misssim さん プロフィール

  •  
misssimさん: 人生はワインと旅 Misssimのブログ
ハンドル名misssim さん
ブログタイトル人生はワインと旅 Misssimのブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/misssim/
サイト紹介文家やBARでのワインや食のレポート、レシピ紹介。余暇は中東メインに一人旅。アラサーは恋愛もマスト!
自由文29才独身。趣味① ワイン 夢の中にカタカナの羅列が出てき、寝ても覚めてもワインにクレイジーな今日この頃。趣味② 一人旅。航空券が破格。とりわけ中東に魅せられ足を運んでいる。遺跡、スーク、人懐こいアラブ人、モスク。ちゃーんとイランで仕立てて貰ったチャドル持参で向き合う。前世はフランス人?それともアラブ人だったのかしら♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2012/11/19 19:38

misssim さんのブログ記事

  • 親しみやすさ
  • 皆様ご機嫌よう。ごきげんようと挨拶する事も稀なので、意味を調べてみました。byウィキペディアごきげんよう日本語の挨拶で、出会った時や別れの際に相手の健康状態を伺う意味合いを込めて交わされる。京都の宮中で発生し、近代以降は主に山の手言葉として使われた。「こんにちは、お元気ですか」「さよならお元気で〜」と言ったニュアンスですね。さて月初の事ですが、経営者友人であるHOOPの小川さんがコーヒーの焙煎所&カフェ [続きを読む]
  • メンバー募集中
  • 皆様、こんにちは。梅雨が明けていよいよ夏本番ですね。すっかり仕事に明け暮れており、ブログの更新が疎かになってしまいました。月初の事です。ANA元CA経営者の会「BBB」のメンバーで発足以来はじめてお食事に行きました。@心斎橋の老舗36年のフレンチレストランアミチェです。アミューズはトウモロコシのムース、じゅんさいとトマトのゼリーです。トウモロコシの甘みとトマトの汁(ジュース)のグリーンさ。爽やかで一瞬で涼しく [続きを読む]
  • 立ち位置を変える
  • 先週は東京在住のS先生に本町の高級フレンチレストラン、カランドリエに連れて行って貰いました。私にとって彼は自然派ワインの先生です。本物のワインとは何かから、いつも学ぶ事が多く様々なアイデアや考え方を頂きます。ワインの輸入元として、会社を経営していますが、自身の好きなワインだけを輸入しようと決めたきっかけも彼にありました。シャンパーニュも早々に、アルザス ジェラールシュレールのゲベルツトラミネール2004 [続きを読む]
  • 2つの心の声
  • 皆様こんにちは。ご無沙汰致しております。6月8日に入荷したワインが、予想以上に動き(売れて)慌ただしい日々を過ごしていました。営業と受注とその他諸々と言ったところです。先日は、同業他社のドイツワインのインポーター、ヴァインベルグの宮城さんとお会いしました。彼のホームグラウンドは東京ですが、出張で大阪にいらしたので、待ち合わせはラーメン屋にしました。何を隠そう、彼はラーメンマニアでもあるのです。西長堀駅 [続きを読む]
  • 大義名分
  • 先週の火曜日は京都にお食事に行きました。大徳寺近くの閑静な住宅街にあるリストランテ ラ カマルティーナです。ワインとお料理の立派なお勉強ですよ。カウンター席だけの予約のみのレストランです。カウンター席の引出しを開けるとカトラリーがセットされていました。オーナーシェフ大井さんがおひとりでされているのでお客様がコース料理で必要な時に必要なものを取出す仕組みは、至って合理的です。先ずは、アルザスのクレマン [続きを読む]
  • オレンジワイン勉強会
  • 少し前になりますが、プライペートでオレンジワインの勉強会を開催しました。参加者8名により、全部で6種類のワインを先ずは各々がブラインドテイスティングします。オレンジカラーが目を引きますね。トーンや濁り具合も様々です。大野自作のテイスティングシートを活用して30分ほどかけて各ワインを分析します。その後、ディスカッションと答え合わせです。KPオチャードのスモールフライタンジェリンドリーム2016。マシュピットは [続きを読む]
  • hullキッチン
  • 先週は怒涛のウィークでした。自社通関を終えて向かったのが、大阪市天王寺のhullです。コースランチは売切れていたので、サラダと食後のドリンクが付いた、パスタ2種かカレーを選べるセットメニューにしました。 北摂の有機栽培農家と繋がっている、大堂さんの野菜を惜しげもなく使った、サラダです。オーガニック野菜は味濃く、ミニ蕪は皮付きです。白ワインを頂きながら、ズッキーニとキャベツのカレーです。食後の紅茶もオーガ [続きを読む]
  • ワインが入荷しました
  • 皆様、こんにちは。2週間ほど発熱と咳とで体調不良が続いておりました。昨日辺りからやっと回復です。味覚も長きに渡り失っていたので、食べる歓びもカムバックです。一昨日は朝から輸入貨物(ワイン)の通関の為、大阪南港に向かいました。通関とは輸出入に関わる全ての貨物に対して行われる税関の申告です。税関の輸入許可が下りなければ、モノも人も国を越えての移動はできません。私達が海外旅行の際もCIQを通っていますよね。免 [続きを読む]
  • 365wine設立3周年
  • 皆様こんにちは。おかげさまで5月28日を持ちまして、365wineは設立3周年を迎えます。ひとえに皆様のお力添えと応援があっての事です。心から感謝とお礼を申し上げます。これからも造り手と皆様をお繋ぎする事を通し、心豊かで笑顔あふれる社会づくりに貢献できるよう、尚一層、精進して参りたいと思います。感謝の気持ちを込めて、「スロヴェニアワインお試しフェア」を致しております。業務店様には11:1で内引きをさせて頂きます [続きを読む]
  • 2週間ある事に・・・・
  • 皆様こんばんは、ご無沙汰しています。2週間ある事に集中していました。ある事とは、また後半でお話ししますね。さて、こちらは何だと思いますか。去る4月末、スペイン、リオハのぶどう畑がまるで幽霊のようです。正体はフロストです。霜です。寒さで凍りついて霜柱になっています。今年はヨーロッパ中が大被害を受けています。特にぼるどーは深刻ですね。リオハでは散水で免れたとか。それにしても酷いです。新梢が死んでしまいま [続きを読む]
  • 試飲販売@京都高島屋
  • 皆様こんにちは。「春眠暁を覚えず」という言葉があるよう、最近の大野は寝てばっかりです。朝は早い方ですが、お昼前には眠気に襲われます。ランチの後もまたもや襲われます。最近はお仕事ずくめなので身体が休めの合図を送っているのかもしれません。←前向きにポジティブシンキングです。さて、お知らせです。京都の老舗百貨店である高島屋に365wineが初登場です。5/3はクロアチアワインの試飲販売も予定しています。※大野はい [続きを読む]
  • 母の日フェアはじまります
  • 5月に入りましたね。365wine(株)は、本日5月1日より4期目に突入です。本年もどうぞよろしくお願い致します。6月1日に入港予定のスロヴェニアのワイン、4パレットです。1パレットは660本程度です。ワイン代の決済は、1?=117円の円高の時に済んでいるのですが、輸送費がまだです。最近はユーロも米ドル(海上輸送運賃はヨーロッパであろうがアジアであろうが、海は全世界繋がっているという観点からでしょう。米ドル立てです)も円安 [続きを読む]
  • 金曜日は多忙
  • 皆様こんにちは。ゴールデンウィークに突入しましたね。たまに息抜きをしながら、大野はもっぱらお仕事に勤しむ1週間です。さて、今日はスロヴェニア産のワインのご紹介です。スロヴェニア産の樽は、知る人ぞ知る高級品です。フレンチオークと比較しても非常に高価な為、主に輸出用として、国内はあまり使われません。スロヴェニアの樽風味が感じられる飲みやすいカベルネソーヴィニョンです。清涼感ある香りと黒系果実の香りがし [続きを読む]
  • KABAJ
  • ジョージアワインに恋したフランス人 ジャン ミッシェル モレル 皆様、こんにちは。久しくブログの更新がなくご無沙汰していました。実は6月8日に入荷予定の新着ワインの生産者KABAJの記事を書いておりました。そのプロローグは、当主であるジャン ミッシェル モレルの彼の「物語」からスタートします。昨秋にインタビューした内容には、理念やら哲学やらがあふれていたので、記事に起こすのにたいそう時間がかかっりました。毎 [続きを読む]
  • 鳴かぬなら真似てみようホトトギス
  • 先日はドイツワインの輸入元ヘレンベルガーホーフの春のハウスメッセ(試飲会)&セミナーに参加しました。10:30より茨木市で先ずはセミナーです。 マルターディンガー ビーネンベルク シュペートブルグンダー レゼルヴァ Malterfinger Bienenberg Spatburgunder R 今年で30周年を迎えるドイツの名生産者、ワイングート フーバーのワインです。フーバーは言わずと知れた冷涼産地の赤ワインのパイオニアです。マルターディンガー [続きを読む]
  • オレンジワイン勉強会
  • 先週は「オレンジワイン好きな人この指とーまれ」と題したプライベートなワイン勉強会でした。1人1本ワインを持参してブラインドで利きます。私が持参したのは、フリウリのラディコン オスラヴィエ2006です。言わずと知れたオレンジワインの名生産者ですね。「大地と環境に最大限の敬意を払った自然なワインを作ること」と言う、ラディコンの哲学が好きで、ずっと飲みたいと思っていたワインでした。前半は真剣にブラインドテイス [続きを読む]
  • 熟成白ワイン×春の食材
  • こんにちは。今日は4月とは思えないほど寒かったですね。暖房を久し振りにオンにしました。最近はスロベニアワイン以外を在庫一掃中なので「売切れ」と返事をするのが、何だか心苦しい大野です。クロアチアの熟成リースリング。いよいよ、こちらも残り36本です。同生産者のソーヴィニョンも人気です。どうぞお急ぎ下さい!ワイン:ボルファン リースリング2012品種:リースリング産地:クロアチアタイプ:辛口白ワイン(ビオディナ [続きを読む]
  • 春の旋律を奏でる
  • 先日は、豊中のイタリアンレストラン「ポルタブル」に2周年のお祝いに行きました。テーブル席1つとカウンターが2つの(8席ぐらい)コンパクトなお店です。初来店で何を頼んだら良いのかわからなかったので、適当に前菜を盛って貰いました。大野は自称、食通です。食にうるさいグルメ、いや、単なる食いしん坊です。その為、「もう一度足を運びたい」本気でそう思えるレストランは滅多にないと感じています。とりわけ、青年がやってい [続きを読む]
  • 満月の夜桜に赤ワイン
  • こんにちは。只今、在庫一掃SALE中で、ワインのご注文を頂いたのに完売ばかりで申し訳ございません。自社の新商品ワインの入荷はいつかとお問い合わせがございました。今のところ、遅延が無ければ、6月8日以降のお届けとなります。それまでに商品リストやウェブショップのページを作成して、直ぐに皆様の元へお届けできるよう準備を進めて参りたいと思います。 さて、今日は来週の満月の夜にぴったりな赤ワインのご紹介 [続きを読む]
  • ファンド募集中
  • 皆様こんにちは。先週の土曜日はお花見でした。堀江のワインバー前の公園で開催です。集いのタイトルは「結局のところ人格は言動よりも遥かに雄弁なのである、お花見会」です。桜は蕾でまだ全然咲いていません。花より団子ですので、まあ良しとしましょう。ビニールシートとテーブルを用意して、カップではなくワイングラスでのお花見です。グラスはワインの味わいを左右するので大切です。9時から西区の倉庫でピッキングなどの作 [続きを読む]
  • 30人30旅が出版されました
  • 皆様こんにちは。やっと春らしくなって来ましたね。今日は大野が寄稿している旅行本の発売のお知らせです。100人100旅プロジェクトの第9作目である「30人30旅」byユーフォーブックス が発売されました!昨秋に起こした3800文字、2ページに渡って私の記事が掲載されています。物語は1本のワインがコンテナ船に揺られる旅路で、故郷を回想するシーンから始まります。スロヴェニアの魅力を伝えたくてワインになってみました。題しまし [続きを読む]
  • ホルモン×熟成白ワイン
  • 先日は365wineの取引先であるお店に、はじめて行って来ました。大阪鶴橋の焼肉屋「ホルモンえびす」です。オーナーの小川さんは日本各地の素材を厳選して扱ってらっしゃいます。新鮮なホルモンに40日以上熟成された伊賀牛、こだわり農家の野菜などなど!!客数と味わいは比例するかの如く、月曜日(祝)19:00はカウンター席の店内は満席で大層、賑わっていました。 上たんと塩だれ地鶏。 &n [続きを読む]
  • イチゴ×ランブルスコロゼ
  • 初春にお勧めしたいロゼの泡のご紹介です。チーズ職人であるヴィラペッチオーナ作のワインです。日本では365wineでしかお取り扱いがないレアなワインです。女性に大人気なのでとうとう、残り9本となりました。早い者勝ちですよ。是非、お花見や行楽日和に是非ご利用下さい。 ワイン:ランブルスコロゼ2013品種:サラミーノ、マラニ産地:イ [続きを読む]
  • I ? 自然派ワイン
  • 先日は久し振りの東京出張でした。国内線の利用は帰郷時の羽田-伊丹線のANA以来です。羽田空港 第1ターミナルのインフォメーション7は知る人ぞ知る恋愛のパワースポットです。御利益ありますように!!いくつかの営業の後は、池袋でワイン会でした。ワイン会の大御所の集う会にご招待頂きました。私のような未熟者が大変恐縮ではございましたが、お酒の力もあり緊張したのは最初の1時間だけでした。今回のワインはイタリアワインで [続きを読む]
  • 春のスロヴェニアワインフェア
  • ?春のスロヴェニアワインフェア? 日本で唯一のスロヴェニア料理店「ピカポロンツア」では春のワインフェアを開催中です。春のパン祭りないし、ワイン祭り。期間限定でボトルワインが30%オフ、普段ボトルでしか提供していないワインもグラスでお楽しみ頂けます。 ・ゼレン(白)・カベルネソーヴィニョン(赤)・テランスパークリング(赤泡) etc… &nbs [続きを読む]