ちーしょこ さん プロフィール

  •  
ちーしょこさん: ママと愛犬の快適な生活をサポート
ハンドル名ちーしょこ さん
ブログタイトルママと愛犬の快適な生活をサポート
ブログURLhttps://ameblo.jp/c0904f0618/
サイト紹介文野草散策・ハーブガーデン・アロマ・レイキ・ドッグアロマ・アニマルコミュニケーション
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2012/11/19 23:58

ちーしょこ さんのブログ記事

  • きれいに撮れたハズ
  • 今日はカメラはいらなかったハズ。車で、ちょちょっとランチに行くだけなので、カメラはいらなかたハズ。 なのに、ちょっとのぞいた草むらに・・・ ヤハズソウがあるじゃない! ヤハズソウとコニシキソウ、秋だってのにコメツブツメクサまであるんだもの! こういう小さいのは、スマホじゃピントが合わないのよね〜。 濡れたティッシュに包んで、持って帰りましたよ。 ふふっ、茎の毛も撮れた♪咲いてた花は取れて [続きを読む]
  • 水草がいっぱい
  • コウガイモの雌花 千葉県立中央博物館での講義はまだまだ続きます。 <<食物連鎖の頂点と思うことなかれ <<ミジンコの目は 特別に、生態実験園へ入れてもららいました。水草を種類ごとに枡を分けてあります。 もし枡の中に手を入れたら、必ず手を洗ってから次の枡に手を入れるように指示がありました。 もし手に種がついたまま他の桝に手をいれると、交雑の恐れがあるためです。 ヒロハエビモ ヒルムシロ インバ [続きを読む]
  • 第2回「野草足湯でお茶会」
  • 先日の台風で枝が折れてしまったレモンティトリー。1本くらい折れたってびくともしません。 今日は、第2回野草足湯でお茶会でした。 ぶらりぶらりと1時間ほど、電柱の下の草や、植え込みを見て回りました。 エノコログサ・ヒメムカシヨモギ・カヤツリグサ・ヒメジョオン・ハルジオン・コニシキソウ・ウラジロチチコグサ・タンポポ・ スミレの閉鎖花にも会えました。 スミレは意外と夏も咲いていることがあります。その [続きを読む]
  • 食物連鎖の頂点と思うことなかれ
  • チッソ・リンをエサにした植物プランクトンは動物プラクトンにたべられ、動物プラクトンは水生昆虫に食べられ・・・土に返る。そして、また植物プランクトンは・・・ みなさんご存知の食物連鎖ですね。 昨日のアオコ・ミジンコの話からの続きです。 食物連鎖をもっと突っ込んでいきます。 〇食べられるのは1つではない! アオコはミジンコに食べられるだけではなく、ワムシにもその他たくさんの動物性プランクトンにも食べら [続きを読む]
  • ミジンコの目は
  • 千葉県立中央博物館では、印旛沼の底に眠っていた水草の種子の系統維持を行っています。 今回、研究員の林紀男先生(微生物生態学)、横林先生(水草)の講義を受けました。 まずは、植物プランクトン代表アオコ(青粉)。 水面が真っ青ですね。これがアオコです。この位だと臭いもします。(写真はウィキペディアよりお借りしました) 〇直径4/1000?と非常に小さいため、群体を作る。 みんなでいれば怖くない!です。 〇 [続きを読む]
  • 私の目はキラキラと輝いていた
  • とあるマンションの塀。コンクリの塀でもなく、常緑樹の生垣でもない。壁面緑化ってやつですね。 ツルものが使われていました。ヒメイタビですね。 ・*:.。..。.:*・゚ヒメイタビ・*:.。..。.:*・゚ クワ科イチジク属の常緑木本ツル性植物 気根があり、ブロック塀や樹木に登っていく 花期は6〜7月 10月にイチジクのような実をつける゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ イタビとはイヌビワの別名で、イヌビワのような実をつけることか [続きを読む]
  • お茶会の日は晴れてほしいなあ
  • ハギが咲き、コムラサキの実が色づいています。我が家の庭を見にいっらしゃいませんか? ローズマリーの花も咲きました。いつもならもっと涼しくなってから咲きだすんですけれど。 オリーブの実も色づいてきました。 ハナトラノオ。 今、これが一番盛りですね。15年間毎年咲いてくれています。 小さな黄色い花も咲いています。とってもめずらしいんですよ。ミシマサイコといいます。 チコリの花。 この子は、お [続きを読む]
  • 小さすぎます
  • クロモの雌花 とっても、とっても、とーっても小さいんです。5?くらいしかないんです。 ・*:.。..。.:*・゚ 黒藻・*:.。..。.:*・゚ トチカガミ科クロモ属 湖沼や溜池、河川、水路などに生育する沈水植物 雌雄異株 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 雌花は、子房が花柄状に伸びて水面で開花します。 透き通っていて、とてもきれいです。 雄花は葉の腋につき、花が咲く時はそこから離れて水面に浮きます。 肉眼では、どんな形をして [続きを読む]
  • 植物は花だけを愛でるものではニャい
  • 「これはニャンでしょーか?」 出ました!2週間ぶりの登場、ワニャ太先生です。「これはニャンでしょーか?」と、今日も私を質問攻めに合わせます。 はい、ワニャ太先生!それは、スベリヒユの実です。小さな黒い種がたくさんできます。 もちろん、スベリヒユは食べられます! 「これはニャンでしょーか?」 はい、ワニャ太先生!カタバミの実です。カタバミも食べられます。 「これはニャンでしょーか?」 [続きを読む]
  • 雁が音
  • 今朝の朝明 雁が音聞きつ 春日山 黄葉にけらし わが情痛し 穂積皇子 <訳>今朝の朝が明けるころ、雁の鳴く声を聞いた 春日山はもう黄葉したことだろう ああ心が切ないよ    ・゚゚・*:.。..。.:*・゚雁(がん、かり)・゚゚・*:.。..。.:*・゚ カモ目カモ科ガン亜科のうち、カモより大きくハクチョウより小さい水鳥を指す 冬、北の国から飛来する 雁の仲間はV字に編隊を組み、長距離を移動する ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 花が飛 [続きを読む]
  • お友達になりたい
  • 先日コニシキソウについて書きました。 「どこにでもいるし〜」 「白い汁はかぶれるし〜」 私にとって、コニシキソウは魅力のない草でした。 けれど前回コニシキソウについて調べているうちに、日本在来種のニシキソウと外来種のオオニシキソウがあることを知りました。 ニシキソウを見つけるのは難しいかもしれないけれど、オオニシキソウなら見つけられるかも!? な〜んて思っていたら、オオニシキソウを見つけちゃいました [続きを読む]
  • 佐倉ハーブ園
  • 常緑樹の林をバックに、パンパスグラスがきれいですね。 先日、佐倉ハーブ園へ作業のお手伝いに行ってきました。今月の作業は、雑草取りと切り戻し、新しい苗の植え付けでした。 バジルコーナー。15種類のバジルが植えられています。色・形・香り、全部違います。 育つ姿も違いますね。こんもり茂るもの、暴れるもの、色々です。 ルドベキア・タカオ、メドウセージ、オミナエシ、ハーブの他にもたくさんの植物が植えられ [続きを読む]
  • 冬瓜がデザートに!?
  • ハーブレッスン「ハーブを食べよう♪」に参加しました。 講師の亀谷あきこさんは、佐倉ハーブ園でのボランティア作業仲間なのです。 ハーブのお教室に行きたい行きたいと思っていて、やっと願いが叶いました。 バジルペースト ハーブビネガー いろいろな種類のハーブから、ダークオパールバジルを選択。見本であきこさんが作ったダークオパールバジルビネガーが、とってもきれいな色なんです。 茹で鶏 あきこさん手作り [続きを読む]
  • 何を出そうか思案中・・・
  • 「野草足湯でお茶会」ってなに? 「野草に興味がある」人が集まって 野草湯の入ったバケツに足をつけて 野草のことをアレコレとおしゃべりする お茶会っていうんだから、お茶が出まーす。 庭のレモンバーベナ 庭のレモングラス 裁断するのが大変だった?? バジルも干してありまっせ スィートにダークに、トゥルーシーの三兄弟 庭仕事の気分転換にもってこいのフェンネルの実 これををカミカミしながら、おしゃべ [続きを読む]
  • 台風とバジル
  • う〜、寒いです。気温は25度なんですが、風が冷たく感じます。台風が近づいてきてますね。台風が来ると  ◎だるくなる  ◎眠くなる  ◎頭痛がひどくなるそんなことありませんか? 台風の時に、気圧は低くなります。低気圧の場合、血管が大きく拡張して、副交感神経が優位になります。副交感神経はリラックスの神経です。リラックスし過ぎれば、身体がだるくなります。眠くなるのはそのためですね。副交感神経が過剰に優 [続きを読む]
  • これはニャンでしょーか?
  • 「これはニャンでしょーか?」 ワニャ太先生です。いつも私にくっついてきます。いつも「これはニャンでしょーか?」って、私を質問攻めにします。 いつまでも「これはニャンでしょーか?」って言い続けるので、私は図鑑をひっぱり出して調べないわけにはいきません。 「これはニャンでしょーか?」 ほらほら、また始まりましたよ。 はい、ワニャン太先生! これは、ハゼラン(爆蘭)です。スベリヒユ科ハゼラン属の多年草で [続きを読む]
  • 8月の定点観察
  • トゥルーシーのお花が咲きました。 8月の定点観察です。 7月から、1辺の長さ割りばし2本分で正方形(コドラート)を作り、同じ場所を定期的に観察しています。 7月と比べてみて、あまり変化はありませんね〜。 <7月の植物>ツユクサ・カヤツリグサ科の何か・メヒシバ・ウラジロチチコグサ・アジュガ・ツルマンネングサ・タチツボスミレ・コニシキソウ・カタバミ・ヒメムカシヨモギ・オオアレチノギク コドラートを [続きを読む]
  • タンポポしか知らなくてもいいんです
  • 野草足湯でお茶会のおさそいで〜す。 「野草のことよく知らないから、話についていけないんじゃないかしら」 そんな不安、あるよね〜(^.^) タンポポしか知らなくてもいいんです。 お散歩の途中見つけた草 信号待ちをしている時、ふと目にとまった草 昔遊んだ名前も覚えていない草 「名前が知りたいな〜」 そんな気持ちがあればいいんです。 だから、散策も普通の住宅地をまわります。身近な野草に親しんでほしいから。 [続きを読む]
  • いきもの
  • キツネノカミソリのつぼみをよく見たら、クモがいました。野草を観察していると、生き物によく出会います。 こっちには小さなカタツムリ。 きれいなカタツムリを見つけましたよ。コハクオナジマイマイといいます。 殻が透き通っています。黄色に見えるのは、軟体部の色が薄い殻を通して見えているためです。 もともと西日本に分布するのですが、1991年に房総半島の館山で初めて発見されました。それ以来北上していいるよう [続きを読む]
  • 日本語って
  • 綿柎開(わたのはなしべひらく) 柎(はなしべ)とは花のガクのことです。柎が開き始めると、ふわふわとしたワタが中から顔を出します。 ・*:.。..。.:*・綿(ワタ)・*:.。..。.:*・゚ アオイ科ワタ属多年草 寒さに弱いため、園芸では一年草扱い 7月〜9月にかけて白い花を咲かせる ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ <ワタの葉っぱ> 日当たりと水はけのよい場所が好きです。高温発芽なので、5月以降にタネをまきます。移植に弱いの [続きを読む]
  • キツネノカミソリ
  • <キツネノカミソリ> ・*:.。..。.:*・゚ 狐の剃刀・*:.。..。.:*・゚ ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草 8月にオレンジ色の花を咲かせる本州〜九州有毒゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ <落葉樹の林に咲くキツネノカミソリの花> キツネノカミソリは、明るい林や林の縁などに生えます。 泉自然公園の道の片方は落葉樹の林、反対側は常緑樹の林。道の左側と右側ではまったく様子が違いました。 <常緑樹の林> 落葉樹の林にはた [続きを読む]
  • 自分で摘んだ野草を
  • 駅に大きなハスの花が咲いていました。さすが、オオガハス発見の地ですね。 <注意>このハスはオオガハスではありません。「水心玉浩」といいます。咲き始めは綺麗なピンクなのですが、日が経つにつれて薄くなっていきます。 浅草橋のみちくさアートラボで、レジン講座を受けてきました。 今ね、新しいお教室を計画中なのです。レジンも自己流ではなく、しっかり基礎を学ぼうと思いましてね。 じゃ〜ん!完成。 た [続きを読む]
  • スベリヒユとコニシキソウ
  • 庭のパクチーにアゲハチョウの幼虫が2匹住み着いて、庭仕事がとどこおっております。 庭仕事をやるようになってだいぶ虫が平気になりましたが、芋虫・毛虫はどうしてもダメですね。 いわゆる雑草といわれる植物も、我が家ではほとんど抜きません。歩くのに邪魔になったり、ハーブの成長の妨げになったりすると抜くこともありますが。 抜いた草も、他の植物の足元に敷いて泥除けや乾燥防止に活用します。 先日ご紹介したスベ [続きを読む]
  • 野草足湯でお茶会って、どんな感じなのかな〜?
  • 野草足湯でお茶会の流れを簡単にご説明しますね。 1: 野草散策 最寄りの駅に集合です。駅から講師宅まで、身近な野草の名前を覚えながらブラブラ。 前回は、約10種類の野草に出会えましたよ。 2: ウェルカムドリンク 散策の後は、のどを潤しましょう。この後のおしゃべりのために、しっかりのどは潤しておかなくっちゃね。 3:足湯をしながらおしゃべり なんでもおしゃべりOK!もちろん野草以外のことでもね。 [続きを読む]
  • スベリヒユ
  • スベリヒユともやしのウメ酵素あえ 畑の厄介者になっているスベリヒユを、たくさんいただいてきました。そう、スベリヒユは畑や庭では雑草扱いなのです。 しかし、山形では「ひょう」と呼ばれ、沖縄では「ニンブトゥカー」と呼ばれ、野菜や山菜として食べられているのです。 しかも、フランス語では「プルピエ」、英語では「パースレーン」と呼ばれているそうで、もちろん立派な野菜として食べられています。 ゆでて和え物や [続きを読む]