鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さん プロフィール

  •  
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明さん: 鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
ハンドル名鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さん
ブログタイトル鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
ブログURLhttp://nonnonnontext.blog.fc2.com
サイト紹介文鑑賞者参加型 体験型作品 インスタレーション作家 林伸明 のブログです。
自由文1966年埼玉県生。青年美術展事務局、運営委員を経て、現在、インスタレーション作品を制作・発表。日本美術会会員。

一方通行のアートから、参加型、体験型アートを追求。

子どもの遊べる作品や香りを楽しむ作品など、いろいろ制作。

震災。原発をテーマにした作品も、参加型で制作。

カテゴリー「林の作品」で、過去の作品がみられる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2012/10/31 23:56

鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さんのブログ記事

  • 展示をめぐる規制と「表現の自由」 武居利史氏の論文から
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。7月31日の私のブログで「圧力がかかったなかでようやく展示にこぎつけた」と紹介した新海覚雄の軌跡展。雑誌「住民と自治」のなかで企画した武居利史学芸員が書いていますので、紹介します。展示をめぐる規制の問題が頻繁に報じられる昨今。「表現の自由」にとどまらず、公立美術館とは何か?「効率性」「集客力」で美術を評価 [続きを読む]
  • イメージ刷新・・・アンデパンダンDM
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。来年のアンデパンダン展。70回記念展らしくDMのイメージも刷新。作品は、いま、準備中です。さて、今、開催中のアートかわさき2016。会場は、川崎大師仲見世通りと、東海道かわさき宿交流館。11月27日まで開催中です。参考までに画像を紹介。電話ボックスの中で泳いでいます。仲見世通りは、こんな感じ。にほんブログ [続きを読む]
  • 川上律江さんの絵画が展示されています
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。先の参議院選挙で市民と野党の共闘をすすめた日本共産党。その本部ビル1階で戦前に若くして亡くなった画家・川上律江さんの作品が展示されている。1932年作、農夫の家族は19歳のときの作品。1933年作、面会は平和や民主主義をかかげたたたかいが弾圧され、不当逮捕された仲間のもとを訪れた仲間や家族と警官の対比を描 [続きを読む]
  • 北川民次②…終戦直後に未来を見通した作家
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は125%でご覧ください。6月8日に紹介した北川民次。終戦直後に発表した作品で、敗戦の混乱を描きながらも、未来を見通す子どもたちを描ききっている。北川民次「焼け跡」 1945.12なぜ、終戦の年にこの絵が描けたのか?この時代、絵の勉強は、主にヨーロッパとアメリカに。裕福な家庭で育った人がヨーロッパに行ったために、自由な空気を満喫しつつも現 [続きを読む]
  • 夏休みの沖縄・・・琉球新報に写真が載りました
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。17〜20日の日程で夏休みを使って沖縄へ。画像をまとめて紹介します。19日に那覇の裁判所で翁長知事が陳述するので裁判所前で激励集会。この集会に出ていたら、翌朝の琉球新報の写真に私が写ってしまいました。(写真、左から2人目、前から3人目)さらに、新基地建設に揺れる辺野古。ヘリパットという名のオスプレイパット [続きを読む]
  • ノー・ウォー展始まりました。 明日からは沖縄です。
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。昨日(8月15日)からノー・ウォー横浜展がはじまりました。21日まで、神奈川県民ホールです。今回は、充電中のため私、林は出品しませんでした。なかなか面白い展覧会なのでぜひ、ご覧ください。さて、私の充電の意味も含めて明日から沖縄です。台風接近のため、はたして早朝便が飛ぶでしょうか?さて、先日、実家に帰る途中中学校 [続きを読む]
  • 燃える東京・多摩 画家・新海覚雄の軌跡
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。府中市美術館で燃える東京・多摩画家・新海覚雄の軌跡が、開催されている。9月11日まで開催だ。このブログでも、何度か紹介した武居利史学芸員が企画した東京・多摩地域で社会運動と結びついて熱く展開された美術の歴史を発掘する企画だったが、内容が社会的・政治的だったために、内容が偏っているので公立美術館にふさわしく [続きを読む]
  • 終戦直後に未来を見通した作家、北川民次①
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。山田諭学芸員の講演の続き。日本の侵略戦争の本質がわからず、戦後の出発点となる作品をつくるのに時間がかかった作家が多かった中、北川民次は、終戦の年その年のうちに作品「焼け跡」を描いている。終戦後の焼け跡。途方に暮れる母親をしっかり大根を握る女の子がなぐさめている。背中の赤ん坊もいっしょになぐさめている。全体と [続きを読む]
  • 舛添さん、絵の選択は正しかったのだが・・・・・・・・・。
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。「来月は北川民次をとりあげる」前回、こう記したが、ここ数日、舛添さんのおかげで北川民次がTVをにぎわしている。舛添さんの政治資金の使い方は間違っている。しかし、絵の選び方はあっているような気がする。メキシコの要人にメキシコゆかりの民次の絵をプレゼントすることは外交として正解ではないか。それだけに、次つぎと明ら [続きを読む]
  • 画家たちの戦争…山田諭学芸員の講演 その3(北脇昇3)
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。2回にわたって、北脇昇クォ・ヴァディスを紹介した。戦後の出発時。右の荒野か?左の民衆か? 足元の殻か?北脇の答えは左の民衆だと。北脇は、この絵を描くのになぜ、終戦から4年もかかったのか?北脇が戦中描いた作品にその答えがある。1940年作「(A+B)?の意味構造」この絵の右側は(A+B)?を図形にしたもの。左側は(A+ [続きを読む]
  • 画家たちの戦争…山田諭学芸員の講演 その2(北脇昇2)
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。前回は、戦後の出発にあたって右の荒野か、左の民衆か、足元の殻にこもるか、クォ・ヴァディス=どこへ行く?と投げかけた北脇昇の作品を紹介。男が選択したのち、次に選択するのは、後ろに並ぶ私たち。ここまでが、一般的な解釈。山田氏は、北脇昇が自らの答えをもっていたと解釈。それは北脇の遺品からこの作品と同名の小説が発 [続きを読む]
  • 画家たちの戦争・・・山田諭学芸員の講演 その1
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。昨日、職美展の企画で名古屋市美術館の山田諭学芸員の講演に参加。山田氏のことは、2013年1月29日のブログ参照。戦前・戦中・戦後を生きた4人の画家をとりあげ、戦争とどう向き合ったか戦争が表現にどう影響したかなどを考察した。順次、その内容を紹介する。今回は、北脇昇の第1回。1949年クォ・ヴァディスをとりあげる。 [続きを読む]
  • 日本美術会創立70周年記念祝賀会開催される
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。2週つづけて、文化団体の行事に参加。今日は、日本美術会創立70周年同会付属研究所「民美」創立50周年記念祝賀会。記念講演した北野輝氏によると日本美術会は、創作方法の一致をみない、特定の流派の属さない特殊な美術団体だと言う。つまり、他の美術団体は創作方法の一致、特定の流派によって結成されるのに対し、日本美術 [続きを読む]
  • あぁ〜〜〜、大失敗!!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。日本アンデパンダン展は無事終了しましたが、私の作品は無事では無かった!!過去2回の展覧会では上から吊るしたピンクのハート。今回、ヘリウムを入れてみたら初日に浮かんでいたハートが翌日にはみんな落ちてしまった。本来、こうなっているはずのハートが、残念なことに。おかげで、前回紹介した新聞記事の写真もこのようになっ [続きを読む]
  • 「赤旗」文化欄で紹介……日本アンデパンダン展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。今朝の「赤旗」文化欄で日本アンデパンダン展が紹介されました。インスタレーション・スペースで、旭義信氏の作品をとおして私の作品と梅村哲生氏の作品が偶然コラボした様子を紹介。記事の写真も、この3人のコラボ画像が使われていました。アンデパンダン展は今月28日まで、国立新美術館で開催中です。にほんブログ村よろしけ [続きを読む]
  • いよいよ16日からです・・・アンデパンダン展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。日本アンデパンダン展が3月16日から始まります。(28日まで。22日休館)昨日、作品を搬入して来ました。会場の国立新美術館へは東京メトロ千代田線乃木坂駅6番出口が便利。このように、6番出口から美術館が直結しています。林の作品は、東京燃ゆ2015最後の発表となり夏にむけて新作の制作に入ります。にほんブログ村↑よろ [続きを読む]
  • 戦争法廃止へ…5野党合意から1週間!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は125%でご覧ください。安保法制=戦争法廃止へ文化人も声をあげていますがようやく政党もまとまりました。19日の5野党合意から1週間が経過しました。5党で、戦争法廃止法案共同提出を確認したのち次の4点を確認しました。①安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回を共通の目標とする②安倍政権の打倒をめざす③国政選挙で現与党および [続きを読む]
  • 10個並んだビアグラス!!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。ズラリと並んだビアグラス。このところプレミアムビールや上面発酵のエールビールにはまって、気がつけばビアグラスが10個。左から順番に、①②として①〜③は、香りを楽しむアロマグラス。半分程度注いで、まわして飲みます。④〜⑥は、泡をしっかりつくってそれを持ち上げるように注ぎます。⑦は、ギネスビール専用グラス。⑧ [続きを読む]
  • ヴェネツィア・ビエンナーレ続報
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。昨年11月のブログで紹介したヴェネツィア・ビエンナーレ。武居利史氏の文書で会場内で「資本論」を朗読するプログラムが組まれていたことを紹介しました。ネットで調べてみたらニューズウィーク日本版でも紹介されていることがわかりました。http://www.newsweekjapan.jp/ozaki/2015/10/post-1_4.phpIsaac Julien, Reading Capita [続きを読む]
  • 今年最後の更新
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。今年、最後の更新になります。昨日は、中学校の同窓会で浦和に行きました。駅前は、このとおりサッカータウンのイルミネーションでした。さて、今年展示した作品は、昨年発表した手あそび3月の日本アンデパンダン展で展示しました。その後、夏に制作した東京燃ゆ2015。7月のヨコスカ平和美術展8月のノー・ウォー横浜展で展示 [続きを読む]