1000羽 さん プロフィール

  •  
1000羽さん: 1000羽の日記
ハンドル名1000羽 さん
ブログタイトル1000羽の日記
ブログURLhttp://fanblogs.jp/1000ba/
サイト紹介文趣味のアクアリウムの話題を中心に、不定期に更新中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2012/10/29 09:36

1000羽 さんのブログ記事

  • オキシドールを使用した藍藻退治について
  • 先日の大掃除でとりあえず藍藻を除去できた45cm水槽ですが、その後まもなく微妙に残っていた藍藻がちまちまと増殖を再開してきました。底床の掃除もそう頻繁に行えるものでもないので、もう少し違う駆除方法を調べてみました。巷では同じように藍藻で悩んでいる人が結構いるようで、様々な駆除方法が出てきましたが、今回はオキシドールによる駆除を試してみる事にしました。オキシドールはいわゆる過酸化水素水というやつで、理科 [続きを読む]
  • 藍藻退治
  • エビによる食害が発端で、藍藻まみれになってしまった45cm水槽への対応の続きです。木酢液の噴射や遮光等も考えたのですが、この際なので、藍藻が付着した底床を取り除き、掃除することにしました。水替えのタイミングで底床に植えこんだ水草をすべて取り除き、藍藻に覆われた溶岩砂をスコップで取り除きました。取り除いた溶岩砂はバケツに入れ、水道水で洗ってみました。すると、ものすごい汚れが浮き出てきて、泥水になってしま [続きを読む]
  • 食害の結果
  • コケ取り目的でヤマトヌマエビを投入した45cm水槽ですが、結果的にエビの食害がひどすぎて、水草は全滅してしまいました。しかも水質の問題か、何か変な種類のコケが低床や水草を覆いつくし、非常に汚らしくなってしまいました。↓食害によりボロボロになった水草と、地面に沸いたコケ、コケをピンセットで取り出し、除去を試みましたが、すぐに元通りに復元されてしまいます。しかもこのコケからは鼻を突くような刺激臭がしま [続きを読む]
  • コケ取り→食害・・・
  • ヤマトヌマエビの投入で、45cm水槽の水草にこびり付いたコケは完全に一掃されました。それから1週間経過しましたが、今度は水草がボロボロになってしまいました。↓葉っぱが穴だらけのボロボロです。どうやらコケを取りつくし、食べるものがなくなったヤマトヌマエビが水草を食べ出したようです。一晩であれだけのコケを取りつくしただけあり、非常に強力な破壊力です。このままいくと今度はコケどころか、水草自体も無くなってし [続きを読む]
  • ヤマトヌマエビの投入効果について
  • 水質悪化(?)によりコケの大量発生を招いてしまった45cm水槽のその後です。結果的に、あの後、大急ぎでヤマトヌマエビを10匹調達し、水槽に投入しました。すると・・・一晩でコケが綺麗に消え去りました!!↓投入前 水草にもヒーターのケーブルにもびっしりとコケがこびりついています。↓投入後(翌日)ヒーターのケーブル表面や、水草の全体にびっしりと付着していたコケが完全に消えています。今回のヤマトヌマエビはサイズ [続きを読む]
  • コケの発生再び
  • 45cm水槽を立ち上げてだいぶ期間がたちました。石巻貝の投入で、ガラス面のコケは完全に抑制できましたが、それに油断しすぎたようです。気が付くと、水草にコケがビッシリ生えていました・・・ヒーターのコードにもビッシリ・・・最近水替えもさぼり気味だったので、水の富栄養化が進みすぎたようです。さすがの石巻貝も、水草の葉っぱや茎にについたコケは除去してくれないようです。このままだとリセット前と同じような状況に陥 [続きを読む]
  • リセット後の立ち上げ5
  • 45cm水槽の再立ち上げについてのその後です。前回まではコケの発生にかなり手を焼いていましたが、石巻貝の増員によりその問題は完全に解決しました。↓石巻貝投入前。水槽の側面にコケがビッシリです↓投入後1週間の状態。コケが見当たりません。例によって石巻貝の効果は絶大です。前回の大磯砂の時よりもいい働きぶりを見せてくれていますが、産卵が心配です。石巻貝はコケ取りにおいて他の種類の貝とは比べ物にならないくらい [続きを読む]
  • リセット後の立ち上げ4
  • 45cm水槽の立ち上げ状況の続きです。前回の水質測定では亜硝酸塩が検出されてしまい、ろ過バクテリアの増殖がが不十分だったのですが、その後水替えをして、さらに1週間様子を見ました。すると、かなりの勢いでガラス面にコケがつき出しました。水槽の富栄養化の進み具合がかなり激しくなっているようでした。そこで、3回目の水質検査を行いました。結果は・・・亜硝酸塩の検出濃度が大幅に下がり、硝酸塩の検出濃度が上がってい [続きを読む]
  • リセット後の再立ち上げ3
  •  先週末には生物ろ過のサイクルが一通り出来上がっているということで45cm水槽に生体を戻してみました。1週間が経過したところで、水槽にはガラス面にコケが付着してきました。↓コケが湧いてきた45cm水槽魚の数も増えたところで、水槽の水にもコケの栄養となる物質が増えてきたようです。(いわゆる富栄養化というやつです)ここで問題なのは、その富栄養化の原因となった物質は何か?ということです。栄養といっても色々あり、 [続きを読む]
  • またまたエアーポンプの修理
  •  今朝何気なく屋外の土佐錦の鉢を見ると、エアリフト式のフィルターが動いていませんでした。 エアーポンプは先日コルが焼き切れて買い替えたばかりです。慌ててポンプまわりを確認したところ、ポンプの動作音は通常通りでした。次にチューブの詰まりを疑いましたが、チューブを抜いて息を吹き込むと、普通に空気が出たので、チューブの詰まりではなさそうでした。 次に、チューブを取り外し、ポンプの吐出口から空気が出ている [続きを読む]
  • リセット後の再立ち上げ2
  •  45cm水槽を再立ち上げ開始し、2週間と少しが経過しました。 立ち上げ直後からパイロットフィッシュのアカヒレとシマドジョウに水づくりを頑張ってもらってきましたが、先週時点ではまだ生物濾過のサイクルは形成途中である事が分かり、生体の投入は控えておりました。 そこから1週間と少し経過という事で、水質の再チェックを行いました。 結果としては、亜硝酸の検出はほゼロ、硝酸塩のみが検出される結果となりましたので、 [続きを読む]
  • 水槽に自作バックスクリーンを
  •  立ち上げ中の45cm水槽について、以前より水草を育成してきましたが、折角綺麗に水草を育成しても、背景に水槽の裏側に設置した機材やコードがごちゃごちゃと映り込むのは見栄え上よろしくないという意見が家庭内でも挙がって来てました。 言われてみれば確かに・・・です。現に30cm水槽は元々背景が黒のボードですので、水草の姿が締まって見えます。↓貼り付け前の水槽。水槽の裏側のコンセントやコードが丸見え。↓30cm水槽。 [続きを読む]
  • リセット後の再立ち上げ
  • 先週リセットが完了した45cm水槽の続きです。 水の循環を初めて1日後、溶岩砂の細かい粒子が沈殿し、綺麗に水が透き通ってきました。水温も室温になじんできましたので、まずは引っ越し水槽からアカヒレ3匹を戻し、パイロットフィッシュの役目をしていただく事にしました。ついでに、餌の食べ残しを処理してもらう為、シマドジョウにも手伝ってもらう事にしました。↓引っ越し水槽から戻ってきた一部の魚達 アカヒレは水質や水温 [続きを読む]
  • リセット作業2
  • 45cm水槽のリセット作業の続きです。以前まで使っていた機材類はすべて取り除きましたので、次は新たな環境の整備です。まずは、水槽の掃除をもう少し念入りに行ってみました。特に水槽の隅っこに付着した頑固な汚れを取ろうとしたんですが、たわしでこすっても、スクレーパで引っ搔いても取れませんでした。おそらく水に含まれていた鉱物系の汚れが固まって付着しているようです。↓水槽の隅っこに付着した頑固な汚れ。そこで、妻 [続きを読む]
  • リセット作業1
  • 生体の引っ越しも終わったので、次は本格的に水槽のリセットに移りました。まずはポンプで飼育水を完全に抜きます。次に、スコップで底床の大磯砂をすくい、バケツに移していきます。↓作業の様子。約4年間使っていたので、砂利とヘドロが混ざって水がすごい色になっています。次は底面フィルターの撤去です。あまりにもヘドロまみれなので、水で流しながら撤去していきます。ちなみに、使えそうな水草は抜いて、後で仕分けようと [続きを読む]
  • リセット開始
  • 引っ越し水槽を立ち上げて一週間が経過しました。水質が安定しているかどうか、まずは水質検査を実施してみました。↓立ち上げ後の引っ越し水槽。水温は16.5℃で安定。↓水質検査の結果も特に問題ないようです。下準備も整いましたので、リセット開始です。まずはパイロットフィッシュの金魚はお役御免ですので、元の金魚鉢に戻ってもらいました。そして、45cm水槽から生体の引っ越しを開始しました。網で掬うと生体にストレス [続きを読む]
  • 引っ越し水槽の準備
  • 以前よりリセットを検討中の45cm水槽ですが、なかなか部材の手配が進まず、未だにコケ放題で放置中です・・・↑コケ生え放題の45ccm水槽。この写真はアオミドロを除去した直後なので少しマシに見えますが、普段はアオミドロモサモサです。おまけに大磯砂にまで茶コケが生えだし、非常に汚らしくなってきています。そんな中、今更ですが、バリスネリアが成長の兆しを見せています。(水草)バリスネリア スピラリス(無農薬)(10 [続きを読む]
  • クワイの収穫
  • 今年も春から屋外の睡蓮蜂でクワイを栽培していました。そして、気が付けば秋も過ぎ去り、冬に差し掛かってきていました。去年の栽培は調子に乗って球根を植えすぎ、結局一株当たりの収穫量は減少という結果でしたが、今年はどうでしょう?ちなみに今年は植えこむ株の数を調整し、鉢一つ当たり3株までに抑えてみました。1つは睡蓮蜂に田んぼの土を入れ、中庭に設置、もう1つは発泡スチロール容器に土を入れ、日中に光がガンガン [続きを読む]
  • 水草の撤去と底床の掃除
  • 45cm水槽は、遮光により、アオミドロを減らすことができたので、思い切って照明を再度点けてみたのですが、予想通り2週間程度で元通りのコケまみれの水槽に戻ってしまいました。いや、むしろ前よりひどいかも?↓照明を再点灯し、2週間経過した45cm水槽。アオミドロが水槽全体を覆いつくしています。遮光をしている期間中も歯ブラシでこまめにアオミドロを除去していたつもりなんですが、根本的に水草にへばりついている物は歯ブラ [続きを読む]
  • 遮光の効果2
  • アオミドロ対策で遮光を続けていた45cm水槽ですが、アオミドロの成長が止まったので、ピンセットを使って地道にアオミドロを除去してみました。結果としてだいぶすっきりしましたが、水草の間にビッシリと絡みつくように生えているので、根絶には到底至ることができなさそうです。↓久々にLED照明を点灯した45cm水槽。地道な除去活動によりだいぶ奇麗になりましたが、早速アオミドロが光合成を再開したので、元に戻るのは時間の問 [続きを読む]
  • 遮光の効果
  • コケ地獄になった45cm水槽は、リセット後の最終手段として遮光を行っています。で、遮光を続けて1週間以上経過しましたが、効果はというと・・・確かに、アオミドロの成長は完全に止まりました。が、枯れるところまでは行かないようです。水替え時に歯ブラシでアオミドロを除去した分、減っては行きますが、根本的にアオミドロは水草にこびりついているので、完全に取り除くことは出来ないようです・・・あと気が付いたのは、フィ [続きを読む]
  • 30cm水槽の水中葉
  • 45cm水槽は壊滅的な状況で、アオミドロ地獄ですが、30cm水槽は今のところ絶好調です。先月植え替えた水中葉も無事根付いてくれたようです。全体的に後景に寄せてしまったので、結構空きスペースが目立つようになってきました。そこで、追加で庭から水上葉を持ってきて追加で植えてみました。(だいぶ前に)↓水上葉追加後2週間くらいの状態。いい感じで水中化してくれてます。ロタラインディカも大磯では枯れっぱなしでしたが、こ [続きを読む]
  • 最終手段
  • 以前よりアオミドロの問題により崩壊中の45cm水槽についてです。結局の所アルゴパトロールは効果無し。毎週歯ブラシで掃除しますが、1週間で元通りのボーボー状態・・・そろそろ限界です。↓いくら掃除しても元通りになってしまうアオミドロ水槽(45cm)もう少しパールグラスの勢いが上がってくれるとアオミドロの成長も抑えられるんじゃないかと思いますが、完全に調子を崩してしまっているようで、全体的に水草の成長も停滞気味で [続きを読む]
  • トリミング+植え替え
  • 先日よりパールグラスに埋め尽くされてしまった30cm水槽ですが、そろそろ限界なので、トリミングを決行しました。例によってパールグラスはピンチカットで行いましたが、増殖しすぎて水槽のほぼ全域に広がってしまってます。このままでは他の水草を植えるスペースがありません。折角水上葉から綺麗な水中葉が生えてきたのに、植える場所がないと本末転倒というものです。そこで、思い切ってパールグラスは間引きする事にしました。 [続きを読む]
  • たまには屋外の状況など・・・
  • 水上→水中葉を試行中の30cm水槽の話題も現在ホットですが、春先から施行している屋外鉢の状況もたまにはレポートしてみようと思います。3月あたりに、水草の切れっ端を植えてスタートした屋外の水上葉育成鉢は、すっかり水草に埋め尽くされてしまいました。↓現在の屋外鉢の様子。夏前まではグリーンロタラ、ハイグロフィラ、ロタラインディカが主体でしたが、最近はラージパールグラスが勢力を伸ばしてきています。そして、水上 [続きを読む]