白い恋人 さん プロフィール

  •  
白い恋人さん: 秘境 上海情報
ハンドル名白い恋人 さん
ブログタイトル秘境 上海情報
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/ekobiiki888/
サイト紹介文誰も知らない上海の秘境 穴場観光 租界生活散策 歴史巡り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2012/11/09 09:16

白い恋人 さんのブログ記事

  • [日本租界] 虹口クリーク
  • 日本人租界と称された虹口 真ん中を流れるクリーク、周辺を散策しました林京子の小説にも度々、上海で過ごした頃の思い出とクリークが重なるように描かれています。※現在 防波堤、河川工事中『どの家もガラス窓を閉めて、静まっている。クリークの向こう岸にある屠場で、屠蓄が行われているからだ。吹いてくる風に、動物の肌のあたたかさがある。』クリーク横道を牛がひかれていったそうです。当時 上海は東洋一の建物や施設が [続きを読む]
  • [林京子の足跡] 上海はそんなに遠くない
  • 『上海はそんなに遠くない・・国民学校五、六年生の副読本に掲載されていた、詩の一節である。終戦の年、十四歳だった私が五十を過ぎている』戦後三十六年 上海行きのツアーに参加した『とうとう来た、外は上海だ』鮮烈の記憶をたどった小説 上海 ミッシェルの口紅より『黄浦江は変わっていなかった、岸辺の隅々も街並みも生臭い風の匂いも子供のころと変わりなかった。・・ガーデンブリッチを渡ってみないか』『私たちはブロー [続きを読む]
  • [乍浦路] ちょこと住民
  • 日本人租界だった乍浦路 いつもの散歩道ですきれいな音色 珍しい物が売っていました 瓢箪笛です。すごく上手ですね!好聴! 声をかけたら笑顔になりました可愛い犬ですね! 飼い主さん嬉しそう 犬も照れている〜笑おーい Hello!Hello! はーい ハロー!ハロー! 可愛い〜久しぶりじゃあないか 何していたんだ〜みんなお友達です。久しぶりの本圀寺 1922年築 租界時代の日本の寺おばあちゃんが出迎えてくれました。 お腹 [続きを読む]
  • [虹口区] ホンキュウの桜
  • 地下鉄十二号線 提籃橋 桜を見に ご近所を散歩しました。駅前開発急ピッチ 美しかった並木は工事の塀に囲まれていました。東長治路沿い もう葉桜に  海倫路 浦江名邸の前からつづく さくら通りは 唐山路へ向かう この並木は虹口の桜の観光名所ですがここも葉桜で 残念ながら今年は花見ができませんでした。色々な事があり・・でも無事上海に戻れました。おかえりって保安さん!どこへいっていたのと 気にしてくれる人 [続きを読む]
  • [金陵東路] そこは暗黒街だった
  • 裏外灘 華やかなりしバンドの裏通り フランス租界時代の建物が残る 旧住宅街の取り壊し計画で 解体を待つばかりの空き家の壁に ひたすら 阿修羅の絵を書く人がいた・・金陵東路周辺は青幇の杜月笙 黄金栄 張嘯林 三大ギャングスターが君臨した暗黒街、その場所の今を地元の人に尋ねながら散策しました。金陵東路の当時の名は法大馬路(法はフランスという意味) 燕子窩と呼ばれたアヘン窟が密集 現在は楽器通りとして有 [続きを読む]
  • [上海生活] 留守にします
  • 佇むトーチカ 上海事変の戦場 江湾鎮にて両軍が 線路を挟んで戦った ・・・激戦地の今 電車がモチーフ 機関車が並ぶおしゃれレストラン街になっていた当時 トーチカを網の目のように築いていった中国軍との戦いその苦しめられたトーチカを捩って 虹口日本人街に喫茶店があったトーチカから見る 三号線・明珠線の高架 大柏樹駅近くあの時のトーチカ 後の利用も様々 野良の住処になっているのもあったな時代がうつりゆく [続きを読む]
  • [上海生活] 拉麺競技館 対台湾ターミー
  • 拉麺競技館 昨年末 日本の人気ラーメン七店舗を集めオープンした西藏北路166号大悦城南楼7F 事前に食事カードを購入し各店舗で利用する店の人の話によると多少現地の味覚に合わせているそうです。本場を味わうには日本人と注文表に書くか 伝えてほしいといっていました。仲見世っぽい雰囲気漂う 大世界 ラーメン食べ放題だぜ、大統領! 一幻 北海道の人気店 もちろん上海でも一番人気!   ・・日台の麺が激突か!その [続きを読む]
  • [宝山] マイ・ウェイ 月浦鎮
  • 先日 上海の郊外 宝山工業地帯へ行ってきました。大気汚染の発生源にもなっていますが 発展の原動力になった鉄鋼の街宝山製鉄所 現・宝鋼集団 BAOSTEEL  昨年、宝鋼集団(上海市)と武漢鋼鉄集団(湖北省)が経営統合し世界第二位の鉄鋼メーカーに1978年 日中協力で始まった国家プロジェクト・上海宝山鋼鉄誕生の経緯は「大地の子」として小説化され NHKドラマで放映されました。日中友好を記念した長櫻路という名のみちは [続きを読む]
  • [老碼頭] 外馬路にすごいのができるよ。
  • 浦東国際空港 二月のオブジェは酉年の縁起担ぎアヒル!ど迫力でした〜お久しぶりです。もうあっという間に 三月ですね!春本番 黄浦江の渡し船 そよ風が気持ちいい浦東の楊家渡から乗船 たくさんの人に交じり 〜対面の老碼頭へ 老碼頭埠頭 元々は伝説的なギャングスター杜月笙、黄金栄の倉庫だったのをリノベーションした レストラン街が賑わっている外馬路は旧城と黄浦江の狭間で 古くから開けた港街だった現在 ビーチ [続きを読む]
  • [外灘] リアルタイム上海
  • 語り尽くしきれないオールド上海 バンド和平飯店 キャセイホテル 匯中飯店 パレスホテルが名脇役西欧列強の租界が置かれ 発展したバンド地区にある名門ホテルいまは だれでもドアを開け 自由に出入りすることができます。春節のランタン 題材にされた歴代の映画ポスターが飾られていました。和平飯店といえばジャズの名門 オールド・ジャズ・バー不死鳥の如く 96歳の伝説はもどってきました。租界(外国人居留地)の富の [続きを読む]
  • [上海事変] ドキュメント横浜路
  • ・・そして だれもいなくなった・・横浜路周辺 革命家アジトから上海事変では戦場になり、現在は第三の革命が終わったかのように みな立退き、解体が進んでいます。景雲里 1925年に建てられた石庫門里弄 この一帯だけが残っていました。魯迅寓所 35弄17号 後18号に魯迅が住んでいた。また前後して茅盾、葉聖陶、そして柔石 など左翼文化人もこの敷地内に住むじつは この里弄は奥深く複雑にいり込み、身を隠すのに最適でし [続きを読む]
  • [日本租界] 謎があるから魔都である
  • 虹口SOHO・2015年 虹口救火会・1915年 百年の時を越え 租界と今を繋ぐ、 武進路(老靶子路)呉淞路の交差点 上海中部日本人学校 第四日本国民学校 1929年4月創立拡張される人民病院の一部となるための工事がすすんでいます。外枠 基礎は当時のものを活用した(2015年12月、工事現場から撮影)四階建てだった校舎の面影が いまも残っています。クリークにかかる橋の手前から、流れに沿って建つのは第四国民学校・・クリーク [続きを読む]
  • [日本租界] 再見マグノリア・テラス 
  • 中共記念館に掲げ歴史認定されていた 麦拿里マグノリア・テレス41号室へ番号プレートは外されチョークで33,34と書いてある この奥だ・・創造出版部 1928年から、左翼文化運動の中心だったが翌年には国民政権によって閉鎖された。まだ案内板はありました。旧址登録されていましたが建物ごと 撤去されるのだろうか・・大阪朝日新聞社の特派員 尾崎秀実と並ぶのは(魯迅博物館の展示より)ジャーナリストの山上正義。柿木原 [続きを読む]
  • [四川北路] 新郷路の謎
  • 新年も私の大好きな四川北路から。川公路から見る時計台旧守真堂 1916年創建の教会と校舎 四川北路1598号広東浸信会旧址 1931年 現・新郷路幼稚園 新郷商務室 新郷路66号 新郷路(旧名・白保羅路 Barchet Road)新郷路という地名は残るが みちは もう見当たらない 地図は上海歴史ガイドブックより 消えた新郷路の周辺を散策 裏小路へと 何かが・・・壁に埋まっている枝が壁を突き破り 団地の壁一面に柱があり 何か [続きを読む]
  • [日本租界] はじまりの始まり
  • 2017年元日 年年有魚 鴻運当頭下海廟から あけましておめでとうございます!今年も 歴史のまちを廻りつづける 租界と未来が交差する (靶子路 現・武進路) 呉淞路の虹口救火会旧跡が見えたまだまだ訪ねていない場所が・・ はじまりの始まり開始!迷路のような知られざる・・ 全貌を見届けるまで!いつか誰かが駆け上がった あの階段の下彼の ロボットが番犬をしていた。親愛なる人達とともに あの時と今を繋ぐ   [続きを読む]
  • [日本租界] ふれあいinたかしさんの隣の家
  • 租界のお家 たかしさんの幼少の頃 窓からなにが見えましたか?魯迅が1933年から晩年過ごした故居がみえました 山陰路大陸新邨山陰路を通りかかると たかしさんの生家 隣の家が改装工事中でした作業の人に声をかけて中に入れてもらえたんですよ。東照里 1920年に日本人に借すために建てられた三階立て集合住宅 当時は左翼の隠れ家としても使われた ここの横道からお隣のお宅へ急な階段を上がり二階へ・・手すりも階段も当時 [続きを読む]
  • [日本租界] 四川北路からメリークリスマス
  • 思い出のホンキュウ 日本商店が軒を連ねていた華やかなり四川北路租界の面影が残る街道には 日本人居住址が点在しています 赫林里・ヘレン・テラス 現・柳林小区北側 四川北路1831弄 創建百年戦時中は殆ど日本人が住んでいました。今も外見はしっかりして見えますが老朽化は著しく解体が決まっています。 住んでいる人は半減しカラスが割れたドア 鍵がかかっていないポストは空き部屋です。小区の門に掲げられた文物指定登 [続きを読む]
  • [上海生活] だからくまモンかわいいなまえでしょ
  • くもモンが空を飛んでやってきた!たい焼き担いでやってきた!可愛い女の子に囲まれ嬉しそうだ温泉に入ろうとしている・・入っていた・・可愛い妹ができたくまモンと一緒で幸せそう 幸福を呼ぶくまモンくまモンをバックにポーズを決める 流行じゃけんさぁ買った、買った! あ、どんどん売れてる・・大変やろう ばってん頑張らんと いかんばい!加油!熊本 加油!くまモン感謝!上海朋友 熊本応援ありがとう!上海火車站 虹 [続きを読む]
  • [上海事変] 日の丸部落
  • 硝煙下の桃源郷 江南の日の丸部落アサヒグラフ1937年11月10日号より 『烟なほ烟る揚子江附近の片隅に、我が軍の庇護によつて平和に歸つた 二つの部落がある』 宝山県沈家橋 『あまつさえ昼夜を分かたぬ庇護を加えられて綿の選別に余念の無い 部落民の嬉しそうな顔を見るがよい』 宝山県盛家橋 『我が兵に護られて野良仕事より部落へかえる日の丸部落の女子供たち』 同紙から引用上海事変 上海郊外宝山県は日中両軍が衝突 [続きを読む]
  • [日本租界] そこに李香蘭がいたんだ
  • ・・・そこに 李香蘭がいたんだ・・・偶然お会いした租界に住んでいた方から 聞きました。長安里 百年の歴史を刻んでいる 敗戦により日本人居留民は租界内指定地域に移動するように布告 その中長安里で見かけたそうです。小区に入ると いまも普通に住民が暮らしています。なぜここにいたのだろう? その経緯を探してみました。1944年 日本の戦況は悪化の一途を辿っていた。李香蘭は満映を退社し上海へ中華電影に加わり夜来 [続きを読む]
  • [上海事変] 大場鎮・戦場の村から
  • 1937年10月27日 日軍占領大場鎮 アドバルーンが掲げられる大場鎮は第2次上海事変中、最大の激戦地となったここを落とすのに 幾度の決死の突撃を繰り返し 上海戦線 の203高地とまで言われ 多くの犠牲者をだした日本軍はこの地を陥落させるため なんと八割の兵力を失った戦記にでてくる村を探し 市内からバスを乗り継ぎました。大小のクリークを挟み決死の肉弾戦がつづく 弾丸が雨霰と振るなか戦火で逃げ惑う人々が押し寄 [続きを読む]
  • [上海にある博物館] 志丹苑元代水閘遺跡だ!
  • 志丹苑 普陀区延長西路633号 2001年マンション建築に先立つ発掘調査で地下に構造物を発見 その後の調査で深さ7mの地中に元代(1279年-1368年) の水利施設(水閘)の跡が発見された ミニチュア版の全貌 なんと水門の総面積は1500平方メートルにも及ぶ同代の遺跡の中にあっても規模は最大 保存状態もよく志丹苑元代水閘遺跡 遺跡現場をそのまま博物館として2012年に開放 ガラスに映る志丹苑マンション この地下に水門遺跡 [続きを読む]
  • [自己紹介 近況] 東京で食べる三大中華
  • 世界の食が集まる東京の 三大中華料理店の紹介です。新記 1957年 香港の麺専門店  東京には三宿本店の他三店がありここは 港区台場1-6-1 デックス東京ビーチ店 シーサイドモール5Fです。 言わすと知れた蝦雲呑麺の店 独特の香港麺の歯ごたえを味わえ他にも 蝦シュウマイや小龍包など定番が楽しめます。南翔小饅頭店 1900年 上海の老舗 関東に六本木ヒルズ店他4店舗がありここは 渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店A館 B2F [続きを読む]
  • [日本租界] 六三亭から見る世界 
  • このブログで紹介してきた 白石六三郎さん経営だった六三亭今回は 許可を得て 二階にあがりました。1900年に建てられた建物 階段もしっかり現役です。当時 ここに大きな宴会場があった・・・面影はありませんが 天井の梁 柱は当時のままだそうです。いつからあったかわからないという木箱 当時のものかも知れませんいまは小さく仕切られた部屋に 人々の暮らしがありました。最盛期には60人以上の芸者さんを抱え 錚々たる [続きを読む]
  • [虹口区] 国慶節は租界巡り
  • 国慶節快楽!西本願寺に五星紅旗が(1938年築 租界時代の日本の寺)昨日は お友達のおじいちゃん家でご飯をご馳走になりました。遊びに来ていた曾孫さん おばあちゃん嬉しそうだな〜。親愛的朋友 いつまでも いつまでも お元気で!本圀寺 手直ししながらも健在(1922年築 日蓮宗の寺院だった)お天気もいいし、散歩しょうと!虹口のことは、何でも知っているおばあちゃんよく食べに行くお店のひと 一番仲良しは 宝宝なん [続きを読む]