まいこ さん プロフィール

  •  
まいこさん: 私の夫は研究者です?イタリア・フィレンツェ編?
ハンドル名まいこ さん
ブログタイトル私の夫は研究者です?イタリア・フィレンツェ編?
ブログURLhttp://ameblo.jp/mysunayuno/
サイト紹介文ツッコミどころ満載の理系研究者夫と文系主婦が、海外を転々と引っ越しながら暮らす記録です。
自由文台湾とイギリスを経て、現在イタリア・フィレンツェ在住。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2012/11/06 23:39

まいこ さんのブログ記事

  • 隣のチネーゼ②
  • 前回に引き続き、最近の我が家の「中国人に間違われたよ」報告を行っています。 2.クエストゥーラの行列で ある日。夫と私は滞在許可証の申請手続きのため、行列に並んでいた。自分たちの前後の人も、そのまた後ろの人も、中国語を話している。四方八方、中国語。 そんな中、見知らぬ中華系男性に、イタリア語と中国語で話しかけられた。 (心の声)いやいや、何で私に聞くの?!他に本物の中華系の人がたくさんいるでしょ [続きを読む]
  • 隣のチネーゼ①
  • イタリア語の”チネーゼ(chineze)”は、中国人の意味です。 今日のブログタイトルは「隣のチネーゼ」。隣人が中国人?いえ、違います。じゃ誰かのことかって? もちろん私たちのことですよ。 きっと近所の人からそう呼ばれているに違いない。 ここ3か月で発生した、中国人に間違えられた案件をまとめます。定期報告として。 1. クエストゥーラの窓口で 滞在許可証の件で通い詰めているフィレンツェのクエストゥーラ。 [続きを読む]
  • やっぱり塩分は重要
  • 先日のヴェネツィア旅行から帰宅すると、頭痛に襲われた。 (ヴェネツィア・カナルグランデ) 自分の経験上、それは熱中症や脱水によるものと考えられた。私は家にいることが多いからか、外出中はトイレが心配で水分を控えてしまうせいか、はたまた加齢のせいか?暑い日に外を歩き回るとすぐに発症してしまう。 そんなときは水分摂取に努めつつ、塩気のあるものをつまんでみたり、ホテルにいるときならば昼寝して休んだりもす [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 9. 街はダンジョン
  • ムラーノ島からヴェネツィア本島に戻ってきました。帰りの列車まで時間が出来たので、観光名所を眺めに行きます。 目的地は”サンマルコ広場”に設定。ムラーノからもサンタルチア駅からも、直接ヴァポレットで行けるけど、街を歩いてみたいので片道徒歩30分コースで向かいます。 ヴェネツィアの路地裏。 毎度おなじみGoogle mapを使って目的地へ向かっていたのですが、「本当にこれが最短ルート?」「こんな路地入るの?」と [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 8. ムラーノ島後半
  • ムラーノ島の散策続行です。 塔の下に巨大な青い物体… ベネチアン・グラスの作品でした。 イタリアの強烈な日差しが当たって、良い具合にキラキラしていました。 別の路地には、巨大そろばん風?のオブジェが出現。 珠は顔くらいの大きさ。マーブル模様が綺麗。珠を全部合わせたらさぞかし高額になりそうなんですが、柵とか一切ない(笑)割れ物注意! 路地のオブジェやベネチアン・グラスのショップを見て回ってみる [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 7. ムラーノ島前編
  • ヴェネツィアといえば、ガラス工芸が有名です。 ベネチアン・グラス、ヴェネツィアン・グラス。例えガラス工芸に興味がなくとも、名前だけは聞いたことがある方も少なくないでしょう。 うちの夫は知りませんでしたけど(笑) けれども夫は、ガラスやビーズの類が大好きな私に合わせてくれまして。ベネチアン・グラスの生産地である”ムラーノ島”に行ってみることにしました。(ヴェネツィアン・グラスって大変入力しにくいので [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 6. 船
  • ヴェネツィア本島には車が入れません。だから地元の人や観光客の足となるのは、船です。陸地における車道&車両が、運河&船に置き換わるイメージでしょうか?とにかく船だらけ! ヴェネツィア本島で見かけた船たちをご紹介します。前半は主に水上バス・ヴァポレットの紹介、後半は他の船の写真色々です。 まずは水上バスのヴァポレット(Vaporetto)。 こちら公共交通機関です。船ですが、路線バスと同じようなもの。 カナル [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 5. 夜の街へ
  • 土日も更新するって宣言したのですが、日曜日は更新し損ねました(;∀;)待っていてくださった方、ごめんなさいー! 夜7時を過ぎた頃、夕食のため街へ出かけました。 ここまで電車の遅延騒動や人様との待ち合わせ、ホテルのチェックインで走り回っていましたが、やっと旅行らしくなってきましたぞ。 食事をする場所は決めていなかったので、適当にお店に入りました。一応、店先に置いてあるメニューで価格帯は確認してから(大事 [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 4. 宿泊先
  • 諸事情により、いったん夫と別行動に。私ひとりで本日の宿泊先へ、チェックインに行きます。 宿泊先は、観光エリアと地元エリアの境目にありました。観光客も歩いているけど、地元民と思われる人たちがたくさん。 宿泊先は、アパートの一区画をゲストハウスに改装したようなところ。こんな生活感あふれる路地の中にあり、フロントもありません。 フロントがないということで、スタッフは常駐していません。事前に決めたチェ [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 3. サンタルチア駅に到着
  • 予定より4時間以上遅れて(前回記事参照)目的地に到着〜! ※到着時は諸事情により大慌てだったため、本記事の写真は撮った日時がバラバラです。 ちょっと到着前に遡りまして。 ヴェネツィア・サンタルチア駅は、ヴェネツィア本島の中にあるのですが、その本島とイタリア本土は「リベルタ橋」で繋がっています。 上の写真、右手の線路が密集しているところがサンタルチア駅です。 リベルタ橋は約4?もあるそうで、鉄道と [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 2. イタロ大遅延
  • 列車で、いざヴェネツィアへ! ヴェネツィア=ベネチア=ベニスフィレンツェからヴェネツィアまでは、各社の高速列車で2〜2時間半ほどです。 今回はイタロ(Italo)を選びました。出発前日にチケットを公式ウェブサイトで予約したところ、トレニタリア(Trenitalia)の高速列車より少しだけ安くて、乗車時間が短いチケットがあったから。 イタロはトレニタリアと比較して、ホスピタリティが良く、遅延も少ないとの噂。今までイ [続きを読む]
  • 恋い慕うヴェネツィア 1. 私がヴェネツィアに憧れる理由
  • 先日、一泊二日でヴェネツィア(=ベネチア=ベニス)に行ってきました。Venezia(ヴェネツィア・ベネチア)はイタリア語、Venice(ベニス)は英語 今回の旅行は、出発前日(!)に急遽決まったもの。ヴェネツィアに夫の後輩が来ていると判明し、会いに行きがてら観光してくることになりました。 旅行が決まったのは急でしたが、実は私、小中学生の頃からヴェネツィアに対して特別な思いを抱いておりました。旅行記を読みたい方 [続きを読む]
  • パンツを保護しました -後編-
  • 自宅のベランダで、見知らぬパンツ(白地に黒ストライプのトランクス)を保護しました。☆前編 - - - - - - - - - - - - - 各世帯の郵便ポストが集まっている場所に、保護したパンツを置いてみることにした。ポストゾーンは全住人が毎日通過・注目する場所だ。きっと持ち主は気づいてくれる。 とは言っても、パンツをそのまま公共エリアに放置するのは忍びない。 何かで包まなくては! (ここから脳内で独り言) 袋に入れるか [続きを読む]
  • パンツを保護しました -前編-
  • 本日2記事目の更新です。1つ目は役所系のかたい話です。 - - - - - - - - - - - - - - 洗濯物を干そうとベランダに出たら、 見知らぬパンツ(男性用・トランクス・9割乾燥)が落ちていた。 ※画像はイメージです うちの物干し場は、ベランダの外側に飛び出している。イタリアではよくあるタイプ。 ベランダの外側に這わせたワイヤーや紐に、洗濯物をひっかける。下に床はない。 所以、干すときにうっかり手を滑らせたり、固 [続きを読む]
  • 滞在許可証の追加料金の支払方法(体験談)
  • 何度か当ブログでも話題に上りましたが、先月滞在許可証の申請にかかわる費用が増額されました。詳細が気になる方はこちらがおすすめです☆なおこさん「イタリア写真草紙 -Fotoblog da Perugia」 http://cuoreverde.exblog.jp/27932862/ 申請中の方は、追加で料金を支払わないといけないかもしれません。私たちのこの件を知らずにクエストゥーラへ行って失敗したことがあります。☆細かな顛末はこちら(私の過去記事です) 失敗 [続きを読む]
  • イタリアに住むための許可(ポスドク夫編) 4. ビザの行方
  • しまったー!最終確認前の状態で、記事をアップしてしまいました。大幅な修正・画像の挿入をして再アップしましたm(__)m - - - - - - - - - - - - - - - 前回☆その3 フィレンツェのプレフェトゥーラ(Prefettura:県庁)に手続きに行ったら、夫が所持しているイタリアビザが”学生用”であることが発覚した。 夫は研究者として労働するためにイタリアに来たので、学生ビザでは駄目。本来、間違ったビザ・不審なビザでは空港の入 [続きを読む]
  • 謝ることの難しさと大切さ
  • 今日、自分はなかなか謝らない人間になっていることに気が付いた。 日本文化では、すぐ謝ることが良しとされている部分がある。まず謝罪をして、詳しい話や交渉はそれから…みたいな。 でも外国でそれをやると、不具合が出るケースがある。なめられたり、一方的に悪いとみなされたり、逆に「なぜ謝った?」と変な空気になったりするのだ。 誰かにぶつかったり、足を踏んでしまったりしたら、普通に謝るけどね。 私は元来ペコペ [続きを読む]
  • 夫の滞在許可証が取れました&申請料金が変わった!!
  • (2017.7.4 追記・修正・リンク追加しました) イタリアに引っ越し、もうすぐ8か月。 本日、 ようやく… ようやく… 夫の滞在許可証(Permesso di Soggiorno)ゲット!! 申請から2〜3か月で取れる?とも言われる?(人によってマチマチ)滞在許可証に、なぜ8か月もかかってしまったのか。 イタリア側のミス、こちらの不備や都合、そんなものが絡みに絡まって、延びて延びて、こんなことに。 詳しくはまたお話させてくだ [続きを読む]
  • 夫不在時に心配なこと
  • スイスだかフランスに出張していた夫が、無事に帰ってきました。 近年ヨーロッパは物騒なので、出張や外出、いや普段の通勤でも心配になってしまう…。元気で、トラブルもなく(ココ重要)戻ってきて良かったです。 お土産は例の日焼け止め(使いかけ) さて、そんな夫不在時。一人でイタリアに残る私には、いろいろと不安がありました。 突然ライフラインが使えなくなったら…(一例)とんでもない過剰請求、しかも支払期 [続きを読む]
  • 変わろう
  • 今日もクエストゥーラで失敗。やれやれ(ノ´▽`)ノ ⌒(様々な負の感情) でも、自分自身にとって良いことがありました。 ブログの文章には、書き手の性格がよく滲み出るものです。だからお察しの方もいるでしょうけれど、私は「自分に自信がない」人間です。自分でもそれが嫌で、自信に満ち溢れている人が眩しくて羨ましくて、数十年の間ずっと苦しかった。最近はイタリア生活の悩みをきっかけに、気持ちがぐちゃぐちゃになって、 [続きを読む]
  • 暑い③蚊
  • 暑い。 連日、蚊と戦っている。 夜、涼しい風を求めて窓を開けると、当然のように奴らは襲来する。 我が家のベランダは畑に隣接しているためか、冬でも蚊が出た。しかし、やはり夏は旬。発生件数が爆増し、毎日(文字通り)血を見る抗争が続いている。自分は蜂に刺された経験があり、虫の羽音全般がとても怖い。聞くだけで悪寒がする。なるべくあの「プ〜ン」という羽音を聞きたくないので、こっちで買ったベープを焚きまくっ [続きを読む]
  • 暑い②家の中
  • 暑い。 以前の記事(☆タイルコレクション)で「家にクーラーがないけれど、石材多めの家なのでひんやりしてます」と書いたのですが、 先週くらいから更に気温が上がってしまい、室内のひんやり具合が低下。昼も暑いし、夜も寝苦しい。 来る真夏を乗り越えられるのか不安になっていると、ふと、窓が熱くなっていることに気が付いた。 ちなみに我が家の窓は、日除け(下写真の緑色部分)・ガラス窓・木製の内窓の三層構造になっ [続きを読む]