wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttp://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供328回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • Alice Cooper - Poison
  • Trash/Alice Cooperアリス・クーパーの「Poison」で、アルバムは89年『Trush』です。カッコイイ、リフで少し70年代風に戻り、再度リフがインパクトありでした。アリス・クーパーは70年代から知っておりましたが、当時は最初に知った時はイギー・ポップとの混同するぐらい、田舎だったし、ロック情報が今に比べるとホント無かったですので、仕方無いことかもです。それでも反骨のロッカーのように思えたし、なんかおどろおどろしい [続きを読む]
  • The Cult - Spirit Walker
  • ドリームタイム(リマスター)/ザ・カルトカルトになってからの1st・84年『Dreamtime』の「Spirit Walker」です。このバンド、カッコは別として、音的に、この路線でやれば、先任者として評価され、孫の代まで、末永くリスペクトされるバンドだったかもですね。もちろん85年『Love』もゴージャスなニューウェイヴ&ハードロックで、今で云うゴシック・ロックで翳りありロックで、売れて良かったですが。後の87年『Electric』・89年『 [続きを読む]
  • Black Sabbath - Killing Yourself To Live
  • Sabbath Bloody Sabbath/Black Sabbathブラック・サバスの「Killing Yourself To Live:生への自殺」で、アルバムは74年『Sabbath Bloody Sabbath:血まみれの安息日』です。邦題はおどろおどろしいですが、朝から聴く音楽に相応しいカンジでは無いですが、昔は、これがサバスでしたので、こんなモノと思っていました(笑)世間は証人喚問で盛上がっているようで、サツカー勝って良かったけど、なんかベテランが活躍したけど、勝て [続きを読む]
  • The Bolshoi - Sunday Morning
  • Friends/The Bolshoiボルショイの「Sunday Morning」で、アルバムは86年・2nd『Friends』ですね。小生のこの頃の定型句ですが、尽きないニュー・ウェイヴですが、UKのボリショイです。ロシアでなく、ロンドン出のバンドで「Sunday Morning」が、そこそこヒットだったと思います。80年代に入りニュー・ウェイヴは、UKRockよりはかなりPOP化で、打ち込みテクノ化で、同じようなバンドがほんとたくさん出てきましたね。ボリショイは、 [続きを読む]
  • Daft Punk - Instant Crush
  • RANDOM ACCESS MEMORIES/DAFT PUNKDaft Punkの「Instant Crush」で、アルバムはおじさんでも聴きやすかった13年『Random Access Memories:ランダム・アクセス・メモリーズ』です。名は体を表すとの思いになりますアルバム名で、思い出の時代の音楽がノスタルジー的なカンジのメロを基調になっているアルバム、ディスコよりテクノよりですが、ダフト・パンクと小生の思い出が同じなようで…聴けた。リリースされた13年もあまりのノ [続きを読む]
  • The Hooters - Johnny B
  • One Way Home/Hootersチャック・ベリーでなく、フーターズの「Johnny B」で、アルバムは87年『One Way Home』ですね。小生はフーターズについては87年『One Way Home』の前作85年『Nervous Night』への思いも強しですが、そもそもシンディローパーの名曲84年「タイム・アフター・タイム」はフーターズのロブ・ハイマンが、絡んでおりました。ワールド・ミュージック風、アメリカのバンドながらも、憂いありメロで好みです。アメリ [続きを読む]
  • Rage Against The Machine - Testify
  • Battle of Los Angeles/Rage Against the Machine【このブログ、反原発で始まったブログです。例えをロックのカウンターカルチャーになぞり、時たま、私見があります】お彼岸で墓参りで実家へ、TVがついており、豊洲問題の証人喚問、別に観たくなかったけど、近所だけど、散歩もするけど、しかし、前都知事のTestify:証言より、いや質問者の質問の方が???これが日本の政治レベル(地方自治)なんですね。私でも、できそうと思 [続きを読む]
  • George Harrison - Art Of Dying
  • オール・シングス・マスト・パス/ジョージ・ハリスンジョージ・ハリスンの「Art Of Dying」で、アルバムは名盤の70年『All Things Must Pass:オール・シングス・マスト・パス』です。70年代は3枚組アルバム・レコードでなかなか買えず、中3の時、友達のお兄さんのライブラリーを聴き行った思い出深いアルバムです。このアルバム70年ですので、ビートルズ最後のアルバムとなる70年『レット・イット・ビー』まあ制作的にはビートル [続きを読む]
  • Iggy Pop - Candy
  • Brick By Brick/Iggy Popイギー・ポップの「Candy」で、アルバムは90年『Brick by Brick:ブリック・バイ・ブリック』です。デヴィッド・ボウイ大回顧展行って気がついたことに、70年代ボウイがけっこう大変な時期にイギー・ポップを助け、プロデュースしたりで77年『The Idiot:愚者』『Lust for Lif:欲情』があるのですが、これがなかなか名盤と思うのですが、かなりポピュラーよりでなく、イギー・ポップも独白、デヴィッド・ [続きを読む]
  • Neil Young - Peace Trail
  • PEACE TRAIL/NEIL YOUNG凄えいい曲と思っていたのに「Peace Trail」、ニール・ヤングの昨年12月の新譜『PEACE TRAIL』主題歌、上げたつもりでいましたが、ダコタ・アクセス・パイプライン建設をめぐる抗議のPVの曲「Indian Givers」のみでしたね。「Peace Trail」オフィシャルでYoutube動画がアップされておりました。「Indian Givers」の方、お茶目なファニーな曲調で、単なるカウンタカルチャーを大声唄うとはちと違うカンジで、 [続きを読む]
  • デヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』- Sound and Vision
  • 入場ゲート、ここまでは撮影許可・寺田倉庫・5FLow/David Bowieデヴィッド・ボウイ大回顧展『DAVID BOWIE is』行ってまいりました。何気なく、好きだから感性だから、雑多なワリにPOP・ロックの内ですがジャンルに関係なく、選曲し、音楽を上げてブログしていますが、好き・感性と無責任な逃げ口上でなく、無意識にすり込まれた【音楽:Sound と視覚: Vision】に気づく回顧展に、小生の場合はなりました。さも自分のセンス・感性 [続きを読む]
  • Bubble Puppy - Hot Smoke & Sasafrass
  • Gathering of Promises/Bubble Puppy60年代アメリカン・ロックのサイケ・バンド、バブル・パピーの「Hot Smoke & Sasafrass」です。アルバムは69年『A Gathering of Promises 』です。又々、勝手にYoutubeからお薦めで、サイケ(サイケデリック・ロック)です。60年代のアメリカン・ロックのサイケはグレイトフル・デッド、ドアーズ、アイアン・バタフライ、ヴァニラ・ファッジ、13thフロア・エレベーターズ、ブルー・チアー、クイ [続きを読む]
  • Talking Heads - This Must Be The Place
  • Speaking in Tongues/Talking Headsナカナカ上げない、上げられないトーキング・ヘッズで。「This Must Be The Place」で、アルバムは83年・5th『Speaking In Tongues:スピーキング・イン・タンズ』です・大好きなニュー・ウェーヴでも苦手があり、UKではスミスやモリッシーだったり、NY音楽では、トーキング・ヘッズだったりですが…UKRockの革新性はトーキング・ヘッズにもあり、NY音楽シーンは、ヴェルヴェット・アンダーグラ [続きを読む]
  • Joan Armatrading - The Weakness in Me
  • Joan Armatrading- "The Weakness in Me" (Rare KBCO Version)Walk Under Ladders/Joan Armatradingジョーン・アーマトレイディングの「The Weakness in Me」で、アルバムは81年『Walk Under Ladders』です。小生の敬愛するブリティッシュ・ロック系、特にニュー・ウェーヴ時の大活躍するプロデューサーのスティーヴ・リリーホワイトは音色が合ったのか、ウルトラヴォックス、スージー・アンド・ザ・バンシーズ、U2、ピーター・ガ [続きを読む]
  • The Lotus Eaters - The First Picture Of You
  • No Sense of Sin/Lotus Eatersロータス・イーターズの「The First Picture Of You」で、アルバムは当時これのみだったと思うけど84年・1st『No Sense of Sin:青春のアルバム』です。相変わらず、邦題は忘れているけど。ほんと尽きないニュー・ウェーヴですが、80年代になって、少し遅れてのPOP系のバンドも多く、アコギぽかったり、シンセPOP系だったり、ダンスミュージック系だったりと多くいましたね。ロータス・イーターズもPO [続きを読む]
  • 3月11日  The Who - Love Reign O'er Me
  • 3年程前に2011年3月11日の写真を上げておりました。このブログは2011年5月末から始めて、6年目になりました。原災への怒り、今もって、どうしようもないマスゴミへの不信、この国で生まれ普通の教育を受け、一市民の生活をしてても、なぜ、こうなるのか?疑問から、このブログが始まりました。私が覚えていた古いロックのカウンターカルチャーには、怒り・不信を代弁する曲があり、それをUPしていくことが、このブログへのモチベー [続きを読む]
  • The Beatles - Cry Baby Cry
  • White Album (Dig)/Beatlesビートルズの68年ホワイトアルバム(The Beatles:ザ・ビートルズ 日本では69年)は小生にとっては基調で貴重でベースになっているアルバムです。これを70年代前半、中学生の頃聴いておかげで、オールジャンルのロックや音楽を分け隔てなく、なんでも聴けるようになったと思います。そして、このロックのブログを6年程、書き連ねる事ができていると思っています。このアルバムを無かったら、そもそもロ [続きを読む]
  • The Rolling Stones - Out of Control
  • Bridges to Babylon (Reis)/Rolling Stonesローリング・ストーンズのアルバム・97年『Bridges to Babylon:ブリッジズ・トゥ・バビロン』から「Out of Control」です。後期のローリング・ストーンズのアルバムはなかなかUPできませんが、後期と言っても20年前のアルバムですが(笑) 流石に50年選手、途中いろいろとありましたが、ストーンズほど現役にこだわっているバンドいないかもです。その現れが、新しさと変化を求めるアル [続きを読む]
  • Led Zeppelin - Travelling Riverside Blues
  • Coda/Led Zeppelinレッド・ツェッペリンの「Travelling Riverside BluesCoda」で、アルバムはこれは82年『Coda:最終楽章 (コーダ)』でなく、93年『コンプリート・スタジオ・レコーディングス』で収録された曲ですね。最終楽章が最終でなく、出し続けるのがジミー・ペイジですが(笑)80年代になりレコードからCDに変わり、最初の頃はCDを喜んで無理して高額でも買いましたが、そのうち輸入盤も聴きましたが、70年代にあったレコー [続きを読む]
  • Christine Perfect - I'd Rather Go Blind
  • クリスティン・パーフェクト/クリスティン・パーフェクト大々好きクリスティン・マクヴィーの結婚前の70年ソロ・アルバム『Christine Perfect:クリスティン・パーフェクト』のエタ・ジェイムズのカバー曲「I'd Rather Go Blind」です。正式には、クリスティン・パーフェクトの『Christine Perfect』ですね。フリートウッド・マック加入してから、名曲も多いし(まあファンのよく目ですが)、メローなブリティッシュ・トラッドに、 [続きを読む]
  • The Stranglers - Nice 'N' Sleazy
  • Black & White/Stranglersストラングラーズの「Nice 'N' Sleazy」で、アルバムは78年『Black and White』です。パンクと云うかは微妙で、今はニュー・ウェーヴと素直に言えますが、70年代当時はピストルズやクラッシュとは違いありのバンドで、知的なパンクなんでしょうが、ストラングラーズのロックとの事の思いです。このバンドもプログレと同じく、ノリで聴くのでなく、小生の場合は、謹聴を強いられる(個人によって差があると [続きを読む]