wsuki2001 さん プロフィール

  •  
wsuki2001さん: 騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ハンドル名wsuki2001 さん
ブログタイトル騙されるな! ロックを聴いていれば全てお見通し
ブログURLhttp://ameblo.jp/wsuki2001/
サイト紹介文「Won't Get Fooled Again」  原災はROCKの凄さを信じて、もう騙されない!
自由文27年間勤めた会社を2011年3月11日に退職、挨拶回りで、帰宅困難者となる。 生涯忘れられない2011年3月11日 元(映画館支配人・ WEBコンテンツプロデューサー・サービサー)もね。歳など関係なく、挑戦です。

原災関係に気をもみ、いまこそROCKの凄さを信じて意見します。
(ロック好きのApple・MAC嫌いのipad2ファンとして、ipad2の使用感想も時々、報告します。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/10/30 00:30

wsuki2001 さんのブログ記事

  • Matt Bianco - More Than I Can Bear
  • WHOSE SIDE ARE YOU ON?/CHERRマット・ビアンコの「More Than I Can Bear」でアルバムは84年・1st『WHOSE SIDE ARE YOU ON:探偵物語』ですね。邦題はすっかり忘れているけど、「探偵物語」は小生の世代は、断然、松田優作のTV作品ですが、映画の薬師丸ひろ子共演でなく、工藤ちゃんの方です(笑)で、マット・ビアンコもニューウェイブなるかはギリギリですが、これもUK出で同時にはシャーデーなりのメロウなPOP、フュージョンよ [続きを読む]
  • OMD - She's Leaving
  • Orchestral Manoeuvres in the Dark - She's LeavingArchitecture/OmdOrchestral Manoeuvres in the Dark:オーケストラル・マヌヴァーズ・イン・ザ・ダーク:OMDの「She's Leaving」で、アルバムは82年『Architecture&Morality:安息の館』でしね。テクノが好きな理由になるアルバムで、このアルバムのおかげでYMOとは違う、UKのテクノPOP、シンセPOPの素晴らしさに気がつきます。彼らアンディ・マクラスキーとポール・ハンフリー [続きを読む]
  • U2 - I Still Haven't Found What I'm Looking For
  • The Joshua Tree (Remastered)/Universal Music LLCU2の「I Still Haven't Found What I'm Looking for:終りなき旅」で、アルバムは87年『The Joshua Tree :ヨシュア・トゥリー』ですね。まあニューウェイブの子ですので、まあそう言っても80年代は20代ですが、20代時、10代時の同じように夢中になったU2、それは断言できます。でもな〜90年代以降、特に97年『POP』以降は縁遠いし、忘れもしない2014年の『ソングス・オブ・イノ [続きを読む]
  • AC/DC - Nervous Shakedown
  • Flick of the Switch (Dlx)/AC/DCAC/DCのアルバムは83年『Flick of the Switch:征服者』の「Nervous Shakedown」ですね。AC/DCも唯我独尊で変わらずのバンドですが、日本では人気が出始めるのは、ボーカルのボン・スコット在命の最後のアルバムの79年『Highway to Hell:地獄のハイウェイ』でしたが、その前のアルバムも含めてハードロック、それでもギターロック好きの小生は大好きなバンドでした。ボーカルにグラム・ロックのジ [続きを読む]
  • Stiff Little Fingers - Alternative Ulster
  • Inflammable Material/Stiff Little Fingersスティッフ・リトル・フィンガーズの「Alternative Ulster」で、アルバムは79年・1st『Inflammable Material』ですね。ニューウェイヴは、イングランドばかりでなく、北アイルランドやスコットランドから、出ていくるバンドも多かったのですが、パンクも本場ロンドンばかりでなく、多くのバンドが出てきてたのが、70年代後半よりは末かもですが、スティッフ・リトル・フィンガーズは少し [続きを読む]
  • Baccara - Yes Sir, I Can Boogie
  • Best of/Baccaraバカラの77年「Yes Sir, I Can Boogie:誘惑のブギー」ですね。今はベスト盤のアルバムのみですね。当時流石にアルバム『Baccara』は持っていませんでしたが、今は音楽配信で聴けてしまいます。出だしはセクシー過ぎる(笑)カンジで、今もドキドキします(笑)当時日本では、キャンディーズ、ピンク・レディーなり人気で、この手の女性ディオ、トリオにも免疫もありで、洋楽ではアラベスクなりディスコ的なPOPなダ [続きを読む]
  • Jigsaw - Sky High
  • スカイ・ハイ/ジグソージクソーの「Sky High:スカイ・ハイ」で、アルバムも75年『スカイ・ハイ』です。これもブリティッシュ・ロックかもですが(笑)「スカイ・ハイ」はかなりアップテンポなPOPロックですが、アルバムはPOPロックなそれもかなりソフトロックですね。ロック同様、10代から、かなり格闘技好きで、ボクシング・プロレス・K1・相撲・総合格闘技等なんでも好きで、相撲以外は観戦もしておりました。70年代が10代です [続きを読む]
  • Ini Kamoze - Call The Police
  • Statement/Ini KamozeIni Kamoze:アイニ・カモーゼの「Call The Police」で、アルバムは84年『Statement』です。レゲエは70年代末になると、ボブ・マーリーばかりでなく、ピーター・トッシュなりサード・ワールドなりUKレゲエなり、ミュージシャンでなくレゲエの種類になりますがダブ・サウンドなりでてきて、日本にも紹介され、かなり聴けるようになりました。80年代に入ると、いろいろなレゲエ・ミュージシャンも知る事ができる [続きを読む]
  • Billy Idol - Mony Mony
  • Don’t Stop/Billy Idol大大好きビリー・アイドルの「Mony Mony」です。アルバムは当時簡単に手に入らずのEPの81年『Don't Stop』ですね。日本ではコンピレ・アルバムの85年『Vital Idol』で聴いたと思いますが、ディスコでは83年『Rebel Yell:反逆のアイドル』から、かかっていたと思います。元曲はこれもサイケぽさもありのアメリカのトミー・ジェイムス&ザ・ションデルズの60年代の大ヒット曲のカバーですね。トミー・ジェイ [続きを読む]
  • Wishbone Ash - Time Was
  • Argus (Exp)/Wishbone AshたびたびUPしいているウィッシュボーン・アッシュの72年『Argus:百眼の巨人アーガス』ですが、このアルバムも捨て曲なしで名盤ですが、1曲目の「Time Was」です。70年代のブリティッシュ・ロックの名盤と思いますし、ウィッシュボーン・アッシュのアルバムの中でも、メロディアス、ブリティッシュ・トラッドに憂いありのメロでのツインギターで、当時定番のプログレ風の音色とコーラスで、素晴らしいアル [続きを読む]
  • VAN McCOY - The hustle
  • ディスコ・ベイビー/ヴァン・マッコイ&ザ・ソウル・シティ・シンフォニーヴァン・マッコイの「The hustle:ハッスル」で、アルバムは75年『Disco Baby』ですね。これもFENのおかけで良く聴いたアメリカン・POPの「ハッスル」ですが、日本でも大ヒットだったと思います。当時はディスコなるものがあると、知ります。さらに自覚するのは、ビージーズのサントラのメガヒットの78年映画『サタデー・ナイト・フィーバー』が起点で、上京 [続きを読む]
  • 遠藤賢司 - 東京ワッショイ
  • 東京ワッショイ/遠藤賢司恐るべし、Youtube、遠藤賢司の79年「東京ワッショイ」ですが、82年映画『ヘリウッド』の挿入歌のシーンが観ることが出来るのですね。何十年ぶり…35年ぶりに観ました。まあ、語るのは、ここではしませんので、興味のある方は、ご自身で調べてください。で、映画も出演の遠藤賢司の79年『東京ワッショイ』ですが、この方全部自分で演るのですが、プロデューサーもするのですが、お手伝いは、元四人囃子の佐 [続きを読む]
  • George Harrison - Beautiful Girl
  • Thirty Three & 1/3/George Harrisonジョージ・ハリスンの「Beautiful Girl:ビューティフル・ガール」で、アルバムは76年『Thirty Three & 1/3:サーティ・スリー・アンド・ワン・サード:33 1/3』ですね。なんだかんだと言っても、ビートルズは大好きだし、ソロになってからの4人のアルバムは70年代のブリティッシュ・ロックの大変化なかでも、スタンダードに聴いたし、ほっとするし です。で、ジョージ・ハリスンが、前作も大 [続きを読む]
  • David Bowie - Ashes To Ashes
  • スケアリー・モンスターズ/デヴィッド・ボウイデヴィッド・ボウイの「Ashes To Ashes」で、アルバムは80年『スケアリー・モンスターズ』ですね。今回スティングの日本公演、気がついていたのですが、当日券がでれば、観に行こうと…立ち見券も出ていたようでうですが、体調と仕事の関係で諦めました。残念です。で、行った方の感想も2時間通しでロックで新譜とポリスの名曲で良かったと聞きました。羨ましい!で、面白い事を聞きま [続きを読む]
  • Merry Clayton - Gimme Shelter
  • Gimme Shelter/Merry Claytonあんまりカバーは上げないブログと思うのですが、メリー・クレイトンの「Gimme Shelter:ギミー・シェルター」で、70年アルバム『Gimme Shelter』です。カバーと言っても、元唄でも唄ってますので、セリフカバーになるかもですが、ストーンズの名盤69年『レット・イット・ブリード』の「Gimme Shelter:ギミー・シェルター」は70年代の後追いで聴いた時も大好きな曲で、アルバム1曲目「Gimme Shelter」 [続きを読む]
  • Paris - Pale Horse,Pale Rider
  • パリス・セカンド~ビッグ・タウン2061/パリスボブ・ウェルチのパリス、アルバム77年『Big Towne, 2061:ビッグ・タウン2061』の「Pale Horse, Pale Rider:青ざめた馬乗り」ですね。邦題はすっかり忘れておりましたが、直訳題のようなカンジですね。で、ソロのボブ・ウェルチも好きですが、ロックの重きがあったZEPぽさもあったウェルチのパリスも、驚きですが都会的センスの方かもですね。有名なブルース・ロックバンドのフリート [続きを読む]
  • Strapps - Down To You
  • Secret Damage/Strappsストラップスの77年・2nd『SECRET DAMAGE:シークレット・ダメージ』の「Down To You」です。小生のブログ、記事が無かったり、自分では上げてると思っていたり、ブログの検索機能も不安でそれより小生の記憶の方はもっと不安なブログになりそうです(笑)ブログを6年して2500ページを超えていると思うのですが、テーマ別にアーカイブスすると言ってましたが、100テーマまでが上限のようで、途中で頓挫になっ [続きを読む]
  • Black Sabbath -The Mob Rules
  • Mob Rules: Deluxe Edition/Black Sabbathブラック・サバスのアルバム81年『Mob Rules:悪魔の掟』の主題ですが微妙にTheがつく「The Mob Rules:悪魔の掟」です。アルバムは80年代初期のハードロックですが、ノリは70年代ハードロックで安心・安堵のアルバムです。ロニー・ジェイムス・ディオの一回目在籍の2作目(ややっこし)で、サバス・80年代前半は取り敢えず、キャチーなハードロックこと81年『Heaven and Hell』とこの『Mo [続きを読む]
  • Altered Images - Happy Birthday
  • Happy Birthday... Plus/Altered Imagesほんと尽きないニューウェイヴで、オルタード・イメージの81年「Happy Birthday」で、アルバムも同主題ですが、もう輸入盤しかないようですね。ロックよりはPOPロックで、80年代前半に人気が少し出て、イングランドでなく、このバンドも正式にはスコットランド、ニューウェイヴ出どこは、スコットランドと北アイルランドが多いですね。日本でも、そこそこ人気が出たと思いますが…女性ボーカ [続きを読む]
  • The Yardbirds - Happenings Ten Years Time Ago
  • ロジャー・ジ・エンジニア/ザ・ヤードバーズヤードバーズの66年「Happenings Ten Years Time Ago:幻の10年」ですね。今回はトッド・ラングレンの記事のコメントをいただいたお気に入りのordinary soundさんのおかげで、思い出したトッド・ラングレンのカバー半分のアルバム76年『Faithful:誓いの明日』があるのですが!その忠実なカバー編1曲目がヤードバーズの「Happenings Ten Years Time Ago:幻の10年」でした。この曲はシン [続きを読む]
  • 10cc - The Things We Do for Love
  • Deceptive Bends/10cc10ccの「The Things We Do for Love:愛ゆえに」で、アルバムは77年『Deceptive Bends:愛ゆえに」ですね。曲とアルバム主題が違っても邦題は同じでしたね。「潜水夫」のアルバムと思っていましたが(笑)70年代からPOPなサイケ、アートロックなカンジで、ソフトロック特に「アイム・ノット・イン・ラヴ」は80年代まで末永く、ベットソングとしても重宝しました。どうしても80年代になってから解散してから、 [続きを読む]
  • Ray Parker Jr. Raydio- A Woman Needs Love
  • ウーマン・ニーズ・ラヴ(期間生産限定盤)/レイ・パーカーJr. & レイディオレイ・パーカー・ジュニア&レイディオの「A Woman Needs Love:ウーマン・ニーズ・ラブ」で、アルバム同主題の81年『A Woman Needs Love』です。これも80年代前半の大ヒット曲で、大学生の頃は音楽もニューウェイブが好きながら、かなり幅広くラジオのおかげで聴いており、AORも好きなモノは耳にしておりました。この曲はレイ・パーカー・ジュニアと思って [続きを読む]
  • Todd Rundgren - Come
  • ホワイト・ナイト/トッド・ラングレントッド・ラングレンの新譜です。アルバム『ホワイト・ナイト』の「Come」で!1曲目「Come」はテクノなバラードになっていて、肩すかしをくらいましたが、マック使いだったと思い出しましたが、間もなく70歳になる年齢ですがアーティストには。歳は関係ないのですね。60年代末から70年代の作品のトッド・ラングレンのモノ、他へのミュージシャンのプロデュース作品も、多才であるし、基本はメロ [続きを読む]
  • Steel Pulse - Sound System
  • Tribute To The Martyrs/Steel Pulseスティール・パルスの「Sound System」で、アルバムは79年『Tribute to the Martyrs:殉教者に捧ぐ』です。70年代末のニューウェイヴでは、まずポリス在りきでしたが、そこでホワイト・レゲエなりUKレゲエがあり…ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズ等のジャマイカのレゲエ以外にも、英国にジャマイカ移民の2世のバンドがあることを知りました。そのUKレゲエのスティール・パルス、アスワド、マト [続きを読む]