アキラ さん プロフィール

  •  
アキラさん: 北海道 洞爺湖のほとりで
ハンドル名アキラ さん
ブログタイトル北海道 洞爺湖のほとりで
ブログURLhttp://toyalake.seesaa.net/
サイト紹介文洞爺湖近辺の情報を発信中。東京でのリーマン生活に別れを告げ、北海道で新たな人生を始めたおじさんの日記
自由文北海道好きが高じて、東京での仕事を辞めて、洞爺湖町に移住して来てしまいました。自然いっぱい、景色も最高、冬の厳しさが身にしみることもありますが、日々是好日、毎日楽しく暮らしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2012/11/08 16:47

アキラ さんのブログ記事

  • 豊浦公民館に行ってみた
  • 豊浦に用事があって行ったのですが、ちょっと時間をつぶす必要があり、それではと思い立って公民館に行ってみました。2階ロビーには様々な展示物がありました。メインはやはりジオパーク関連でしょうか。豊浦地区を中心とした説明やジオラマがあります。それぞれの名所(見どころ)の説明カードが絵葉書になっているのがなかなか斬新です。豊浦といえば海の町だけあって、貝の展示が充実していました。バレエクラブ、源氏の会、習 [続きを読む]
  • 洞爺湖温泉街道路切り替え工事
  • 洞爺湖温泉街の道路切り替え工事が進んでいます。温泉街を通る道路は、千歳方面へ伸びる有珠国道(国道453号)と函館方面に伸びる胆振国道(国道37号)をショートカットで結ぶ迂回路となっていて、大型車がひっきりなしに通ります。本当は伊達市長和の交差点を通ってもらえるといいのですが、運送会社としても少しでも燃料費を節約するため、必死に努力されているのだと思います。そのような訳で、洞爺湖温泉街のホテルが軒を連ね [続きを読む]
  • 春の食卓
  • 北海道洞爺湖畔も、いよいよ「春確定」かなと思えるおだやかな日が続いております。北海道事情に精通されている cafe cohumのMさんも「北海道 洞爺湖畔に1週間程前 春がきました。(断言...笑)」(3月17日談)とおっしゃっていますので、間違いないと思います(^^)/ cafe cohumさんの詩情豊かなブログはこちら http://blog.goo.ne.jp/1107ogata我が家の食卓も、だいぶ春めいてきました。写真は先日(いつだったかな?)の朝食 [続きを読む]
  • 洞爺湖高台の風景
  • 突然、デジカメのデータがパソコンに転送できなくなり苦戦していましたが、昨日やっとカードリーダーを入手し、画像を取り込むことができました。日曜日に撮った写真ですので、今日あたりはもっともっと雪どけが進んでいることと思いますが、洞爺湖町の高台の風景をアップします。ニセコ連峰の山並みです。羊蹄山の山頂付近は雲に覆われていました。麓のほうは大分雪どけが進んでいるようです。農道にはもうほとんど雪がありません [続きを読む]
  • 苦戦しています "(-""-)"
  • ブログ用の写真はいつもソニーのサイバーショットで撮影しているのですが、昨日突然、撮った写真がPCにとり込めなくなってしまいました。UCBケーブルで繋いでも、PC側で認識しないのです。デジカメ側には「接続先を確認してください」というエラーメッセージが表示されます。ソニーの画像ソフトを更新してみたり、いろいろ調べたり試したりしているのですが、いっこうに繋がりません。WiFiで接続しても同様のメッセージが表示され [続きを読む]
  • もうすぐ春ですね
  • 虻田から洞爺湖温泉街へ山越えで通じている道を走っていたら、羊蹄山や洞爺湖がとてもきれいに見えたので、ちょっと車を停めて撮影してみました。ここ数日、あたたかな日が続き、雪どけもだいぶ進みました。春の訪れを予感させる空気感です。洞爺湖と対岸の山々。左奥に見えるのはルスツの山並みです。山々の雪も、ふもとの方から融けはじめています。振り向くと、そこには有珠山の姿が間近に見えます。人気ブログランキングへの応 [続きを読む]
  • カレーラーメンはやはりちょっと微妙
  • 「カレーうどん」「カレー南蛮」といえば、全国の蕎麦屋さん(うどん屋さん)の定番のラインアップだと思いますが、「カレーラーメン」というメニューは、普通のラーメン屋さんにはなかなかありません。しかし、室蘭を中心に、登別・伊達一円には「カレーラーメン」を食することができるラーメン店がたくさんあります。なぜなら「室蘭カレーラーメン」は「室蘭やきとり」と並ぶご当地グルメだからです(ちなみに「室蘭やきとり」と [続きを読む]
  • 洞爺湖畔 雪景色の道
  • 洞爺湖の周りには約40kmの周回道路があります。本日は、洞爺村から反時計まわりに温泉街方向に向かう道すがら、車の助手席から撮った写真をご紹介します。数日前の午前中の風景です(今日あたり、もう雪はだいぶ融けています)。夜の間に降雪があり、雪が止み、天候が安定している朝は、景色を楽しみながら気持ちよくドライブできる時間帯です。樹々の枝に積もった雪が美しいです。こんな感じの景色がしばらく続きます。樹々に積 [続きを読む]
  • 雪の浮見堂
  • 洞爺湖は、だれがどこでシャッターを押しても、絵になる一枚がとれる風光明媚な湖ですが、ここ、浮見堂付近(特に雪の季節)は、お勧めの撮影スポットです。背景には中島。空と雲、そしてきらきらと輝く湖面が素敵ですね〜少しズームインしてみると、手前に浮かぶヨットもよく見えます。聖徳太子が祀られている赤い祠と、白い雪の対比が美しいです。こちらの一枚の方がより鮮明かもしれません。人気ブログランキングへの応援クリッ [続きを読む]
  • 真冬の水汲み
  • お茶の水がなくなってしまったので、真狩の湧水まで水を汲みに行ってきました。空模様が怪しかったので、ルスツまで行って視界が悪いようなら引き返そうと思ったのですが、曇天なだけで視界は良好で助かりました。冬場はいっそう水が澄み渡っている気がします。羊蹄山の湧水が汲み放題なんて、なんて素晴らしいのでしょう!!美しい雪景色ですね〜ところで、こちらの看板にも「細川たかしのふる里」と書いてありますが、真狩は本当 [続きを読む]
  • 財田キャンプ場付近の風景
  • 財田のキャンプ場へ向かう道。正面に洞爺湖中島が大きく見えます。こうして見ると、湖の真ん中にあるようには見えません。お椀をひっくり返したような小高い山がいくつか並んでいるようです。もう少し右に振ると、中央の山の頂にウィンザーホテルが見えます。この写真ですと、ちょっと(というかかなり)分かりづらいですね〜道の左側前方には、大きな屋根の体育館があります。以前は床が地面のままだったので「土間体育館」と呼ば [続きを読む]
  • 薄暮の羊蹄山
  • 夕刻、高台の国道を走っていたら、羊蹄山の姿がくっきり見えたので、脇の農道に入って写真を撮りました。雪原(といいますか畑ですが)の向こうに、羊蹄山とルスツの山並みが見えます。冬場の夕刻、羊蹄山の全体がこんなに美しく見えるのは珍しいのでは、と思います。ただ、この冬は雪が少なく、天候が安定していますので、こんな夕暮れ時が多いのかも知れません。冬、ルスツの山並みを見ると、なんだかヒマラヤっぽい風景だなあと [続きを読む]
  • 洞爺村の夜
  • 街には夜があります。仕事が終わってから、さあ飲みいくぞ〜とか、買物いくかとか、習い事とか、いろいろ活動することができます。ごく稀に、日が暮れたあと伊達市内にいると、店の看板に灯りがともり、街中にはまだ中高生もいるし、飲食店などにも活気があって、ああそうだ、街には夜という活動時間帯があったのだと思い出します。けれども、村の夜、とくに冬場の村の夜は、家にいるということ以外に選択肢がありません。ある人に [続きを読む]
  • 湖畔の冬景色
  • この冬は例年に比べめっきり雪が少ない洞爺湖畔ですが、昨日、今日は少しまとまった雪が降りました。朝起きると、車に20cmくらい雪が積もっています。久しぶりに、連日、朝雪かきをしました。伊達からの帰り道、きれいな冬景色だなあと思ったので、ちょっと車を停めて写真を撮ってみました。湖面に顔を出した岩の上に、雪が積もっています。来た道を振り返ると、こんな感じの風景。洞爺村へと続く道は、こんな風景。この写真を見 [続きを読む]
  • ガチガチツルツルだ〜っ
  • 今年の冬、日本海側は例年になく雪が多いようですが、ここ洞爺湖周辺はめっきり雪が降りません。先週も気温が上がって雨の日があり、融けた雪が氷となってしまい、路面はガチガチツルツルです。車から降りてちょっと歩こうとすると、でこぼこのスケートリンクの上を歩いているようで、かなり危険です。役場の駐車場に停めて建物まで行くのも、かなり難儀な事態となっております。雪が積もって、少し摩擦が生じてくれるといいのです [続きを読む]
  • ファミレスに行きたいときは
  • 前々回の記事で、北海道に来てから吉野家の牛丼がなかなか食べられないさみしさについて書きました。けれども、なかなか食べられない、というだけで、その気になれば、札幌ないし苫小牧に行けば食することもできるのです。しかし、北海道では絶対に行くことができないチェーン店もあります。そのひとつが「デニーズ」です。以前、札幌に行く用事があったとき、久しぶりにデニーズでも行ってみようかなと思い店舗検索したところ、な [続きを読む]
  • キャンプ場の雪景色
  • 今日ご紹介するのは、仲洞爺キャンプ場の雪景色です。私はキャンプはしないのですが、夏の間、この先の湖畔で、ときどきバーベキューをしておりました。夏の間、多くのキャンパーでにぎわうこの辺りも、いまはひっそり静まり返っています。せせらぎは凍ることなく、静謐な世界のなかに、さらさらと音を響かせています。洞爺湖の東岸、この辺りはそれほど雪は深くありません。かんじきがなくても、長靴で歩けそうな感じです。ちょっ [続きを読む]
  • 伊達で吉牛が食べられる幸せ
  • 北海道洞爺湖のほとりで暮らすようになって、もちろんいいことてんこ盛りでありますが、さびしいなあ〜と感じることも正直いろいろあります。そしてその多くが、食べ物に関することだったりします。自分自身のサラリーマン生活の一部でもあった「牛丼」、サラリーマン生活というよりも、高校生のころから食べ続けていた「牛丼」が食せない、というのは実に切ないことでありました。この近辺で「牛丼」を食べようと思ったら、車で往 [続きを読む]
  • 洞爺湖冬景色
  • いこいの家に行くついでに、ちょっと寄り道して、高台の方から洞爺湖を写してみました。雪が降ると、景色が新鮮になります。茶洞庵さんの前の道は、冬季は除雪対象外なのですね〜ここの道を曲がってぐるっと戻ろうと思ったのですが、通れませんでした(一本先の通りは通れました)。この辺にお住いの方は、景色もいいし、温泉にもちょっと歩いていけるので最高ですね。人気ブログランキングへの応援 をお願いします [続きを読む]
  • えぼし岩公園
  • 洞爺湖の写真をブログにアップすることが多いですが、どうしても、水の駅周辺からの画像が多くなってしまいます(家から近いので)。本日は、いつもとはちょっと違った角度から撮った洞爺湖の風景をアップします。中島の左後方に見えているのは、高い方が有珠山、低い方が昭和新山です。もう少し右に振ってみますと、遠くの山頂にウィンザーホテルが見えます。これがどこから撮った写真かと言いますと、「えぼし岩公園」の前から撮 [続きを読む]
  • 初詣は洞爺八幡神社
  • 元旦、二日と、ひたすら家でだらだらしておりましたが、三日ともなりますと、ちょっとお出かけしたくなります。新年、先ず最初に向かうのは、やはり洞爺八幡さまです。立派な鳥居ですね〜鳥居の脇には神社の由来が詳しく書かれた案内板があります。香川からこちらに入植し、開拓された方々は本当にご苦労が多かったのだなあと感嘆します。石段を登って、狛犬さんの脇を過ぎ、本堂に向かいます。それにしても、こんなに雪が少ないお [続きを読む]
  • 洞爺村の新春風景
  • 大晦日、元旦と、ひたすら食べては寝ているだけで体がなまってしまいましたので、年賀状くらいは歩いて出しにいくかと思い、元日の午後、ふらっと散歩にでました。先ずは洞爺郵便局のポストに年賀状を入れて、村唯一の信号のある交差点を渡り、洞爺湖芸術館の脇から湖畔に出ます。いい景色ですね〜芸術館は今、冬季休館中。すっぽり雪に埋もれています。洞爺湖を左手に眺めながら、水の駅方面へ向かいます。そして水の駅の脇から、 [続きを読む]
  • 変わりゆく風景 - 洞爺高校跡地
  • 本年3月31日、64年の歴史に幕を閉じた洞爺高校。校舎はかなり老朽化が進んでいたため再活用することもできず、12月下旬、解体工事が完了しました。左奥に見えているのは、農協の倉庫です。その手前に、実習棟や体育館などが建っていました。また、写真中央奥には、3階建ての校舎がありました。この角度から、洞爺湖中島がこんなに大きく、くっきり見えると、ちょっとびっくりします。卒業生の方々にとっては、学び舎がなくなってし [続きを読む]
  • 真冬のレイクヒルファーム
  • 美味しいジェラートで有名なレイクヒルファーム。冬場は営業していないジェラート店、ソフトクリーム店が多い中、ここは通年で営業しているところが素晴らしいです。冬季でも、美味しいジェラートを求めて訪れる方がたくさんいらっしゃるのですね。こちらはA館のレストラン。お洒落ですね〜ピザや村一番カレーのほか、自慢の牛乳を使ったミルクパイやシュークリーム、プリンなど、魅惑的なラインアップとなっております。カレー以 [続きを読む]
  • サイロ展望台からの眺望
  • 前回の記事では、サイロ展望台でゲットできるお土産物についていろいろご紹介しましたが、やはり「最大の売り」はここからの眺望ですので、今回はサイロ展望台からの景色をアップします。午後になると、このように日差しが逆光となってしまいますので、美しい景色を楽しもう、いい写真を撮ろうとするならば、午前中に行くのが良いかと思います。このアングルが一番いいでしょうか。この2、3日気温が高い日が続いていますので、雪も [続きを読む]