ayumi さん プロフィール

  •  
ayumiさん: カメラトクラス。
ハンドル名ayumi さん
ブログタイトルカメラトクラス。
ブログURLhttp://kissdayu.exblog.jp/
サイト紹介文北海道をぐるぐる。現在左下辺りを低飛行。にわかネイチャーフォト。野鳥や野花時々スナップ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2012/11/10 10:05

ayumi さんのブログ記事

  • バン。
  • バンの嘴は赤と黄色がオシャレでいいよねバンののび〜を撮っていたら、足の付け根っぽいところにも赤いのがあることに気が付きました。顔だけじゃなく足元もオシャレなのか [続きを読む]
  • みさごん。
  • 檜山の夏の空、大きな鳥が飛んでるな〜と思うと、たいていミサゴだったりなんかします。我が町と隣町で子育て中のペアがいます。こうやって子育てを近くで観察できるのはありがたいことです。こちらに越してから、すっかりミサゴファンです [続きを読む]
  • 7月の神仙沼。
  • オロフレ山の翌日はのんびりニセコ神仙沼へ。前回から1カ月振りでしょうか。池塘では青空が少しだけ映りこんでいました。最近の私は曇り女返上、晴れ女に成長しつつあります。ウェ〜イ手前はネムロコウホネの葉。何となく撮ってみた一枚。ワタスゲ。上手に撮れません。中望遠を持ってくれば良かった。。。次回はお花の画像を [続きを読む]
  • ひとりごと。
  • 確か何かのドラマだったと思う。 主人公がコンビニで買い物をした後、毎回お釣りを募金箱に入れるシーンがあって、それを見て以来、自分もあんな風に恒常的に募金をする人になれないだろうかと考えていました。最近やっと答えらしいことを見つけまして、いらないポイントをネット基金で寄付することを覚えました。ケチなのでドラマのようにお釣りをまんま募金はできないけれど、これなら無理なく続けられます。というわけで、ここ [続きを読む]
  • オロフレ山の花々*3
  • 尾根から山頂にかけて見られたチシマフウロ。特に毛むくじゃらの蕾が可愛いんですよね。蕾を探す余裕がなくて残念。  たぶんミヤマダイコンソウかしら。自信ない。葉をちゃんと確認してないので。岩場を登ってる最中にKOJI氏が撮った画像です。あんな怖い所でよく写真を撮る気になれたわね 。。。そのメンタルの強さ羨ましいマルバシモツケ。このフワフワが可愛いんですよね  [続きを読む]
  • オロフレ山の花々*2
  • ベニバナイチヤクソウ。一輪だけ見つけたコケイラン。ついつい毎回同じような構図で撮ってしまう。。。蜘蛛の糸に囲まれたネバリノギラン。素敵な仕上がりに見惚れてしまいました。蜘蛛は生粋のアーティスト。 [続きを読む]
  • オロフレ山の花々*1
  • ゴゼンタチバナ。この花を見るとゴゼンタチバナ→エゾゴゼンタチバナ→両方見れる根室に行きたい。。。となる。オオバスノキ。花を見ながらのゆっくり登山なので、後ろの人に道を譲るついでにこの花を撮っていたら、後ろの人までもこの花にカワイイと釘付け。立ち止まってしまったので、結局我々がまた先を歩くことにアカモノ。ゆっくりじっくり撮りたい衝動に駆られますが、先を急ぐので我慢我慢。とあるポイントでごっそりと盗掘 [続きを読む]
  • オロフレ山へ。
  • (稜線と手前ヨツバシオガマ)7月上旬、KOJI氏の膝が良くなったので、今回遅いスタートを切った登山です。オロフレ山は過去のデータを調べたら6年前の6月下旬以来。いざ登ってみると心配していたKOJI氏の膝は大丈夫だったんだけど、私の方が。。。あの難所の岩んとこで心臓バクバク。帰りは太ももプルプルでした(稜線とヨツバシオガマ(再))稜線とヨツバシオガマで撮りたかったんだけど、どちらがいいのか自分でもよく分からな [続きを読む]
  • ノビっ子たち。
  • 6月下旬。この日はノビタキをたくさん見かけました。                                                                                                                                                  ノビっ子もいっぱいいて賑やかでした。            [続きを読む]
  • 再び水場へ。
  • 6月中旬。背景がいまいちな例のポイントへ行ってきました。登山者から上の方でヒグマの子供が現れたと教えてもらい、今回はちょっとビクビクな鳥見です。暗いのでブレてしまいなかなかちゃんと撮れません。オオルリも近くに来たのですが、この子が攻撃して追い払ってしまいました。仕方がないことです。ここの常連さん、ホオジロです。抱卵前は必ずペアでやってきて一緒に水浴びをしていましたが、今日はオスだけです。 たぶんエ [続きを読む]
  • えりまき・・・?
  • 6月中旬。何となくエリマキかしらと思いながら撮っていましたが違うかもしれません(汗)ぱっと見の大きさと白いアイリングが目の前後で切れていること、あとは体格と姿勢あたりでそんな風に思いました。間違っていたら教えてください。一見さん大歓迎です。参考までに渡島エリアでは毎年エリマキシギ確認されているそうです。    どうでもいいことなのですが、ブログはだいたい12時のお昼に予約投稿をしているのに、前回のは0 [続きを読む]
  • 雨のニセコへ。
  • 6月中旬。宿のキャンセル料がもったいないので雨天決行でニセコへ行ってきました。 神仙沼入り口から少し歩いたらアカエゾマツ地帯。根室の落石湿原が懐かしいです。   白いポツポツはチングルマです。白いベールに包まれた霧の神仙沼、なんと神秘的なのでしょう。幸い天気が悪いので観光客も少なく、ゆっくり写真を撮ることができました。幾度もニセコを訪ねていますが、神仙沼は7年振りくらいかな。売店の雰囲気が変わってた [続きを読む]
  • ツバメの巣。
  • 6月某日。去年の所より数メートル離れた所に巣がありました。民家や人が行き交う場所に好んで巣を作りますが、ほんとのところ、ツバメは人間のことなんてこれっぽちも好きじゃないと私は思っています(^m^)   [続きを読む]
  • 雨の山をほんの少し歩く2
  • 前回の続きです。海向山をほんの少し歩いた後は、恵山高原付近をほんの少し歩きました。 イソツツジが咲いていました。ほぼ全ての雄蕊に水滴がついていて、とても美しいです。写真では撮れなかったので、その分この目でしっかり堪能してきました!コケモモの花も咲いています。なんて可愛いのでしょう。雨が本降りになってしまい、いつもの如くクローズアップレンズが曇り始めました。駐車場に戻ったら、さすがに誰もいませんでし [続きを読む]
  • 雨の山をほんの少し歩く1
  • 6月上旬。ついてないことに雨の週末が続きます。ダメもとで再び恵山へ。海向山をほんの少しだけ歩きました。今年は一度も登山らしいことをしていません(−−)ユウシュンランを見つけました。白いランの中で一番好きな花です。花弁と退化した葉のバランスが何とも絶妙。     雨で泥が跳ねてしまったギンラン。寄り添うように仲良く並んでいます。小さくて可愛い。    コケイラン。ちょうど分かれ道のポイントで、目印のよ [続きを読む]
  • コケイラン。
  • 5月下旬が今季初認のコケイランです。そろそろダニさんに気を付けなくては。KOJI氏が膝を痛めてしまいました。今年の夏はあまり無理せず、平地で遊ぼうと思います。 [続きを読む]
  • モズ。
  • 根室ではそんなに多くは見掛けなかったモズですが、檜山は圧倒的に電線+モズの組み合わせが多い。初夏になった町の中ではモズに加えツバメが電線で休んでいることが多いです。今年の夏はジリや雨の日が多いせいか、いまだに長袖を来ています。根室にいた頃も夏は肌寒くて、薄いカーディガンを羽織ってちょうど良かった。今年の檜山の夏は根室の夏とちょっと似ている。  [続きを読む]
  • そろそろかと思い。
  • そろそろかと思い、以前不発に終わった水浴びポイントへ行ってきました。予想通りオオルリが到着していました。この画像は水浴び前。水浴び後。高い所で羽を乾かしていました。オオルリ撮ったら満足したので、帰りに山ウドを採りながら帰りました。 [続きを読む]
  • イチヨウラン。
  • 5月某日。この日はイチヨウランが見頃を迎えていました。あずき色の班がない真っ白なイチヨウラン。一葉蘭なだけに上から葉も入れて撮ってみました。去年のイチヨウラン画像はマイヅルソウの葉で何となく収まりがついた変な画像だったなとふと思い出しました。 [続きを読む]