nakaniwa patia さん プロフィール

  •  
nakaniwa patiaさん: Gooool ! の聞こえる中庭から
ハンドル名nakaniwa patia さん
ブログタイトルGooool ! の聞こえる中庭から
ブログURLhttp://golnokikoerunakaniwakara.blogspot.com.es/
サイト紹介文自慢と文句が大好きなスペイン人。そんな彼らを取り巻く出来事をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/11/12 03:20

nakaniwa patia さんのブログ記事

  • (無題)
  • Según informa el diario Bild, el herido por la explosión del micro del Borussia Dortmund sería Marc Bartra. pic.twitter.com/u3V2zt2Att― Goles de Europa ESPN (@GolesdeEuropa) 11 de abril de 2017ボルシア・ドルトムントの移動バスで爆発が‼スペイン人、マルク・バルトラ選手がけがをしたもよう。本日予定されていた対ASモナコ戦は、明日12日行われる予定。 [続きを読む]
  • ドライブのすすめ【私だけの絶景を求めて】
  • 青空の広がる好天気が続くスペイン。北部では気温が30℃近くまで上昇するなど、初夏を感じさせるような聖週間のはじまりだ。ドライブ好きの私も、この晴天に誘われお出かけに拍車がかかる。そもそもスペインはドライブ好きを満足させてくれる国だと思う。景色もさることながら、インフラ整備もかなり整っている。有料の高速『Autopista』を使わなくとも、無料の『Autovia』は有料顔負けに整備され、平日などは有料の高速は車の数も [続きを読む]
  • 久しぶりの診療所で
  • 私は大の医者嫌い。と言うより、診療所嫌い。幸いにも大した用件で行くことが殆どないため、簡単な問診(診察は殆ど受けたことがありません)と処方箋だけで終わってしまう。とは言え、予約を入れても大抵1時間以上は待たされる。全く割が合わない。待ち時間からするともっと凄い病気でもいいのでは?反対に私のような用件なら待ち時間5分がいいとこでしょう?そして今日も処方箋1つのために覚悟を決めて診療所へ。診療所はいつもの [続きを読む]
  • 恐怖!ドアの開いたメトロ
  • Usuarios viajan en un tren del Metro de Madrid con las puertas abiertas pese al aviso de desalojo | Vídeo @agmagaldi https://t.co/TLUTg89Xnz pic.twitter.com/73ZzpTUXjw― Europa Press (@europapress) 2 de abril de 2017ドアの開閉が故障したマドリッドの地下鉄。電車は修理のため車庫に向かうことになり、乗客全員に『降りてください』というアナウンスを流した。しかし7〜8人の乗客が、このドアが故障している電車 [続きを読む]
  • 100ユーロを配る少年
  • カタルーニャのある小学校で100ユーロが生徒たちに配られた。小学生の手によって…少年は家で10,000ユーロを発見。親切な彼は学校の友達に配ることにしたのだ。1人100ユーロ。実はこのお金、彼のお婆ちゃんが医療器具を買うために貯めていたもの。給食の時間に自慢気に100ユーロを披露していた子どもたちを見て、先生方が両親に連絡。お金をもらった子どもたちやその家族の協力のもと、返金が進んでいるようだが、全額はまだ戻って [続きを読む]
  • 窓の外に少女が!
  • 5歳の女の子が6階の窓の外に! Buena intervención de los @bomberosalic https://t.co/6GUp67kiUh― UFP ALICANTE (@ufp_alicante) 2 de marzo de 2017夜起きると家に誰もいない。一人ぼっちの彼女は外に出ようとしたがドアからは出れず、台に乗って窓を開け、窓の外に…。彼女が立っているところは、幅が僅か10cm。母親がパートナーを迎えに行った留守中の出来事だった。5分足らずのことなので、寝ている娘を起こすのがか [続きを読む]
  • レタス不足はスーパーの陰謀?
  • 『氷山の一角 イギリスの消費者が野菜の配給制に直面しているにも関わらず、スペインのスーパーでは大量の野菜がため込まれている』これは先日イギリスのタブロイド紙【The Sun】に載せられた記事のタイトルだ。レタスの産地ムルシアで相次ぎ起こった寒波と雨。その打撃を受けたのが野菜、特にレタスやトマトだ。スペイン国内でも40%減、当然輸出にもその影響が出たと思われる。因みにこの土地で収穫されるレタスの60%がイギリ [続きを読む]
  • 夜型人間の優しすぎる目覚まし
  • 家の息子は超夜型人間。大学のある日もない日もお構いなく、毎晩(毎朝?)遅くまで起きている。もう何年も親の私の方が先に寝る生活スタイルが我が家では定着している。これはスペインでの生活だけでなく日本に行っても同じ。時差など全く関係なく夜型に即変身できる奴なのだ。そんな彼の目覚まし(携帯の)が優しすぎるので、毎朝プッと笑ってしまう。それも何度となく消されはつきの繰り返し。もっと強力な音にしろ!と言いたくなる [続きを読む]
  • トランプ大統領の恩恵を受ける企業は?
  • No hay #muro capaz de detenernos si creemos en nosotros mismos. #4ctitud. pic.twitter.com/gMZPMj1m1G― Rafa Marquez (@RafaMarquezMX) 25 de enero de 2017メキシコとの壁で不法移民の問題が解決するわけではない。そんなこと歴史やスペインのフェンスを見ればすぐ分かる。ビジネスなのか何なのか…。「America first」のトランプ大統領のこと、自国の企業が建設を請け負うことになるだろうが、彼は他にも大規模なインフラ [続きを読む]
  • 菓子パンがおいしすぎる件
  • 以前私は、スペインの菓子パンが不味すぎるので、日本の菓子パン企業のスペイン進出を懇願していた。しかしこの料理が苦手と言うか、作るのが嫌いな私にも、作れました「菓子パン」が。そもそもパンを自宅で作る勇気もなければ技もない私。幸いにもあんこやカスタードクリーム、チョコレートクリームなんかは作れるので、問題は菓子パン的なパンを探すだけだった。しかしこれがなかなか難しい。こちらのパンはやたらと味が濃い。或 [続きを読む]
  • 壁とフェンスの違いは何?
  • スペインでも連日のようにトランプ大統領の話がニュースに流れる。トランプ氏の発言はヤバ過ぎるのでメディア的には話題になる。今日のニュースでは、カサ・ブランカの公式サイトでスペイン語バージョンが削除されたとの報道があった。州によっては英語を公用語として定めていないところもあるというのに…。彼の言動・行動を批難することは容易だが、なぜそこが支持されたのかを深く考える必要がある。「アメリカンドリーム」や「 [続きを読む]
  • マエちゃん?もののけ姫
  • 先日、息子に幼稚園時代の友人から電話があった、彼のおばさんの名前を日本語で教えてほしいという依頼だ。もう20歳にもなるのに、いまだに日本語の読み書きがおぼつかない息子は、当然ながら私に聞いてきた。(私の教育がなっていませんでした‼  )話をよく聞くと、おばさんの名前をタトゥーしたいのだとか。「えっ、なんで‼おばさんの名前」と、ビックリさせられた。興味津々、とりあえずタトゥーしたら写真を送ってと息子に頼 [続きを読む]
  • 和音を知らないオルガンの音色
  • 先月からおすそ分けみかんをよくいただく。毎週のように。週末は贅沢にジュースにするが、心は何故だか「証拠隠滅」気分。そして今日もまたみかんのいっぱい入った袋がお隣からやって来た。今年もまたみかんを食べきれずに迎える年末年始になりそうだ。早いものでクリスマスまであと1週間となった。この時期は年が終わり日付が変わるだけなのに、妙な焦燥感におそわれる。私にとって12月はまことにストレスフルな月なのだ。華やか [続きを読む]
  • メッシへのオファーが凄い
  • カタールのドーハで行われた先日のバルサ対アル・アハリの親善試合。アフガニスタンの少年との微笑ましい光景を披露してくれたメッシだが、今その彼に中国サッカーチーム・河北華夏幸福足球倶楽部からもの凄いオファーが来ているらしい。5年契約で、その金額は5億ユーロ。日本円にすると6百億以上になる。バルサとの契約は2018年の6月までで、現在の年俸は2千4百万ユーロ。契約更新としてチームは3千5百万ユーロを予定しているよう [続きを読む]
  • アロンソの夢はどこに…
  • 2005、2006年とF1ワールドチャンピオン2年連覇を成し遂げてから早10年。何の話題性もなく今年もフェルナンド・アロンソのF1シーズンが終わった。彼の活躍が期待できないここ数年はスペイン人のF1熱も下がり、レース中継も有料テレビでしか見れなくなるという始末。同時に彼の引退説も何度も噂されている一方、結果とは似合わないほどの高額な収入が原因で今もまだレースを続けているとも言われている。彼のケースとは全く異なるド [続きを読む]
  • おすそ分けの季節
  • 朝夕がかなり寒くなってきた今日後の頃。クリスマス向けのCMがやたらと増え、12月の連休・忘年会(ささやかながら友人と)・クリスマス・大晦日と、気の早い私は今からワクワクしている。そしてこの季節はお隣さんからおすそ分けが多くなる頃だ。特にオレンジやみかん、例年通りなら来月あたりからりんごも加わる。私が住んでいるピソの同じ階にはお隣さんが2軒。その両方からいただくから、冬は果物を買うことが劇的に少なくなる。 [続きを読む]
  • サマータイム・連休・政治空白の終わり
  • 土曜日から続いていた連休も今日が最終日。日曜日はサマータイムも終わり、一気に秋・冬らしくなったようだ。300日以上の政治空白もようやく終わり、明日からまた同じような顔ぶれ、政策、言い訳がはじまることになる。野党も野党で、党内の亀裂が先行きを暗くしている。それにしてもスペインの国会を見ていると、つくづく私は国会議員にはなれないと思ってしまうのだ。もし先日のような政権樹立へ向けての国会にいたのなら、殴 [続きを読む]
  • コロンブスが危ない!
  • 現在のカタルーニャ州議会の中で、過激なスタイルでカタルーニャ独立運動を支持する“極左党CUP”。この程彼らからこんな提案が出された。「バルセロナのコロンブスの塔の除去」展望台からはモンジュイックの丘から港まで、パノラマに広がる素晴らしいバルセロナの町が目に入る。塔の下には新大陸の発見に関わったさまざまな像も飾られ、バルセロナ市の観光バスのルートにも入る観光名所だ。しかしながら、アメリカ大陸の征服を称 [続きを読む]
  • 出会いが少ない値下がりした食品
  • 2週間前に買ったキャベツがまだ冷蔵庫に残っている。これ以上保存するのは危険だろうか?とりあえず今日は餃子にしてみた。エンパナディージャの生地を使うと、皮がちょっとパンぽくていける!近年スペインでは家庭から出る残飯や期限切れの食料の問題が注目されている。まさに、捨てられる食品の50%が家庭から出ているのだそうだ。フランスではスーパーから出る賞味期間が切れた食品の廃棄を禁止した法律ができたようだが、スペ [続きを読む]
  • 政治空白を続行する議員たち
  • 政治空白が続くスペイン。昨日行われた2回目の首相指名投票でも過半数が得られなかったため、現在の臨時政府であるマリアノ・ラホイ首相率いるポプラル党政権は樹立しなかった。全く進展がない。同じことを繰り返すのが好きな国だ。スペインの政界は残念過ぎる。どこの党とは言わないが……、どこにそんな根拠があるのか疑いたくなるぐらい、いつも上から目線の議員たち。同じ党からは恥ずかしいぐらいの数の汚職議員が出ているに [続きを読む]
  • トマティーナの優しい一面
  • 今年も盛大にスペインのトマト祭り【トマティーナ】が開催された。準備されたトマトは昨年より10トン多い160トン。7台のトラックに積み込まれたトマトは、待ち構える22000人の参加者に向かって投げ放たれた。Ya sonó! BOOOOUM!!!Empezamos!!! pic.twitter.com/tgowjW9EGS― La Tomatina Oficial (@LaTomatinaInfo) 31 de agosto de 2016 今年のトマティーナは、現在スペイン社会が抱える問題に優しい一面を見せることとなった。ト [続きを読む]
  • スペインのファンデーション事情
  • スペインでは日焼けに対する価値観が日本とはまるで違う。美白を目指す女子が多い日本では考えられないほど、スペイン人は日焼けが好きだ。小麦色、否それ以上黒い方が健康的でステキ?と考えている人が多い。肌の色に関して言えば、例えば化粧品・ファンデーション一つとっても、私はこれまでどれぐらい美容部員のおすすめで肌より濃い色を買わされたことだろうか。首と顔の色が違う。日本なら首より顔の方が白い人を見かけるが… [続きを読む]
  • タラソナのトマティーナ?シポテガトのお祭り
  • スペインでは8月半ばぐらいから全国各地でお祭りやイベントが目白押しだ。8月はただでさえバカンス気分に浮かれているのに、更なる盛り上がりを見せる。月末もその勢いは絶えない。町や村のお祭りに輪をかけて、リゾート地のホテルやアパートメントではバカンスの"お別れパティー"的なイベントが繰り広げられている。バレンシア・ブニョール村で開催される日本でも有名な"トマト祭り=トマティーナ"は、毎年8月の最終水曜日に行わ [続きを読む]
  • 恐々食べる冷ややっこ
  • 夏は日本のさっぱりした食事が恋しくなる。そうめん、ざるそば、わかめの入ったサラダ、カツオのたたき、夏野菜のカレー、梅肉ソースで食べる鱧、………、あ〜切りがない!!ところで今日、あるお店で久しぶりに柔らかいお豆腐を発見。日頃は近くのスーパーに売っている豆腐とは思えないほど硬く、そして大豆色のものを食しているので、「今日は冷ややっこ」と大喜びで手に取ると、これまたもの凄い喜びを発見。なんと1パック1ユーロ [続きを読む]