Argus Akita さん プロフィール

  •  
Argus Akitaさん: Argus Akita
ハンドル名Argus Akita さん
ブログタイトルArgus Akita
ブログURLhttps://argusakita.wordpress.com/
サイト紹介文海外と東京、秋田を徘徊。秋田は時々。 やはり日本の自然・文化・伝統はかけがえがない。
自由文電通、創価、ヤクザが寄生虫のように蔓延りその混然一体の仕組みを変えられない日本。憲法改正と国防で普通の国になってもらいたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2012/11/01 22:34

Argus Akita さんのブログ記事

  • サングラスは重要
  • ある書類の作成を待つという手持無沙汰で少々草臥れる時間をサンクトで過ごしているが、夏のというか5月中旬頃からのロシアは白夜も続くし、日中の日差しが強くて外を歩くときはサングラスが欠かせない。プレジデントオンラインに興味深い記事が載っていた。“サングラス”を禁止する甲子園の時代錯誤要するに強い紫外線から子供を守るために、一々許可申請などをさせるのをやめて炎天下での野球の試合の際の選手のサングラス装着 [続きを読む]
  • 経済優先と言っておけば支持率は回復するか
  • 第3次安倍第3次改造内閣の顔ぶれが揃って、あまり失言の無さそうな無難なメンバーのようにも思える(唯一野田聖子あたりが閣内不一致をやっちゃいそうな予感はする)。実務派を揃えたとか言うのは主要閣僚は留任や復活で経験者を登用したのだからいわばリユース内閣なのだろうが、きちんと様々な大問題に正面から取り組んでもらうなら誰も文句はないはずだ。国政の政治屋で数少ない原稿無しで英語が話せる河野太郎が外務大臣というこ [続きを読む]
  • ふるさと納税の善し悪しの議論はまもなく無意味になる
  • ふるさと納税がなかなか面白い状況になっている。読売新聞(総務省発表)によれば、ふるさと納税制度による2017年度の個人住民税の控除額が1766億円を超え前年度の1.8倍にもなっているそうだ。逆に都市部での税収減が増え東京都の466億円をトップに神奈川、大阪でも減少となっているようで、都市部から反発が強く、総務省は“豪華返礼品”の見直しを求めているそうだ。法人税や固定資産税がたんまり入る東京都の歳入は一般会計だけで [続きを読む]
  • 日報の有無や文言よりもまずはPKOの実態を知ることが重要
  • 稲田防衛相辞任は、陸自のトップと事務方のトップが揃って辞任したのだからやむを得ないというか、まあ当たり前なのだが、その辞任の理由がイマイチ腑に落ちない。筆者は稲田防衛相については、だいぶ以前に靖国を巡って『靖国は平和を祈る場所ではない、有事には後に続きますと英霊に誓う場所である』という主旨の発言をしていて、それを聞いたときに、筆者も祖父、父から同じ事を聞いていたことを思い出し、ほう、コスプレは別と [続きを読む]
  • さよなら、民進党 〜旧社会党の亡霊に今度こそ引導を〜
  • 民進党の(日本人かどうか曖昧だった)代表の蓮舫がようやく辞任。表向きは都議選の責任と求心力の消失ということだが、これ以上国籍問題を突かれると他の議員(民進党のみならず)も巻き込んだ大事件になると踏んだか・・・。おそらく連合にも水面下で引導を渡されたのだろう。昨年9月のお祭り騒ぎのような代表選では、地方のサポーター等の投票後に国籍問題がクローズアップされたが、それに蓋をして単純な勢いのまま代表就任。(1年 [続きを読む]
  • 死人が出ないなら大きな闇は無い
  • モリに続いてカケ問題で政権にやや暗雲が漂っているようにも見えるが、個人的には(顰蹙な物言いかもしれないが)死人が出ていないのだから、実はたいした問題ではないのではないか?と思える。人事を官邸に握られた官僚達の一部のクーデターめいたものに見えないこともないが、結局は物証も無く、忖度だの憶測だので議論(?)をいくら続けても、一時的には心証の部分は影響を受けるかもしれないが、大勢に影響は無さそうに見える。続 [続きを読む]
  • 日本の政治はずーっと夏休みか?
  • ここ半年以上帰国していないため日本のことはニュースや知人からの情報に頼っているが、漠然とした印象としては、日本の政治が停滞・低迷しているように見えて仕方がない。しかも、政権が今まさに進めなければならない国家としてのいくつもの重大事を正面から取り組まず、アホ野党&(政局だけが楽しみの)マスコミのペースに巻き込まれているかのようにも見える。また、ある面ではそれらの重大事から国民の目を逸らすべく、どうでも [続きを読む]
  • 改正刑法の実効はあるか?
  • レイプは相手の人間としての尊厳を棄損する重大な犯罪である。これは大前提。しかし、今回110年ぶりに性犯罪に関する刑法の見直しが行われ13日施行されたが、名称の変更や厳罰化や親告罪ではなくなったことで果たして被害の実態が明確になるのか、またその法律が抑止力となり性犯罪が減るのかといった実効性に疑問を持つのは筆者だけではないように思える。3年後に見直しというあたりが、どうも建付けの悪い法律の予感がする。続き [続きを読む]
  • ベーシック・インカムの最近の動向
  • 本blogでは過去に何度もベーシック・インカム(BI、ユニバーサル・ベーシック・インカムUBIとも)について取り上げてきたが、現在社会実験中あるいは実験準備中の国や地域が増えてきていることは確かなようだ。今年1月1日から2,000人を対象に国家的な社会実験を始めたフィンランド以外にもオランダ政府も5つの市町村における社会実験を許可した。続き(有料)を読む → loginが必要です登録はこことここをお読みになり、optionsforus2 [続きを読む]
  • NHK受信料への疑問、意見、苦情、罵詈雑言は7月11日まで
  • 6月27日にNHK広報局から出ている報道資料はこれだが、NHKの受信料検討委員会の第1号諮問に対するパブコメ受付は6月28日〜7月11日となっていて、この結果が7月末に発表されることになっている。しかし、この常設諮問機関(座長:安藤英義 専修大教授)はNHKのアリバイ工作のようなもので、NHKの最近特に攻撃的とも思える受信料徴収に関しての見解の追認機関に過ぎない印象が強い。続き(有料)を読む → loginが必要です登録はここと [続きを読む]
  • カトリックの社会教説
  • トランプは相変わらずFake Newsと戦っているようで、先日もgif動画を投稿してCNNと対峙する姿勢を見せたが、こんなものをupするくらいアメリカの大統領がヒマなわけは無いのだが、実務面ではとりあえずオバマ政権のあらゆる施策を否定、廃止に持って行こうとしているものの、その先のトランプ流のソリューションを見せていない。こんなことでは、そのうちアメリカの実体経済にも大きな影響が出てくるのではないか。それにしても、 [続きを読む]
  • 創価の支持が無いとこうなる 〜自民党〜
  • 残念ながら今回の都議選は日本にいないため投票に行けなかったが、ニュースで見る限りは都民ファーストの会の圧勝というよりも創価という今や自民党最大の支持母体・組織票を失った自民党の惨敗が目立つ格好になった。地方選挙のOne of Themだなどと苦しい言い訳をしても選挙戦で国政並の総動員体制であの惨敗では自民党も少々建て直しに時間がかかりそうだ。候補23人をしっかり当選させた公明党は創価の組織票の強さを改めて示し [続きを読む]
  • 先進国の保護貿易主義は何故アカンのか
  • 日本とEUの経済連携協定(EPA)交渉が大詰めのようで、日本のwebサイトを見ていると相変わらず農産物と自動車に関する関税問題ばかりがクローズアップされているようだが、日本側の単純な関税交渉ではなく、EUが条件としている他の項目やEUが関税ではなくその他の方法で非関税障壁を狡猾に設定していることなどをもっと報道すべきではないだろうか。続き(有料)を読む → loginが必要です登録はこことここをお読みになり、optionsfor [続きを読む]
  • 日本が東芝化? 共産主義化?
  • 日経新聞によると日銀のETF買いが止まらないようだ。ETF保有残高は推定17兆円を突破し、上場企業の4社に1社で日銀が『安定大株主』になっている計算だそうだ。投資活性化で物価上昇を目指すと言って早何年か・・・。金融緩和の出口など全く見えない現在の日本は東芝のような粉飾決算の犯罪企業すら国家ぐるみで支えることからも中小企業など不要で国営大企業のみの(名実ともに)社会主義あるいは共産主義国家になりつつある。あるい [続きを読む]
  • 日本を変質させてしまったもの
  • 半世紀以上生きていると明確に日本の社会や人々(暮らしや精神性)が変わってきたことに気付くことがある。それについてあーじゃこーじゃ言うのはほとんど結果論であり、無意味なことかもしれないが、最近はこうして外から日本を見ることが多いせいか、やはり戦後日本の歴史の中で社会制度・仕組みに直ちに大きなインパクトを与えたものや冷酒のようにジワジワ効いてきたものがあれこれとあることに気付く。それらが全て大局的な流れ [続きを読む]
  • 痴漢の問題が変な方向に
  • 物事というのは常に本質や核心を考えたり捉えることは重要なのだが、いつもいつもそればかりを考えていると二進も三進も身動きが取れなくなることもある。例えば、世の中の新しい出来事で『これって無駄だよな』と思っても、その無駄に需要と供給が出来上がると商売になったりもする。しかし、最近の日本のニュースを斜め読みしていると変なニュースというか、ん?問題は別にあるんじゃないのかと思うことが多くなってきたように感 [続きを読む]
  • 検証できないことは『ふーん』と聞くしかない
  • 先日のニュースによれば、モロッコで発見された骨の化石などからホモ・サピエンスの存在が従来の定説よりも10万年遡ることになりそうだ。化石の傍にあった石器の年代からの推定値が30万年前だからというのがその理由らしいが、我々普通の人間には10万年や30万年という時間の長さを肌でわかる術が無いため『ふーん』と聞いているしかないのだが、その骨や石器があった場所がたまたま長い間居住に適している場所であった場合、石器時 [続きを読む]
  • プーチンと忠誠心
  • ロシアにいると当然ながら国営メディアを中心にプーチンの話題が多い。ソ連時代とは違って例えば反プーチンのデモなどもニュースで流れ隔世の感があるが、やはりメディアを牛耳っているため、肝心なネガティブな報道は無い。日本との外交も昨年末の安倍プーチン会談でひょっとしたら北方領土返還に劇的に動くかという空気もあったが、あの会談の前にプーチンが土産として持ってきた『壺切御剣(つぼきりのみつるぎ)』が空気を変えた [続きを読む]
  • 欧州で広がるベーシック・インンカムの議論
  • 筆者もblogで何度も話題として取り上げているが、今年の1月からフィンランドで始まったベーシック・インカム(以下、BI)の社会実験。他にも現在オランダ、アメリカ・カリフォルニア州オークランド、ケニアなどで社会実験が行われている。このBIに関してドイツのDalia Research社が今年の3月に欧州28カ国11,021人(14歳〜65歳)について調査を行った。2016年3月の結果(対象者10,000人)と比較しても、欧州ではBIに対する関心、理解が徐 [続きを読む]
  • 情報自由主義と情報保護主義のバランス
  • LINEと日本政府の連携という全くアホォなニュースに触れて、(予想通り流行らない)マイナンバー(一方的に通知されたユアナンバーだろうに)制度も含めて、個人情報というものを再考する時期が到来していると筆者は感じている。5月30日から改正個人情報保護法が施行されたことは日本ではあまりニュースになっていない印象なのだが・・・。続き(有料)を読む → loginが必要です登録はこことここをお読みになり、optionsforus21@gmail. [続きを読む]
  • LINEを使う無頓着さは問題外
  • 日テレのサイトによれば、LINEが政府のオンライン行政サービスと連携するらしい。これによってLINEの画面からマイナンバーカードを使って一部の行政手続きなどができるようにすることを目論んでいるそうで、将来は税金の支払いや保育所の入所申し込みなどもできる見込みだそうだが、マイナンバーカード普及が未だに1割程度に留まっていてどう贔屓目に見ても成功しているとは言えない状況でこのLINEとの連携・・・。情報通信や放送 [続きを読む]
  • 呆れる存在になりつつある中央官僚
  • 公務員特に中央官僚はかつては優秀で情熱も有り、戦後日本の復興や発展にその力を発揮して見事なまでの官僚支配社会主義国家である日本を作ったわけで、確かに同窓の連中でも国を背負うと意気込んでも違和感がない程優秀な奴も多数いた。しかし、昨今の公有地売却問題、天下り、外交での拙さ、皇室を巡る問題、教育に関する迷走、食や農林水産業に関する疑義、大企業の優遇や(半ば)犯罪の目こぼし、地方自治体との連携の無さ・・・ [続きを読む]
  • 皇室崩壊に繋がる女性宮家、ダメはダメ
  • 最近、海外のニュースサイトのコラムなどでも日本の皇室について触れているものが多くなったのは気のせいか。無論、眞子内親王の婚約(予定)といった慶事についてはいつもながらの報道内容であるが、日本でだいぶ侃々諤々の議論やら誹謗・中傷・憶測だけに限らず、内親王とその相手の学生時代の写真やトピックが流れたせいか、昨年から議論が続いている譲位問題や再燃した女性宮家の問題などに言及している記事が増えたような印象だ [続きを読む]