FLUTE_START_ENJOY_MASTER さん プロフィール

  •  
FLUTE_START_ENJOY_MASTERさん: フルートを始めよう!楽しもう!極めよう!
ハンドル名FLUTE_START_ENJOY_MASTER さん
ブログタイトルフルートを始めよう!楽しもう!極めよう!
ブログURLhttp://flute-start-enjoy-master.blogspot.com/
サイト紹介文海外で活躍するフルーティストが上達のヒントを伝授。他、教本/楽譜/CD紹介、教授法など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2012/11/02 18:35

FLUTE_START_ENJOY_MASTER さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 現代奏法:ホイッスルトーン
  • 今回はホイッスルトーンです。前々回の 、吹き口をセンシティブにとちょっと共通点があるかもしれません。結構デリケートな奏法で、小泉さんの著書によるとかなりのテクニックを要するということなので、上級者のチャレンジでしょう。こればっかりは、兎にも角にも練習あるのみです。1:息の量は非常に少なく、スピードもとても遅い2:唇は殆どまるで何もしてない状態。小さく穴が空いている程度3:お腹の支えと息の圧力はいる [続きを読む]
  • 口笛で吹き口を鍛える。吹き口(唇)をセンシティブに。
  • 教本紹介ページでも紹介しているトレバーワイさんの音作り教本 にも出ている「唇のしなやかさ」音作り、すべてのテクニックの基本は「息」にあると思うのですが、しかしながら唇のしなやかさはとても重要です。ppが欲しい時(こと高音域で)、跳躍を演奏する時・・・何かと必要なのは、唇のしなやかさだと思います。さて、そんな唇のしなやかさ。どうやってゲットするかというと、トレバーワイさんの教本に載っているようなアルペ [続きを読む]
  • フルートは音痴?ー音程を気をつける
  • 気がつけば10万以上のサイト訪問があったようです。ありがとうございます。上達の上での何かしらの参考になっていれば幸いです。さて、タイトルの音程のお話。以前にもアンサンブルのテクニックで書きました。横に吹く笛というものは、フルートに限らず、歴史的に万国共通で音痴楽器らしく、イタリアバロック時代の指揮者が「フルートは音痴だから嫌になる」と言ったとか、三味線唄の方に「笛吹きさんは音を外されるので唄いにく [続きを読む]
  • フルート吹きながら歌う(喉が閉まってしまう人にも有効)
  • この吹きながら歌うという現代奏法。現代曲では頻繁に使用されるテクニックです。このテクニックは、そんなには難しくありません。とにかく吹きながら歌う。最初は楽器なしでフルートを吹くような口の形にして「うー」と声を普通に出します。そして、息をフルートを吹くかのように勢い良く出す。その時に声が止まらないようにします。喉の振動が(喉に)感じられるかもしれません。次は楽器を持って、音を出し、そして声を出してみ [続きを読む]
  • 過去の記事 …