還暦すぎたおじさん さん プロフィール

  •  
還暦すぎたおじさんさん: 柳川和政の庭と地域と時々わたし
ハンドル名還暦すぎたおじさん さん
ブログタイトル柳川和政の庭と地域と時々わたし
ブログURLhttp://kazumasayanagawa.sagafan.jp/
サイト紹介文毎日 更新中です 「時々わたし」はサガン鳥栖が最近多くなっています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/13 21:11

還暦すぎたおじさん さんのブログ記事

  • 日常のサガン鳥栖「認知・確実に増」と庭の今
  • 私の日常の中での「サガン鳥栖」って非常に多くなった日頃のお付き合いでもサガン鳥栖サポとは密度が違うようにも思うもちろん寝ても覚めてもサガン鳥栖ではないのだが近親感が違ってくる私の側だけの一方通行でもないところが益々そうなる所以これまでの仕事上のお付き合いもまだ途切れてはいないとくに最後の仕事は全国に共通の課題を抱えているために「なんやかや」の原因で多くの知り合いを得ることができたまだ時々思い出すよ [続きを読む]
  • 弾幕「正直田舎者」考と「友の出発」
  • 「正直田舎者」サガン鳥栖の試合のゴール裏に必ず掲げられるダンマクです正直・田舎者「これは恥ずかしい」「この言葉は嫌いだ」そんな言い方をされる方は少なくないしサガン鳥栖サポの間では定期的に議論がある風物詩的なものにもなっている私は好きだこれが登場した歴史もさることながら地方都市の小さなクラブを応援するアイデンティティウイットに富みほっこりさせる響き私は根っからの佐賀んもん正真正銘の田舎者だからでもな [続きを読む]
  • 何やかんやの一日とレンガ積み終了
  • 今日も何かと用事が多い一日でした早朝のボランティア活動の役員会と定例会一旦帰り「つれ」共々に吉野ケ里公園に今日までが期間の「みどりの市」ここには目当てのものはほぼなしそれでも知り合いが出しているお店ではご無沙汰も兼ねてのお買い物その足でオープンガーデンのお世話役さん宅に会議に出席できなかった為の「あれこれ」とお顔拝見・お庭拝見にそこが終わった頃には昼折角だからと久留米・田主丸に道の駅で昼飯タイムそ [続きを読む]
  • サガンがない週末と浜勝券コピー「喝」
  • 花冷えの中我が家では土佐ミズキが満開「もう咲き始めた」とここで書きながら再度嫌でも目に入る場所丸い黄色の花が下に垂れているその丸まったのが3つ多くて5つほど連なっているよく小鳥が蜜を吸っているしその動きで花びらが舞うメジロもこの時期から我が家に来てくれる今日は鹿屋体育大学とのTM行けません義父の49日の法要終わってしまえば月日の経つのは早い2〜30分のお経が長く感じるしお湯が沸く数分さえも待てば長 [続きを読む]
  • 代表戦「勝ってニッコリだが」とWBC
  • 日本代表がUAEに2対0で快勝まずは良かったでもサガン鳥栖の試合がない週末は手持無沙汰だ代表戦も興味がない訳ではないが「燃えない」気持ちが高ぶらない以前はそんなことはなかった「その以前」思い返せば日本のサッカー状況をあまり知らなかった頃通常の日本を代表する競技と同じく日本の代表戦だから見る・応援する純粋にそう純粋にしかし多くは言いたくないが何とはなしに代表だからとの一言で「単純に応援する」気分が薄 [続きを読む]
  • 調子の良し悪し・戦術の先生「虚言さん」
  • ここで都度繰り返しているが私はサッカー競技とくに技術的なことは詳しくないいや 知らないサガン鳥栖応援で勝つにせよ負けるにせよゴールまでの「前ふたつ」程度のプレーぐらいは分かるがそれ以上の隠された原因いや自分が気づかない原因がたくさん積み重なってのゴールであったり失点であったりとは容易に想像ができるでもその要因・原因は分からないし分かろうとの努力もしないそれでも「その試合・その試合」がサガン鳥栖のチ [続きを読む]
  • 横綱「稀勢の里に見る」サガン鳥栖
  • 大相撲の新横綱の稀勢の里関その表情が違います大相撲ファンではないのでテレビを常にみている訳ではないから正確ではないはず私の稀勢の里イメージは白い肌を紅潮させて仁王さんのような表情か大事な一番では瞬きを忙しくするファンではないからここぞの勝負時に見ることが多かったせいかそんな時の成績は良くなかった新横綱の今場所はやっぱり気になり敢えて見るか出来ない時には必ずニュースで確認しているこんなことって久しぶ [続きを読む]
  • サガン鳥栖「自分を映す鏡」
  • サガン鳥栖は「自分を映す鏡」なんてことを先日書いたもんだからそのことをサガン鳥栖の選手は息子か親せきの子のような気持ちで応援をしているもちろん「私が勝手に」だけどだからだろうサガン鳥栖応援にも気持ちの変化があった例えばJ2時代は「よく頑張った」の一点張りそりゃ勝てば嬉しいし負ければ口惜しい思いでベアスタを後にしていたがそれでも勝っても負けても「頑張ったから」で済ますことが出来ていたJ1に上がった時 [続きを読む]
  • イバルボ選手「ひとめぼれ」
  • イバルボ選手のことだがサガン鳥栖サポの評価は必ずしも高くはないみたいそうかなぁワクワク感を醸しだすオーラ運動能力がいかにも高そうな身体つき試合でも「強い」と感じたし「上手」とも思ったもちろん得点を取っていれば尚善しだったが実はセレッソ戦の前から彼の「ゴール集」を何度見たことかもちろんゴールの場面は良い状態が重なり合ってのことだからそれだけでの評価は危ない分ってはいますそれでも何度も何度も見たいと思 [続きを読む]
  • 負けは負け「いつまでも引きずらない」
  • 負けは負けいつまでも引きずらないそれでも負けた時の私はこの世で一番不幸な男みたいに落ち込むしかししかしだ丁度良い具合に試合まで間があいている反省するには十分な時間がある相手が強力というより勝ちたい意識が少しだけ上回っていたかも知れないし最後まで「走っていた」のがこれまでのセレッソ大阪とは違ったかも知れないしかしサガン鳥栖はこんなもんじゃないはずたまたまいろんな歯車が狂っただけのこと修正すれば良い連 [続きを読む]
  • セレッソ戦・完敗「気を引き締め直そう」
  • 結果は0対1の負け相手のセレッソが「どうのこうの」じゃなくサガン鳥栖が悪かったミスが多すぎた先ずは簡単な経過だが前半は中盤のつぶし合いでどっちにも大きなチャンスはなく得点なく終わる後半25分頃に相手のセットプレーで失点攻撃陣を増やして攻勢をかけ続けるが鎌田選手と最後のミンヒョク選手のゴールチャンスも活かせずに終了うーん「前にボールがいかない」うーんここは勢いを加速という時間帯に削がれる「自分たちの [続きを読む]
  • ユンさんに「成長度数を見せてやれ」
  • あれこれ言っている間にもう週末そして明日はセレッソ大阪戦ユン監督が率いる若手の有望選手が多いチームここは「ガツン」とやっつけたいですねユンさんのお蔭でJ1の6年生ユンさんが全てではないが大きな功績を遺してくれたのは事実その彼が去って3年チームは更に上積みをし強くなったはずそれをまず見せて欲しい自ずと結果は付いてくるはずしかし先発予想を考えたらユンさんを良く知る選手って少ないだからこそ豊田選手お世話 [続きを読む]
  • イバルボ選手入団「凄いチームに」と新潟戦
  • ビクトル・イバルボ選手の入団が正式に発表されました年齢は26歳イタリアのセリエAのカルアリに所属2014年のブラジルW杯でコロンビア代表長身のストライカー移籍金・年俸ともに億単位だろう豊田選手の相棒となるはずコメントが落ち着いている「鳥栖の強い情熱でJリーグでプレーできることを嬉しく幸せに思う私の全てを表現したい私自身も日本の落ち着き・謙虚さを習いサッカー選手として人間として成長したい」豊田選手と [続きを読む]
  • ルヴァン杯新潟戦「悔しい分け」
  • 嬉しいことが続いて最後の締めはサガン鳥栖の勝利のはずだったのに叶わずドローの結果昨日は掘り立てのジャガイモづくしの夕食「うまかった」からイバルボ選手の正式入団発表までその新潟戦の結果は2対2勝ち点1簡単な経過は前半の25分頃水野選手のゴールで先制後半の20分に田中選手の同点ゴールアデッショナルタイムに高橋選手の左足のミドル「ゴ〜ル」これで決まったと思った矢先相手がゴール・同点たぶん田中選手言いたく [続きを読む]
  • 明日・ルヴァン杯と爺ちゃんかおじさんか
  • 明日はルヴァン杯相手の新潟は去年までの主力の選手が移籍し新しいチームになった印象まだ勝ててはいないが弱い印象はないしかし調子が上がらない新潟には勝って勝ち点3を確保したいさてサガン鳥栖今の時点の興味は先発のメンバー広島戦からは吉田選手以外の先発10人入れ替えるとの報道もあったりで楽しみでしょうがない色々なメンバーを思うがそれは当日の楽しみにとっておこうそれでもマッシモ監督は出場機会の少ない選手の起 [続きを読む]
  • 一丁前の口を聞く私「反省」
  • まだ広島戦をあれだけ決定機を演出しているのだから「FWは決めんば」とか相手が10人になってなんで「一方的に攻め込まれる」とか試合当日に書いたが「いらんこと」と反省その程度のことなんて監督も選手も「百も承知」そんなことより「勝った」ことを丸々喜び試合終了の笛を聞いた時の突き抜けるような爽快感を書けよわたしから私への苦言ですどうしても「知ったかぶり」になるサッカーのこと何も知らない素人だからこそサガン [続きを読む]
  • サガン鳥栖ファンを裏切らないと「むらサポ」
  • 「サッカーファンの期待を裏切りサガン鳥栖ファンの期待を裏切らない」サガン鳥栖に対する評価の最大の名言と思っているこの言葉痛快ですね気持ちが良い朝でしたJ1初年度以来勝ってはいなかったリーグ戦の広島トト予想でも圧倒的に「広島」世間の評価ってそんなもんでもサガン鳥栖ここに勝たんで「てっぺん」なんて見えはしないそんな強い期待に応えてくれた2戦の川崎戦での追いついてのドローこの広島戦でも走って走って耐えて [続きを読む]
  • ベアスタ・広島戦「勝利・乾杯だ」
  • 1対0での勝利広島に勝ちました序盤の最大の鬼門と考えていたこの広島戦に勝利これは大きい個人的にはとてつもなく大きい1勝だと狂喜乱舞少し経過をたどれば序盤は「広島・元気ないな」とニンマリのスタート得点チャンスもあったが決まらずこんなことを続けていると痛いしっぺ返しが怖いナなんて思っていた前半の終盤原川選手のフリーキックのボールが見事にゴールに突き刺さった後半は相手がイエロー2枚で一人少ないのに完全に [続きを読む]
  • 明日・広島戦だ「壁を崩せ」と熱い投稿
  • 明日だ広島戦だ今年こそはこの試合こそはと力んでも祈ってもはね返され落胆し続けて来た対広島戦もう相手が広島となった途端に私自身が身構えている現実これがいけないのか「いけないのだ」だからこれまでのことはすっかりと忘れて「単なる対戦相手」そう考えることにしたでも「考えることにした」が過剰意識の表れ落ち着かない夜です落ち着かないのは「相手の広島は」のみの思考だからかとの思いから明日のサガン鳥栖多分こうなる [続きを読む]
  • 広島「もう意識中」と山辺の風景
  • 近づきました週末が第3節の相手はサンフレッチェ広島広島に限らずだが試合相手の動向は気になって非常に限られた範囲だがその関連の記事を探している私広島は怪我人で悩まされている模様その影響か思うようなサッカーが出来ずにいるみたいそれでも広島は広島嫌らしいほど隙をつき波状攻撃を仕掛けることだろうまずは守る守りの体制を強固にし効果的なパスを出させないたぶんこれに尽きる広島は小憎らしいほど隙をつくとくに縦パス [続きを読む]
  • チームは「一期一会」と頭の体操
  • 丹羽選手が鹿児島に「プロの世界は厳しいナ」が率直な感想千葉に行っても良い話を聞かなかったその後も所属が決まらずに心配していた矢先の鹿児島ユナイテッドへのニュースやっぱりプロの世界は厳しい3〜4年前まではサガン鳥栖でのリーダー格サイドバックは丹羽決まり文句だった「G線上のクリア」との最高の誉め言葉の主だったのに私は丹羽選手が好きだサガン鳥栖が少し揺れそうな時には率先して第一声を発していた日頃は口数が [続きを読む]
  • サガン鳥栖・善し「でも勝ち点はまだ1」
  • 豊田選手に向かったボールはトヨの頭がほぼ勝つ権田選手からのキックの正確さがそれに拍車をかけているかも知れないが中盤の4名はまだ2試合でしかないが鎌田・福田・原川・高橋選手でいける守備陣ではミンヒョク選手と谷口選手は安定している右と左はお互いミスが目立つがこんなもんじゃない実績があり心配はしていないGK・権田選手は流石こう書くと問題はFWのみとなる富山選手が空回っている印象だが田川選手という生きの良 [続きを読む]
  • 「嬉しい・嬉しい」川崎戦でした
  • いやぁ〜っ今日の気持ちも昨日の試合直後と何ら変わらず「良くやった」川崎のチーム力が落ちたのかいやいやそんなことはなかった敵ながらあっぱれのシーンは山ほど大久保選手がいなくなってのここぞの決定打が少なかったかも知れないが十分に強かったしかしサガン鳥栖も決して劣ってはいなかった最大の利点の走力と粘りをいかんなく発揮したもちろん個々のミスはあったし比べれば未熟なところもあるだろうでもいいミスなんてあるさ [続きを読む]
  • 第2節・川崎戦「価値あるドロー」
  • 結果は1対1の同点まずは高橋選手「ありがとう」同点のゴールもだけど最後のクリアそしてそして何と言ってもあの運動量田川選手もよかったぞ試合は開始7分頃に相手小林選手のゴールで先取点を取られる守備陣「気合い入れろ」怒りましたこのままでは一方的な展開もあり得るそんなことも頭をかすめたぐらいに最初の15分はハラハラの展開小野選手が痛め原川選手に交代してからだろうか徐々にサガン鳥栖の時間にゴールの匂いがプン [続きを読む]
  • 明日だ「まず1勝・もぎ取れ」
  • 明日は川崎戦簡単に勝ち星を計算される相手はいないしこの川崎は巷の優勝候補の一角大久保選手は移籍したが苦手の部類と思える大宮からの家長選手がいる先日のACL・イースタンFC戦はターンオーバーサガン鳥栖に照準は合わせたみたいでもここ1〜2年のリーグ戦での対川崎一昨年は1分け1負け昨年は1勝1負け負けた試合も競っていて終盤に大久保選手にやられたって印象一方的な試合はない「1点勝負」になるはずまずはしっか [続きを読む]