猫町フミヲ さん プロフィール

  •  
猫町フミヲさん: 無罫フォント
ハンドル名猫町フミヲ さん
ブログタイトル無罫フォント
ブログURLhttp://mukeifont.exblog.jp/
サイト紹介文書くことと考えることが好きな猫町フミヲの文房具生活。筆記具と紙製品がメインです。
自由文なお、現在は兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。 http://mokkindou.exblog.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供376回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2012/10/29 13:44

猫町フミヲ さんのブログ記事

  • 猫町文具店(仮)からのお知らせ(和柄ロールペンケース再販)。
  • 猫町文具店(仮)からのお知らせです。このたび猫町ロールペンケースに以前からリクエストの多かった和柄を復活させました。詳細はこちらをどうぞ。木琴堂でロールペンケースを売り始めてからずいぶんになりますが、ネットやイベントでいろいろな方に声をかけていただき、とてもうれしく思っています。柄が変わればまた印象も変わり、2つめをお買い求めくださる方や、プレゼントに選んでくださる方もおられ、木琴堂一同幸せを感じ [続きを読む]
  • 月光荘・8B鉛筆革キャップ。
  • 与太話はそのくらいにして、せっかく鉛筆のキャップの話になったので素敵なキャップをご紹介したいと思います。昨夏の「阪急文具の博覧会2016秋」で購入したこちら。月光荘の8B鉛筆「革」キャップです。一目見るなりきゃーとなってしまい、通常の鉛筆より太い8Bの鉛筆用のキャップであるということは後で知りました。実際にこうして普通サイズの鉛筆を入れても問題ないし、いいですよね。普段は100均やファンシーショップで購入し [続きを読む]
  • 怒りにまかせてボールペンをへし折った話(伝聞)。
  • 前回の記事の「鉛筆をへし折る」で思い出したエピソードがあります。ある人から伝え聞いた話ですが、その人の職場でものすごくいらいらしたある同僚が、ボールペンを3つにへし折ったそうなのです。これは事あるごとに思い出さずにはいられないエピソードで、というのも謎だからです。3つにへし折るとは?プラスチックのボールペンの軸を見るたびに思うのですが、2つに折ることはできても3つに折るのは難しいのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 猫町と中学生39(手癖とキャップ)。
  • 中学生との勉強にフリクションライトを使っている、という話を以前書きましたが、あれはかなり定着しました。間違えた問題の番号をマーキングし、再び間違えたら色を塗り替えるということをしているのですが、なかなかいいです。最近のワークブックはカラフルなので目立つ色をうまく選ぶ必要がありますが、あとはシンプルなやり方で進められます。そのフリクションライトを気に入っている理由にラバー部分のやさしさをあげたことが [続きを読む]
  • 猫町とEDiT・その6(貼ることを楽しむ)。
  • 買った時はどうなることかと不安でしたが、案外普通にEDiTと仲良くできています。仲良くするといっても基本的にToDoを箇条書きしているだけなのですが、それでもそれがちゃんと日々の記録になっていくので便利です。猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。猫町とEDiT・その3(2週間ほど使った感想)。猫町とEDiT・その4(使用筆記具)。猫町とEDiT・その5(ページ下の欄の使 [続きを読む]
  • 受験生の方たちへ。
  • 毎年2月ってあっという間だなと思うのですが、受験生と過ごす今年は特にそう思います。本当に1日1日入試に近づいている感じがして(実際に近づいているのですが)、持っていないのに巨大な日めくりカレンダーをはがしていくイメージが脳裏に浮かびます。さて、そんな受験生の方々から時々コメントをいただき、とてもうれしく思っています。勉強時間の合間に息抜きがしたい時や、不安が高まってわーーーっと叫びたくなるような時は [続きを読む]
  • 逃避促進文具(仮)。
  • 前回も書いたようにかなり追い詰められている猫町ですが、ここは文房具の力を借りて逃避したいものです。ということで、少し前から猫町の机の回りにはこういう文房具が散らばっています。プレゼントにもらったり、自分で買ったりした見た目重視なアイテムたち。実際はこういうアイテムよりも地味な文房具のほうがずっと優秀で使い勝手がいいというのはよくある話です。が、それでもこうしたかわいらしさにちょっとほっとしたい気持 [続きを読む]
  • 猫町と中学生38(無罫力)。
  • ある文房具とのかかわりにより、それまでにはなかった能力が開花したり、持っていた能力がさらに成長したり、ということがあるのではないかと思います。例えば万年筆を使っているうちに字がきれいになった、とかそういう話。猫町はこの数年で無罫力が上がりました。無罫力というのは造語ですが、無罫ノートを使う力とでも定義しましょうか。それまでは無罫ノートには文字しか書いてこなかった猫町が、ひょんなことから無罫ノートに [続きを読む]
  • 身の回りの小物を替えた時にありがちなこと。
  • ここでかわいらしい失敗談を1つよろしいでしょうか。デルデを家に忘れてきたデ。臥牙丸のしゃべり方を意識してみました。臥牙丸というジョージア出身のでっかい力士がいるんですよ(力士はみんなでっかいか)。割と感情が表に出るタイプの力士で、負けたら泣きそうなくらいにがっかりし、勝ったらうきうきする力士なのですが、横綱の日馬富士に勝って金星をあげた時の止まらないインタビューは語り草。そしてその中の「金星は一生 [続きを読む]
  • 恐る恐るデルデデビュー。
  • 前々回の記事を書いた直後からネコ柄デルデを使い始めました。ペンケースは家と店の往復の際に使っているのですが、慎重に中に入れる数本を選びます。君はこっち。君はお留守番。慣れてくると無造作になるこうした作業も、はじめのうちはなんだか新鮮です。迷ったのは鉛筆でした。いくら長さが短くなるデルデでも、短い鉛筆は埋もれてしまいます。鉛筆はスタンド式のペンケースには向かないなあと思いつつ猫町がとった行動は、鉛筆 [続きを読む]
  • トラベラーズノートオリーブエディション。
  • 世の中に絶えてTwitterのなかりせば猫町の心はのどけからまし…この歌を書くのは2回目だと思うのですが、書いていないだけで心かき乱されることの多いTwitterです。今回はこれ。トラベラーズノートオリーブエディションあーあ。こんな素敵なものを作ってくれちゃって。どうするどうするどうする君ならどうする?電子戦隊デンジマンにまかせちゃう?あーーーーーなんていい色なんだーーーーー猫町は青色が好きですが、同時にくすん [続きを読む]
  • 愛用のペンケースとペンケースの素材。
  • 前回記事にしたように、現在猫町の机の上にはネコ柄デルデが鎮座しています。中にペンは入っておらず、完全なオブジェです。新しいから使うのに抵抗がある、ということの他に猫町をためらわせているのがその素材です。サンスターのHPによると材質は綿、ポリエステルということですが、帆布の目の粗さがなんともいい感じに汚れそうなんですよね。ひとたび汚れはじめるともう気にならないと思うのですが、今はぴかぴかのまま眺めてい [続きを読む]
  • ネコ柄デルデついに購入。
  • 昨年末よりずっと楽しみにしていたサンスターのネコ柄デルデがついにやってきました。こんなに待ち遠しかったのも久しぶりというか、待つことが生きる力になったようなところもありました。Nice to meet you!まだかなまだかなネコ柄デルデ。続・まだかなまだかなネコ柄デルデ。というわけで、こちらです。実物を見ずに買ったので写真と色が違っていたらどうしようと思いましたが、まったくイメージどおりでした。割と大ぶりなこと [続きを読む]
  • 古い年賀はがきとヒツジの思い出。
  • 未使用の年賀はがきに手紙を書きたい、という話を前回書きましたが、それでもさすがに年賀はんこを押してしまったものや古すぎるものは交換しよう、と古いものを整理していると14年前の年賀はがきが出土。これ、話題になったやつですね。ヒツジが12年かけてマフラーを編んでいるというあれ。かわいいなあ。こんなものを発見してしまうと、これは貴重だ!交換してなるものか!と思ってしまいますよねこれは2円を貼って普通に使おう [続きを読む]
  • 未使用年賀はがきにむらむら。
  • 手紙を書きたい気分になっていることについて前回書きましたが、使ってみたいレター用品の筆頭が年賀はがきの残りです。年賀はがきの残り。そう、やはり今年も余ってしまいました。購入した時から買いすぎたなと思ったのですが、家族が出す枚数を大幅に減らしたことが影響しました。今年家族が受け取った年賀状の中には「年賀状を今年でやめさせていただきます」といった挨拶の書かれたものも幾枚かあり、来年はもっと減るような気 [続きを読む]
  • 猫町、手紙への思いを募らせる。
  • 幸せなことに、最近立て続けにいろいろな方からお手紙をいただきました。本当にありがとうございます。ポストの中に手紙を見つけるたびに思うのですが、手紙って本当に素晴らしいですよね。数十時間前には遠く離れたところでその人が実際に触れていたものが、人の手によって運ばれてくるのですから。少し汚れたりくたびれたりしながら届く封筒や葉書の様子も、封筒を開けた時にほんのり香り(文香などではない、もっとかすかな香り [続きを読む]
  • 猫町文具店(仮)からのお知らせ(稀勢の里初優勝記念SALE)。
  • 猫町文具店(仮)からのお知らせです。昨日木琴堂のブログにも書きましたが、現在木琴堂では稀勢の里初優勝記念SALEを行っています。それにあわせて、猫町文具店(仮)のロールペンケースを通販でお買い上げの方には、木琴堂特製・木製筆記具枕(通常1個100円)を2つプレゼントすることにいたしました。というわけで新柄追加のお知らせです。詳細はこちらをどうぞ。今回のテーマは宇宙。とにかく青のきれいな宇宙柄。グレーのボー [続きを読む]
  • ステッドラー・かきかたえんぴつ。
  • ステッドラーからかきかたえんぴつが出る、と以前Twitterで見た時、硬度に興味を持ちました。2Bでも薄いくらいだから4Bくらいかなと思ったのです。今、サイトを見に行くと、普通に2Bでした…あかんやん…猫町が不勉強なだけで、ステッドラーがこのかきかたえんぴつのために「2B」という呼称のイメージにふさわしい濃さの芯を開発し、それが入っているというのならいいなと思うのですが、実際のところはどうなんでしょうね。外国メ [続きを読む]
  • 続・まだかなまだかなネコ柄デルデ。
  • いろいろと心折れることがあった先月、猫町を支えていたのはただ一つ、サンスターのネコ柄デルデが発売になるということだけでした。何しろ昨年のBun2の12月号を見た時から心奪われているのです。ネットで買おうと思っても「予約受付中」などで、まだか、まだなのか、早くこのボタンを させてくれ、 したいんだよ!と毎日画面をチェックしにいくありさま。ネットショップというのは検索の履歴を学習し、ほれほれ、お [続きを読む]
  • 赤ボールペンを求めて・その6(アンケート再掲)。
  • 前回も少しふれましたが、採点用のペンに関するアンケートは現在も募集中ですので、コメントへのレスは今回はしていません。どれ、猫町の相手をしてやろうかい、というやさしい方のご協力をお待ちいたしております。なお、コメントは下記の記事のコメント欄に「公開」でお願いいたします。コメント欄をざっと眺めるだけでおもしろい感じになればと思っています。メールで回答してくださる方もおられるので、春になればまとめてみた [続きを読む]
  • コメントへのお返事(その3)。
  • しばらく間が空いてしまいましたが、コメントへのレスの続きです。レスだけを読んでも意味不明なので20件ずつレスすることにしようかと思いましたが、24件一気にレスしてしまいました。前半の方、申し訳ありません。また、今回非公開コメントさんがいつもよりも多いのですが、俺のことかな?と思いながら読んでいただければと思います。きっと分かると思います。なお、採点用のペンに関するアンケートへのレスは今回はしないことに [続きを読む]
  • 早朝のひとこと。
  • さくさくと日が過ぎていきます。1日は誰にも24時間あり、同じ速さで過ぎていっているはずですが、実は時々加速しているのではないかと思うことがあります。年明けは比較的ゆっくりしていた時間も、最近は徐々にスピードを増してきたような…これが噂の「一月はいぬ、二月は逃げる、三月は去る」というやつか…一応EDiTには振り落とされていないので、ぱらぱらとめくるとそこに過ぎ去った日々の足あとを見ることができるのですが、 [続きを読む]
  • カツオ人間波乗りクリアファイル。
  • 前回ゆるキャラの話が出たので、こちらもご紹介。これも妹にもらったものですが、高知のお土産です。おそらくこれを初めて目にされた方は、何から突っ込もうかしらという気持ちになったのではないでしょうか。猫町も同じでした。えっとまず、これは高知のゆるキャラなのだろうか。まったく知らなかったが有名なのだろうか。あまりかわいくないが大丈夫か。そもそも「カツオ人間」というのはなんだろう。そして高知の人はいったいど [続きを読む]
  • NKH京都のねこまるグッズ。
  • 前回はノベルティのボールペンとお土産のボールペンについて書きましたが、今回はノベルティグッズをプレゼントされた時の話です。ノベルティグッズなんて無料でもらうものなのに、それをプレゼントなんて、と思われる方もいらっしゃるでしょうか。プレゼントというのは値段ではありません。それが相手を喜ばせるものだと思ったら、ノベルティグッズでもプレゼントになると思っています。特にノベルティグッズは非売品であることが [続きを読む]