炎のクリエイター さん プロフィール

  •  
炎のクリエイターさん: 炎のクリエイター日記
ハンドル名炎のクリエイター さん
ブログタイトル炎のクリエイター日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sugichan_goo
サイト紹介文綺麗なものを一眼レフや i Padで撮影し、画像中心で普段の行動を綴る。こだわり料理レシピもご紹介。
自由文どんな素材も、関西風味にクリエイトします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供357回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2012/11/09 12:48

炎のクリエイター さんのブログ記事

  • 豆腐屋さんのおつまみ 〜まるで大豆の国の大豆尽くし〜
  • お豆腐屋さんの原料と言えば、もちろん「大豆」だが、お豆腐を作る傍らにコンニャクも販売せれているお店は案外多い。美味しそうなものを見繕って、良いとこ取りのように買い漁って、帰宅した瞬間からお豆腐屋さん料理というか、原材料が大豆の料理を開始‥‥コンニャクとね。(笑)既にビールは空いている‥‥発泡酒であったが少々見栄をはった。まずは冷奴だが、ごま油の香りが漂う「豚キムチ奴」にしてみた。あっさりした冷奴の [続きを読む]
  • 牡蠣の香草フライ丼 〜シーズンのラストを飾る牡蠣の激ウマ丼〜
  • 牡蠣の美味しい季節に別れを告げようとしている。ラストを飾るに相応しい超美味しい牡蠣料理で、フィナーレを飾りたいものだ。ぷっくり膨れた粒揃いの牡蠣を用意したら、丁寧に大根のおろし汁か、片栗粉で綺麗になるまで汚れを落としていく。水気をしっかり拭き取り、牡蠣フライの要領でパン粉に乾燥バジルを混ぜて、少な目のオリーブオイルで揚げ焼きにしていく‥‥目指すは「牡蠣の香草フライ激うま丼」。まずはタレ作りから。酒 [続きを読む]
  • びわ湖の水位と破竹の勢い‥‥
  • 瀬田川畔の国有地から、慣れている方はタケノコや破竹を採ってこられる。そんな「破竹」を頂いたが、ワシにはどこにあるか皆目見当もつかない。「破竹の勢いで連戦連勝する」の破竹とは、良いほうでの言葉に使うが、実は竹の最初の一節を割ると、あとは一気に最後まで割れるさまで、勢いが激しくてとどめ難いような負の言葉(破竹の9連敗みたいな?)であった。破竹の中華餡かけ。先日からびわ湖の水位が「±0?」となっているの [続きを読む]
  • タコのトンビをカツに 〜入門編 カツに仕上げる〜
  • タコやイカのトンビと言えば、彼らのお口の部分で、トンビの鋭いくちばしのような形状の、歯の代わりの漆黒の硬いものを指す。それの周囲を固めている筋肉のような部位が、今回ご紹介するブツで、北海道産の珍味「水ダコのトンビ」は、直径が5?くらいのビッグサイズもある。見掛けは「鬼太郎の目玉おやじ」のようだが、ボイル後の冷凍で送られてきたので、解凍して黒いトンビ部分を取り除くところから始まる。真っ先に味見として [続きを読む]
  • 焼き林檎のケーキ 〜工夫が実った瞬間〜
  • 毎月第三土曜の夜に集合する、中学時代のプチ同窓会が、出身地天理の焼き鳥屋さんでおこなわれる。その場へデザートとして、ワシが毎回違ったケーキを作って、一年間持参を続けたら、それが恒例になった。上手に焼けて美味しく納得できる出来にあがれば喜ばしいが、それよりも旧友の笑顔を見るのが何よりも嬉しい気がする。以前に「ふっかふか林檎のケーキ」をご紹介したが、今回の「焼き林檎のケーキ」も、共にバターケーキ作りの [続きを読む]
  • 十割蕎麦ぶっ掛けて‥‥ 〜昆布と鰹のW出汁仕上げ〜
  • 今日のお昼もまた‥‥ランチを何にするかで悩むところで、コンビニ行けば毎回同じようなメニューになり、ファーストフード店に行けば、これもまた偏ってしまうのが実情だ。日中は、無風状態も手伝って異常に暑かったため、久しぶりに冷たい蕎麦でもと考えた時から頭の中で、冷蔵庫の食材を回想する訳で。冷蔵庫右側の下段に「長芋」が、先日お好み焼きの使いかけとして量としては‥‥ネギは確保、鰹の削り節も確保、お揚げさんが無 [続きを読む]
  • マグロのカツ 〜最後に愛がカツ!〜
  • 日頃の「マグロ好き」が興じて、マグロ料理のサイトも立ち上げていたが、その当時は三重の勝浦・静岡の焼津・清水にも思い付きでちょくちょく食べに行っていたのは、5時頃出発するといい具合の時間に到着して美味しいマグロにありつけるからだ。昨日、ブログ親友のくにちゃんから、地元神奈川県は三崎漁港の「マグロバーベキューセット」を頂いた。マグロと一口に言っても、色んな部位があり色んな調理方法がある。セットには、ホ [続きを読む]
  • から揚げの美味しいラーメン屋 〜から揚げセット/1000円〜
  • 膳所のラーメン屋さん「与七」は、以前から懐かしい味がすると思えば、このお店は奈良の「無鉄砲」の流れを汲むようだ。奈良在住当時は、紀寺の本店へよく通ったり、向かいの国立病院に入院している時も、ニンニクの臭いをさせて帰って、婦長に注意を受けた悍ましい記憶が蘇えってくる。きょうは、特にから揚げに美味しさを感じたので‥‥。少しお腹が空いていたので「から揚げセット/1000円」を、味噌とんこつラーメンで注文。ラ [続きを読む]
  • 酢豚に、海苔巻き風シャケおむすび‥‥
  • 最近は、豚肉の代用に「鶏肉」で酢豚を強行して、言うならば「酢鶏」としていたのだが、今回は濃厚な美味しさを求めて正真正銘の豚肉でやってみた。野菜をすべて乱切りにし、食べやすい大きさに切った豚の天ぷらを揚げ、甘酢餡作りを別鍋で煮立てて済ませると準備完了。甘酢作りは合わせ調味料作りと考えて、必ず前もって準備し仕上げの調理は素早くをモットーに。風味が良いように、ごま油を敷いたフライパンで、ニンニクを香りが [続きを読む]
  • 完熟トマトのフレッシュパスタ 〜痛恨のバジル乗っけ忘れ〜
  • 最近はお家でお仕事をしているので、昼食には白ご飯があればレトルトカレー250g〜300gの大盛りタイプを食べるために、常備している自分がいる。主婦の皆さんも毎日のお昼となれば、きっと「ん!ん!」と相槌を打ってくれると信じている。面倒ちゃ〜面倒な気はするが、チョット思い切って簡単パスタを作ってみることにする。本当なら、お友達のトマト農家さんから「完熟トマト」が欲しかったから頼んでおいたのに、逆に気を遣って出 [続きを読む]
  • 京都府で唯一の村…… 〜南山城村 道の駅〜
  • ゴールデンウィーク中は、テレビのニュースにもなっていた、京都府で唯一に残る「村」相楽郡の「南山城村 道の駅」にやってきた。場所的に山城の南ってイメージではなく、既に笠置・伊賀上野のイメージが強い超田舎の、道路だけは立派に広くなりマイカーの渋滞が出来て、定期便のトラック運転手さん達が、予定の時間に到着出来ず大いに困っているとのことだった。では?何がそんなに人気を呼んだのか?探ってみることにした。平日 [続きを読む]
  • 伝説のスタ丼風 〜スタ丼インスパイアのぶた丼〜
  • 都市伝説で「サッポロラーメン」の看板を掲げた店が元祖だと囁かれ、国立市西が発祥の地と伝わる「伝説のスタ丼」が存在した。このネーミングは、スタミナ丼の略で、ニンニクの風味がバリバリにきいた醤油味の豚バラ細切れ焼き肉の丼で、ご飯の上の揉み海苔と、お肉の上のオンリーユー(黄身だけ)トッピングが必須条件だという。お肉は火を通し過ぎないように焼くと、軟らかくて美味しく戴けると共に、ニンニク醤油の効いた豚バラ [続きを読む]
  • 親子うどん 〜 一日以外の丸亀製麺 〜
  • 甘辛く煮込んだお揚げさんを、蕎麦に入れるスタイルは、各地によって呼び名が異なる傾向にあり、関東では「きつね蕎麦」、関西では「たぬき」という具合だ。さて、親子なる定義もあるが、鶏肉のところへ子供である卵をとじて親子となったものを、ご飯に乗っけると「親子丼」で、うどんでは「親子うどん」という理屈だ。ところが、丸亀製麺の「親子うどん」に関しては餡をかけているので、正確には「親子餡かけうどん」となる。これ [続きを読む]
  • 美味しいマグロ…… 〜プロでも素人でも不必要に触るな〜
  • 誰が食べても美味しいと感じるであろう「太平洋産クロマグロ」は、調理や料理など関係無しに、ただただ単品の生を、人間が極力触らないようにすれば美味しく戴ける。何処とは言わないが、硬いすしネタに隠し包丁を入れるのはアリだが、美観を伴うにぎり寿司にするために手でベタベタ触る細工は、ご免被りたいものだ。お友達や知り合いを招くのならいざ知らず、自分で食べるならストレートに素早く切って、出来るだけマグロに触れな [続きを読む]
  • 鯵フライ 〜サックサクで熱々ふわふわの身が甘い〜
  • 新鮮そうな目の輝きの鯵(アジ)があったので、ひと盛りっていうか数匹手に入れて「刺身」か「タタキ」が一般的だろう。千ぎりした青紫蘇と混ぜ合わせて生姜醤油でと思ったが、その夜放送していた生魚の寄生虫「アニサキス」が気になったこともあるが、日本酒のストックがなくなっているのに気付き、急遽方向転換して「鯵フライ」に決定した。これならビールでバッチリ!新鮮な鯵(アジ)だといっても、刺身でしか力を発揮しないわ [続きを読む]
  • アワビと牛のステーキ 〜出来あがりに究極の時間差〜
  • きっとワシは安易に考えていた。ホットプレートでステーキを焼くだけのことだから「取り敢えず乗っけておけば…」的な発想で、二種類の食材を二人前だけ並べて乗っけてみた。食材は「殻付きのアワビ」と「牛サーロインステーキ」であるが、皆さんもご存じのとおり、後者は1分もしないうちに引っくり返し、2分もしないうちにすっかり出来上がってしまった。ところが、殻付きのアワビはホットプレートの熱に全く動じていない!この [続きを読む]
  • 大アユの塩焼き 〜信楽陶器市のお気に入りグルメ!〜
  • ゴールデンウィークに開催されたイベント「信楽陶器市」で、特に気に入った屋台のグルメがある。体長約30?の大アユの塩焼きだが、古風な竹串で強火の遠火という難関をクリアしている逸品だ。見本のそれは「少し焼き過ぎではないの?」と質問すると「これは見本で絶妙の焼き加減のもっと大きなものがあります」とのことだった。言ったねぇ〜このねえさん? 「だったら貰おうじゃないの」という言葉しか出てこなかったので、ワンコ [続きを読む]
  • 信楽焼陶器市 〜信楽までバイクでGO!〜
  • ゴールデンウィークの期間、陶器の町「信楽」の駅前で開催されてきたイベント「信楽陶器市」が、本日7日で最終日を迎えた。バイクでひとっ走り見てくると、町のいたるところに信楽焼の代表格「お狸さん」が目にとまる。駅前(信楽高原鉄道終着駅これって公衆電話?)にも、うどん屋さん(狸屋文福)も目をひく。会場には数々のご当地グルメの屋台(焼うどん・じゃが揚げ・ワカサギに天ぷら)や、陶器の狸作り体験や、抽選会で場内 [続きを読む]
  • コンニャクで砂おろし 〜言い伝えに嘘はない!〜
  • 日本を始め、中国・ミャンマー・韓国などでも食べられているコンニャクは、和食ブームであることや低カロリーなのも手伝って、徐々に世界へ広がり始めている。先日はイタリアではパスタの代用でシラタキを、ヘルシー食品として扱われていると、テレビでも紹介していたようだ。ワシは鰹出汁で焼いて砂糖・味醂・醤油で味付け煮込む「煮込みコンニャク」が好きだ。日本のコンニャクは、昔から「砂おろし」と言って、晦日・冬至・節分 [続きを読む]
  • 朝日レガッタ 〜びわ湖で手漕ぎボートの競技21種目〜
  • 今年も晴天に恵まれたゴールデンウィークに、びわ湖漕艇場を会場とし、ボート競技「朝日レガッタ2017」が開催された。「レガッタ〔イタリア語regata〕」とは、原動機のない船を使った、複数の人数によるボート競技と言う定義だが、簡単に言えば手漕ぎボート競技のこと全般を指すようだ。中学生〜大学生〜一般社会人の幅広い年齢層が21種目で速さを競った。2006年にコミックを原作として、テレビ朝日系列でドラマ化された「レガッタ [続きを読む]
  • 鍋焼きうどん定食 〜深夜はまだまだ肌寒い〜
  • 汁ものなら何にでも餡かけ仕上げが出来る大将のお店、以前ご紹介した陽ざしさんで「鍋焼きうどん定食/1300円」を注文。定食のグルーピングが結構面白いのでご紹介する。定食の内容は、鍋焼きうどん・おでん盛り合わせ・白ご飯の三点セットだが、如何にも暖まろうという考えが全面的に押し出されている。〆ご飯に定食はチョット不味ったか?ボリュームがあり過ぎるのが難点。しかし、酔っ払いは定食の量の多さくらいに動じない。ビ [続きを読む]
  • タケノコの土佐煮 〜我が家と猪一家のタケノコ事情〜
  • 我が家の「タケノコ事情」の鍵を握る男、ちなみにこの季節に限っては、錬筍術師と呼んでも遜色ないくらい毎年の如く本数を増産してくるのだが、去年・今年と猪の被害で、全然ニョキって来ないらしい。たくさん頂いている時は超美味しかったので、猪も味を覚えたとすれば、毎年お世話になりたくなる心境も理解できてしまう。今年は猪に花を持たせ、もし食っている最中の猪に油断あれば、錬筍術師に「猪肉」でも構わないと伝えたが… [続きを読む]
  • 麻婆豆腐ライス 〜まい茸天ぷらのせ〜
  • 先日の、見習いデザイナーを始めた頃の記憶が戻ってきたことを書いたが、更に遡って学生時代の想い出に突入した。所持金が無くなると「丸美屋 麻婆豆腐の素」を利用して、白ご飯の上から数回に分けて乗っけ食事にしたものだ。それに飽きがくると次は「カレーの章」に突入する。従って、双方共にウスめても絶え得る味を確保出来るかがミソとなり、調味料を足して濃厚な味を取り戻すのも技となる。冷えたまんま盛り付けラップする「 [続きを読む]
  • 朔日餅と一日半額DAY 〜絶品の赤福と、丸亀製麺の釜揚うどん140円〜
  • 今月は忘れずに立ち回れた「一日の半額釜揚うどんと、赤福の朔日餅」。何てことはない、お餅を待っている方にお届けする道すがら、半額釜揚うどんを食べると行動を一連化できるわけだ。きょうの丸亀製麺さんでは「釜揚うどん/半額140円」だけにしようと思ったが、並んだ瞬間に「鶏天/140円」がチリチリと音を立てて揚がってきた。目の前へこれ見よがしに、揚げ立ての鶏天がド〜ンと置かれた……これは販促でしょ?いえいえ反則でし [続きを読む]
  • コゴミの天ぷら盛り合わせ 〜金勝山の幸を天ぷらに〜
  • 栗東市の南のはずれにある「金勝山(こんぜやま)」の山中に「金勝寺」がある。天平5年(西暦733年)に聖武天皇の命により、紫香楽宮の鬼門鎮護のため創建したと記述がある。このように歴史的な場所であるが知名度はない。バイクでひとっ走り、ツーリングがてら向かってみると、自転車競技のヒルクライムに使われている急坂が待ち構えていた。きょうは、知人に「コゴミ」のある場所を教えて頂いて、偵察に来たのだが皆目見当がつ [続きを読む]