雲上(くもがみ) さん プロフィール

  •  
雲上(くもがみ)さん: 雲の上には宇宙(そら)
ハンドル名雲上(くもがみ) さん
ブログタイトル雲の上には宇宙(そら)
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kumonoueniwa
サイト紹介文なかなか晴れない雪国で天体写真撮影に再チャレンジしています。
自由文雪国新潟で30年ぶりに天体写真に挑んでいます。撮った星雲・銀河の写真展示や、撮影のための手作りグッズの紹介などを行っています。自分で作成した天体導入用ガイド星図なども掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/11/22 16:28

雲上(くもがみ) さんのブログ記事

  • これで食べ納めのふきのとう
  • もう下弦の月となったので晴れさえすればいいのですが、いまだその気配なし。今回も天体写真以外のネタで時間稼ぎです。雪国で春が近づいたことを最初に教えてくれるのが「ふきのとう」。わたしのブログでも最初に採れたふきのとうは毎年記事にしています。今年も去年より遅かったものの、2月には初物をいただいことを報告済。3月に入って孫娘の初節句で上京したときにも朝早く採ってきたものを持っていきました。3月4日早朝  [続きを読む]
  • 中ぐらいに大きいサギではないかと
  • たしかこの間 撮影できたのは先月末だから20日近くも前。つくづく雪国でこの趣味を持ったことがうらめしくなります。撮れないからブログ更新なしでは、生きてるか死んでるかもわからないので今回は天体写真とは別ネタで。冬場は休んでいたウォーキングを再開したのですが、たまに晴れても肌寒くてせいぜい週二回。そんな今月10日、いつもの散歩コースでサギの親子に出会いました。毎年 謙信公祭で川中島合戦が行われる春日山城 [続きを読む]
  • 去年のリベンジではなく・・ M106銀河付近(りょうけん座)
  • 徹夜二晩目の先月28日夜、NGC2403 のあとに撮ったのはりょうけん座のM106銀河付近。日が替わって3月1日、薄明が始まるまで撮り続け 総露光時間は3時間を越えました。M106 (NGC4258) 付近  (りょうけん座) (  画像 で 元画像の30%まで拡大表示できます  )( 上 が北の方角 )撮影DATA: 2017/3/ 1am 01:35’〜  Vixen VC200L+レデューサー(合成f=1,278 [続きを読む]
  • もくろみ外れた NGC2403(きりん座)
  • 2月も終わろうという27日・28日の2晩連続で撮影する事ができました。今回お見せするのは徹夜2夜目に撮ったものです。雲量20%から5%というGPV予報があたり、透明度の悪い空でした。それでも撮影を決行したのは、月に2日も晴れればラッキー!という雪国事情もあるのですが、昨年も撮った対象を同じ構図で撮れば、重ねて画にできるだろうというもくろみがありました。時間も早く 透明度2 (5段階評価)という空で撮 [続きを読む]
  • ショック! それでも明るく ひまわり銀河
  • 何が ショック! かは、記事の後段で説明させていただくこととして、高感度・長時間露光による春の系外銀河シリーズ 第2弾 M63 ひまわり銀河 です。M63 ひまわり銀河  (りょうけん座) (  画像 で 元画像の30%まで拡大表示できます  )( 上 が北の方角 )撮影DATA: 2017/2/28am 03:16’〜  Vixen VC200L+レデューサー(合成f=1,278mm F6.4 )露出 [続きを読む]
  • ということで・・高感度・長時間露光やってみました M81 & M82
  • 前回記事 で、これまで適正露光の判断にしていたcanonD.P.Pのヒストグラムが実は撮影時のカメラ設定を反映したものであるということにやっと気づきました。これまではヒストグラムのピークが右寄りだと露光オーバーだと思っていたのですが実際の受光レベルはずっと低く、まだ露光量を増やせるという結論に。週間予報からこの新月期もあきらめていたのですが、2月ギリギリに星が顔を出しました。27日 雲に挟まれてい [続きを読む]
  • ずっと勘違いしてました。(canonDPPと適正露光)
  • 雪国越後でも いつか撮影できる夜も訪れるだろうと、わたしの自宅撮影(庭撮り)における課題について考えていました。前回記事 では到達した現在のオートガイド精度から長焦点でどの程度の露出時間まで可能か、という検証を行いました。今回は自宅撮影でのもう一方の制約、住宅地の 明るい空でどこまで露光量を与えられるのか?について検討してみました。そのなかで適正な露光量について、ずっと思い違いをしていたことがわかり [続きを読む]
  • 『庭撮り』 に まだ伸びしろはあるか?
  • もう新月期に入っているのですが、雪国越後につき 「それがどうした!」 といったところ。GPV雲予報 では この先も10日ほどは星が見えないようです。ぼやいてばかりいてもしょうがないので、3月以降の春の系外銀河撮影に向けた事前検討を行いました。その目的は 「去年より ましな画像を !」 です。系外銀河といえば見かけが「小さくて」「暗い」ものが多く、見栄え良く写すには より長焦点の鏡筒で長時間露光が望まれま [続きを読む]
  • やまねこ座の「でんでん太鼓」星雲
  • 雪国につき1月は一夜だけ。2月に入ってからは撮れたのは4日の上弦の月だけ。そんな中、昨夜(15日)は久しぶりに22時を過ぎた頃から晴れる予報。ただし 満月と下弦の月の中間くらいの明るい月が22時前には昇ってくるので、設営するべきか悩ましいところです。結局 昼過ぎには撮影場所の裏口スロープの除雪を行い、機材を設置したのは予報が当たりそうに思えた21時過ぎになってから。わざとぼかしたのではなく たんなる [続きを読む]
  • 春を待つ 『 星のふるさと館 』
  • 雪国につき天気は期待できない上に満月期。やることがないので 12日開催予定の 「第3回 画像処理勉強会」 の予習を。そんなブログネタにも困っている事を察していただいたのか、勉強会メンバーで 『星のふるさと館』 のスタッフでもある AKIYAMA さんからメールで画像を提供していただきました。『星のふるさと館』 は11月末から4月1日まで冬季の休館中なのですが、施設の点検のため雪がちらつく昨日(8日)出かけ [続きを読む]
  • ガイド用カメラで高精細な上弦の月を
  • 4日の夜の予報は、過ぎ去っていく高気圧のすそ野で午後8時頃までは晴れるというもの。今年に入ってからまだ一夜しか撮れてないのですが、この晴れの時間帯では明るい上弦の月を撮るしかありませんでした。明るい月が沈むころには曇っているはずなので、ガイド用カメラを使って月の動画撮影をすることにガイド用カメラを使った撮影についての過去記事は? こちら月が南中した夕方6時ころから撮影を始めたのですが、まずはデジ一 [続きを読む]
  • オリオン大星雲 (雪明り+月明かり) ÷ 2
  • 今年初撮りとなった先月26日の夜、早い時間帯で雪明かりの明るい空ですばるを撮り終えたのは午後9時半。続いて撮ったのはこれも明るさでは定評のあるオリオン大星雲でした。オリオン大星雲   (オリオン座) ( 画像 で元画像の 30%で表示 )( 右 が北の方角 ) 撮影DATA : 2017/1/26 21:45’〜  canon NFD400?F2.8(自作絞りF4相当 *前面保護ガラス取り外し )露出 [続きを読む]
  • 雪明かりの昴(すばる)は 雰囲気重視
  • かろうじて1月中に初撮りができた26日夜、雪明かりの空でも負けないだろうという事で、高く上った昴(すばる)を撮りました。久しぶりに ヨンニッパ(改)をO軸ガイドシステムで搭載しました事前の撮影プランでは 今回はヨンニッパ(改)に自作F4絞りで、ISO1600で10分露光の予定だったのですが時間がまだ20時過ぎでおまけに雪明かりか空が明るく、ISO800で5分が限度でした。昴(すばる)  M45 プレア [続きを読む]
  • 雪掘って、やっと初撮り。
  • 今年に入ってからずっと撮影できるような星空に巡り合えていませんでした。もう1月はだめかとあきらめていたのですが、26日夜は22時過ぎまでは雲がかからないとの GPV予報。この機会を逃すと次はいつになるか目途が立たないため 設営場所の雪堀りを行いました。久しぶりのお天道様、何もしない訳には・・ というのもありました。最初は裏口付近だけにしようと思ったのですが・・南天の対象も撮れる道路側のスロープも掘り [続きを読む]
  • 「フラット画像のダークは必須!」再検証 (画像処理勉強会予習)
  • 先日の寒波襲来の時に張り切り過ぎて 未だ尻のあたりの筋肉痛が残っています。そんな訳で、雪が一段落した今はほんとは道路脇の雪消し作業をやりたいのですがスコップを持つのがつらくて こたつでゴロゴロしています。そこでまだ来週なのですが2回目の「画像処理勉強会」の準備を行っています。次回からはステライメージを使って実際に画像処理を行う事になっています。わたしは進行役という事で、撮影画像やダーク・フラット画像 [続きを読む]
  • ラッキー! まだ40センチくらい(大寒波襲来)
  • 去年につづき雪の無い正月を迎えられたのですが、ここに来て連日大寒波襲来のニュースが。「天体写真 画像処理勉強会」 のあった13日はまだ少なかったのですが・・14日朝には積雪40センチといったところか。問題は大寒波のピークが15日まで続くという事。ほっておくと、夜にまた同じだけ積もりそう。そこで 「その日の物はその日の内に」。もっぱら私は鼻水をたらしながら近くの公園までひたすら雪運び。この日は1時間余 [続きを読む]
  • 冬眠せずに画像処理勉強会
  • 今年に入って早2週間になりますが、雪こそ少ないものの初撮り撮影はいまだできず。月もまともに見れてないため、今が満月期と言われても実感なし。そんな冬眠してしまいそうな雪国の天体写真仲間の集まる場を作っていただきました。呼びかけ人は冬季休館中の「星のふるさと館」のHOSOYAさんで、「天体写真の画像処理勉強会」と銘打って地元上越市の有志に声かけしていただきました。本日(13日)午前9時半より 湿った雪 [続きを読む]
  • 「天体アルバム2016」 10・11・12月撮影分
  • 雪国につき 年が明けてからずっと撮影しておりません。それでも暖冬なのか、家の周りには雪がありません。(ありがたい)そんな訳で 残っていた四半期毎の「天体アルバム2016」 10月から12月撮影分を掲載します。現在の機材・撮影技術で自己満足できる作品にラベルを付け、アルバムにしています。( アルバム化にあたり画像処理をやり直しています。)( 各画像 で元画像の30%サイズまで拡大表示できます )1 [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 昨年中はブログ訪問していただきありがとうございました。今年は「天文ガイド」または「星ナビ」の掲載を目指したいなぁ。そのためには、まず応募したくなる作品を撮らねば。================================================今年は婿殿は仕事で千葉に居残りでした。3日にはノーマルタイヤで迎えにくるのですが、どうか雪が降りませんように。大晦日のあみちゃん (あみちゃんパパへ)雲上(くもがみ)ブログランキング参加して [続きを読む]
  • 年の終わりに、星の終わり3態でした。(エスキモー星雲)
  • なんとか年内に間に合いました。25日夜に撮った今年のラストショットで初ショットでもあるエスキモー星雲です。エスキモー星雲 (NGC2392)   (ふたご座) ( 等倍トリミング画像)( 上 が北の方角 ) 撮影DATA: 2016/12/26am 02:00’〜  Vixen VC200L(f=1,800mm F9 )露出 10分×8枚 ISO 1600 LPS−P2FIL Cooled 60D (冷却 オフ 6℃)   [続きを読む]
  • 超新星爆発から 962年後 (M1かに星雲)
  • 里帰り中の孫娘を抱いている時間が長くて画像処理をやる時間がなかなか取れません。そんな中、25日夜のメインターゲットだった おうし座のかに星雲の処理がなんとか。M1 かに星雲   (おうし座) ( 画像 で元画像の25%で表示 )( 上 が北の方角 ) 撮影DATA: 2016/12/25 23:46’〜  Vixen VC200L(f=1,800mm F9 )露出 10分×9枚 ISO 3200 LPS− [続きを読む]
  • 小あれい星雲 リベンジのつもり (湿度120%の夜に)
  • 雪国につき、今年は3日の夜に撮れたのがラストショットだと思っていたのですが、25日の夜、夕方まで降っていた雨があがり 星が顔を出してくれました。ただし、機材設営場所の裏口スロープはビショビショで体感的には湿度120%。もし撮れる機会があったらVC200Lの長焦点(f1800mm)で 「かに星雲」をと思っていたのですが、南中までにまだ時間があったため時間つぶしにペルセウス座の「小あれい星雲」を撮影しま [続きを読む]
  • しまらない、これが今年のラストショット?(コーン星雲付近)
  • 新月期はまだ来週なのに早くもあきらめムード。今のところ暖かくて雪が少ないのが救いです。結局今月は3日夜に撮ったものでひと月のブログをしのぐという事になっています。今回はその夜の最後に撮った いっかくじゅう座のコーン星雲付近です。コーン星雲 付近  (いっかくじゅう座) ( 画像 で元画像の20%で表示 )( 右 が北の方角 ) 撮影DATA: 2016/12/ 4 03:35’〜  Vixen VC20 [続きを読む]
  • 馬頭星雲、拡大撮影した意味はあったか?
  • 2週間前の3日夜に撮ったオリオン座の馬頭星雲です。馬頭星雲 付近  (オリオン座) ( 画像 で元画像の30%で表示 )( 上端の光条はオリオン三ツ星のひとつアルニタクによるもの 上 が北の方角 ) 撮影DATA: 2016/12/ 4 01:05’〜  Vixen VC200L+レデューサー(合成f=1,278mm F6.4 )露出 15分×9枚 ISO 1600 LPS−P2FIL Cooled 60D (冷却 [続きを読む]
  • くじら座 M77付近 (初ショット)
  • 前回は上弦過ぎの月を掲載したため中断しましたが、3日夜に撮った残り3タイトルの内の一つです。実はくじら座の対象を撮影したのは今回が初めてです。M77 (NGC 1068) 付近  (くじら座) ( 画像 で元画像の25%で表示 )( M 77は下、右上の銀河はNGC1055 上 が北の方角 ) 撮影DATA: 2016/12/ 3 22:37’〜  Vixen VC200L+レデューサー(合成f=1,278mm [続きを読む]