Aria さん プロフィール

  •  
Ariaさん: 発達障害支援!!
ハンドル名Aria さん
ブログタイトル発達障害支援!!
ブログURLhttp://osyarenahitono.blog.fc2.com/
サイト紹介文全ての子どもたちが笑顔で生活できるように一緒に頑張りましょう♪
自由文重症心身障害、肢体不自由、視覚障害、聴覚障害、自閉症、広汎性発達障害、注意欠陥多動性障害、ダウン症などの染色体異常、遺伝子異常、代謝異常、内臓疾患…様々な病気や障害をもつ子ども達を支援しましょう!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2012/11/21 23:27

Aria さんのブログ記事

  • 呼吸と運動発達の関係
  • 第3回重症児デイサービス全国大会in九州分科会講師 : 田中 亮 氏 (こぐま学園、理学療法士)新生児に見られるのは、生理的屈曲。手足や背中を曲げて、まる〜くなっている状態。これは、胎内で成長した胎児が、狭い胎内で数ヶ月間とっていた姿勢。いきなり広い空間に押し出されて、落ち着かないから身体を安定させるためにとっている姿勢とも言われているけれど、いきなり重力下に置かれるので、重力から身体を守ろうとして [続きを読む]
  • 在宅医療に必要な4つの?つながり” 後編
  • 第3回重症児デイサービス全国大会よりin九州先週に引き続き、紅谷浩之さんの講演内容の一部をご紹介します。在宅医療に必要な4つの?つながり”3未来につながる病院では今の状態を診ます。それは、病気を治すために調子が悪いときの状態を見ているからです。在宅では長い時間軸で状態を診ます。定期的に行う往診では、調子が悪いときだけでなく、調子が良いときの状態も見るので、状態悪化時に検査を行わなくても、見通しを立て [続きを読む]
  • 在宅医療に必要な4つの?つながり” 前編
  • 第3回重症児デイサービス全国大会in九州講演者は、紅谷浩之氏。福井県最初の日本在宅医学会専門医(総合診療科医)です。2008年大滝病院グループ内に福井県初となる在宅専門チームを立ち上げ、その経験を活かし、オレンジホームケアクリニックを開業されました。 オレンジホームケアクリニックは4名の総合診療科医と他職種が力を合わせて、医療だけでなく社会生活のサポートを行う在宅専門クリニックです。在宅医療に必要な4つの [続きを読む]
  • AACを活用するために
  • AACとはAugmentative and Alternative Communicationの略。拡大代替コミュニケーションと訳される。コミュニケーション能力に障害のある人が、本人の残存能力(言語・非言語問わず)とテクノロジーの活用によって、自分の意思を相手に伝えること。・ノンテク(表情、サイン、身振り手振りなど)・ローテク(文字盤、絵カードなど)・ハイテク(VOCAなど) 第3回重症児デイサービス全国大会in九州講師、下川和洋氏より。AAC導入には [続きを読む]
  • 楽しく食べるために♪〜食器の選択編〜
  • 「手品みたい!」思わず叫んでしまいそう。笑自立支援を支える便利グッズ【IROHA】食器のご案内です。底のくぼみをスプーンが滑るから、すくいやすい斜めにして使ったら…もっと簡単にすくえる?寄せ集める必要がなくなるかな?限られた手の動きで!1人で!!楽しく食べられる日がくるかもしれませんね【関連記事】“自分で食べる”経験がナイ! [続きを読む]
  • あなたならどうする?〜合理的配慮〜
  • 第3回重症児デイサービス全国大会in九州講師 : 下川和洋 氏あなたなら、どう思いますか?歴史のテストの解答で、「聖徳太子」と書くべきところを「しょうとくたいし」と書いて減点(−1)された。生徒は言語障害・運動障害のある脳性まひ。ひらがな文字盤で指差した文字を支援員が転記する方法で試験を受けている。     (透明文字盤 テンシルtencil)①『ひらがな解答は当然減点』②『減点することは問題である』あなたな [続きを読む]
  • 被災地支援の心得
  • 第3回重症児デイサービス全国大会in九州島津智之さんより熊本地震時の被災状況報告がありました。被災地ではまず生命を守ることから始めます。生命の安全が確保されてから、生活を送るための物資を確認します。生活が整った後、必要に応じて心のケアを行います。電話は常に鳴りやまない状態。親しい友人に安否確認をしたくなるものですが、電話は親族など最低限にしてください。緊急の電話が繋がるよう、一人一人が意識したいです [続きを読む]
  • 医療ケアが必要な子ども達と被災
  • 第3回重症児デイサービス全国大会in九州より【熊本地震震災時の報告】島津智之先生 (認定NPO法人NEXTEP 小児科医)より。前回は、災害時の備え(避難)について記事を書きました。記事を読んで、地域交流を深めようと実際に行動した方はおられるのでしょうか?知っているだけでは、何の役にも立ちません。行動することで意味を持ちます。不安ならば、行動してください。以下は、熊本で被災された島津先生の報告をまとめたもので [続きを読む]
  • レイキヒーリングで癒しを・・・
  • こんばんは。Ariaです。今回、このブログで出会えたご縁に感謝し、無償でレイキヒーリング(遠隔)を提供いたします。ヒーリングをご希望の方は、下記をお読みください。 霊気(レイキ)とは、人が自然体になったときに流れる「自然の気」あるいは「自然のエネルギー」です。このエネルギーの最大の特徴は、あらかじめ決まった意図を持たないということです。「この人のこの部分を治そう」「相手をこの様に変えよう」などの意図がな [続きを読む]
  • 災害時の備えは大丈夫ですか?
  • 皆さんは、災害時に自分や家族が非難すべき場所をご存知ですか?自然災害が増加している昨今ですので、避難所くらいは把握しています!という方は多いかもしれませんね。では、避難所に行く経路や手段は考えていますか?災害時は必ずしも最短ルートを通れるとは限りません。道に瓦礫が散乱していたり、道路が陥没や水没しをていたり…自動車や車いすでは移動困難な状況に遭遇するかもしれません。数人の大人がいれば、障害をもつお [続きを読む]
  • 多目的トイレに大人サイズのベッドの設置を!
  • 広い空間、手摺り‥車椅子ユーザーが使用しやすい多目的トイレの設置が増えてきていますね今日のテーマは、おむつを交換するためのベッド  既存のベッドはベビーサイズばかりですね。しかし重度の障害をもつ小学生や中学生、高校生、大人…おむつを利用している人は乳幼児だけではありません。大人のおむつ交換もできる大人サイズのベッドがあればいいなぁ。とある町の役場では、保護者が約6年間訴え続けることで設置を約束 [続きを読む]
  • 幸せを広げよう
  • 今年もよろしくお願いいたします。元日の記事は、先週の続き。渡辺好孝さんの講義内容の一部をご紹介します!百考は一○に如かず○には漢字一文字が入ります。皆さまは、どのような回答をされましたか?渡辺さんの回答はコチラ↓です。百考は一行に如かず考えるより、やってみよう!ということですね百行は一○に如かず○には、どんな感じが入ると思いますか?※ヒント:同じ読みですここでもう一つ、渡辺先生から質問をいただきま [続きを読む]
  • 宮城県理学療法士会会長 渡邉好孝さん
  • ※今回の記事は数年前の講演内容です。在宅セラピストの資質という題でご講義いただきました。百聞は一見に如かず人から何度も聞くより、一度実際に自分の目で見るほうが確かであり、よくわかる。有名なことわざですね。では、百見は一○に如かず↑とした場合、○ に入る言葉はなんでしょうか。これは、渡邉好孝さんから聴講者に投げかけられた問いです。貴方なら何と答えますか?渡辺さんの答えは… [続きを読む]
  • 就労支援〜障害者雇用に求められていること
  • 昔参加した『就労支援のシンポジウム』の内容を一部ご紹介します。企業が求めること第1位 専門的な技術・能力障害の有無に関わらず、企業は”できる人”を求めます。慈善事業ではないのですし、予想通りの答えですね第2位以下は順不同で…◆コミュニケーションがとれることこれも障害の有無に関わらず、一般的な採用の条件ですね!最近はこの基本が出来ない人も多く、小さい頃から?挨拶やお礼を言う場合に、相手 [続きを読む]
  • 社会参加するためにクリアしたい条件
  • 社会生活を考えたときに特に重要になってくることは 移動手段 と コミュニケーション手段 を持っていること。行きたいところへ行き、考えを主張することはとても大切なことです。子ども達のリハビリテーションでは、予後予測を行いにくいこともあります。自力でどの程度動けるようになるのか?お喋りができるようになるか?電動車椅子や意思伝達装置、ペクスカードなどの代償手段をいつから導入するべきか。導入のタイミングを [続きを読む]
  • リハビリってするもの?してもらうもの?
  • 夏の間、整形外科に入院していました。PT(理学療法士)さんとのリハビリは1日1〜2回。1回のリハビリ時間は20分〜1時間なので、最大で2時間。24時間の内の2時間かぁ…と思い、ベッドサイドでの自主トレーニングに励んでいました。少し動けるようになると院内のお散歩広場へと出かけていき、歩行訓練を毎日1時間!!さて、今回のテーマはリハビリは自分でするも?してもらうもの?運動広場へお散歩に行くと、暑い中、歩いているのは年 [続きを読む]
  • プロとアマの違い〜劇団四季より〜
  • 「プロとアマのほんのわずかな違い」(記事より抜粋)違いその1「プロは挨拶がすべて」「アマは挨拶の重要性を解かっていない」 違いその2「プロは取り組みながら元気になっていく」「アマは取り組みながら疲弊していく」 違いその3「プロは不調な時でも取り組みながら治していく」「アマは言い訳して休む」 違いその4「プロは高い自己基準を持っている」「アマは基準が甘い」 違いその5「プロは短期集中」「アマはだらだらやる」 [続きを読む]
  • ホーキング博士が利用する音声ソフト
  • 「ホーキング博士が利用する音声ソフト」が無料で利用可能に! http://t.co/ejAxbXB0BT ←ソフトの紹介記事はコチラ― スティーヴン・ウィリアム・ホーキング (Stephen William Hawking 1942年1月8日 - )は イギリスの理論物理学者 ★ SwiftKey の Giving back を お試し ★インテルは12月2日(米国時間)、スティーヴン・ホーキング博士専用につくられた新しい意思伝達システムを発表した。このシステムはオープンソース [続きを読む]
  • 規定外です!!
  • 新幹線では『車いすは長さ・高さが120センチ以内で、幅が70センチ以内のもの』という規定があるそうです。車いすの定義は手荷物とのこと。つまり、コンパクトで折りたためる椅子ということ。重症児者さんが利用する車いすや座位保持装置はその規定には入らないものも多く…既存の座席にに座れるくらいなら座位保持装置は作りません!!!!!と言いたい。首が座っていない人や癲癇がある人はヘッドレストや背もたれが頭の高さまであるタ [続きを読む]
  • 何から食べればいい? 〜短腸症候群編〜
  • 離乳食は、水分(ミルク、お茶)→半固形物(すりおろし、ヨーグルト)→刻み→軟食→硬食の順番で勧めていきますね。これは、お口の機能(舌の使い方や噛む力)の発達に合わせて形態を変えています。短腸症候群など、消化に問題があるお子さまは、お口の機能が発達していても、消化する力が弱いために食事を十分にとれない場合があります。消化のしやすさを考えた場合、挑戦していく順番は水分→半固形物→すりつぶし→軟食→硬食 [続きを読む]
  • “自分で食べる”経験がナイ!
  • 生まれながらに重度の障害をもっているお子さんは、自分で食べることを経験していない場合が多いですね。乳幼児期は経管栄養だったけれど、少しずつ経口摂取できるようになった。思うように手を動かすことができないから、大人がスプーンを口へ運んで食事。小学生になり、少し手が使えるようになった。スプーンを手に持たされたけれど、それが何を意味するのかは分からない。ニコリと笑いかけてみるけれど、食べ物は口に入ってこな [続きを読む]