kamaka_ryu さん プロフィール

  •  
kamaka_ryuさん: はこだて自然倶楽部風を追って
ハンドル名kamaka_ryu さん
ブログタイトルはこだて自然倶楽部風を追って
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/kamaka_ryu
サイト紹介文北海道、函館の観光、自然、食。登山や市民活動も紹介。山旅、自然保護もアップ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2012/11/02 18:27

kamaka_ryu さんのブログ記事

  • 目国内岳
  • ニセコ連峰を縦に展望の山は羊蹄山1893mと目国内岳1220mでしょうか。十勝連峰なら富良野岳と美瑛岳かな・・・。昨日のような晴れた日は目国内岳の岩峰から盾に横にぐりっと道央と道南の山も見えます。メンバーが最初に見つけたのがニセコ連峰じゃ無く噴火湾越しの駒ヶ岳だった。昨日は台風が来なければ登山教室で下北の縫道石山を登っていたところ。下山後はマグロ三昧の予定でしたが残念です。か・・・昨日は少しスケールの大きい [続きを読む]
  • 野党共闘はやるべき
  • 僕がよく食べる"カツ丼とざる合わせ"正反対と考える食べ物も同じ盆に載せれば人気メニューだけに美味しく見えるし食べ応えもあります。選挙に「カツにはざる合わせ」これは与野党限りませんが味をアピールする上にもしたたかに実行することです。そして衆議院解散選挙の野党共闘の行方が如何になるか自民公明も少なからず気にしているはずです。議席数が大幅に変化しますからね。政権側が大勝ちしてしまったら、再び緊張ゼロの政治 [続きを読む]
  • 立山余話 その4
  • やや一ヶ月経ちましたが・・立山から函館へ帰る話です。生憎の雨の停滞&登山でしたが一般的な旅行ということに置き換えれば満足のいく遠征では無かったかと思います。メンバーはほろ苦いエピソードなどありましたが無事函館に帰ってきました(^o^)室堂平を後にトロリー、ロープウエイ、ケーブル、徒歩、トロリーと乗り継いで扇沢へ着き昼食を食べて再び夢の湯さんで打ち上げです。信濃大町から松本駅へ。松本で追加のお買い物して [続きを読む]
  • 美利河丸山余話
  • 美利河丸山は二股ラジュウム温泉からのコースもコース荒廃のため封鎖しており残るはこの山の家コースですがコースは倒木が多く中盤の尾根筋にあったブナは半分が倒れてしまいました。コースは今金町が改修しており登るには問題ないのですが下山後に楽しみにしていたソフトが無いことと入浴が出来ない?こと。そしてソフトクリームが食べられない・・この残念さです。美利河山の家が昭和61年に完成して30年余りが経過して改築できず [続きを読む]
  • 恵庭岳
  • "ぶらり山歩き"で恵庭岳1319,7mに登ってきました。函館から日帰りだと未明3時半出発で帰りは21時です。台風が来る前なので駐車場は満杯でしたが工事誘導員が親切な方で入口スペースを使わせて頂きました。トイレは女性専用もあって好都合でした。9/16土曜日の予報は晴れ予報で登山口は青空が広がっていましたが高度を稼ぐごとにガスが上がってきて頂上につく頃には冷たいガスの中でした。以前の台風被害による倒木処理もおおかた終 [続きを読む]
  • 強風で外ドア吹っ飛んだ…>_<…
  • 未明からの風雨で会社の横ドアが壊れました。昨年のシャッター被害に続き今年も台風被害です。。さっそくホーマックでコンパネを買い打ち付け始めたら台風の吹き返しの風が吹き始め危うく、、合板パネも飛ぶところでした・・。修理費用は?胴縁も交換のドア設置なので20万円で済むかどうか・・痛い出費です(>_ [続きを読む]
  • 伊達紋別岳
  • 昨日は里山登山で徳舜瞥山から転進して太陽の園コースを登って来ました。登山口からノコンギク、シラヤマギク、稜線ではエゾオヤマリンドウ、モイワシャジン、トリカブト、アキノキリンソウなどが風受けて乱舞して秋の山らしい花風景がヨカッタです。登山開始時は青空も広がっていましたが次第に北から雨雲がやってきました。寒冷前線の通過で雷雨の雲が13時頃通過でしたから早めに下山しました。道の駅に風雨がやってきたのは14時 [続きを読む]
  • 松倉川松聖橋〜湯の川温泉橋の整備見分
  • 松倉川の市街地を流れる松聖橋下流の堆積土掘削・伐木(H28台風災害復旧工事)工事につき13日に北海道、函館市と松倉川を考える会で現地見分してきました。基本的には堤防内川道に永年堆積した流下阻害要因となる樹林と土砂を取り除くという工事で今年12月〜来年3月まで大工事になる予定で昭和53年に完成した堤防内の川道に戻すための工事で今後は5年毎とか定期に維持管理をすることになる?でしょうか。松倉川を考える会では1.河川 [続きを読む]
  • 苔の回廊、楓沢
  • 国内でも有数の苔の多い樽前山周辺の火山流で出来た苔の回廊・・・カツラの香りが漂う中、下見をしてきました。樽前山、風不死岳登山道へのバリエーションルートとして登山者が使うようになったモラップにある楓沢ですが最近、Webはもとより雑誌や新聞にも紹介されて今月には各TV局も秋の紅葉スポットとして放映することになっているそう。観光地の苔の同門が土石流で封鎖されているなか苔の回廊を観たいという観光客には朗報なの [続きを読む]
  • 恵山登山会 御礼
  • 函館市椴法華教育事務所主催の秋の恵山登山会が昨日行われ27名が参加して無事終了しました。最年少は女子6才で最年長は毎回参加して頂いています79才の山好き紳士です・・。ありがとうございました!昨日は寒冷前線の影響と市が警戒していた北朝鮮のミサイル発射を懸念しながらラジオ放送を聴きながら異例の登山でした(携帯電波が届かない区間がありますからね)登山口を出発してから森林浴コースを足慣らしで旧登山口まで35分程歩 [続きを読む]
  • 昼メシ
  • 市役所で午後から函館市緑の基本計画改訂版のレクチャーを受けるため市民も利用出来る市役所地下食堂でランチ。食堂入口にある喫茶&パン販売ブースには30年来の知り合いである食堂の女将がいつもの笑顔で「カマさん、久しぶり!天丼蕎麦セットオススメだよ」と。明日は恵山登山会なので少し気張って?女将さんの奨める週替わり巴ランチ@580円でランチタイムでした。味ですが蕎麦汁は出汁が効いているし、天丼も揚げたてでエビ天2本、 [続きを読む]
  • 天然記念物の楽園で風車建設
  • 八雲町の遊楽部川流域及び付近河川は天然記念物のオオワシ、オジロワシを中心とした猛禽類や野鳥が飛来する楽園で八雲町は自然博物館と宣伝している遡上するサケと飛来するワシのおりなす食物連鎖を観光や自然学習の適地として宣伝しています。サケを求め越冬地としてロシアから飛来する数は200〜300羽とメッカの道東の河川を凌ぐ飛来数と言われています。報道でこの流域の北沿部に48基もの大型風車建設が進められるのは驚きです。 [続きを読む]
  • トイレ考
  • 山のトイレ問題だが以前よりもマナーが良くなってきた。というのも登山口にトイレを設置したり道の駅などのトイレが快適なシャワートイレに変更されたり、コンビニトイレが洋式になったりと山屋にとって環境が整って来ているからだと思う。山小屋でも洋式トイレは今や当たり前でシャワートイレは八ヶ岳硫黄小屋で10年前から設置していて国内最初だった。先に訪れた立山室堂のみくりが池温泉は女性専用トイレがあり洋式トイレは全て [続きを読む]
  • ドジョウ鍋
  • 道南落語?楽部9月講座に出演の爆笑落語家、元八ヶ岳駒草神社宮司だった親友の福澤件暫こと独逸家孤逸さんといつもの五稜郭の白扇さんでドジョウ鍋を食べてきました。お陰で翌日の登山は絶好調でした(^。^) [続きを読む]
  • 松倉川流域懇談会
  • 渡島振興局で開催されました。議題は松倉川の治水についてですが今回は主に松倉川本流に堆積している土砂と河床林の除去でした。昨年、8月豪雨で危険氾濫水位を越え堤防の中間まで水位が上がったので洪水危険を付近民も感じたことや、道が策定した豪雨被害を元にした「河道内樹木伐採などの河川維持管理のあり方」(H29.3策定)に準ずる予算付けがあったためです。予算は14千万です。本年度予算で工事することでしたがこれまでは大規 [続きを読む]
  • 岩内岳
  • ゆっくり登山で例年より早い時期に岩内岳1085.7mに登って来ました。。函館から3時間半で建家をリニューアル中の国際スキー場駐車場に着きます。登山道は旧ゲレンデが登山道で6合目以降の尾根筋からの眺望が見事で人気の山です。とくにヌルデが多く10月序盤、紅葉の彩りは登山口から真っ赤に登山道を飾りますので好きです。駐車場には雷電山へ向かった登山者の車が駐車していました。ただ登山口にトイレが無いので岩内道の駅から離 [続きを読む]
  • 恵山登山会の下見
  • 椴法華教育事務所 主催の秋の恵山登山会が9/9開催されますが安全確認と見所の下見をしてきました。恵山のホテル恵風から恵山頂上を目指すコースで小学生から70代のシニアまで30名を越える参加です。いまのところ晴マークなので・・斜面のヤマウルシ、山頂付近に群生するイタドリなどの紅葉が待ち構えています・・。下見をした9/4は月曜日でしたがKuzuさんGrのほか多くの登山者が登っていましたね。当日が楽しみです。。 [続きを読む]
  • コックリ湖撤退のご褒美(^^)
  • 大人の遠足で昨日は二年越しのコックリ湖へ向かいました。台風の余波で涼しい風も吹き登山口から苅ったばかりの歩道をスタート。雨が少なかったので難関の徒渉?もラクチンかな?とコガネギクなど撫でながら高巻き道を登りきると後ろからスニーカー姿の散策者が追い抜いていきました・・彼には徒渉があるからね。と伝えたところ行ってみると・・。やや登りにかかり始めると人頭大の石が登路の真ん中に「転がって」います・・アレ! [続きを読む]
  • 写万部山
  • 長万部のピラミッド、一等三角点の写万部山はハイキングの山?で道内各地はもとより全国から一等三角点ハンター等が登山をする山です。最近はトレランで登るアスリートも居ると言います。標高差は358mですが悪天候の日やヒグマが移動する季節は危険な山です。里山登山で昨日登って来ましたが2組の登山者とスライドしました。ときおり晴間が広がる好天気でネジバナとアキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)が異常に多くネジバ [続きを読む]
  • 立山 余話その3
  • 三日目。風も少し止み、朝食のあと時徐々に窓の外が明るくなってやっと登山!?できそう・・でも注意報は継続。雄山登山は規制中・・ということで立山三山の一座である浄土山2831mに望みをもって雨脚が強い中みくりが池を出発しました。風雨次第ですがなんとか室生堂山2680mへ登れれば良いかと・・室堂平の湧水を飲み登山口へガスの中進むと学校登山の一行が一の越の雪渓から「雨で滑り登れません」と引き返してきました。僅かな距 [続きを読む]
  • 立山 余話その2
  • 入山二日目は朝から強風と豪雨で富山地方は注意報がでていました。でも、長野側は晴マークが出ていました・・つまり黒部アルペンルートはロープウエイまで晴れですが室堂は雨ということ。立山登山天気は富山側、立山の予報が適用されるのです。二日目の雲の動きをみると雷雲を持つ積乱雲が立山から離れないので停滞を決めて宿の中を探査したり湯治を続けたり・・?ショッピングしてピザ食べて・・精巧なアルパインガーデニングに感 [続きを読む]
  • 立山登山教室 余話その1
  • 久しぶりに山小屋で雷雨などで1.5日停滞しました。立山地方は8/22から25まで災害注意報が軒並み出ていましたからね。今回は立山なので山小屋は温泉をベースに立山、奥大日岳を日帰り山行にしました・・通常は縦走を組み、複数の小屋泊まり、稜線小屋泊まり、小屋継ぎなどがピーク越えがあるとそんな段取りでしょうが、登山道の良さからピークの日帰り可能で日本最高点温泉「みくりが池温泉」を基地にして3泊計画を組んだのが正解だ [続きを読む]
  • 汐首岬290.5m
  • 昨日は山ガール登山で猛暑と秋風が混じり合うなか汐首岬へ訪れ帰りに温泉で汗を流しアイス118でソフトを食べました。道立恵山自然公園の東端に位置します汐首岬(汐首山)の上部は草原地帯でこの時季8~9月になると秋の七草などが咲きますバイパスに近い路側帯から歩くとツルフジバカマなどがお出迎えしてくれました今年は夏に雨が多かったので花の数も咲きっぷりも良いようでした・・この日は蝶調査隊ふくめ3組、花愛好家のToさんに [続きを読む]