しろくろshow さん プロフィール

  •  
しろくろshowさん:  You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて
ハンドル名しろくろshow さん
ブログタイトル You talkin' to me ? 2nd_新たなる驚異を求めて
ブログURLhttp://4696show.blog45.fc2.com/
サイト紹介文見た映画・テレビの話をだらだら且つのんべんだらりと綴るブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2012/11/08 21:30

しろくろshow さんのブログ記事

  • あと一枚はこれから
  • 昨日我が家に「シン・ゴジラ」のBlu-rayが届いた(買ったバージョンは特別版3枚組)滅多にソフトを買わない私が昨年末の予約開始直後に即注文していたくらいなのでコレは余程のことなのである(ーー;) (さっき何気にラックを確認したらこれで通算12枚目という程度。しかも殆どが北米版の廉価物や中古で買ったヤツばかりなので、新品を購入したのは「ブレードランナー」以来ほぼ5年ぶり。次にこの手の新作ソフトを買うのはいったい [続きを読む]
  • プレコールは俺の友達(コレのおかげで安眠確保中)
  • と、ちょっとだけタイトルは「私立探偵マグナム」風にスタート。その流れで久しぶりに海外ドラマの話を書こうかと思ったけど「Xファイル2016」の感想だけで長くなりそうな気がしたので今回は順延した。それと体調がまだ完全復調とは言えないこともあり(80パーセントくらいかな〜・・・(;ω;))昨年暮れから今年2月頃までに見た映画の脳内データ棚卸し作業をやっておこうかと思っている(それくらいここ最近は腰据えて映画を見て [続きを読む]
  • 史上最小の発熱・前編(但し後編は無い)
  • ひと月前から入念に計画していた博多ひとり遠征が体調不良によりキャンセルとなってしまった。現地で野球を見て老舗映画館を訪ねていろいろ食って過ごそうという地味に楽しいプランはここにきて脆くもあっとりと霧散したのである(T^T) 出発ギリギリまで様子を見ていたが熱が下がらず(MAXで38度ジャスト。ウルトラセブンが出動不能になった90度弱には遠く及ばないが(ーー;)人間にしてはなかなかの高熱で)移動手段が高速バスと言 [続きを読む]
  • けっして一人では読まないでください
  • いや、複数の方が読みづらいだろ( ̄。 ̄;) と、いうことでこの週末に入手した本が二冊。まずは「別冊映画秘宝謎の映画」ツイッターの方でもつぶやいたのだが、このシンプルながらもワクワクするタイトルに惹かれてろくに中身もわからないまま注文をかけていたのである。それが家に届いて表紙を見たら「わ、ジェシカ・ハーパーやん」(__;)と思わず意表を突かれ、ページをめくればカラーパートのすべてを使ったまさかの「サスペリア [続きを読む]
  • さすらいは配信のあとで
  • 未だ止まらぬAmazonプライム東映特撮配信まつり。2/24からは左画像にある連中が参入を開始した。前回・前々回の配信開始に続き今回も完全に私の年代のトクサツファンにはどストライクなヤツだらけ。確かこの頃(1977年)だったと思うのだけど「カゲスター」「キョーダイン」「キャプター」「ズバット」の各主題歌と副主題歌が収録されたヒーロー物のオムニバス盤LPレコードを親に買ってもらい、それこそもうレコードが擦り切れるん [続きを読む]
  • あなたの清順はどこから??
  • ◆さらば神様・・・映画監督の鈴木清順さんが今月13日にお亡くなりになっていたそうである(享年93歳)私の年代の特撮ファンだと清順監督の代表作は「恐怖劇場アンバランス」の第一話だった「木乃伊の恋」になってしまうのだが(あとは演出じゃなく役者として参加していた「ポワトリン」の神様かな??( ̄▽ ̄;))それ以外だとやはり「ツィゴイネルワイゼン」以降の80年代からの作品の方が印象深くて、日活でアクション映画を撮っ [続きを読む]
  • 冬の記憶は波のうさぎ
  • 一月遅れの映画感想文はまだ続く。前回書いた「君の名は」を観た翌一月三日は「この世界の片隅に」を観てきたのであった。場所は徳島市内で唯一営業している映画館、ufotableシネマである(劇場そのものの話については本記事最後に追記)ここでは年末から「君の名は」の上映も急遽決まっていたのでハシゴ鑑賞して一気に見るという事も出来たのだが、あまり長時間となると駐車場代が高く付くため(ーー;)分散して観ることにしたのだ [続きを読む]
  • おれがあいつであいつがおれで
  • 今年初めて映画館で見た映画は妻の希望もあって「君の名は」になった。 徳島では昨年の夏からシネマサンシャインで公開がされていたのだが、全国的なヒットの余波がこのド田舎にも届いており、年が明けた今現在も未だ上映中。私が行ったのは正月休み1月2日の昼だったけど、ほぼ満席と言って良い状態だった。今まで何度か本ブログでも言及してきたが我が輩は現代アニメーションにほんとに疎くて(85年以降のアニメ作品は映画テレビ [続きを読む]
  • で、ホンマは何て言うてはるんですか??
  • Amazonプライムで数日前から「ジャイアントロボ」と「キャプテンウルトラ」が配信されている(くしくも両作品共今年で放送開始50周年)これで先行配信されていた「仮面の忍者赤影」と並びライダー以前(1960年代)の東映特撮テレビ代表作が勢揃いした形となった(あとはこれに「悪魔くん」と「忍者ハットリくん」が入ってくれば言うことはない)定額配信サービスで特撮作品というとこれまではhuluの一人勝ちというイメージがあった [続きを読む]
  • サカナはぼくらを待っている
  • 年末年始に見た映画の話をそろそろ書かねばと思っていたらあっという間に年明けから20日も経ってしまった。記憶が欠片でも残っているウチにささっと鑑賞記録を残しておきましょう。そんなわけで昨年最後に見たのは「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 どこかで誰かも書いていたけど「スター・ウォーズ」シリーズのスピンオフというと「イウオーク・アドベンチャー」や「エンドア/魔空の妖精」みたいなやや力の抜けた作 [続きを読む]
  • できることならMCUに混ぜてください
  • 地上波のドラマを一切見なくなって久しいが(高視聴率番組だった「真田丸」も「逃げ恥」もまったく見たことが無い(ーー;))このたび我が輩の三〇年以上前からの愛読書である藤子・F・不二雄さんの「中年スーパーマン左江内氏」(左写真参照)がドラマ化されるとあって、もうかなり楽しみに昨日のオンエアを待っていたのである(テレビ版のタイトルは「スーパーサラリーマン左江内氏」)年末に番宣が流れていたときから主演が堤真 [続きを読む]
  • 2017年 新年明けましておめでとうございます
  • 新年明けましておめでとうございます。2017年って確か「ウルトラマンダイナ」の中で謎の生命体スフィアが襲来する年だったと記憶しておりますが他になんかありましたっけ??(そういえば今年「ダイナ」が放送開始20周年、「セブン」が50周年と特撮系のメモリアルイヤーは未だ続行中)こういうご挨拶をこのブログ上で書くのも8回目になり(FC2に移ってきて9年目になりますか)我ながら長いことやってるなと実感しているところであ [続きを読む]
  • 塩素まみれ男ひとり
  • ◆よーやく今日から年末年始休暇に入ったというのに、我が輩は朝からエアコンと水回りの掃除をガンガンやっていたのだった。そのせいで、未だに指からカビキラーの香りが消えず( ̄。 ̄;) しかも掃除の後は帰省している友人と食事に行ったりもして帰ってきたのはついさっき。休み初日とは言いながらもあまりゆっくり過ごすことが出来なかったので、この後はだらだらとテレビでも見ながら横になろうかと思っている。そして昨日は仕 [続きを読む]
  • チャンス到来、転がり込んで秘密のクレクレ
  • なんと29日の「京都怪獣映画祭ナイト6」(開催場所:京都みなみ会館)の最終追加プログラムは「クレクレタコラ」になったとか。いや、こりゃビックリ(;゜0゜)タコラも怪獣と言えば怪獣になるのかな?(ーー;) まあ深夜の映画館でアレを大画面・大音響で見るのもなかなかあることではないし(と、言うか全国でも初の試みではないのか?)現場に行かれる方は凄まじく貴重な体験をされることになるだろう。私もガキの頃リアルタイ [続きを読む]
  • 変えたから何がどうってワケではないのですが
  • もう何度目かわからないがまたまた気まぐれでテンプレ変えてみた。しかし乍ら自分の中でやっぱり止めじゃと思ったり、来ていただいた方から「見づらい」「内容と合ってない」みたいな声が上がれば直ぐ戻すつもり(腰砕けで芯の無い運営スタイルなのは相変わらず( ̄。 ̄;))とにかくしばらくはコレでやってみるつもりなのでたまたま見に来て「なんじゃこりゃ(;゜ロ゜)」と思った人も引き続き御贔屓によろしくであります。 [続きを読む]
  • 無限の宇宙に星を撒け
  • ◇前回記事の補足・・・トークショーの様子はこちらでも紹介中。それと実相寺監督と京都との関わりというのはファンならだいたいは知っていると思うのだけれども、特撮ファン的には「怪奇大作戦」”呪いの壺” “京都買います”の二大傑作でのインパクトが大だが、もともと古都に対する思い入れは強かったそうで64年の京都タワー建設時には反対する立場を取っていて、そうした運動に参加していたこともあったそうである。また1960 [続きを読む]
  • 朝と夜の間に
  • タイトルはピーターの歌ではなく故・佐々木守さんが書いた某番組用シナリオの副題から拝借(アレは♪夜と朝の間に♪)と、言うことで10日に京都まで足を伸ばしてきた。ここ数年京都と言えば年末のみなみ会館、というのが慣例化していたのだが今年は「京都怪獣映画際ナイト」の開催日が29日になり仕事とバッティングして行くことができず、2011年の第一回以来皆勤賞を続けていた同オールナイト参戦をついに断念することになってしま [続きを読む]
  • 金田一さん、またまた事件ですよ
  • 11月のテレビ金田一祭りを今になって振り返ってみる。我が輩は特に金田一耕助(および横溝正史)のファンというわけではなかったけど、これだけ集中放送があるならとオンエアされたもののうち9割近くを録画してじっくりと見てみることにした。放送があったのはほぼBSプレミアムばかりだが、今たまたま東映チャンネルと契約していて(「仮面ライダードライブ・ファイナルステージ」を見たくて11月だけ契約していたのだ(ーー;) [続きを読む]
  • 船長、まったく目処が立っていませんよ
  • タイトルは久松保夫さんの声で読むように(久松さんの声知らん人は瑳川哲朗さんか菅生隆之さんの声で読んでください)実は九月の末からぜんっぜん映画館に行けておらず、見よう見ようと思っていた「スタートレック/BEYOND」もいつの間にやら徳島では上映が終了していたのだった( ノД`) 我が輩胸張ってトレッキーです!と言えるほどのマニアではないけれど、このシリーズはそれなりに好きだったし、映画版の方は一応全作追いかけ [続きを読む]
  • 秋の夜長は何処へ行ってしまったのだろう??
  • もう冬だよ(・Д・)ノまあそんなことはどーでもいいのだけど、最近平日の夜に寝る時間がどんどん早くなってきていて、酷いときだともう23時くらいには布団に入って横になる時もあるくらいなのだが(早い早い( ̄。 ̄;))そのせいで映画やドラマを見るのが週末に集中してしまい、なかなか見たい本数を消化できなくて難儀している状態が続いているのだ。特に今はレンタルじゃ無くテレビ録画と配信系ばかりを見ているためHDDには未視聴 [続きを読む]
  • 今度は戦争だ!〜This time it's war!〜
  • てなわけで前回の続きというか「戦争映画ベスト10」で自分が投票した作品についての選定理由。こうして書いてみるとわかるが自分の場合ホント「戦争」という言葉の捉え方がじつに捻くれている(ーー;) たぶん純粋な「戦争映画」って殆ど無いんじゃないかと言われそうだけど、以下各の作品についてなんだかんだ呟いてみた。1.「世界大戦争」・・・特撮ファンである自分が「戦争」と聞いて連想するのはやはり「怪獣大戦争」「宇 [続きを読む]
  • 2016年戦争映画ベスト10に参加してみました
  • 毎年恒例ワッシュさんのブログ「男の魂に火をつけろ」で開催されるベスト10企画の告知が発表となっていたが、今回のお題は「戦争映画ベスト10」だそうである。※参加要旨はこちらで  締め切りは12/10(土) 0時迄対象作品の基準は「作中において「戦争」が描写されている映画」「洋画/邦画、実写/アニメ、劇映画/ドキュメンタリーなどの区別は問わないが”映画作品”に限る」ということになってはいるが、詳しいことは上 [続きを読む]
  • ベッカンコの神様でもどうにもならないのか
  • 私が山陰で地震にビビっていた先週から月末にかけてエンタメ業界では訃報が続き、それを聞いてかなり凹んでしまった。そのひとりは声優の肝付兼太さんで20日に80歳でお亡くなりになったとのこと。私なんかの世代(50歳前後)だと子供の頃にテレビでこの人の声を聞かない日は無かったと言うくらいお馴染みの声優さん。自分の中じゃ「ドカベン」の殿馬、「銀河鉄道999」の車掌さん、そしてレコードも買ってたくらい大好きだった「ジ [続きを読む]
  • 地鳴りと砂塵と雄叫びでアイツが現れる
  • そんなわけで米子映画事変の中で行われた「第七回全国自主怪獣映画選手権米子大会」上映各作品の感想を書いておく。この上映会に参加するのはこれで三度目となるが、ここまでたくさんの作品を一度に見たのは初めて(合計二四本)トータル4時間近くという長さにはなったものの会場の雰囲気も良くバラエティに富んだ作品が多かったせいでダレることも無く最後まで楽しませてもらえた。惜しむらくは地震の影響で客足が鈍く、空席がけ [続きを読む]