Tommy さん プロフィール

  •  
Tommyさん: チャイヨープレーンタイ
ハンドル名Tommy さん
ブログタイトルチャイヨープレーンタイ
ブログURLhttp://chaiyoplengthai.blog.fc2.com/
サイト紹介文タイ音楽がわかれば、タイがわかる。 タイ音楽をテーマにタイの情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2012/11/23 20:12

Tommy さんのブログ記事

  • お礼とお知らせ
  • 読者の皆さまへいささか、考えることがありまして、タイ音楽に関する活動を自粛することにいたしました。これまでお世話になった方には、この場で、篤く御礼申し上げます。今後は、1ファンとして、ひそやか楽しんでいきたいと思います。 [続きを読む]
  • 労働者諸君、いかがお過ごしでしょうか。
  • 2016 年5月1日更新意欲が刺激されるので、ポチッとお願いします。聞け万国の労働者 とどろきわたるメーデーの示威者に起る足どりと 未来をつぐる鬨の声汝の部署を放棄せよ 汝の価値に目ざむべし全一日の休業は 社会の虚偽をうつものぞ永き搾取に悩みたる 無産の民よ決起せよ今や二十四時間の 階級戦は来たりたり起て労働者ふるい起て 奪いさられし生産を正義の手もととりかえせ 彼らの力何ものぞわれらが歩武の先頭に 掲げられたる [続きを読む]
  • 下剋上
  • 2016 年4月1日祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。 沙羅双樹の花の色、盛者必衰のことわりをあらはす。 奢れる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。 たけき者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。下克上とは、下の者が上の者に打ち勝って権力を手中にすること。元は、南北朝時代から戦国時代、農民が領主に反抗して一揆として蜂起し、また、家臣が主家を滅ぼして守護大名や戦国大名になっていった乱世の社会風潮をい [続きを読む]
  • マーキング
  • 2016 年3月27日マーキングとは、1 しるしや標識をつけること。2 動物が、自分のなわばりなどを示すためにしるしをつけること。臭腺から出る分泌物をつける、ふんや尿を残す、爪あとをつけるなどの方法をとる。ここでは、2の意味である。 [続きを読む]
  • マニアな理由
  • 2016 年3月26日マニアとは、マニアの語源はギリシャ語で狂気(madness)のことであり、自身の趣味の対象において、周囲の目をも気にしないようなところもある事から、「〜狂(きょう)」と訳され、ほぼ同義のものとされる。同様の表現としては「○○バカ」に代表されるバカも挙げられる。好事家と言われる場合もある。僕も同士諸君も、いわゆる「タイ音楽マニア」といえよう。「タイ音楽マニア」について、いまだに不思議と思うこ [続きを読む]
  • 伝統と革新の融合
  • 2016 年4月16日よく、「伝統と革新の融合」などという言葉を見ますが、実体験的に、これぞ、「伝統と革新の融合」だ!と感じることは、なかなかないのではないでしょうか?この日、見に行ったライブでは、これこそ、「伝統と革新の融合」だ!と、感じることができました。 [続きを読む]
  • 第12回 マハナコンアワード
  • 2016 年5月7日更新意欲が刺激されるので、ポチッとお願いします。今年も、マハナコンアワードが、5月13日に行われる。予想をしてみよう。(多分、最速) [続きを読む]
  • インディーズの時代
  • 2016 年3月10日インディー(ズ)とは、ある業種においてメジャー(大手)に属さず、独立性の高いもののこと。大手(メジャー)に対して中小のものをマイナーというが、そのマイナーの中でもメジャーと資本関係や人的交流などを深く持たず、系列化されていない独立性の高いものを指す。日本の音楽業界におけるインディー(インディーズ)とは、日本レコード協会加盟のいわゆるメジャー・レーベルのレコード会社と対比する形で、同協 [続きを読む]
  • タイにおける風俗遊びの究極
  • 2016 年2月13日タイは、アジアの風俗メッカとして、有名である。在住者のみならず、日本から遊びに来る男性の多くは、それが目的だろう。初心者なら、マッサージパーラー、ゴーゴー、カラオケ。上級者なら、ローカルカラオケ、置屋懐に余裕のある方は、コヨーテパブという選択肢もある。しかし、どれも、その敷居の低さから、究極とはいえない。バンコク風俗遊びの究極とは、、、 [続きを読む]
  • 売れるために必要なもの
  • 2016 年2月6日とある歌手が、こぼしていた。私には、スポンサーがいないから、曲がない。にわかに、首肯しがたい話である。たしかに、スポンサーとのタイアップによって、曲を出しているケースもある。クラテー、バイトゥーイのPreaw coffeeとのタイアップ曲である。企業側からみれば、商品の広告効果をねらって、製作費を出しているわけだ。曲がヒットすれば、宣伝効果は大きい。 [続きを読む]
  • ルークトゥンの女王
  • 2015年2月1日一般に、ルークトゥンの女王といえば、初代 ポンシー・ワラヌット 二代 プンプアン・ドゥアンチャンそれ以降は、空位と言われている。修飾のつく、女王ならいる。ターイ・オラタイは、ルークトゥンイサーンの女王と呼ばれることがある。クラテーなら、ルークトゥンダンスクィーンといっても、過言ではない。しかし、僕は、唯一彼女だけは、現在の「ルークトゥンの女王」という呼称を与えうる人ではないかと思う。 [続きを読む]
  • 2015年 最優秀ルークトゥン歌手
  • 2016 年1月30日2015年 チャイヨープレーンタイが選ぶ、最優秀ルークトゥン歌手を発表したいと思います。2015年のトミーが参加したイベント数は、136である。気力体力が減退気味であるにもかかわらず、この数字は、まずまず。2015年を通して、総じていえることは、新しい楽曲がすくなかったといえる。唯一、ゴン・フアイライの「サイワシボーティムカン」だけが、際立つ存在といえる。なので、ゴンで決まり。とすると、話が終わっ [続きを読む]
  • 横綱相撲
  • 2016 年1月31日横綱相撲とは、実力に勝る側が、正攻法で戦い、勝つべくして勝つこと。もともとは相撲用語のはずだが、現在では他のスポーツや勝負事全般に拡張して用いられている。「正々堂々」という側面を強調する語である場合もあるし、奇襲や奇策を必要としないだけの実力差があることを示唆している場合もある。最近は、いわゆる横綱相撲をとれる横綱がいなくなって久しいといわれております。それどころか、国技 大相撲の横 [続きを読む]
  • トミーのトップ4(2016年1月現在)
  • 2016 年1月17日トップ4とは、現在、トミーが押している4人の歌手のことである。この4人、レーベルは、ばらばらなので、一同に会することは、ほとんどない。もっとも、よくやっている食事会は、別だが、それでも、4人勢ぞろいは、難しい。この日は、偶然4人に会うことができた。 [続きを読む]
  • タンブンをすると、良いことがある。
  • 2016 年1月2日タムブンの「タム」の意味は「なす、行う、する」で、「ブン」はパーリ語(上座部仏教の聖典で使用されている言語)で「プンニャ」と言い、意味は「福・善・福徳、功徳」です。すなわち、「タムブン」とは、「福徳をなす、善を行う、功徳を積む(こと)」の意味である。  仏教では、自らが作った業(カルマ、行為の余力)によって、苦である地獄・餓鬼・畜生・修羅・人・天の六つの世界(六道、六趣)の中で、生死を [続きを読む]
  • ブログ再開しました。
  • 2016 年1月1日なんの前ぶれもなく、長期休止状態になっておりました。一身上の都合により、チョンブリーに引っ越すことになりまして、なかなか、落ち着かず、ようやく更新作業ができる余裕ができました。さぼっていたため、ブログ内は、ようやく新年でして、読者のみなさん、あらためて、新年、あけましておめでとうございます。旧年中、ご愛顧いただきありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。さて、新年、一発 [続きを読む]
  • 2016年カウントダウン
  • 2015年12月31日カウントダウンをどこで迎えるか。タイ音楽ファンには、きわめて重要な決定事項なのである。地方も含めると、選択肢は、多く、各地で歌手のコンサートがある。だれそれを生で見たい!ので、タイに行こうという方なら、と思うなら、ぜひ、カウントダウンを狙ってもらいたい。メジャーところで、この日にキューのない歌手は、いない。 [続きを読む]
  • タイの「素人」女子と出会う方法
  • 2015年12月24日めったに買わなくなった、G-Diary11月号の特集に目を引いた。「モデルのような素人女性と出会いたい!」「タイの夜遊びに飽きた」 そう言う、タイ歴が長い日本人男性は意外と多い。タイ在住者もしかり、素人でハイレベルな女性と知り合う機会はほとんどなく、どうしてもゴーゴーバーやカラオケクラブに通い、夜蝶との出会いで満足している人も多いようだ。そういった男性たちでも、夜の世界で働く女性ではなく、素人 [続きを読む]