鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さん プロフィール

  •  
鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明さん: 鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
ハンドル名鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さん  
ブログタイトル鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明
ブログURLhttp://nonnonnontext.blog.fc2.com
サイト紹介文鑑賞者参加型 体験型作品 インスタレーション作家 林伸明 のブログです。
自由文1966年埼玉県生。青年美術展事務局、運営委員を経て、現在、インスタレーション作品を制作・発表。日本美術会会員。

一方通行のアートから、参加型、体験型アートを追求。

子どもの遊べる作品や香りを楽しむ作品など、いろいろ制作。

震災。原発をテーマにした作品も、参加型で制作。

カテゴリー「林の作品」で、過去の作品がみられる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 358日(平均0.7回/週) - 参加 2012/10/31 23:56

鑑賞者参加型 インスタレーション作家 林伸明 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 近づく「ノー・ウォー展」・・・企画の詳細が決まりました
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。私が出品するので、何度かお知らせしたノー・ウォー横浜展細かい企画が決まったようですのでお知らせします。展覧会そのもののお知らせは、前回のブログを参照してください。特別企画 映像ゲルニカシアター会期中エンドレスで上映。鑑賞座談会 10月25日(土)14時〜16時半↓上映作品はNPO主催?東京ビデオフェスティバル?の入賞 [続きを読む]
  • ノー・ウォー展 ポスターができました!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧下さい。今日は、お知らせです。すでに、何回かお知らせしたノー・ウォー横浜展ポスターができましたのでご紹介します。ぜひ、お越しください。にほんブログ村↑よろしければ、1 を!ブログ村のランクに反映されます。 [続きを読む]
  • 都美術館「作品撤去」問題のその後・・・ドイツで完全展示
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。2月22日のブログで紹介した東京都美術館「作品撤去」要請問題一昨日の東京新聞1面トップで「独で来月 完全展示」の記事が。ドイツでの展示にむけて打ち合わせる中垣さん(右)=東京新聞HPより転載都美術館では、憲法九条守り靖国神社参拝の愚を認め現政権の右傾化を阻止と書いた貼り紙のうち憲法九条靖国神社を剥がして展 [続きを読む]
  • 横浜トリエンナーレ  廃棄作品が貯まってきました
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。横浜トリエンナーレ開催から3週間。入り口の「アート・ビン」に廃棄作品が貯まりだしています。近づいてみると“忘却”がテーマの展覧会。会場中心部の巨大コミ箱が過去の“忘却”作品でいっぱいになる様子を時々、お知らせします。にほんブログ村↑よろしければ、1 を!ブログ村のランクに反映されます。 [続きを読む]
  • ヨコスカ平和美術展の動画がアップされたようです
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。さて、7月24日のブログで紹介したヨコスカ平和美術展。YouTubuにIwao Nagahashiさんが動画をアップしました。2本の動画のうち下の第2ギャラリーの最後に私の作品が紹介されています。この作品です。≪お知らせ≫既にお知らせしたように、次の林の作品発表予定は、10月21から26日まで神奈川県民ホールで開催されるノー・ウォー [続きを読む]
  • 青年劇場の俳優たちによる朗読 「平和へのメッセージ」
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。本日、青年劇場の俳優たちによる朗読平和へのメッセージ 12thに行ってきました。私の知り合いの俳優松永亜規子と福原美佳が朗読したのは、みすず書房の「そこに僕らは居合わせた語り伝える、ナチス・ドイツの記憶」に収録された2編。ナチス支配下のドイツで子どもたちが、どんな教育を受けてきたのか、いま、安部首相がやろう [続きを読む]
  • うちわを作成しました。
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。夏です。うちわを作成しました。表面は、林の過去の作品紹介。裏面は、北京798芸術区です。798芸術区については、2012年11月11日、12日、23日の私のブログで紹介しています。さて、前回も紹介しました林の作品発表予定は、10月21から26日まで神奈川県民ホールで開催されるノー・ウォー横浜展です。みなとみ [続きを読む]
  • ヨコスカ平和美術展終了。次の発表は、ノー・ウォー横浜展です。
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。さて、本日、ヨコスカ平和美術展が終了しました。次の林の作品発表予定は、10月21から26日まで神奈川県民ホールで開催されるノー・ウォー横浜展です。昨年の会場の様子は、こんなかんじです。交通機関は、みなとみらい線日本大通駅下車。山下公園の目の前です。林の作品は、ヨコスカ展と同じ手あそびです。遊んでください。にほ [続きを読む]
  • はじまりました--ヨコスカ平和美術展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。本日、ヨコスカ平和美術展がはじまりました。会場は、横須賀市文化会館。会期は、7月28日(月)まで。林の作品は、「手あそび」です。よろしく。にほんブログ村↑よろしければ、1 を!ブログ村のランクに反映されます。 [続きを読む]
  • ヨコスカ平和美術展に出品します
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。このところ忙しくブログの更新を怠っていました。同時に、作品もできず、作品発表を躊躇していました。が、やはり出品します。作品は、これから間に合わせます。昨年の様子は、以下に。林の作品は、4:15ころから。第45回ヨコスカ平和美術展7月24日(木)〜28日(月)10〜19時(最終日は18時まで)横須賀市文化会 [続きを読む]
  • 石田徹也展・・・・・・平塚市美術館で館長に会いました!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。本日、石田徹也展をみに平塚市美術館に行ってきた。石田は、「現代社会を鋭く風刺」したと言われるが、本人は、模索のなかで、31歳という若さで、交通事故で命を失ってしまった。もし、もっと長く生きていたら、「模索」から「希望」へと、作風が変わっていたかもしれない。 上の画像は、「燃料補給のような食事」。どこかの牛丼チ [続きを読む]
  • 力づよく、同時にやさしさ溢れる 金沢翔子展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でごらんください。毎年、5月の連休に、鎌倉の建長寺境内において、書家「金沢翔子」展が、開催されています。本日、行ってきました。私の下手なコメント抜きに下の2枚をご覧ください。力づよさとともに、やさしさ溢れる思いが直接感じられるのではないでしょうか。にほんブログ村↑よろしければ、1 を!ブログ村のランクに反映されます。 [続きを読む]
  • おススメ、「コメ展」がおもしろい!!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。アンデパンダン展は、1万人を超える入場者数をもって、終了しました。林の作品も、「TPPの部屋」シリーズはこれが最後でしたので新作の制作にとりかかります。さて、アンデパンダン展の会場から程近い東京ミッドタウン野外エリアの一角でコメ展を開催中。実用としてのコメをアートとして表現し、食以外の側面をいろいろな角度か [続きを読む]
  • 速報 会場風景 アンデパンダン展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。さて、水曜日からはじまりました日本アンデパンダン展前回、陳列風景を紹介しましたが、今日は、このような状態に真ん中、やや左の畳の作品が林の作品ですが、詳しくは、過去のブログをご覧ください。「TPPの部屋」最後の展示となります。あわせて、神奈川県内の2人の作品を紹介しますので、よろしく。横須賀の古沢潤さんの作品 [続きを読む]
  • 本日、開会 アンデパンダン展
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。 昨日、無事、陳列作業が終わりました。 と、言っても、林の作品の陳列がおわっても、会場内は、こんな感じでしたが。画像、左下が林の作品です。「TPPの部屋」シリーズ最後の展示です。第67回日本アンデパンダン展3月19日(水)〜31日(月)(休館日 3/25火曜日)午前10時−午後6時初日は正午から 金曜日は午後8時まで(最 [続きを読む]
  • いよいよ開幕 アンデパンダン展 柳瀬展は終了間近!
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明です。PCの方は、125%でご覧ください。 いよいよ、アンデパンダン展が開幕します。 今日、作品を搬入してきました。 会場の国立新美術館は、森美術館、サントリー美術館とあわせ、「六本木アートトライアングル」と称されており、「六本木」のイメージが強いですが、実際には最寄り駅は、東京メトロ千代田線「乃木坂」駅です。 このように、乃木坂駅から美術館に直通の [続きを読む]
  • 東京都美術館が「靖国批判」の作品撤去要求
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PC方は、125%でご覧ください。 さて、昨日まで開催されていた現代日本彫刻作家展において中垣克久氏の作品が、「直接的な政治的メッセージにあたる」と、東京都美術館から撤去を求められた事件。「朝日」、「東京」、「赤旗」などで、報じられている。 高さ1.5mのドーム型の作品の頂上に日の丸、床には星条旗がしかれ、秘密保護法を批判した切り抜きや憲法 [続きを読む]
  • 柳瀬正夢論 その3 〜〜美術評論家武居利史氏による〜〜
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧ください。 2月11日から、神奈川県立近代美術館・葉山館で開催される柳瀬正夢展の開催が近づいてきました。 前回(1月27日)紹介した「赤旗」日曜版の記事、昨年(13年)10月12日に紹介した「新神奈川」の記事に続いての紹介です。 ぜひ、過去2回の紹介記事とあわせてご覧ください。 今回の記事は、雑誌「前衛」3月号に、 [続きを読む]
  • 〜ネジ釘の画家〜「柳瀬正夢」展が開催されます
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。 前回、神奈川県立近代美術館・葉山について書きました。 2月11日から「ネジ釘の画家」として有名なプロレタリア芸術家「柳瀬正夢」展が、開催されます。 昨年(13年)10月12日のブログに「新かながわ」紙に甲斐繁人氏が書いた記事を紹介しましたが、今回は、1月19日付け「赤旗」日曜版の記事を紹介します。柳瀬正夢展〜時代の光と影を描く2月11日〜 [続きを読む]
  • ロシア アバンギャルド的な作品 作ってみました
  • 鑑賞者参加型アート インスタレーション作家 林伸明 です。PCの方は、125%でご覧下さい。 神奈川近代美術館「葉山館」で開催中の「ユートピアを求めて」ポスターにみるロシア・アバンギャルドとソヴィエト・モダニズム 会期が26日までと言うので、昨日ようやく行ってきました。 会場で、ロシア・アバンギャルド風なデザインに挑戦するコーナーがあり、さっそく挑戦してきました。 出来上がった作品がこれ。 あまり [続きを読む]
  • 過去の記事 …