アスリート男子などをたま〜〜に見かける程度でした。 それが今年は、 人・人・人で 団体で歩いているからびっくりです。富士山の御殿場口、しかも真冬ゾロゾロゾロゾロでも、こんな危険極まりない  [続きを読む]