スカーレット さん プロフィール

  •  
スカーレットさん: リウマチだけど教師の仕事頑張ってます☆
ハンドル名スカーレット さん
ブログタイトルリウマチだけど教師の仕事頑張ってます☆
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/cxqpt659/
サイト紹介文リウマチ歴4年。膠原病らしくいろんな病気を経験しています。仕事は小学校の先生でをしています。
自由文そろそろアラフォーは使えなくなってきましたが、気分はまだまだ40歳前。病気がわかった時は途方にくれましたが、ブログで気持ちを吐きだして、それをわかってもらえるブロ友ができて、本当にブログに助けられています。
仕事は小学校で担任の先生をしています。自分の弱さも教育に使おうと、工夫しながら仕事をしています。そして、昔の私のように「コミュニケーション」に障碍を持つ児童への支援を頑張ってしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供114回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2012/11/25 00:09

スカーレット さんのブログ記事

  • 足のリンパ浮腫
  • ゆっくり病気が進行している母。毎日見に行きたいのだけど、そうもいかず。今日は義母を病院に連れて行かなくてはいけなかったので、弟お嫁さんに「今日は行かれないコール」をしました。様子を教えてもらいましたが、両膝下腫れているところから、水が染み出るようになったとのこと。だんだん、体に必要な水分のコントロールが効かないようになってきました。それでも、モーニングに行ったというから、すごい。お店の人も、トース [続きを読む]
  • 乳癌終末期の母を支える幸せ
  • 八月の声をきかれるとは思わなかった。と言った、在宅治療のドクター。お母さんは本当にすごい、と言ってくれました。その要因に『今の環境』を上げられました。最近、怖い怖いとつぶやく母の恐怖心を、どう癒したらいいのか、昨日、ドクターに相談をしたのです。返ってきた答えが、「今も、これからも、近くに誰かがいてあげること」だそうです。人は必ず衰えてから死にます。突然死ぬ人もありますが、多くの場合はそうです。だか [続きを読む]
  • 小休止 愛知県立美術館〜エルミタージュ〜
  • お盆も終わり、やっと小休止。二人の甥を連れて、愛知県美術館に行きました。エルミタージュ美術館の特設がありました。本物は違うと、いつも思わされる美術館。・・・・・・・それにしても、今日の雨は異常です。今も外は滝のようです・。雷も・・・・・・     それなのに、今日は行くとこ行くとこで雨が上がってくれまして^^     日頃の行いが良かったかな(笑)話を戻します。甥は2人とも中学生ですが、初めての西 [続きを読む]
  • 子どもに教えてもらう喜び
  • 体調のことを考えて、動きをセーブしているがために、やらなくてはいけないことが後手後手になってしまっています。仕方がないのはわかっています。でも、それなりにストレスは感じています。で、どうしても気になっていた、次回の学会での実践研究論文の発表について、お盆で帰省している娘に相談してみました。私の論文を読んでくれたのですが、その直後、「お母さん、子どもっていいね」と言いってくれましたところがその後、真 [続きを読む]
  • 好きな教育者
  • 以前、とある講習会で諸富祥彦先生の講義を聞いた時、「ああ、自分の考えがずれてない気がする」と安心したのです。というのは、私が、どうも、普通の先生と明らかに感覚が違うところがあると自覚していたからです。子どもたちを、無意識のレベルで前向きにしたい、という思いがあった私は、教育カウンセリングの研究にのめり込んでいきました。(今でもそうなのですが)それがいいのか悪いのかはわかりませんが・・・・・実は、昨 [続きを読む]
  • 楽しい一日です。
  • 昨日は、なんかパッとしなかったけど、今日はいい感じ。会議が終日あったのだけど、固い会議だったのに、なぜか楽しかった。その後、家で肉食べられないから(夫の術後の流動食のせい)、お仲間にお声がけしたら、付き合ってくれたのよ。さらに、その間、名鉄電車が大雨の影響で運転が止まっていたことが判明。その時間、のんきに食べられた、というわけ。深夜にはなるけど、子供たちも帰ってくるし、久しぶりにウキウキな一日となり [続きを読む]
  • マンガ喫茶でランチ♪
  • 出張の多い夏休み。今日はどこでランチしようかと考えた。そうだ!マンガ喫茶!『生徒諸君』の終わりが知りたい!と言うことで、マンガ喫茶へゴー早飯だったこともあり、さっさと入店できたから、一時間ほど、マンガを読みながらランチを食べられました。ドリンクもソフトクリームもセルフサービスで付いていたので、そっちも楽しんじゃいましたでも、最終話にはたどり着けず。また行かなくちゃ [続きを読む]
  • 渡り蟹
  • 知人から大量の渡り蟹をいただきましたしばらく、流動食が続く夫にちょうどいいと思い、朝は「ワタリガニのおじや」をしばらく作ろうと思っています。昨日は、白みそ仕立て、今日は中華味。カニの出汁ってすごい。これは私とおばあちゃん仕様。カニの身が食べられます^^これは夫仕様。カニの甲羅はただの飾りです。野菜もまだ心配なのですが、なすの皮をむき、なすの実の部分だけをお米と一緒に煮ました。明日は赤味噌でやってみ [続きを読む]
  • もやもや〜〜〜〜〜〜
  • 台風のせい?家庭や仕事のストレスのせい?まあ、理由はよくわかりませんが、なんだかもやもやしています。 今日は、早く仕事を切り上げようと思ったのに、それもできず。仕事の歯車が動きだし、結局5時までバリバリ働いてしまった。警報出ても無視。そうそう。公立学校の教員は公務員。つまり、公僕です。社会のために、自分や家庭を犠牲にすることもやむなし、なんですよね。と言いつつ、まだ、まだ、もや〜〜〜〜〜〜っとして [続きを読む]
  • 久しぶりに自転車(^^♪
  • 仕事を休んで付き添いをした二日間、今日は、合唱コンクールのお手伝いで座っていることが多く、体が固まってきた!夜は、伸び伸びになっていた、地元ボランティア会議が近くであったので、思い切って、そこまで自転車で行きました。ああ、何と気持ちのよかったことか!田舎道を自転車で走る。ちょっと息が切れる感覚。久しぶりだなあ。こういう気になったのも、減薬の話が出たからかも^^動く、ということは循環をよくすることよ [続きを読む]
  • 栄養指導
  • 初めて栄養指導を受けました。これも夫のお陰かな(低下するそうで。一番驚いたのは、糖質制限ダイエットは、運動している人向きで、一般の人はやっちゃいかんということ。理由は、脳の活動のエネルギーは糖分のみで、それがないと、思考力など、脳全体の活動がていかするそうで。知らんかったわ? [続きを読む]
  • 夫退院(やれやれ)
  • 昨日、七転八倒した夫。それで、夫は個室に移動、妻の監視付となりました(笑)結果は、妻の愛が夫を救った、ということにしておきましょうか。私が昨日の夕方4時半ごろから、再び病院を訪ねたら、夫は、「耐えられないから、今すぐ取りたい」と、全く、こらえ性のないことを言っておりましたが、それぐらい苦しいのだろうと理解し、「せっかく苦しんだのに、これで取ったら一円の得にもならないし、取った後に、莫大なお金を消費 [続きを読む]
  • 新しい整形外科に行きました🎵
  • 紹介していただいた、近くで、夕診がある整形外科に行ってきました🏃まずは、今ある薬をのみきって、病院を変えた勢いで、減薬に挑戦してみましょうか、という、アグレッシブな展開に。再発の治療にも取り組んでいるので、という言葉も新鮮でした。次回はお盆明け。薬なしで痛みをコントロールできれば、そんな有りがたい話はありません。大変なことが立て続にあるのに、自分の体のコントロールができているので、これから [続きを読む]
  • 内視鏡的胃内バルーン留置述後
  • 相当辛いらしい。麻酔が切れたとたん、異物を察知した体が、それを出そうとする。(予測済)夫はそれを軽く考えていたらしい。理由がわかった?胃が痛い、という経験がないからでしたまあ、後は、どれだけ耐えられるか、でしょうか。家族の反対を押し切って、という経緯があるので、夫も肩身が狭いだろうなぁ。でも、まあ、これをきっかけに、生活習慣を真剣に考え直してくれたら、?としましょう。今から、病院内の喫茶店のモーニン [続きを読む]
  • 家庭の日(私は男だったか?)
  • 病気やら、障害やら、認知症やらが渦巻く我が家。今日は夫が、胃の手術。まだ状態は落ち着かない模様。明日、早朝、見に行くわ。義母。入れ歯の調子と皮膚の調子が大変悪い。明日、できたら、両方の医者に連れて行きたい。そして私。新しい整形外科医のところに行けてないから、明日に行きたいなあ。お盆休みに入ったら、またお薬難民になるから、早めがいいな、と。状態は落ち着いています。でも、いろいろ片付いたらどっと来そう [続きを読む]
  • イケメン君のいる喫茶店。
  • 疲れたら、癒してくれるのは尾張地区のモーニング文化💛今朝もいきました喫茶店でかわいいカップを眺めて、美味しいコーヒーをいただき、モーニングサービスのふわふわなトーストをいただくもう、これだけで癒しですそして最後の極め付け。イケメン店員さからの、「気を付けていってらっしゃいませ」もう何もいらんでしょ(笑)それで、元気に出勤できました〜 [続きを読む]
  • 今度は夫!
  • 夕方、夫からメールが来ました。「手術の日が決まりました。木曜日です。2泊3日の予定です。書類が大変だから、帰ったら一緒に見てね。」という内容。今度は夫か!夫は障害を抱えているので、命を守るために、たくさんの、しかも、中枢神経に作用するようなお薬を複数のんでいます。その副作用が、ムーンフェイス。そして食欲増進、体重増加。もうやばいだろう、というところまで来てしまい、本人は悩みに悩んだ挙句、食欲を抑え [続きを読む]
  • ドクター決まりました(^0^)v
  • 難民化していた問題はもう解決されました薬の無くなる恐怖をもう味わいたくない。フルタイムで仕事していたら、夕方診察がないと困る。しかも、今落ち着いている今朝、授業がなかったので、朝、整形外科に行きました。転院のチャンスと見て、握力検査と問診の後、ドクターにこう切り出しました。「先生、フルタイムでお勤めしていて、夕診がないと困るうえに、先週の土曜日お休みだったでしょう?スケジュール考えるだけで疲れると [続きを読む]
  • やりたいことをやっている母(^^♪(モーニングとカラオケ!?)
  • 母親は、日に日に状態が悪くなっていますが、前向きな気持ちは負けていない乳癌を切った左の腕は、リンパ浮腫でパンパン、両足も膝下がパンパン。声はほとんど出ないし、無理してしゃべれば、息切れ。筆談も一文で疲れはてる。尿の色も濃いオレンジ色に代わり、尿の回数も減ってきている。酸素も外すと動かなくなるし。でも、じっとしているのが怖いようで、昼間は外に出たがります。毎朝お嫁さんが昔から大好きだった、「「モーニ [続きを読む]
  • 緊急事態❗(整形外科難民❔❔)
  • 実は、いつも通っている整形外科の夕診察がなくなったのが2ヶ月ほど前。土曜日はやっているので、今日行ったら、なんと臨時休診。もう、諦めよう。病院変えよう。近くの総合病院で、この事を話したら、とりあえず、無くなってしまった薬は一週間分出してもらえた。よかったよー😢それにしても、これって、しかたないことだけど、けっこうメンタルに来る。だって、10年のお付き合いだもん。しかも、痛みと戦った10年。医者 [続きを読む]
  • 在宅医療を受けるにあたって(乳癌の終末期の母)
  • 一月ほど前。退院して、自宅に帰りたがっている母親の意思を尊重しようということで、入院先の病院でカンファレンスを受けました。出席者は・・・・・・執刀医(乳癌の専門の先生)・入院先の看護師2名・在宅医療の専門医・訪問看護ができる看護師・ケアマネージャーと付き人・デーサービスのスタッフ2名・介護用品の営業の方・家族(私、弟のお嫁さん)総勢11名。主な議題は、①家族の生活を変えないようにケアする体制をつく [続きを読む]
  • 弱っていく母と私
  • 乳癌の終末期に入って、自宅療養を続けている母。弟家族は、みんなで母を大事にしてくれている。孫は「おばあちゃ〜〜〜〜ん」と言って抱きついて、横にぴったり引っ付いてくるし、(中学生の男子ですが)「おばあちゃん、かわいい」と言って喜ばせてくれるし。お嫁さんも、家事以外の時間はずっと背中をさすってくれている。私も夜の数時間だけそれを交代しているのが、最近です。弟は夜中、一緒の部屋に寝てくれて、トイレの介助 [続きを読む]
  • 健康について考えると・・・・・
  • 持病が複数ある私。時々、「どうしたら長生きできる!?」と真剣に考えます。今、実母の終末期のがんの様子を見ていると、こちらまで苦しくなってきます。乳がんの取り残しのがんが、首周りにあると知っているので、余計に苦しい気がする。で、私の左の首筋まで突っ張った感じがする。時々リンパも腫れる。これって、絶対、ストレスだよね?で、長生きするために、ほったらかしにしている、小さな病変を専門医に見てもらった方がい [続きを読む]