還暦すぎたおじさん さん プロフィール

  •  
還暦すぎたおじさんさん: 柳川和政の庭と地域と時々わたし
ハンドル名還暦すぎたおじさん さん
ブログタイトル柳川和政の庭と地域と時々わたし
ブログURLhttp://kazumasayanagawa.sagafan.jp/
サイト紹介文毎日 更新中です 「時々わたし」はサガン鳥栖が最近多くなっています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/13 21:11

還暦すぎたおじさん さんのブログ記事

  • 次の試合「楽しみで仕方がない」
  • 終盤の失点返す返すも残念だが何か戦術的な原因があるはずしかしその原因は私には分からないそれは監督に選手にチームにお任せするとして私には「選手の疲れ」程度の話を前半から浦和にボールをほぼ支配された展開それに対して厳しいプレスを繰り返していた訳でもないしかし「守る」「守り続ける」には相当の疲労が蓄積されていったのだろう甲府戦で私が学んだことはサガン鳥栖が相手甲府に対して後ろでボールを回し続けまたセンタ [続きを読む]
  • 浦和戦・ドロー「サガン鳥栖はもっと強くなる」
  • 結果は2対2の引き分け「勝ちたかった」「逃げ切りたかった」しかし「凄い試合をしてくれた」「面白い試合」でもあった「浦和は水曜日に鹿島と戦った選手層は厚いがそれでも疲れているはず前半をまず乗り切って欲しい出来れば相手を疲れさせてくれそして終盤に攻勢1点差で勝つ」そんな思いでテレビの前に陣取りましたそして始まった前半「なんと・なんと」田川選手の電光石火の見事なシュート「ゴ〜〜ル」小野選手のアシストその [続きを読む]
  • 明日・浦和戦「やれ・勝てる」
  • 明日は浦和戦昨年初めてお邪魔したあの埼玉スタジアムあの場所で戦うんだテレビで見ていた「あそこ」「圧倒的なアウェイ感を楽しむんだ」とか「耳を覆いたくなるはずの圧倒的な声量」とかそれでいてあの落ち着き払った観客始めて体験・体感した埼スタでした0対2で負け「実力の差だった」なんて思ったが試合後のマッシモ監督のコメントで「魔の3分間」を除けばパーフェクト「負けたのが実力さ」なんて内心反発もしたが「修正でき [続きを読む]
  • サガン鳥栖・選手「誉められたら嬉しい」
  • サガン鳥栖の選手が「誉められる」と無性に嬉しくなる私甲府に逆転で勝ったこともあってだろうが私ごとのように嬉しい「ミンヒョク選手」の終盤も終盤の逆転ゴールその時には誰がゴールか分からなかった大画面で見て確認「特別に嬉しかった」セットプレー時に何回もチャンスを外した目が覚めるようなロングシュートもゴールにはならずそれでも懸命な縁の下そんな彼がヒーローインタビューに私の「涙のもと」だった涙といえば赤星選 [続きを読む]
  • 改めて学んだ「相手を疲れさせる」
  • この時期に吹く風はもう秋の風秋を実感するには分かりやすいもののひとつが「アケビ」今年も棚に実が下がっていますアケビ専用の棚に屋根を張り車庫に転用したもんだからアケビも困っているようですがやはり野に育つ野生の性をもっていますしかし今年は実の付き方も少なく数える程度この実子供の頃には甘さが魅力的で良く食べていました今では種ばかりが多く旨いとは思わないがそれでもツルも葉も実も捨てがたいなかでも見どころは [続きを読む]
  • ドゥドゥ選手へのブーイング「ベアスタ・まだまだ」
  • まだベアスタでの甲府戦ある光景・場面が気になっていました同じことがベアスタから帰りの車の中でも話題にそれは試合の後半もだいぶん時間が過ぎた頃甲府の怖いFWのドゥドゥ選手がピッチで倒れたままなかなか立ち上がれなかったシーンベアスタから帰りの車の中「初めてのベアスタの方と女2人」私は運転手「いつまってん・転んでいてしかもスクッと立ち上がって・立てるなら早・立て」って思った「く〜ぅ・はがいかった」それに [続きを読む]
  • 「女・3人」のベアスタ・絶叫
  • 甲府戦での前半の失点オンゴールだとばかり思っていたが相手の足に当たってゴールだったんだ・今知りましたさてその土曜日のベアスタ行き「見たい・行きたい」と熱望だった方も含めての「女の方々・3名」の運転手でその後半です試合終了の笛がなった瞬間「よかった」のハイタッチでもその時は少々お疲れ気味でもありましたそれまでの彼女ら試合の前半は比較すれば静かでした「初めてのベアスタの方」に配慮もし教えもし少しばかり [続きを読む]
  • 「そうか・私は浅い」昨日の甲府戦
  • 『前半はオンゴールで失点しチームも「ヨレヨレ状態」パスが廻っているが最終的に取られ逆襲パスミスで相手カウンター甲府が断然良いように私には見えた』これ昨日の私のブログ対甲府戦の「前半の私の総括」サガン鳥栖は「駄目・駄目だった」の私の目それは大間違いだサッカーは「こう見るんだ」サガン鳥栖は「こんな目で見るべきだ」と「ガ〜ン」と殴られた殴られた私が心地よいから始末に悪い「まだまだサッカー修行を続けんば」 [続きを読む]
  • 甲府戦「勝った・泣けるほど感激」
  • 結果は2対1の逆転勝ち前半はオンゴールで失点しチームも「ヨレヨレ状態」パスが廻っているが最終的に取られ逆襲パスミスで相手カウンター甲府が断然良いように私には見えた後半も同様な展開だが「ここに」とか「ピンポイント」の場所を狙っているがそのボールの精度が悪いしかしチームの狙いは私にも分かる「合えば面白いのに」なんての余裕がまだ私には残っていた後半15分頃河野選手に変わってアン・ヨンウ選手ゴール裏の声援 [続きを読む]
  • 明日・豊田選手「2回・跳んでいけ」
  • 明日は甲府戦台風の状況も九州直撃するのは間違いなさそうこの強さは20数年前に有明海に上陸した台風と同等来ないことを念じてそして明日は雨が強くないことも念じてそして勝利を念じてガンバに負け仙台にも負けて今年初めて連敗この嫌な流れと沈滞している空気感を吹っ飛ばせそのためにも台風なんか吹っ飛ばせそして甲府も吹っ飛ばせ前期の甲府戦は0対0でドローらしいといえば「らしい」試合でしたボールの保持率は良いが相手 [続きを読む]
  • 「筋書きのないスタジアム〜最終章を当てろ〜」
  • 試合の日に限って「台風のニュース」って多いどうなのかまだ有明海直撃の可能性が少しはあるが偏西風の力も強いようで南に上陸との予想が強くなった模様勢力も強くまだ最大瞬間風速は70m強気になりますねさて台風のことはさて置き甲府戦は「ホームでは絶対負けられない」シリーズの第3弾今回は「筋書きのないスタジアム〜最終章を当てろ〜」ちなみに第1弾は「値段のないスタジアム」第2弾は「浴衣に着替えてゆかった〜」今回 [続きを読む]
  • 仙台戦「我慢の時だそうですよ」
  • 月曜日の夕方のSTSとNHKトーンは「内容も全て仙台の勢いに負けた」とピッチでの「リーダー不足」を指摘されていましたとくに権田選手が負傷退場してからのリーダーの不足結果からは何の反論も浮かばないし失点シーンのビデオでも情けないぐらいに覇気がないと感じましたそのなかで福田選手のコメントが流れ「個人プレーに走る感じも受け・・・」この発言からもピッチ上での「不統一」が見て取れ「慌てぶり」が感じられました [続きを読む]
  • 仙台戦「・・のに」と温泉湯豆腐
  • ビデオはとってなかったがいろんな情報を頂き話を聞き仙台戦を自分なりに振り返りました仙台戦までの2週間トレーニングを積んできた効果が出るだろうと思ったのに河野選手のコンデションも上がったと思ったのに周りとの連携も大丈夫と思ったのに田川選手のがむしゃらさに加えての最後の場面での落ち着き見たかったのに苦手だったアウェイ戦も払拭できると思ったのに今後の試合のアウェイにへんなプレッシャーを取り除いておきたか [続きを読む]
  • 仙台戦「子供を心配する親の心境」
  • 権田選手が心配だった「首を強く打ったようだ」脳しんとう程度であって欲しい監督の「軽い怪我ではないようで・・」それを聞いて尚心配でチームが負けたことよりも心配でしたそれが退院鳥栖に帰って再度検診らしいが軽くて良かった本当に良かったそのチーム・サガン鳥栖「4失点」3点目を取られたのが命取りかしかし現地の評価は「良く頑張った」しかも相手仙台はやはり調子が良かったらしく特に石原・野津田の評価とスタジアムの [続きを読む]
  • 仙台戦「負けたゲナ・しかし権田心配だ」
  • 結果は1対4の負け先発発表で「ちょっとガッカリ」豊田選手がサブやっぱり「いかんのかナ」昨日の得点予想は「はなからオジャン」イバルボ・田川のツートップ「走って・裏をとって・かき乱せ」なのかそれとも苦肉の策かなって思いながらもイライラ実は今日ダゾーンが見れない場所サガン鳥栖のリーグ戦の試合をテレビでも見ないこんな経験は本当に久しぶり「見れない」理由は嬉野温泉での宴会しかもその開始時間と丸かぶり宴会大好 [続きを読む]
  • 明日は仙台戦「勝てるさ」
  • 明日は待ちに待ったアウェイ仙台戦カップ杯は鹿島を破ってのベスト4進出しかも一発勝負ではなく2回同じ相手と戦っての勝利勝ったのは実力だから「行けるぞ」とノッているだろうしリーグもの気持ちは強いはずそのリーグの前半戦のホーム先取点を取ったが追いつかれてドローあの「ゴチャゴチャ」した場面でのゴール忘れらないだから単純に「リベンジあるのみ」なんて言ってもそんなに単純には物事は進まないことぐらいは承知どんな [続きを読む]
  • 仙台戦は「あさってか・勘違い」
  • 実はつい先ほどまで明日が仙台戦だと勘違い毎日が追われたような生活でもサガン鳥栖の情報はチェックしているが気づかず仕舞頭や身体は「明日・明日」だったそれでも楽しく考えられる時間が増えたと思えば「儲けもん」明日の土曜日には外のJ1の試合は全て開催されるので日本代表戦のサウジアラビアのように事前にオーストラリアが勝利し日本には「絶対に負けられない」状況その気持ちだけで日本を破ったとは思わないが日本を撃破 [続きを読む]
  • アウェイ札幌戦「ネットで初予約」
  • リーグ戦の最終はアウェイ札幌戦この試合は絶対に行く春から決めていましたその飛行機のインターネット予約日が先日「つれ」それに始めての挑戦朝7時に売り出し開始前日にはスマホとアイパットを前に事前の練習を積み迎えた当日のその時間「繋がらない」「ふたつとも画面が出ない」「出た・しかし進まない」根性でしょうか「きた・予約の欄が・・」「アッ・間違えた」また最初から「つながらない」でも少しだけ余裕も「待てばその [続きを読む]
  • 私の正面には「福田選手」
  • 私が最近常に座っている部屋の壁の正面には福田選手の全身写真と9月のベアスタでの試合日程のポスターが貼られている「貼った」が正しいか緑がベースでのサガン鳥栖ユニ姿三重県出身の25歳ミッドフィルダー最近結婚し奥さんはタレントの大戸千絵さん現在子供を授かり中四日市中央工業で活躍し鹿屋大学サガン鳥栖の特別指定選手となり入団昨年の後期からスタメンに定着イメージは終了の「笛が鳴るまで走り続ける男」「サッカーを [続きを読む]
  • 「ロアッソ熊本・残れ」
  • 九州勢の昇格を期待するそのチャンスが大いにある福岡・長崎・大分ガンバレそんなことを昨日書きながらも常に気になっているのは熊本先日も町田に0対1で負けたダゾーンのチャンネルも一時合わせたが苦しそうな内容に思えました攻め手がなくというか自信さえ無さそう苦しんでいます下位に落ちてから随分とたって定位置みたいにさえそういえば今年は応援に行っていない行くにも行けない状況ではあるがリーグ終盤には応援に行く時間 [続きを読む]
  • J2も熾烈「九州勢・ガンバレ」
  • 中断期間ということもあってJ2の昇格争いに興味がついつい行ってしまいます湘南が少し抜け出て2位の福岡からプレーオフ圏内の東京まで「7差」しかもその下のグループも肉薄10位の岡山まで「3差」この中に九州勢は2位の福岡4位の長崎9位の大分の3チームここ最近の勢いは上位に「かげり」がの状況九州勢に限っての昨日の勝ち星は福岡はドロー長崎・大分は勝ち点3勝ち点差は縮まってきている昨日はダゾーンで忙しく観戦長 [続きを読む]
  • 「サガン鳥栖ストレス」大溜まり
  • 佐賀大学とのTMが15時から「行きたい」「見たい」と思ってもどうにも動けないこのような不自由な日常って最近なかったもんで「サガン鳥栖ストレス」は溜まっている超版でその模様を都度・確認断片的な状況は分かるがやっぱり物足らない中断期間でもあるしサガン鳥栖ストレスはやっぱり解消は出来ず仕舞生の試合をベアスタでしかもプロ選手の真剣勝負を臨場感を精一杯感じながらあの場所で昨日J2の試合をダゾーンで見たが「時 [続きを読む]
  • 子ども記者「選手4名へのインタビュー」
  • 朝晩は涼しくなりました秋はもうすぐそこにサガン鳥栖の超板を覗けば駐車場から待機列や場所取りまでの議論が直接的な当事者じゃないから意見は挟まないがJ1昇格時は待機列に並びあの坂を走り目指す席にだから「早く並びたい」「見たい席を確保したい」との気持ちは良く分かる一方「並ぶ」のを代表で済ませたら楽それが全く経験がない訳でもなく逆に「そのグループに入れてもらった」ことも過去あり議論する資格は薄い席取りもベ [続きを読む]
  • 日本代表「本番が俄然楽しみ」
  • 昨日のオーストラリア戦大きく衣替えした代表チームが完璧に勝った代表のチームとして本当に強くなったかはまだ私には分からいW杯で通じるかなんても分からないしかし「チームとして勝ちたい」との気持ち・気迫は十二分に伝わったこんなチームが私は好きだ昨日のブログもこんな論調今日もまったく同じ印象の私です後半になっても全くスピードも落ちずに相手が嫌がっているのがわかる「追っかけ」ようするに上下はもちろん左右にも [続きを読む]
  • W杯出場・決定「代表が衣替え・好きだ」
  • 結果は2対0で日本が勝利これで6大会連続のW杯大会出場が決まりました今日の日本代表は好きだった若々しく物おじしなくそれでいて溌剌と一生懸命なかでも前節のベアスタでサガン鳥栖をこれでもかと苦しめたあのガンバ大阪の井手口選手やっぱり素晴らしかったその井手口選手前半から私でも分かりやすく「ハードワークが凄い」敵になれば怖く味方にとっては頼もしいそんな選手かなんて傍観者の気持ちもそれまでは半分あったしかし [続きを読む]