猫町フミヲ さん プロフィール

  •  
猫町フミヲさん: 無罫フォント
ハンドル名猫町フミヲ さん
ブログタイトル無罫フォント
ブログURLhttp://mukeifont.exblog.jp/
サイト紹介文書くことと考えることが好きな猫町フミヲの文房具生活。筆記具と紙製品がメインです。
自由文なお、現在は兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。 http://mokkindou.exblog.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2012/10/29 13:44

猫町フミヲ さんのブログ記事

  • 猫町と中学生37(歴史カード作りに使用した筆記具)。
  • 先日、迷える中学生のために歴史カードを作った話を書きましたが、その際に使用した筆記具についても書いておきます。使用したのはこちら。呉竹・クリーンカラー2(ダルブルー)トンボ・プレイカラーK(ストロベリーレッド)ぺんてる・サインペン(黒)いずれも水性のサインペンですが、猫町にしては珍しく水性染料系のインクです。理由は単に持っていなかったから。このためだけにわざわざ水性顔料系のプロッキーを買いに走るのも [続きを読む]
  • 暗闇でペンを走らせる。
  • ところで皆さんは寝る時に豆電球をつける派でしょうか?それとも真っ暗派?前回に引き続き今回も夢日記の話なのですが、猫町は後者です。なので、真夜中に目が覚め、(これは今書いておかなくては!)ということがある時、真っ暗闇の中でノートにペンを走らせることになります。もちろん真っ暗闇といっても、パソコンの小さな電源の明かりがあったり、月明かりがあったりするので、真の暗闇ではありませんが、それでも自分が書いて [続きを読む]
  • 夢日記と筆記具。
  • 夢日記の話が出たので夢日記を書く際の筆記具について書いてみたいと思います。夢日記を書くためには2段階あると思っていて、まずは夢を忘れないうちにメモする段階、そしてそれをノートに清書する段階。前回の記事は清書用の夢日記の話でした。もちろんいきなりノートに夢を書き殴ってそれがそのまま夢日記、というのもありだと思います。むしろそっちのほうが天才っぽくてかっこいい。が、そこまで大胆にノートを使えない自分は [続きを読む]
  • 猫町と星ダイアリー(使い方と使用筆記具)。
  • ダイアリー関係の記事を続けます。今年も複数のダイアリーを並行して使うことにした猫町ですが、100均のマンスリー群とは別に石井ゆかりさんの星ダイアリーを真面目に使うことにしたのが昨年までとは異なる点です。なぜ真面目に使うことにしたのかというと、それはページの開きが素晴らしくなったから(詳細はこちら)。これは何か書かないと罰が当たると思ったのです。星ダイアリーには夢日記を綴ることにしました。夢日記は無罫 [続きを読む]
  • 猫町とEDiT・その4(使用筆記具)。
  • がんがん更新していきましょう。コメントのレスは少々お待ちくださいね。というわけで、ダイアリー関係の記事をいくつか書いてみたいと思います。まずは機嫌よく使っているEDiTの話から。猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。猫町とEDiT・その3(2週間ほど使った感想)。EDiTに使用する筆記具については年末にあれこれ悩みましたが(まだ決まらない来年の手帳用筆記具。) [続きを読む]
  • 猫町と中学生36(歴史カード作り)。
  • 記事の順番的にはコメントのレスを続けなければなりませんが、またぞろ借金がかさんできたので普通の記事をはさみます。ここ数日、猫町はあるものを作るのに死力を尽くしておりました。迷える中学生のための歴史カード作りです。カードはダイソーの名刺サイズの情報カードを使用。結局合計350枚以上の超大作になりました。いまだに情報カードの正しい使い方が分かっていない猫町ではありますが、とりあえずカルタのようなものを作 [続きを読む]
  • コメントへのお返事(その2)。
  • コメントへのレスの続きです。レスだけを読んでも意味不明なので20件ずつレスすることにし、左のコメント欄から元の記事に戻れるようにしています。申し訳ございませんが、すべてのレスが終わるまであらたなコメントの投稿はお控えください。なお、無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。 いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。 >スパ員さん古い記事にコメントありがとうございます。結 [続きを読む]
  • コメントへのお返事(その1)。
  • 大変お待たせいたしました。松の内にはなんとか、と思っていたコメントのレスをこれから3回に分けてアップしていきます。このあたりの松の内は1月15日なので(たぶん)。いただいたコメントは一番古いものになると4ヶ月前の話になり(以前もこの文章を書いた記憶が…)、もうここを読んでおられない方も多いと思います。はるか昔にコメントした気がする…という方はご自身のハンドルネームを検索しながら読んでみてください。また [続きを読む]
  • 猫町とEDiT・その3(2週間ほど使った感想)。
  • 今年はEDiTに挑戦することにした猫町ですが、2週間ほど使ってみた感想を書いておきたいと思います。これまでの記事はこちら。猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。感想は一言で言うと、「いけそう」なんとかやっていけそうな気がします。EDiTは当初からToDoを書くのに使うつもりでしたが、それに加えてその日にしたこと、その日に考えたことも箇条書きで書いています。オ [続きを読む]
  • 猫町にはできない3つのこと。
  • 猫町には苦手なものがたくさんあります。苦手な言葉だけでもたくさんあります。たとえば代表的なもので@@、何度か記事にも書いた@@@、@@が@@@みたいな表現も苦手というか絶対にしたくないし…と伏せ字だらけの文章を書くのも鬱陶しいのでやめます。今回書きたいのは猫町にはできない3つのこと。もちろん文房具関係の話。1つめは筆記具のバーコードをはがすこと。2つめは手帳や本の栞紐を使うこと。3つめはノートの表紙に [続きを読む]
  • 猫町と中学生35(入試に使うべき筆記具)。
  • いよいよ入試が近づいてきましたね。雪のニュースなどを見ていると、どうして入試は冬なんだろうと思うのですが、夏だったらもっと嫌だな…さて先日、中学生の親御さんに「筆記具や筆箱のアドバイスもしてほしい」と言われたのですが、反射的に答えたのは「オレンズはやめましょう」ということでした。これはぺんてるのオレンズが駄目ということではなく(実際小さめの字になるはずなので、入試向きではないと思いますが)、どう見 [続きを読む]
  • 猫町と3年日記・その17(3年目の3年日記)。
  • 3年目の3年日記。この充実感がお分かりでしょうか。2015年から始めた3年日記もいよいよ今年で3年目。3年分書けるようになっているページの最下段に記入すべき時がついに来たのです。もともと自分の字はみちみちとしている上、昨年からは1文字の隙間もなく行を埋めることを自分に課しました。なので、最後の行まで書ききったページの密度たるや尋常ではありません。こんなにも1ページに文字をぎっしり書いて使うノートというのは他 [続きを読む]
  • ZEBRA・サラサクリップビンテージカラーの落とし穴。
  • 年明けのめでたいうちはいい話ばかりしないといけない気がして控えていたのですが、いつものような落とし穴エピソードをよろしいでしょうか。自分という人間は本当に落とし穴によくはまる奴でして、この機会に「落とし穴タグ」を作ってやりました。これでこれまでの落とし穴遍歴が一目瞭然(左側のタグの欄を見てね)。さて、今年最初の落とし穴はと言いますと、ZEBRAのサラサクリップビンテージカラーのダークブルー。このインク [続きを読む]
  • まだかなまだかなネコ柄デルデ。
  • 昨年末、下記の記事を書きましたが、日に日にデルデが欲しくなっています。特にネコ柄。来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。というのも、赤ペンの探究などを始めたことからペンがさらに増えてしまいました。中学生のところに行く時は最低限の筆記具が入る細いペンケース(鉛筆専用ペンケース)を持って行くのですが、もうパンパンでファスナーが閉まりません。あれ、おかしいぞ。自分はもっとガツンと入るやつ [続きを読む]
  • 年末の燃え尽きと記事の宣伝。
  • 昨年末はいろいろ大変でした。自業自得ですが大晦日が特に大変で、1日に9本も記事をアップする羽目になり、誰も見ていなかったでしょうが、23:30からの猫町は、いや23:50から23:59までの猫町はまさに鬼脚炸裂。ああ、自分は競走馬なら典型的な追い込み馬だなあと思ったしだいです。こんな風に相当無理をしたので、新しい年が始まってもまったく書く気になれませんでした。ダイアリーもいろんなノートも1月1日から始めると気持ちが [続きを読む]
  • けしごむーず18(大発会の巻)。
  • 消しゴムたちが何かを話しています。「あけましておめでとう」「おめでとう」「今年もよろしくな」「初夢どんなんやった?」「とりあえず富士山の夢じゃなかったわ」「今年もう働いた人!」「はい!」「はい!」「「「「「おお…」」」」」「AIR-INちゃんやW AIR-INちゃんめっちゃ働くなあ」「なあ、もうすぐ集まらなあかんのちゃうん」「そやな鐘鳴らさな……アッ」「ギャーーーーー」「出たあ」「最悪」「尻尾の一振りでCESSちゃ [続きを読む]
  • 年賀状2017あれこれ〜宛名を横書き〜
  • 世間ではもう仕事始めでしょうか。ちなみに猫町の仕事始めは1月2日でした。さて、年賀状の話を続けますが、今年の年賀状は宛名を横書きにしてみました。裏面が横書きの場合は宛名を横書きにしてもいい、とミドリのHPの「手紙の書き方」の「宛名の書き方(はがき)」にあったので。横書きにしてよかった点は、住所や名前をさほど大きな字で書かなくてもよいという点でした。比較的書き慣れた大きさの字を書き慣れた横書きで書くのは [続きを読む]
  • 謹賀新年(文房具バージョン)。
  • 今年は年賀状を幾パターンも作りました。使うはんこは同じでもインクの色を変えたり、押し方を変えたり。で、一度やってみたかったのが、文房具好きの方々には文房具バージョンの年賀状を作る、というものでした。うさむしのはんこの中から文房具に関するものを選び、こちらもいろんな押し方をしてみました。筆記具あり、LIFEのノートあり、原稿用紙あり…今年が受験の方にはゴールドのインクで押してみたり…スペシャルバージョン [続きを読む]
  • 謹賀新年。
  • 「よいお年を」と「あけましておめでとうございます」の間が数秒しかないような、そんな年末年始でした(2年連続)。今年は愚かな努力はやめ、これまで以上に謙虚に静かに生きていくことにします。今年もどうぞよろしくお願いいたします。Copyright© 2017 usamusi Works All Rights Reserved. なお、年賀状のやりとりについてはこちらをお読みください。少しずつ減らしていきたいと思っております。ご理解ください。年賀状2017あ [続きを読む]
  • おおつごもり2016。
  • 大晦日です。今年もこのタイトルの記事にたどり着くことが出来ました。1年に365本の記事を、というのがここ数年の自分の目標なのですが、今年はほとんどの記事を日付通りに書くことが出来ず(いわゆる借金)、非常に苦しい1年でした。それでも366本の記事を書くことが出来たこと、またその記事を読んでくださる方に恵まれたことに感謝したいと思っています。本当にありがとうございました。来年はどうしようかと正直迷います。もっ [続きを読む]
  • けしごむーず17(大納会の巻)。
  • 消しゴムたちが何かを話しています。「いやー、今年も終わるなあ」「今年は大忙しやったわ」「今年の初めに旦那が『今年は消しゴム元年になりそう』て言うてたやん?その通りになってよかったよな」「ほんまや」「俺ら的には今年の漢字は『消』やな!」「いっつもそれじゃないとまずいやろ」「なあ、いつの間にか『消しゴム』カテゴリ出来てたん知ってた?」「マジしゃん?」「マジマジ」「ほんまや、最初はそれが目標やったもんな [続きを読む]
  • 赤ボールペンを求めて・その5(アンケート再掲)。
  • 前回書いたように、現在猫町が使用している赤ボールペンは、PILOT・ジュース0.38ZEBRA・サラサドライ0.5ぺんてる・エナージェル0.5となっています。0.5にしたのは正解で、やはりペン先への負担を考えると0.38では窮屈でした。単純なもので、「自分は大きなサイズの丸は付けない」などと言っていたくせに、0.5の余裕ある書き味に気をよくし、どんどん丸のサイズが大きくなってきた猫町。サラサの0.5だけを使っている時はそんなに感 [続きを読む]
  • コメントくださった方へ。
  • 今年もたくさんの方にコメントをいただき、感謝しています。ご覧のように現在ブログを書くのが精一杯で、コメントへのお返事がまったくできておりません。ご質問もいただいておりますが、申し訳ございませんがもうしばらくお時間をいただけたらと思います。年明けに年始のご挨拶としてお返事させていただく予定です。松の内(1月15日まで)にはなんとかと思っております。コメント欄については毎年悩むのですが、閉鎖してしまうと [続きを読む]
  • 筆箱拝見!〜ふりふりばななさん篇〜
  • さて、最後は11月のお客さま。以前、ブログにコメントしてくださったこともあるふりふりばななさんです。お昼前にぶらりと女性のお客さんが2階にやって来たので、「遠くから来られたのですか?」と聞いてみると「岐阜県から」とのこと。以前、同じように「ぶらっと…」と言いつつ福岡から来られた方がおられたのですが、今回もびっくりしました。全然「ぶらっと」な距離じゃないですよね。しかし驚く猫町に「案外普通の方だった… [続きを読む]
  • 筆箱拝見!〜りとそんさん篇・下〜
  • りとそんさんの話を続けます。前回の記事はこちら。今回はもう少し文房具の話もしましょう。りとそんさんが前回の記事を読まれたら、「文房具の話もしたじゃないですかー」ときっとおっしゃると思うので…(おそらく数学の話のインパクトが強すぎたせいです)ということで、こちらがりとそんさんの筆箱。なんと猫町ロールペンケースじゃないですか。そうなんです。お会いできなかった前回、りとそんさんはこのペンケースを買ってく [続きを読む]