左利きのニーチェ さん プロフィール

  •  
左利きのニーチェさん: 兵頭に訊こう
ハンドル名左利きのニーチェ さん
ブログタイトル兵頭に訊こう
ブログURLhttp://m-hyodo.com/
サイト紹介文このサイトは、政治、原発、TPP、がれき拡散、食の放射能汚染と幅広く、さらに映画、文学と扱います。
自由文今までのブログに満足できない方に、ちょっと贅沢なブログを!
マスメディアが操作し、国民を洗脳し続ける情報とは違ったステージに、あなたを招待します。
あなたは、このブログで、政治やマスメディアにだまされなくなります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2012/11/06 12:14

左利きのニーチェ さんのブログ記事

  • 党を滅ぼす安倍・蓮舫
  • このページは、2017年7月25日に更新しました。 『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。 ・・・・・・・・・━━━━━━☆・・・ [続きを読む]
  • 加計孝太郎に高まる国民の不満
  • このページは、2017年7月22日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石日本の政治がどんどん劣化していっています。証拠の記録に対して、「記憶にない」で邪悪な過去から逃げる政権。これからはレコーダーに記録しないとダメだ、となるでしょう。つまり日本政治はレコーダ [続きを読む]
  • 国民に寄り添わない日本政治
  • このページは、2017年7月20日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石「職業というものは要するに、人のためにするものだということに、どうしても根本義を置かなければなりません。人のためにする結果が己のためになるのだから、元はどうしても他人本位である。すでに他 [続きを読む]
  • 教育にたかる加計のシロアリ
  • このページは、2017年7月18日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石加計孝太郎には、教育者としての要素がまったくありませんね。これほどの騒ぎになっているのに、記者会見すら開いていないでしょう。隠れていれば、そのうちバカな国民は忘れてくれると思っているので [続きを読む]
  • 国民に寄り添わない自民・民進劣化の理由
  • このページは、2017年7月17日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石自民党が負けると民進党も負ける。両党ともトップが責任を取らない。政策だけではなく、無責任な党文化も、とても似ています。国民は選択肢がなくなったので、ますます小池新党に行くでしょう。このペ [続きを読む]
  • 内閣人事局で自爆した安倍晋三
  • このページは、2017年7月15日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石人間は弱い生き物です。だから権力を監視するメディアや野党は、自らに規制を加えないといけません。権力はその規制を壊そうとします。しかし、権力の設定する饗応は受けてはならないのです。繰り返し [続きを読む]
  • 加計学園救済のための獣医学部認可
  • このページは、2017年7月13日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石安倍晋三の政治はオトモダチのための政治ですね。こんな腐敗した政治をよくもやれたものだと思います。と同時に、それを許してきた民進党は猛省すべきだと思います。都議選の総括にしても、両党から責 [続きを読む]
  • 政界の既得権益を守る供託金制度
  • このページは、2017年7月11日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石「いやしくも倫理的に、ある程度の修養を積んだ人でなければ、個性を発展する価値もなし、権力を使う価値もなし、また金力を使う価値もないということになるのです」(『私の個人主義』)このページの [続きを読む]
  • 人も動物も同じ〜生物兵器の思想〜
  • このページは、2017年7月10日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石戦争は人を変えます。731部隊や100部隊のことを、日本人はもっと知るべきです。大切なのは、普通の人間が、戦争という環境のもとでは鬼畜になってしまうことです。その認識が大切で、そこから平和の尊 [続きを読む]
  • 石破茂のリークと生物兵器
  • このページは、2017年7月8日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石権力というのは際限がないもので、使い方を間違うと民族的な厄災をもたらします。安倍晋三は、戦争の準備を整えるのに夢中ですね。国民の幸せなどは考えていません。それが「帰れコール」に対して放った [続きを読む]
  • 野田・蓮舫では民進党再生はない
  • このページは、2017年7月6日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石「考えてみると世間の大部分の人は悪くなることを奨励しているように思う。悪くならなければ社会に成功はしないものと信じているらしい。たまに正直な純粋な人を見ると、坊っちゃんだの小僧だのと難癖を [続きを読む]
  • 都議選での民進党と自民党の惨敗
  • このページは、2017年7月4日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石自民党は都議選を総括できないようですね。これをやらなけれは衆議院選挙で同じ惨敗が待っています。惨敗の責任は、安倍晋三その人にあるのに、「THIS IS 敗因」(Tは豊田、Hは萩生田、Iは稲田、Sは下 [続きを読む]
  • 都議選と「都民ファースト」の正体
  • この記事は、2017年7月2日、都議選投開票の前に書いて発信したものです。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石都議選最終日の秋葉原。ここで、さまざまな人間模様が見られました。安倍晋三への猛烈な「帰れコール」「やめろコール」。それにムキになってやり返す安倍晋三。そして籠池夫 [続きを読む]
  • 加計学園の水増し請求疑惑の深層
  • このページは、2017年7月1日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石現在の自民党の腐敗・無法・暴力の向こうには、警察国家が待ち構えています。その後には腐敗・無法・暴力の真打ちが待ち構えています。軍事国家の到来です。日本人は、そのことに殆どの人が気付いていま [続きを読む]
  • 国家戦略特区諮問会議と竹中平蔵
  • このページは、2017年6月29日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石もし人格のないものが無闇に個性を発展させようとすると、他を妨害する。権力を用いようとすると、濫用に流れる。金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。随分危険な現象を呈するに至るのです。 [続きを読む]
  • 独裁とオトモダチ利益分配装置としての国家戦略特区
  • このページは、2017年6月27日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石国家戦略特区は、独裁とオトモダチ利益分配装置なのですね。総理がそれをやるわけにはいかないので、民間議員という仕掛けを作りました。「総理がいうわけにはいかないので、わたしたちが代わって」。 [続きを読む]
  • 前川喜平の語る権力とメディア
  • このページは、2017年6月26日に更新しました。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石政治はとても大切です。しかし、日本のメディアは、国民を政治から遠ざけていますね。真実を知らせないようにしています。国家戦略特区も、新しい独裁の装置であって、総理に指名された民間議員が、国会議員よりも力をもって、身内への利益誘導を謀っています。こういうことを、日本のメディアは国民に隠していますね。このページの要旨豊田真由 [続きを読む]
  • 自民党の命運は公明党が握っている
  • このページは、2017年6月24日に更新しました。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石メディアが「魔の2回生」といっているのは、問題なのは「2回生」だけという、ずらしですね。豊田真由子より、もっと激しいのが男のなかに、いくらでもいる、といった発言は、正直なものです。「魔の自民党」「魔の与党」になっているのです。このページの要旨日本のメディアは、基本的に米国のメディアであり、ほぼ米国のメディアとトーンは同じ [続きを読む]
  • 「萩生田副長官ご発言概要」
  • このページは、2017年6月22日に更新しました。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石森友・加計学園事件は、奇妙な事件ですね。これほど証人と証拠が揃いながら、安倍は辞めませんね。側近も与党も誰ひとり辞めろとはいわない。むしろ自ら腐敗しながら安倍を守っている。政権が腐っているのですが、そればかりかメディアも辞めろといわない。これの結末は警察国家の深化であり、戦争でしょうね。このページの要旨小池百合子の正体 [続きを読む]
  • 加計学園の闇
  • このページは、2017年6月20日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石前川喜平が出会い系バーに調査に通った件は、大いに愉快でした。人々の反応が愉快だったのです。人間はみんなヨタだぜ。これも一理ありますが、ヨタでない人もいるのです。ヨタを生きている安倍や菅と [続きを読む]
  • 危機の民主主義
  • このページは、2017年6月19日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石米国と日本とは、いろんなことが同じに進みます。困ったことには、日本に必要性も必然性もないことまで、日本の政治家が決めてしまうことです。いわれて決めているのでしょうね。金は人を変えますから [続きを読む]
  • 米日状況の同一点と相違点
  • このページは、2017年6月17日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石「あなたは東京がはじめてなら、まだ富士山を見たことがないでしょう。今に見えるから御覧なさい。あれが日本一の名物だ。あれよりほかに自慢するものは何もない。ところがその富士山は天然自然に昔か [続きを読む]
  • 警察国家はすでに出来上がっている
  • このページは、2017年6月15日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石共謀罪が可決成立しましたが、すでに警察国家はできています。裁判所やメディアなどは党派化され、政権に仕えるものに抑え込まれています。権力に近い者は犯罪を犯しても逮捕されません。逆に政権を批 [続きを読む]
  • 分断された米国情報社会の現在
  • このページは、2017年6月13日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石米国が分裂し、その結果として大手メディアに対する信頼感が失われ、米国民は支持する政党のスポークスパーソンを通じて情報を得るようになっています。つまり党派的に世界を見るようになったので、い [続きを読む]
  • レイプは生涯にわたる魂の殺人
  • このページは、2017年6月12日に更新しました。『兵頭に訊こう』は、現在の国内外の重要問題について、最新の情報と考え方(批評)を、見やすく、わかりやすいことに注力して発信しています。・・・・・・・・・━━━━━━☆漱石わたしは『心』のなかで、「K」の自殺現場を見た「先生」を「わたしはまた、ああしまったと思いました。もう取り返しがつかないという黒い光が、わたしの未来を貫いて、一瞬間にわたしの前に 横たわる [続きを読む]