野人 さん プロフィール

  •  
野人さん: 伊那谷の古民家再生
ハンドル名野人 さん
ブログタイトル伊那谷の古民家再生
ブログURLhttp://zenhankai.blog.fc2.com/
サイト紹介文2013年1月に築150年の古民家を購入。 3年3ヶ月の再生を経て移住し、古民家再生続行中です。
自由文2016年3月に移住後も、古民家再生続行中です。
・古民家再生
・薪ストーブ生活
・家庭菜園
・ヤギの飼育
・ニワトリの飼育
まだまだやりたいことがたくさんあります。
丁寧でシンプルな生活がしたいです。
伝統も大切にしたいです。
自然や地球や地域と調和したいです。

でもなんか、オーガニックやナチュラルや、そういう雰囲気は苦手なのです(笑)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/09 23:12

野人 さんのブログ記事

  • 少しずつ土壌改良されている?(2017年4月21日)
  • 4月21日の作業です。歯医者さんに行く用事があったので、夕方からお休みをいただいて少しだけ畑作業をしました。マルチをかけてからのイチゴは地温が上がったのが良かったらしく、順調に花を咲かせています。で、畑の状態。前回は畝方向に耕耘機をかけたので、今回は直交方向にかけて、それで耕耘はおしまいとします。こうやって耕耘直後を見ると、そこそこ黒くて良い土に見えますね。アップで見るとこんな感じ。まだまだですが、 [続きを読む]
  • 薪小屋基礎の根切りを続ける・コンクリートを抜根(2017年4月16日)
  • 昨日の記事の続きです。花見しながらのお昼ご飯を終えた後、薪小屋基礎の根切りを続けます。午前中は3つまでできました。午後からスピードアップしたいところです。が、そうは行かないのがこの根切り。根切りしたい場所に限って、根っこやら、いろんなものが埋まってます。ここはなんかコンクリートのフェンスブロックが埋まっている。周りを十分に掘っても、抜ける気配なし。まるで根っこでも生えているようです。面倒ですが、レ [続きを読む]
  • 薪小屋基礎の根切りが始まる(2017年4月16日)
  • 4月16日の作業についてです。ようやく丸一日作業ができる日ができました。いろいろと昼食を作ったりしながら、10時前に作業開始です。この日は井戸小屋基礎の根切りをするので、以前に量産した型枠18個を運んできました。型枠を運んでいて気づいたんだけど、なんかある・・・。うーん。動物の骨ですね。僕の見た感じだと犬っぽい??さて、それでは根切りの開始です。昨日の記事で説明したとおり、水糸の交点に基礎の中心が来るよ [続きを読む]
  • ウッドボイラーの煙突をまたやり直す(2017年4月15日)
  • 昨日の記事の続きです。土曜日だったので仕事を終えて、午後3時には帰宅できました。短時間ですが作業を開始します。まずやりたいのはウッドボイラーの煙突のやり直し。水切りをつけたり、アルミテープを貼ったりしたのですが、結局はまた漏水してしまったので、やり直します。一番の原因はアルミテープ。316℃まで耐える高耐熱のテープを使用したのですが、それでもシングル煙突の、しかもボイラーに近い部分での使用は無理だ [続きを読む]
  • 春の朝活3日目・何とか耕耘機までやった!(2017年4月15日)
  • 春の朝活3日目です。朝の弱い僕が奇跡的に3日連続で5時に起きることができました(笑)軽く朝食を食べてから、寒い畑に出ます。前日の作業で残滓や雑草は大体とったので、畑はこの状態です。ビニールマルチを剥がしまして。いろいろ撒きます。まずは昨年秋に作った籾殻燻炭。水はけを良くし、微生物の住処となり、土壌改良に役立ちます。さらに薪ストーブの灰と鶏糞。灰はカリウム分とカルシウム分の豊富な肥料であり、土壌の中和 [続きを読む]
  • 春の朝活2日目・雨か霜か(2017年4月14日)
  • 春の朝活2日目。またも時間通りに起きることに成功。それにしても寒い!!外気温は2℃です。畑に出ると見事に霜が降りています。霜どころか、部分的に凍っている感じ。あーあ。畑作業には悪条件ですね。雨だと作業できないし。かといって晴れていると今度は放射冷却で霜が降りてしまう。それでも仕方ないので、作業しましたよ。雑草抜きと、秋冬野菜の残滓の始末。昨日の記事で紹介したコンポスターは雑踏で満タンになりまして、 [続きを読む]
  • 春の朝活1日目・コンポストの掘り・イチゴのマルチかけ(2017年4月13日)
  • 4月第2週は土日が雨の予報。しかも仕事あり。水木金が晴れで、土曜日の昼前から雨の予報。うーん。木金土の朝に作業すれば、まずまずのコンディションの畑で作業できる?なーんて考えた4月10日木曜日の朝。5時に目覚ましをかけておいたら、バッチリ起きられました☆朝は苦手なんですけれどね・・・。その前にまず前日夕方の写真から。前日の夕方にもがんばって少しだけ作業しましたよ。このコンポスト。これは半年前にいっぱいにな [続きを読む]
  • 大矩作り・スイセンの駆除(2017年4月8日)
  • 4月8日の作業についてです。いやー、時間が無い。天候も悪い。4月8・9日の土日だって、結局は仕事で、作業できたのは土曜日夕方の2時間ちょっとだけ。これじゃ進みません。わずかな作業時間を使って、薪小屋作りを進めます。まずは、大矩(おおがね)作り。直角を出すための手作りの物差しですね。って、こんな基本的なものを、今までの古民家再生の4年間で作ってこなかったのも不思議ですが(笑)ようやく作ることになりました。ピ [続きを読む]
  • 越冬した野菜はどうなったのか?・ジャガイモの植え付け(2017年4月5日)
  • 4月になって、春になって、そろそろ畑を始めなきゃいけないな。夏野菜の植え付けはGW過ぎだとしても、土作りくらいは始めなければならないな。思いつつ。天候不良(涙)もう、なんか雨ばかり。少しくらいは耕して、空気を入れてやる必要があると思うのですが。しかし、耕すのならば少なくとも1〜2日は晴れた後にやらなければ、結局はぐちゃぐちゃの粘土をかき混ぜて、カチカチにしてしまうだけです。そう思って天気予報を見てみる [続きを読む]
  • 薪小屋基礎の地縄張りをする(2017年4月2日)
  • 昨日の記事の続きです。まだ整地は全然ですが、人力ではなかなかやりきれないので、先に地縄張りをしてしまうことにします。長女が久々に手を貸してくれました。天下のJK様です(笑)メジャーを持つだけですけれどね。四隅になる杭を打ちました。ざっくりですが対角線を計る方法で直角を出します。写真は俯瞰的に見るために脚立に上って撮影したものです。うーん。正直分からない(笑)母屋のラインと平行に地縄を張っているのです [続きを読む]
  • 薪小屋予定地の整地と追加抜根(2017年4月1日)
  • 4月1日の作業を続けます。抜根と伐倒までは終わったのですが、まだまだ直ぐに薪小屋を建てられる状態ではありません。たとえばこんな蔓の類がたくさんあったり。蔓は取っても取っても外見上はほとんど変化が無いのが辛いところです。あとは不陸を無くそうと整地を試みたのですが、諦めました(笑)一応、左下の盛り上がっていたところを削って、奥側に移したのですが、ぜんぜん捗りません。どうせ基礎の根切りでたくさん掘るから、 [続きを読む]
  • 巨石を運ぶ(2017年4月1日)
  • 昨日の記事の続きです。伐倒で出た丸太を撤去して完了かと思いきや、薪小屋作りに邪魔な巨石があることが分かりましたのでそちらを撤去します。ちなみに人力では持ち上げられない重さです。本当なら重機が必要なサイズの巨石ですが、「なら、抜根から全部重機でやればよかったじゃん」ってなってしまうので、あくまでも人力でやります(笑)一輪車にさえ載れば、後は何とかなるような気もするのですが・・・。こちらがその巨石。で [続きを読む]
  • 伐倒で出た丸太を玉切りする(2017年4月1日)
  • 4月1日の作業についてです。実は3月25日の伐倒以来、本日に至るまでもそうですが天候に恵まれていません。屋外作業の進捗はちょっと鈍化します。まずやるべきは、伐倒で出た丸太の処分の続き。前回は体力切れと時間切れで途中まででした。この丸太、流石にひとりでは運べません。かといって、家族の手を借りるのも容易ではありません(笑)ということで40センチに玉切りして運びます。サワラの株元の又になっている部分。厄介だな [続きを読む]
  • 敷地入り口の柿を伐倒(2017年3月25日)
  • 昨日の記事の続きです。家の南面の伐倒が終わりましたので、残った時間で入り口側の柿の木を伐倒してもらいます。該当の柿の木は赤丸のところにあります。渋柿でして、しかも物件購入前に落ちた雷の影響で半分くらい燃えています。敷地には甘柿が1本と渋柿が2本あります。ここは車の通路のために、落ちた渋柿がぐちゃぐちゃになって汚れてしまうので伐倒することにしました。ロッキーラダーで登りまして。伐倒というのは、余計な枝 [続きを読む]
  • 敷地南面の伐倒・後編(2017年3月25日)
  • 昨日の記事の続きです。一番大きくて厄介だったサワラを伐倒したところから続けます。続いてこちらもサワラ。こちらは高野槙です。桶などの材料として重宝されるということで、ちょっと迷ったのですが、やはり生えている場所が悪いので倒すことにしました。それほど大きな樹ではないので、チルホールを使わずに、ロープで人力で引っ張るだけで倒すことが出来ました。仮置き場には物凄い量の枝葉が溜まっていきます。ウッドボイラー [続きを読む]
  • 敷地南面の伐倒・前編(2017年3月25日)
  • 3月25日の作業です。準備も整ったことなので、いよいよ敷地南面の伐倒をします。今回は隣家も近くて、万が一にも迷惑をかけてはいけないので、業者さんに協力していただくことになりました。2013年にも敷地の大掛かりな伐倒をお願いしましたKさんです。しかし、朝の約束の時間に来たのは見慣れない男性・・・。ん?と思っていると、なんとKさんは前日の仕事で怪我をしてしまったみたいで、代わりに従業員のIさんが来てくれたような [続きを読む]
  • 屑鉄を処分する・畑のガードを作る(2017年3月20日)
  • 昨日の記事の続きです。抜根した根株と剪定枝を片付けまして、随分と敷地が片付いた気がしてきました。ついでなので、屑鉄も集めて業者さんに回収してもらいます。こういう錆びて脚が折れた脚立とか。「脚が折れていない半面は残して」という嫁さんのリクエストがあったので、グラインダーで切断します。何に使うかは知りません。親父の奥さんが来たときも、錆びたボロボロの番線をいくつか拾って帰っていました。似たような意図を [続きを読む]
  • 伐倒の準備を進める(2017年3月19・20日)
  • 3月19・20日の作業についてです。業者さんに伐倒してもらうのは3月25日。それに向けての準備を進めます。ところで、伐倒とか、剪定とかもそうですが、何が大変で手間取るか?それはもう経験者なら即答すると思いますが、枝葉の片付けです。切るのも倒すのもあっという間。しかし、その後に枝葉を切り分けたり、運んだりするほうがはるかに大変で、時間もかかります。かといって、それをやらないとあっという間に足の踏み場もなくな [続きを読む]
  • 太陽熱温水器の真空管を交換する(2017年3月19日)
  • 3月19日の作業です。この日は細かい作業をいろいろとやったのですが、まずは太陽熱温水器の真空管を1本交換しました。というのも、24本のうち1本だけこのようにガラスにヒビが入っているものがありまして。ガラスが薄く剥離している感じなので、破損というよりも製造工程で出来た傷のような気がします。多分、機能としては問題ないと思いますが、永く使いたいのでメーカーに写真を添付して連絡したところ、直ぐに代替品を送ってく [続きを読む]
  • 根株の処分方法(2017年3月18日)
  • 3月18日の作業です。このように該当箇所の一通りの抜根は終わりました。60本以上も抜根したので、周辺は根株だらけです。さて、どうしたものか・・・?というのも、根株というのは非常に処分に困るんですよね。枯れにくいし、腐りにくい。いつまでも元気なままです。たとえばこれが半年前に抜根したもの。これなんて、4年も前に抜根したものです。まだまだ腐る気配がありません。というのも、多分ですけれど、根は幹や枝葉と違って [続きを読む]
  • 抜根5・6日目・一応は終了!(2017年3月14・15日)
  • 伊那谷の古民家抜根へようこそ(笑)5・6日目の作業です。本業の合間にやりました。さらに奥地に攻め込んでいきます。ここは敷地図でいいますと、この物置の裏からさらに奥でありまして、今回の薪小屋建築にはまったく関係ない部分であります。が、物のついでといいますか、このタイミングで綺麗にしないとなかなかいじる機会もなくなってしまうので、やってしまいます。51本目。52本目は粘る!!それもそのはず、この木、根っこが [続きを読む]
  • 抜根4日目・金網を抜根する(2017年3月12日)
  • 3月12日は10時半くらいまで地域の清掃活動がありまして、それからの作業です。相変わらず抜根中です(笑)さて、前日にやり残したこちらの金網の抜根(?)を。ぐい。ぐいって、引っ張ってもまともな手ごたえが無い。疲れるだけです。それでもいつかは抜けるさと、手当たり次第に引っ張っていきます。結局、この金網を支えている基礎がどうなっているかがまったく分からないのですね。ん?何か手ごたえがあるぞ・・・。あー。何か [続きを読む]
  • これぞ日本古来のマイバッグ!!
  • 毎日抜根のことばかり書いているので、ちょっと箸休めに違うことを。ずっと書きたいと思ってきて、なかなか機会が無かったことです。皆さんはマイバッグって持っていますか?僕は転職をした26歳くらいから持つようになりました(7年くらい前)。手提げやトートバッグのようなものは容量が少なくて、また自分で詰める手間も面倒な感じがしたので、もっぱら僕が持ち歩いていたのはレジカゴに仕掛けられるタイプのものでした。ネット [続きを読む]