ケンシロウ さん プロフィール

  •  
ケンシロウさん: ハラショー!ロシア駐在記
ハンドル名ケンシロウ さん
ブログタイトルハラショー!ロシア駐在記
ブログURLhttp://ameblo.jp/wonderful-ru
サイト紹介文パークプレース在住のロシア駐在員がロシア(モスクワ)の今をご紹介します。観光情報・生活情報・空手他。
自由文ロシアには一度も来た事がなくロシア語も話せない私がどういうご縁かロシア駐在員となりました。他の欧米の主要都市にも引けを取らないこの壮麗な都市モスクワそしてロシアの今をご紹介したいと思います。ロシアに興味を持たれた方々のお役に立てれば幸いです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2012/11/21 21:43

ケンシロウ さんのブログ記事

  • 御礼
  • 3年3か月前にモスクワ赴任となった時、家族がモスクワに来てくれるかどうか分かりませんでした。ロシアのイメージは寒い、暗い、怖いといったNEGATIVEなものしかなかったからです。私自身、赴任前にはそう思っていましたし、ロシア語も話せなかったので生活していけるか非常に心配でした。しかしこちらに来てみるとモスクワは人口はヨーロッパ最大で歴史も文化もあり、国民の民度も高く、人々は親切で、特に日本人は好か [続きを読む]
  • ロッテホテル
  • モスクワにあるホテルの中で日本人にとって個人的に一番お薦めと思われるのがロッテホテルです。ホテルの豪華さというのもありますがサービス面で日本レベルの肌理細やかさがこのホテルにはあると思います。とは言っても今までは来客者の皆様にご利用頂くかりで自分で宿泊したことは実はありませんでした。今回、引越し荷物を全て出し切った後、2泊だけロッテホテルに初めて宿泊させて頂きました。  室内は上の写真の様 [続きを読む]
  • 最後のモスクワ空手教室
  • モスクワ最後の週末の日曜日に私が指導するものとしては恐らく最後のモスクワ空手教室を開催し昇級試験も行いました。前回審査からあまり時間が経っていなかったので土曜日にも形の補講を行って対応しました。結果は皆様それぞれ思う所もあったと思いますが、個人的には飛び級も1級を取得された方も複数名出ましたので嬉しかったです。短期間でよくここまで持って来たな〜、影で相当練習したんだろうな〜、とその努力が分かる内容 [続きを読む]
  • 最後の?全ロシア空手道選手権大会
  • 引越の準備もあったのですが、これが恐らく最後の?全ロシア空手道選手権大会になるということでオープニングセレモニーで形の演武をさせて頂きました。オープンニングセレモニーにはポーランドで交通事故に遭ってしまい右腕三か所を複雑骨折してしまったJKAロシア代表も無理を押して参加しギプス状態で大会の司会進行をしていました。なんとか彼にも最後のお別れの挨拶が出来て良かったです。さて、セレモニーで演武したのは「抜 [続きを読む]
  • バレエ「ドン・キホーテ」@ダンチェンコ劇場
  • モスクワで最後にバレエ観劇したのは、ダンチェンコ劇場のドン・キホーテでした。ボリショイ劇場の赤と金色の超豪華な雰囲気と比較すると席数も少なく青を基調とした落ち着いた劇場で、観劇料もかなり安いです。観劇ホールを出た所には過去に演じられた多くの写真が展示されています。観劇前や幕間には巨大な待機ホールで食事や飲み物も楽しむ事が出来ます。この時はシャンパンを飲みましたが値段はややお高いです。実はドン・キホ [続きを読む]
  • モスクワ日本人学校
  • ブログ内ではほとんど触れなかった事ですが、実はモスクワ日本人学校の運営委委員も務めさせて頂いておりました。モスクワ日本人学校には上の娘も下の息子もお世話になっており、私ごときが学校運営に携わるなど大変おこがましい話なのですが、色々とご縁があって頼み込まれてしまい1年前にお引き受け致しました。運営委員会では定例会議で毎回2時間以上かけて、バスの運営や警備の強化、教員採用、予算その他様々な学校の問題を協 [続きを読む]
  • 日本空手協会ロシア支部送別会(送別品)
  • JKAロシアの皆様から色々と送別の品を頂いたのですが空手とは全く関係のないものばかりでした。メンバーの皆さんでお金を出し合って卓上時計?とペンをプレゼントしてくれましたが、時計とペンよりケースの壁絵のクレムリンとワシリー寺院が超良いわ〜、ありがとう〜と思いました。 ロシア美術の特集されたRussian Legends。表紙の絵はトレチャコフ美術館にある一枚。どうして私が結構ロシア美術を好きなのか知ってたの?と感 [続きを読む]
  • 日本空手協会ロシア支部送別会@チャイハナNo.1
  • 皆様、大変ご無沙汰しております。私もついにモスクワを去る事となり既に本帰国致しまして早くも2週間が経とうとしております。10月中旬から送別会・歓迎会そして引っ越しでブログを更新する時間が全くなかったため、今となっては大分前の事になりますが、モスクワで過ごした最後の数週間の出来事をいくつか綴りたいと思います。レニンスキー通り沿いのチャイハナNO.1で日本空手協会ロシア支部の皆さんに送別会を開催して頂きまし [続きを読む]
  • ボリショイバレエ「オネーギン」
  • 私にとって恐らく最後のボリショイバレエ観劇となる「オネーギン」を観てきました。夜のボリショイ劇場はライトアップされていて荘厳な感じがします。中は豪奢!オネーギンって日本人にとってはなんとなく尾・香・麻?さんを想像してしまうのですが、男性の名前です。ロシアの有名な詩人=プーシキンの小説に基づいたもので、・もの凄いイケメン色男のオネーギンが友人に連れられて貴族の家に招かれる・そこには友人の許婚とその純 [続きを読む]
  • ボリショイバレエ「ジゼル」
  • 昨日ボリショイ劇場で見たのは「ジゼル」でした。「ジゼル」は「白鳥の湖」「ラ・シルフィード」と並んで三大白バレエと呼ばれていてロマンティックというか悲恋の物語です。観ていて感じた私なりのあらすじは以下の通りです。王子が心臓の弱い、だけど踊りの好きな村娘ジゼルに恋をし、身分を偽って恋人になるが、恋敵のお兄さんがジゼルを取り戻そうと王様と王子の許婚のプリンセスの前で王子の身分をばらし、ジゼルは発狂して死 [続きを読む]
  • ボリショイ劇場(2)
  • 伝統と格式のあるボリショイ劇場!毎回劇場内に入るだけでテンションが上がります!観客席はパルテール(一階平地部分)と6階まであるボックス席(壁)で構成されていますが、総席数は以前の2200席からボリショイ劇場創設当時の1740席に戻されたそうでチケットは先ず普通には購入困難で業者経由が当り前、観劇料は有名な演目ではパルテールで一人10,000ルーブル(円換算20,000円弱)前後します。物凄いお金を [続きを読む]
  • ボリショイ劇場(1)
  • モスクワ駐在も残すところあと2週間強となり、やり残した事はないかと考えた時、やはり世界最高峰のバレエをもっと鑑賞しておかなくては勿体ないと思い先週なんとかチケットを急遽調達して今日早速ボリショイ劇場に行ってきました。1.ボリショイ劇場2011年10月に約5年の歳月を掛けてリニューアルオープンとなったボリショイ劇場本館。外観も素晴らしくギリシャのパルテノンを思わせる豪奢な建物となっています。2.入り口入り口を [続きを読む]
  • 九州男児の会
  • モスクワに赴任してあっという間に3年が経過し私のモスクワ駐在期間ももうすぐ終わりを告げようとしています。家族にモスクワに来て欲しいという願いから、モスクワの今を発信し続け、念願の家族帯同を果たし、その後も家族の勧めもあって家族が先行帰国した後も継続してきたこのブログもあと3週間足らずで私の本邦への本帰国をもって終わりを告げる事になります・・・。今日はこれで最後となるモスクワでの九州男児会に参加させて [続きを読む]
  • モスクワ・カントリー・クラブ
  • 今日、MCCにゴルフに行ったのですが、07:30スタートのはずがコース全体に霜が張ってしまったため2時間近くゴルフ場がクローズになってしまいました。今朝のモスクワの気温は3℃だったのでそういう事態が発生することもあります。日中になって15℃程度にまで温かさが戻ったのですが、冬はもうそこまで来ている(3℃だと日本では間違いなく冬だと思いますがこちらでは秋と脳内で思い込む様にしています)のでMCCでの今季のゴル [続きを読む]
  • モスクワ日本人学校「学習発表会」
  • 昨日、モスクワ日本人学校の学習発表会がありました。家族は既に本帰国してしまっているので、もう私はモス日児童の保護者ではないのですが、ご縁があって学校の運営委員を務めさせて頂いておりますので今回ご招待を受けました。会場は昨年までのイズマイロフの劇場ではなくフィルハーモニー2という会場で行われましたが、設備も新しく大きくて立派な会場で、モス日からも近くて便利な場所でした。劇場のスタッフも皆若くてにこや [続きを読む]
  • キッテージ
  • モスクワでお薦めのロシア料理店と問われればカフェ・プーシキンかアブローモフを上げますが、両店ともに値段が高いので料理もお酒も慎重に選ばないといけません。その点、キッテージはリーズナブルな値段で美味しいロシア料理が安心して食べられます。お店は地下にあり穴ぐらの様な感じですが雰囲気は悪くありません。白い壁に木製のテーブルで昔風の伝統のロシアレストランってこんな感じだったのではないかなと思わせる独特の落 [続きを読む]
  • モスクワ・カントリー・クラブ
  • 今日はナハビノのあるモスクワ・カントリー・クラブでゴルフコンペでした。白樺林の中の静かで美しいゴルフコースで距離もあり川・池・バンカーが厳しい所に配置されていて難しいです。いつもあまりいいスコアでは回れないのですが、今日は更に悪いスコアとなりガックリでした。日本は電動カートでキャディさんが付いてくれますが、こちらは自分でゴルフバックを担ぐかまたは手押しカートを使って回りますし、キャディはいませんの [続きを読む]
  • インデアン・サマー
  • 今日は気温が急上昇して車の温度計による外気温は26℃でした。一体どうなっているのかなこの天気は?先週末はもう結構寒くて今週から秋冬用のスーツに変えたばかりでした。これはこれでこちらの方がいいですけどね。今日の朝は日本空手協会ロシア支部に行きましたが、ロシア人はこの天気をとても喜んでいました・・・。天気予報ではこれからの1週間は温かいみたいです。出来るだけ長く続いて欲しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 整髪料
  • モスクワ在住の男性諸氏は整髪料はどうされているのでしょうか?私は日本で購入してきたものを使用してきたのですが、ストックがほぼ切れそうな状況に陥ってしまいました。整髪料はスプレー派とかフォーム派とかいろいろだとは思うのですが、私はここ数年来、1分ぐらいでスタイリングの出来るGATSUBYムービングラバーのスパイキーエッジを愛用してきました。いざ、これがなくなるとなると結構大変です。スパイキーエッジは無くても [続きを読む]
  • クレムリン武器庫
  • 先日、来訪者を連れてクレムリンに行きましたが、モスクワ市生誕祭の関係でウスペンスキー大聖堂が入場制限されていてちょっと物足りいない感じとなってしまい、それじゃあ武器庫に行ってみましょうということに。武器庫は入場時間が10:00・12:00・14:30・16:00となっていて入場の45分前までにチケットを購入する必要があるのですが・・・その時11:25。しかし難なく12:00からのチケットを購入出来て武器庫入り口に行ってみるとまた [続きを読む]
  • レンタル自転車
  • 実は今年からモスクワでは街中にレンタル自転車スタンドが出ています。これって凄くないですか?自動販売機に続くちょっとした驚きです。だってこのレンタル自転車システムって簡単に自転車が盗まれる国では絶対に成立しないシステムですよね? ロシア人の民度の高さというかモラルの高さはちょっとしたものではないでしょうか?実際にこの自転車を使用したことはないのでどういうシステムなのか詳細はわかりませんが、写真右のス [続きを読む]
  • MAKOTO
  • 先日、無性にかつ丼が食べたくなり、MAKOTOに行きました。MAKOTOは以前よく利用させて頂いてましたが、店長が帰国してからはほとんど行っていませんでした。がっつりとカツ丼とスーラータンメン小を頂きました。以前とは少し味付けが変わったかもしれませんが、かつ丼はオリジナルのまま薄切り豚肉を重ねたカツで食べやすく美味しかったです。レシピは以前のまま守られている様ですね。スーラータンメンは味に何かが足りない様な気 [続きを読む]
  • Hite
  • モスクワではなんちゃって和食店はたくさんあるのですが、なかなか本格的でかつリーズナブルなお店がありません。そのため和食に近くしかもリーズナブルな韓国レストランを利用する事も多いです。数ある韓国レストランの中で比較的新しいお店がHiteです。ご存知の方も多いと思いますがHiteというのは韓国のビールの名前でもちろんビールも美味しいのですが、このお店の特徴は何と言っても煙を吸い取る設備付きのテーブルで肉が直接 [続きを読む]
  • Mercedes Bar
  • 家族が本帰国してもう2週間が過ぎようとしています。早いものです。引っ越し先の家では家財道具を揃えたり、子供達の学校関連の諸手続きで大変な様です。モスクワから送った船便の荷物は家に入るのでしょうか?さて、モスクワで家族で最後に行った場所はMercedes Barです。Radisson Royal Hotel(旧ウクライナホテル)の最上階にあり絶景かつ落ち着いた雰囲気のBarです。City Spaceで子供達の入店を断られたのでちょっと心配して [続きを読む]
  • TURANDOT
  • セルギエフ・ポサードを観光した後に、家族で行くモスクワの最期のレストランとして選んだのはTURANDOTでした。ロシア料理ではなくフュージョンなのですが、この貴族の宮殿の様な場所で食事出来るのはロシアならではで日本では先ず経験出来ないと思いここを選びました。お金はちょっとかかるのですがワインさえバンバン頼まなければなんとかなるだろうということで、妻の為というか子供達にロシアでの思い出として是非経験させてあ [続きを読む]