whitebear さん プロフィール

  •  
whitebearさん: Fragments
ハンドル名whitebear さん
ブログタイトルFragments
ブログURLhttp://whitebear0930.net
サイト紹介文「ことば」に関するさまざまな話題や、2012年に始めたフィンランド語の学習記を書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2012/11/14 12:45

whitebear さんのブログ記事

  • のんびりするために「のんびり」を調べてみる
  • photo credit: Mika Andrianoelison Obvious beverage via photopin (license)休みの前の日に「明日こそはのんびりしよう」と思っても、いざ当日になるとあれこれやってしまい、全然のんびりできなかったという経験はありませんか?自分自身そんな休日が続いた後にこんな疑問が浮かんできました。そもそものんびりするというのは何をすることなのか?あるいは何をしないことなのか?のんびりの意味をきちんと理解していなければ、 [続きを読む]
  • 辞書の中の将棋の駒
  • photo credit: heidinger.janos Cinnamon Heaven via photopin (license)何気なく『新明解国語辞典』をめくっていたら、将棋の駒が見出し語になっているのを発見。駒の種類にもよりますが、言葉だけで動きを表すというのはかなり想像力の要求される仕事だと思います。辞書の中から全八種類の駒を拾ってみました。 ふ【歩】〔将棋の〕こまの一つ。〔歩兵に相当〕前方に一格ずつ進む。成ると「と金」になる。「新明解国語辞典  [続きを読む]
  • 語形変化を間違えやすい不規則動詞
  • write ? wrote ? written のような不規則変化を伴う英語の動詞には「日常よく使う単語である」という共通点があります。それだけに最初は覚えるのが大変でも、ある程度学習を進めるうちに自然に身に付いたという人も多いのではないでしょうか。それでも数ある不規則動詞の中には盲点に入ってしまっているものもあるはず。今回は上級者でも語形変化を間違えやすいのではないかと思う不規則動詞を独断で4つ選んでみました。hide( [続きを読む]
  • 活用形を持たない英語の動詞
  • 外国語の学習者を悩ませるものの一つに動詞の活用があります。比較的、語形変化のゆるやかな英語であっても、過去形・過去分詞の変化が不規則な動詞はコツコツと覚えるよりほかありません。(e.g., write ? wrote ? written)しかし数ある英語の動詞の中には、いわゆる活用形を持たない動詞も存在します。その気になる動詞とはこちら。beware(used only in infinitives and in orders) if you tell somebody to beware, you are [続きを読む]
  • フィンランド語学習記 vol.454 − 春分
  • 何度かの寒の戻りを挟みつつ、日ごとに春めいてきたこの頃。桜の開花も近づいてきました。三連休の最終日となる本日3月20日は春分の日。しゅんぶん【春分】二十四(節)気の一。陽暦三月二十一日ごろ。昼と夜の長さが等しくなる。「新明解国語辞典 第七版」昼と夜の長さが等しくなるこの「春分」のことをフィンランド語では何と言うのでしょう?Wiktionary には次のような単語が出ていました。kevätpäiväntasaus(Calendar term [続きを読む]
  • 健康を気にし過ぎる人
  • この頃、人と会ったときによく話題になるのが「健康」の話。もし100%健康ならば、健康を意識することはないでしょうから、それを話題にするということはどこか悪いところや心配なところがあるということ。ただある程度の年になったら悪いところの一つや二つ、上手につきあっていきたいとも思います。一方、世の中には、あらゆる健康食品や健康法に精通した健康マニアのような人もいます。もちろんその人が前向きに健康を考えてい [続きを読む]
  • 壱、弐、参
  • 手持ちの財布に一万円札が入っていたら、一枚取り出してみてください。そこには一万円ではなく「壱万円」と書いてあるはずです。あるいは(可能性は極めて低いでしょうが)もし財布に二千円札が入っていたら、一枚取り出してみてください。そこには二千円ではなく「弐千円」と書いてあるはずです。なぜお札では「一、二」の代りに「壱、弐」という漢字を使うのでしょう?その答えが国語辞書の中にのっていました。だいじ【大字】一 [続きを読む]
  • 「十進法」は何と読む?
  • 昨日、N進法についてのエントリーを書いたときに、ちょっと気になっていたのが「十進法」の読み方。じっしんほう【十進法】0から9までの10個の数字を用いて、10倍ごとに位を一つずつ上げていく数のあらわしかた。「角川必携国語辞典」これまで「じゅっしんほう」と読んでいたので、「じっしんほう」だったのか!という驚きがありました。それでは、その他の「十」で始まる単語はどうなっているのでしょう?手元の辞書を引いてみ [続きを読む]
  • くらしの中の一進法
  • photo credit: Álvarez Bonilla Gato negro ? Black cat ? Gatto nero via photopin (license)今回のテーマはいわゆるN進法(位取り記数法)について。私たちの社会は一般に十進法と呼ばれる数の表現方法を採用しています。じっしんほう【十進法】0から9までの10個の数字を用いて、10倍ごとに位を一つずつ上げていく数のあらわしかた。「角川必携国語辞典」一方、日常的に目にする機会はあまりないものの、コンピュータの世 [続きを読む]
  • Indian numbering system in English
  • photo credit: aotaro Two on Blue via photopin (license)数の呼び方(命数法)というのは地域・言語によって異なります。日本語はゼロが4つ増えるごとに「万、億、兆」と新しい名前を付けるシステム。一方、英語はゼロが3つ増えるごとに thousand, million, billion と新しい名前をつけるシステム。1one一10ten十100a hundred百1,000a thousand千10,000ten thousand一万100,000a hundred thousand十万1,000,000a million百万10 [続きを読む]
  • 「うとうと」と「うつらうつら」の違いとは?
  • photo credit: Little Boy 09 Chill via photopin (license)学生の頃、退屈な授業中に、ついうとうとしてしまったという経験のある人は多いでしょう。うとうと浅いねむりの状態にあるようす。「角川必携国語辞典」風邪で高熱を出してしまい、布団に横になっていたらいつのまにかうつらうつらしていたという経験のある人も多いでしょう。うつらうつらなかばねむっているために、意識がはっきりしないようす。「角川必携国語辞典」ど [続きを読む]
  • フィンランド語学習記 vol.453 − ekologinen
  • フィンランド語教室のテキスト『suomen mestari 3』を読み進めています。前回のエントリーにも書きましたが、文章の内容や出てくる単語はかなり難しくなってきました。フィンランド語学習記 vol.452 − 単語の切れ目を探す未知の単語に関しては、短くても長くても、とにかく辞書で調べるよりほかありません。Kappale 1 には[-nen]の付く形容詞がいくつかまとめられていたので、英訳を調べてみました。フィン英フィン英ekologinen [続きを読む]
  • ghost word(幽霊語)
  • 私たちが国語辞典や英語辞典を使うとき、そこに書いてある内容は「正しい」という前提で眺めることがほとんどだと思います。そんな私たちの思い込みに一石を投じるのが ghost word の存在です。ghost wordA word recorded in a dictionary or other reference work which is not actually used.「Oxford Dictionaries」ghost word というのは「辞書にのっているのに、実際には存在しない単語」のこと。有名な例としては、1934年に [続きを読む]
  • mt, nt
  • 一説によると、膨大な数の英単語の中で綴りが[-mt]で終わる単語はたった一つしかないそうです。その単語とは?????正解はこちら。dreamt(英)dream の過去形・過去分詞「ウィズダム英和辞典 第3版」もちろん dream の過去形・過去分詞にはより一般的な dreamed という形もあります。この dreamt は、語義の中に(英)とあることからもわかるように、主にイギリスで使われている形。ただこれは他の国ではあまり使われない [続きを読む]
  • 甘い味は何の味?
  • あなたが国語辞典の執筆者になったと想像してみてください。そして【甘い】の項目に「◯◯のような味」という語釈を書きたいとします。◯◯に入る単語を一つ挙げるとしたら、何を選びますか?????ふとそんなことを思い付いて、手持ちの国語辞書を横断してみました。いくつか引用してみたいと思います。あまい【甘い】砂糖のような味がする。また、塩味がうすい。「角川必携国語辞典」まずは砂糖。たしかに「甘い」のスタンダー [続きを読む]
  • 「混ぜる」を意味する mix と blend の違いとは?
  • photo credit: derrickbrutel Fresh juices with fruits and vegetables via photopin (license)複数の果汁を混ぜて作ったジュースはミックスジュース(mixed juice)。複数のコーヒー豆を混ぜて作ったコーヒーはブレンドコーヒー(blended coffee)。逆にブレンドジュースやミックスコーヒーという名前はあまり聞いたことがありません。そもそも「混ぜる」を意味する mix と blend の違いとは何なのでしょう?まずは英語辞書を引 [続きを読む]
  • 牛を丸ごと一頭食べたときには
  • photo credit: Joaquin Villaverde Photography Relax! via photopin (license)英語では、通常「◯肉」を意味する英単語は、もとの動物を意味する英単語とは別になっています。動物◯肉cattle(cow)beefpigporksheep(lamb)lambmutton ただし chicken だけは例外で、一語で「にわとり」と「鶏肉」の両方を意味します。これはなぜなのでしょう?一つ思い付いたのは、にわとりというのは「牛、豚、羊」に比べると小さくて、欧 [続きを読む]
  • Why the long face?
  • photo credit: galaxies and hurricanes via photopin (license) Why the long face? と突然に言われたら、いったいどのように返事をしたらよいでしょう?「いやいや、別に長くないし。」「なぜって言われても、生まれつきでしょう。」などという答えが浮かんだ人もいるかもしれません。しかし long face には長い顔(面長)ではないもう一つの意味があります。long faceNOUNAn unhappy or disappointed expression. ‘if you g [続きを読む]
  • 「遺体」と「死体」の違いとは?
  • 人のなきがらを意味する「遺体」と「死体」の違いとは何でしょう?一見、取り替え可能な言葉のようにも思えますが、その意味するところは微妙に異なっています。例えば、次の下線部に「遺体」と「死体」のどちらかを入れてみてください。 (1)   をひきとる(2)   をなげすてる おそらく多くの人は(1)に遺体、(2)に死体を入れるのではないでしょうか。これはなぜなのでしょう?このニュアンスの違いを探るために、 [続きを読む]
  • ぶらぶらぶら、やだやだやだ
  • 英語で「〜など」と言いたいときには、次のような表現があります。and so onand so forthetc.あるいは
    もう少しくだけて「〜などなど」と言いたいときには、こんな表現も。blah(informal) people say blah, bl
    ah, blah, when they do not want to give the exact words that somebody has said or written because they think they are not importan
    t or are boring They said, ‘Come in, sit down, blah, blah, blah, sign here [続きを読む]
  • licence or license?
  • 英語で「運転免許証」は driver’s licence。いや、それとも driver’s license?と、こんな風に licence と license の使い分けで迷ったことはありませんか?ライセンスというのは今やすっかりカタカナ語になっていますが、英語で書くときには licence, license という二通りの綴りがあります。この使い分けに何か法則のようなものはあるのでしょうか?調べたところ、Oxford Dictionaries のウェブサイトにこの使い分けに関する動 [続きを読む]