Tenichi さん プロフィール

  •  
Tenichiさん: GOOD LUCK
ハンドル名Tenichi さん
ブログタイトルGOOD LUCK
ブログURLhttp://tenichi.blog.jp/
サイト紹介文大和路写真ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2012/10/29 09:21

Tenichi さんのブログ記事

  • 桜の木に群がる昆虫達
  • 我がマンションの桜の木に群がっていた昆虫達を撮りました。アブラゼミの右下にも偶然写っていました。アブラゼミはなぜか後退して下りていきます。上から撮りました。名前は分かりません。変わった模様です。もう居ないと思っていたクマゼミが居ました。 [続きを読む]
  • 初雪草
  • 真夏に涼しげな名前の初雪草(ハツユキソウ)が咲いていました。小さな白い花が咲いているので、蜜を吸っていました。我がマンションで鳴くセミもクマゼミからアブラゼミに代わっていました。秋が近づいている証です。 [続きを読む]
  • 青い眼のシオカラトンボ
  • トンボのメガネは水色メガネと歌われているが、これはシオカラトンボの眼のことでしょうか?白いのはオスです。メスはムギワラトンボと呼ばれていて黄色っぽい色をしています。少し前、大きなオニヤンマがペアで目の前を横切ったのですが、シャッターチャンスは無かった。黒いチョウトンボをよく見かけるようになったが、どこにも止まってくれないので撮れません。 [続きを読む]
  • 天理ダムのサルスベリ
  • 桃尾の滝から天理ダム湖底公園のサルスベリを撮りにやってきた。ここのサルスベリの木は幹は細いが樹高が少々高い。あいにくの曇り空で余り見映えがしなかったが、満開でした。ここの公園、子供用の遊具があるのに雑草が生い茂っていてとても子供が遊べる状態でない。天理市にちょこっと言わなあかんなぁ! [続きを読む]
  • 桃尾の滝
  • 8/14 お盆の真っ最中、朝起きて近くの桃尾の滝に行ってようと思い立った。名前は、「ももおのたき」ではなく「もものおのたき」と言います。到着は8時過ぎだったので、早朝の清掃が終わったあとなのか、誰もいなかった。三脚をセットして撮り始めるとアベックがやってきたが問題なし。問題なのは、ヤブ蚊が滅茶苦茶いたことです。車から出ると数十匹に囲まれ、逃げてもついて来ます。落差23m はどこまでなんでしょう。滝壺がない [続きを読む]
  • かぼちゃ
  • いつものウォーキングルートで、先日声をかけて下さった農家のおじさんが見せたい物があると言って農機具小屋に招き入れてくれました。そこには収穫されたばかりのジャンボカボチャが並んでいました。手前の一番大きなものは直径が 70cm 以上あり、抱えることができませんでした。重さは、50kg 近くあり、右端のもので 20kg ほどだそうです。4月の終わり頃に種を撒いて3ヶ月半で収穫したそうです。大きくするために、摘花して余計 [続きを読む]
  • 新たな蜂の巣
  • ベランダの金のなる木に作られていた蜂の巣を昨日始末したばかりですが、同じ場所に早くも新しい巣が出来ていました。群がっている蜂に大きな動きがないのに、巣の形が出来上がっているのには驚きです。今度は始末せずに観察してみます。一晩経過後の様子です。 [続きを読む]
  • クマゼミ
  • 柿の木でクマゼミがせわしなく鳴いています。ニイニゼミ→アブラゼミの鳴く季節が終わって、今はクマゼミが鳴く季節です。クマゼミの鳴き声が聴こえなくなると、ヒグラシが鳴き、ツクツクボウシが鳴き出すと秋がすぐそこです。ちょっとめを離している間にもう一匹増えていました。この柿の木はいつものウォーキング途中にある木ですが、帰ってから我がマンションの桜の木を観察してみると、根元から上に10匹のクマゼミが縦列してい [続きを読む]
  • こんな所にハチの巣
  • 台風の来襲に備えてベランダの鉢植えを片付けていると、金のなる木の周りを数匹の蜂が飛んでいた。そっと隅っこに移動して木の中を観察すると、3cm ほどの小さな巣があった。巣には、3匹の蜂が抱きついていて身動きしない。生きているのか、死んでいるのか分からない。棒を使って巣を落とすと、蜂が一斉に飛び立った。一晩が明けて巣があった所には、数匹の蜂がいた。巣を再構築するのでしょうか?落とした巣を元の場所近くに戻し [続きを読む]
  • 君の膵臓を食べたい
  • 毎日ウォーキングしながら聴いているラジオで、映画『君の膵臓を食べたい』が話題に上がりパーソナリティが感動したとか、是非観てほしいとか言っていた。この映画の原作は、2016年 本屋大賞 第2位の話題作であることは知っていたので読んでみようと思い立った。図書館で予約すると3番目で、2週間後にあっさり借りられた。撮影の合間を縫って読んでいたので、10日もかかってしまい最初の内はストーリーが余り掴めず、主人公の男 [続きを読む]
  • 龍鎮溪谷
  • 先日、7/16 のブログ(えらい目に会った)で目指した龍鎮溪谷(龍鎮神社)に行ってきました。溪谷への入口は、室生湖のここ龍鎮橋の西側にあります。ここの道標にも龍鎮溪谷までの距離が記載されていませんでした。龍鎮溪谷までは緩やかな広い道をアップダウンしながら進んで行きます。途中、渓流に沿って歩いて行きます。眼下に建物が見えました。ここかな?歩きはじめてたったの5分で到着しました。もうちょっとあると思ってい [続きを読む]
  • あわや正面衝突
  • 8/3 馬見丘陵公園から藤原宮跡を廻って帰宅の途中で、あわや正面衝突しそうになりました。その時のドライブレコーダーの記録動画がこれです。前からやって来る車がセンターラインを越えて、あわや正面衝突かとヒヤッとした。この時の速度は、ログの記録から 45km/h でした。脇見か居眠りか、はたまたスマホか分かりませんが、これで事故ったらたまりません。衝突回避後にガタンと音がしますが、これは助手席に置いていたカメラがぶ [続きを読む]
  • 藤原宮跡のキバナコスモス
  • 馬見丘陵公園から撮り損ねていたキバナコスモスを求めて寄り道です。藤原宮跡の北、醍醐池横のキバナコスモスは最盛期が過ぎていました。独立峰と言えるのか、標高139.6 m の耳成山ですが、この辺りの標高が 50m 近くあるので、丘にしか見えません。動画でどうぞ。風が強かったので、音声は入れてません。 撮影が終わったのが9時半を過ぎていたので、蓮は見ずに帰りました。 [続きを読む]
  • 真夏の馬見丘陵公園
  • 馬見丘陵公園のヒマワリはもう終わりを迎えていました。もう少し早く来ようと思っていたのですが、真夏の青空になるのを待っていたのです。この辺りのヒマワリは良く咲いていたが、他の群生地では枯れていました。ここのヒマワリは半分枯れていたので、アップには耐えられません。ピンク色のサルスベリが最盛期でした。動画でどうぞ。風が強かったので、音声は入れてません。 [続きを読む]
  • 近所の散歩風景(8/1)
  • 今年の夏はカラッとした青空が広がりません。こうなると、遠くへ出かけて撮る気になりません。昨晩は、三輪のおんぱら祭奉納花火大会がありました。いつものように、ベランダから40分の花火見物でしたが、撮っていません。2年前の様子はこちらでどうぞ。→★いつもの池では、子育てが一段落したカイツブリと亀が仲良くしてました。いつもは田んぼでしか見かけないケリが集団で水辺に居ました。獲物を探しているのでしょうか?この [続きを読む]
  • お粗末な日本語説明書
  • 先日、Amazon で Bluetooth Speaker を購入したのですが、付いていた日本語の説明書が余りにも稚拙で驚きました。価格の割には高機能で使える製品なのに残念です。書いてあることはわかるのですが、中国製らしくて笑えます。 [続きを読む]
  • スズメの集合
  • 我がマンションの高さ9メートルほどの木に、夕方になると100羽以上のスズメが集まります。ここで一夜を過ごす訳ではないが、なぜか集合します。大声を出すと一時的に退散するが、また集まってきます。19:30 頃、ストロボを焚いて2〜3メートルの距離で撮ってますが逃げません。 [続きを読む]
  • 近所の散歩風景(7/26)
  • 田んぼの中の農道を歩いていると、バッタが飛び出す季節になりました。秋が近づいている証です。ショウリョウバッタモドキが草むらに止まりました。擬態もこの距離では隠せません。蜜を吸ってるようです。もう一匹がやってきました。肉眼では一匹に見えました。親が近づくと一斉に口を大きくあけます。親は後を振り返って警戒しています。 [続きを読む]
  • 太陽光パネル設置工事のその後
  • 前回 7/17 の記事最後の写真(7/15撮影)では西日がパネルに反射してました。7/17 の様子です。7/19 の様子です。7/20 の様子です。梅雨明けして抜けるような青空で撮ったら雰囲気が変わりました。7/21 の様子です。7/22 の様子です。土手とフロートを結ぶ橋が出来ていました。7/23 の様子です。7/24 の様子です。土手に配電盤が設置され、フロートの設置が完了したようです。7/25 の様子です。パネルがほぼ敷き詰められました。こ [続きを読む]