みつばちの詩工房スタッフ さん プロフィール

  •  
みつばちの詩工房スタッフさん: みつばちスタッフのこぼれ話※スタッフブログです♪
ハンドル名みつばちの詩工房スタッフ さん
ブログタイトルみつばちスタッフのこぼれ話※スタッフブログです♪
ブログURLhttp://blog.8383.co.jp/
サイト紹介文昭和5年創業。石川県金沢市にありますみつばちの詩工房のスタッフブログです。
自由文こんにちは!石川県金沢市にあります
はちみつ・ローヤルゼリー・プロポリス専門店
のみつばちの詩工房です。
ご覧いただいた人に「楽しい」を共感して
いただけるような話をたくさんお届けしていきま〜す(^∇^)
宜しくお願いいたします♪
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2012/11/21 10:30

みつばちの詩工房スタッフ さんのブログ記事

  • はちみつでおせち!〜②はちみつde田つくり
  • おせちは自宅で作るよ!という方のために、はちみつを使ったおせちのカンタン一品レシピをご紹介します。今日ははちみつおせち・第2弾!*はちみつ田つくり*【材料】・田つくり/乾燥いりこ/ごまめ/カタクチイワシ(全部一緒です) 1袋(50g)・くるみ 50g・いりごま お好みで<A>・はちみつ 大さじ4・醤油 大さじ2・料理酒 大さじ2【作り方】①田つくりとくるみを乾煎りする。(田つくりが手でパキッと折れる [続きを読む]
  • はちみつでおせち!〜①はちみつde栗きんとん
  • 最近は市販のおせちもお手軽〜豪華なものまで揃い、購入するお宅も増えましたね。ご自宅で作る!という方のために、はちみつを使ったおせちの一品をご紹介します!今日ははちみつおせち・第一弾。*はちみつ栗きんとん*【材料】・さつまいも 1本(400〜500g)・くちなしの実 1〜2個・栗の甘露煮 10〜15粒(お好みで)<A>・はちみつ 100g・みりん 50ml・栗の甘露煮のシロップ 50ml・塩 少々【作 [続きを読む]
  • お家クリスマスに♪漬け込むだけのハニーチキン!
  • 今年はクリスマスが3連休ということもあり、のんびりできそうですね!お家でクリスマスパーティーをするよ〜という方、はちみつを使った、超カンタン「ローストチキン」に挑戦してみませんか?*漬け込むだけ! クリスマス・はちみつローストチキン*【材料】・ローストチキン用鶏もも肉 4本(人数分)・黒コショウ お好みで<調味液A>・醤油 50ml・はちみつ 大さじ3・料理酒 50ml・生姜すりおろし 1欠片( [続きを読む]
  • 忘年会前に、はちみつで悪酔い防止!
  • 今年も、早いもので師走に突入してしまいました・・・忘年会シーズンが始まりますね!忘年会だけでなく、クリスマスやお正月、新年会とアルコールを飲む機会が増える季節です。アルコール対策には「ウコン」なども有名ですが、実ははちみつもお役立ちなんですよ。お酒を飲む1時間ほど前くらいまでに、大さじ1ほどのはちみつを摂っておくと悪酔い防止になります。牛乳は胃の粘膜を保護してくれるので、一緒に摂るのもオススメ。は [続きを読む]
  • はちみつホットワインで熱い夜♪
  • 寒い日にはコーヒーヤミルクティー、ココアが温まりますね〜♪最近は「ホットワイン」が健康にも良く、体を温めると人気だそうです。温めることでアルコール分もまろやかになり、お好みのはちみつやスパイス、フルーツなどを入れてバリエーションも楽しめます。お安い赤ワイン、冷蔵庫の古くなった赤ワインでぜんぜんOKです!【30秒・超超超お手軽コース】■耐熱マグカップに赤ワインとはちみつを入れて混ぜ、レンジ500Wで [続きを読む]
  • はちみつ湯で冬の乾燥肌をしっとり♪
  • 冷たい木枯らしが吹き、空気が乾燥してお肌にはつらい季節ですね。冷え込む夜はのんびりお湯につかって、芯から温まりたいもの。いろいろ入浴剤もありますが、とってもお手軽なのが・・・はちみつ湯!浴槽に湯をはり、大さじ1〜2のはちみつを入れるだけ。湯気とともにふんわりとはちみつの甘い香りが立ち上り、お肌がしっとり柔らかく、つるつるになりますよ。はちみつには美白効果、保湿効果があります。また、殺菌作用や炎症を [続きを読む]
  • りんごは「皮ごと焼いて」?栄養バツグン「はちみつ焼きりんご」
  • 赤色が鮮やかで、少し酸味が強く瑞々しい秋のりんご。そのまま食べても美味しいですが、スイーツにするとまたその酸味が引き立ち、とても美味しいですね。秋りんごを、手軽に美味しく、栄養たっぷりに摂れるスイーツをご紹介します!*はちみつ焼きりんご*【材料】・りんご・・・1個・バター・・・大さじ1・はちみつ・・・大さじ1【作り方】①りんごの芯をくりぬく。②バターとはちみつを交互に、くりぬいた芯の部分に入れる。③深めの [続きを読む]
  • のどの痛みに、ひとさじのはちみつがオススメ!
  • 朝晩、めっきりと冷え込むようになりましたね。昼間があたたかいほど、気温の落差で一時的に免疫力が下がりのどが痛くなったり、風邪をひきやすくなったりする季節です。「ちょっとのどが痛い、風邪のひきはじめかも・・・」と思ったら、はちみつのご準備を!スプーンひとさじのはちみつを、そのままゆっくりと口にふくみ、のど全体に行き渡るようゆっくりと飲み込みます。すると、あら不思議!2〜3分で、ちょっとイガイガしてい [続きを読む]
  • 珍し〜い♪みつばちの巣が入ったはちみつ!
  • はちみつは、ミツバチの巣を遠心分離機にかけて取り出しますが・・・実は、はちみつがたっぷり詰まったミツバチの「巣」ごと食べられるってご存知でしたか???ミツバチたちが花の蜜を集め、巣の中で熟成させてできるのがはちみつ。はちみつを巣に貯め、いっぱいになるとミツロウでフタ(蜜蓋(ミツブタ))をして貯蔵します。蜜蓋がされ、完熟はちみつがたっぷりと詰まったミツバチの巣を巣ごと切り出したのが、「巣蜜」と呼ばれ [続きを読む]
  • 新そばの季節!「そば蜂蜜」はミネラル豊富♪
  • そろそろ新そばの季節です!引き立てのそば粉で打った新そばは、そば粉の薫り高くコシも強く歯ごたえも良く、やっぱりひと味違う・・・気がしますよね。(笑)さて、そんなそばの花からもはちみつが採れるのはご存知でしょうか?夏そばだと5〜7月頃、秋そばは8〜9月頃に花が咲きます。小さく可憐な、真っ白なそばの花から採れるそば蜂蜜は、なぜか真っ黒。黒糖や黒蜜のようなコクのある甘みで、深く香ばしい味わいです。クセが強い [続きを読む]
  • 希少な日本みつばち、知ってますか?
  • 私たちがふだん食べているはちみつは、ほとんどが「西洋ミツバチ」が集めたものです。集団行動にすぐれ、はちみつをたっぷり集めてくれるため、養蜂家が飼育するのもほとんどが「西洋ミツバチ」です。実は、日本在来種の野生の「日本ミツバチ」もいるんですよ。多くは里山や林などに生息していて、木のうろなどに巣を作ります。西洋ミツバチよりも少し小柄で、黒っぽい体。西洋ミツバチたちは、美味しい花の蜜を見つけると仲間にも [続きを読む]
  • はちみつの目薬!?
  • もうすぐ10月10日、「目の日」です。パソコンやスマホで目を酷使しがちな現代。目をいたわってあげることも大事ですね。古代エジプトでは、目のトラブルの治療薬として、はちみつを重宝していたそうです。また南アメリカの古代マヤ文明でも、白内障の治療などに用いられたそうです。たしかにはちみつには粘膜を修復する作用があり、抗菌・抗炎症作用、細胞が増えるのを促進させる効果などがあります。民間療法だけでなく、現代 [続きを読む]
  • さんまの塩焼きに飽きたら・・・
  • 脂がのってバツグンにウマい秋のサンマ!美味しいし、お安いし、栄養たっぷりだし、家計のお助け食材ですね♪ただ、定番の塩焼きばかりだと、やっぱり飽きちゃう・・・そんなときはちょっと趣向を変えて、こんなはちみつレシピはいかがでしょうか?味つけを変えれば、全然違う2種類のお料理に早変わり!★基本の下ごしらえ★【材料】・さんま・・・2尾・塩・・・少々・小麦粉・・・大さじ2・オリーブ油・・・大さじ2【作り方】①さんまを3 [続きを読む]
  • はちみつに「旬」ってあるの?
  • 1年中食卓にある「はちみつ」。しかも保存性に優れていて腐らないので、あまり「新しいか、古いか」などには思い到りませんよね。でも実ははちみつにも、野菜や魚のように「採れたて」「旬」があるってご存知ですか?はちみつの旬は、「花の咲く時期」に大いに関係しています。一般的に養蜂家が飼育している「西洋ミツバチ」は、仲間でいっせいに同じ花から蜜を集める習性があります。「れんげ蜂蜜」「アカシヤ蜂蜜」「そば蜂蜜」 [続きを読む]
  • 秋の行楽に♪はちみついなり寿し!
  • 今週末から、秋の連休が始りますね。昨年のような大型シルバーウィークにはなりませんでしたが、気持ちのよい陽気ですから、レジャーにお出かけの方も多いのではないでしょうか。でも、まだ暑さが残る9月。手作りのお弁当はちょっと心配ですね。そこで、美味しくて傷みにくい「はちみついなり寿し」はいかがでしょうか?はちみつの自然な甘さが、お稲荷さんや酢飯とベストマッチ!クセがなくすっきりした甘さのアカシヤ蜂蜜がおす [続きを読む]
  • 「秋バテ」「秋の老け込み」予防に!秋鮭とはちみつレシピ
  • 9月に入って1週間。「あ〜夏の疲れが抜けない・・・」という方も多いのではないでしょうか。夏の疲れが残ったままだと、「秋の老け込み」と「秋バテ」に陥ってしまうかも・・・!秋のお肌は、夏の紫外線や汗・皮脂の汚れで傷んで回復していません。また、夏の暑さによる体力の消耗、冷たいものの摂りすぎやクーラー、シャワーだけの入浴などでカラダの中から冷え切って、新陳代謝が落ちてしまっていることも。季節の変わり目で、自 [続きを読む]
  • はちみつは、いつ食べると効果的?
  • はちみつは栄養成分が豊富で、すばやく消化されエネルギーになります。砂糖と比べてもカロリーが低い、とってもヘルシーな食材なのはご承知のとおり。何より、その自然な甘さは、いつどんなときに食べても幸せ気分になれます♪くまのプーさんがいつも幸せそうな顔をしているのもうなずけます。(笑)では、「健康のために」食べるなら、いつ食べるのが効果的でしょうか?①1日のはじまりはちみつに含まれるブドウ糖は体内に取り入 [続きを読む]
  • 紫外線で傷んだ髪と地肌に、はちみつでケア!
  • 夏の髪は、紫外線と暑さと汗でダメージを受けています。高いトリートメントやヘアパックももちろん良いですが、はちみつを使って簡単にヘアケアしてみませんか?はちみつにはこんな効果が期待できます!【保湿効果】紫外線で傷んだ髪はパサついて乾燥しています。はちみつには保水効果があり、浸透効果も高いので髪の毛を保湿して潤いを保ってくれます。【栄養補給効果】はちみつにはビタミンB群やミネラル、ポリフェノールなどの [続きを読む]
  • ビタミンCの宝庫!固いキウィも100%美味しく食べるには?
  • そろそろ夏の疲れが出てくるこの時期。日焼けして乾燥し荒れた肌にも、美肌効果のビタミンC日焼けによって免疫力が下がった体にも、抗酸化作用があって免疫力を強化してくれるビタミンC。1個で、1日に必要なビタミンCがすべて摂れてしまうという、この時期ぜひ食べたいのが「キウィ」です。キウィには食物繊維やカリウムも豊富に含まれ、お通じや塩分過多の食事が気になる現代人にはうれしい果物です。しかし・・・キウィって食 [続きを読む]
  • はちみつで、日焼けした肌のケア☆
  • お盆の長期休暇も目前!海に山に、外のレジャーに行くと必ず日焼け対策に追われますね。UVクリームを塗ったり、帽子やサングラス、ストールや長袖の服などで対策をとるのはもちろんのこと、日焼けしたあとのお手入れが肝心です。そこでオススメなのが、「はちみつ化粧水」で保湿ケア!日焼けした肌は乾燥状態にあるため、水分を逃がしにくくしてあげる必要があります。そこで、保水力があり、肌を保湿してくれるはちみつが良いん [続きを読む]
  • 8千年前からはちみつを食べていた!?【8月3日ははちみつの日!】
  • 今日8月3日は「はちみつの日」!イギリスのことわざに「はちみつの歴史は人類の歴史」The history of honey is the history of mankind.とあるそうです。日本では、はちみつの歴史はあまり古くありませんが世界では、それはそれは古くからはちみつが愛用されてきました。旧約聖書に、約束の地カナン(現在のイスラエルあたり)を「乳と蜜が流るる地」と表現しています。おそらく「桃源郷、楽園」のような意味で使われていると思 [続きを読む]
  • 定番ミニトマトが、はちみつで絶品スイーツに!?
  • お弁当の彩りに、夏のサラダに、欠かせない食卓のアイドル「ミニトマト」。家庭菜園を楽しむ方は、食べきれないほどミニトマトが畑に鈴なりになる季節ですね(笑)いつものミニトマト、ちょっと趣きを変えて「はちみつ漬」にしてみてはいかがでしょうか?ちょっとミニトマトが苦手な方でも食べられてしまうほど美味しいんですよ!!★ミニトマトのはちみつ漬の作り方★【材料】・ミニトマト・・・お好みで・はちみつ・・・適量・保存 [続きを読む]
  • おつまみにも!みょうがのはちみつ甘酢漬♪
  • そうめんに、冷奴に、お味噌汁の具に、夏に大活躍のみょうが。カリウムや食物繊維が多く含まれ、現代人は欠かせないヘルシー薬味野菜です!「余っちゃう」というご家庭は少ないと思いますが、ちょっと趣向を変えて「甘酢漬け」はいかがでしょうか?1〜2週間保存できますし、そのまま箸休めに、おつまみに、お弁当に。刻んでちらし寿司の具に、冷奴にも好相性!砂糖の代わりにはちみつを使えば、お酢のツンとした匂いや角のある酸 [続きを読む]
  • 夏バテ防止と美容に!はちみつレモンの作り方♪
  • 真夏の部活の差し入れといえば、はちみつレモンが永遠の定番ですね!(笑)なるほど、はちみつとレモンはとっても好相性。レモンの酸味をはちみつの甘さが包み込んで、このうえない爽やかな味に!特に夏のはちみつレモンは、夏バテ防止にも、夏の美容にも欠かせないんですよ。【疲労回復効果】レモンに多く含まれるクエン酸は、疲労物質「乳酸」を体外に排出してくれるので夏の暑さに疲れた疲労回復効果も期待できます。また、日焼 [続きを読む]